アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「人生」のブログ記事

みんなの「人生」ブログ

タイトル 日 時
9月3日(日)14:〜利賀大山房でSCOT公演「シラノ・ド・ベルジュラック」を鑑賞!
  2017年 9月3日(日) 14:00〜15:25利賀芸術公園 利賀大山房で 劇団SCOTの「シラノ・ド・ベルジュラック」を鑑賞しました。 演出は 鈴木忠志、原作は エドモン・ロスタン。 今年も 入場は自由鑑賞となり、それぞれの演目の会場受付で、「ご随意に」各自の思う金額を「志」の箱に入れて、入場整理券をいただくスタイルでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/03 18:18
「NHKテキスト100分で名著(8月)大岡昇平「野火」(話し手)島田雅彦(NHK出版)」読みました!
   「NHKテレビテキスト100分で名著(8月)大岡昇平「野火」(話し手)島田雅彦(NHK出版)」を読みました。 「野火」は、1945年12月にレイテ島から復員した小説家大岡昇平が著述した初期戦争文学の集大成となる 作品を作る意図で、1952年に単行本として最終決定版を刊行した小説であり、大岡昇平の代表作です。 太平洋戦争末期 レイテ島の熱帯雨林の中で飢餓に苦しむ日本軍兵士の 極限状況からの報告を通して、「私」が、戦争末期の敗残兵としての悲惨な生存競争と 孤独と不安の中で向きあう神の言葉を通... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/29 13:26
「NHKラジオテキスト「ケネディと日本」土田宏著(NHK出版)」読了!
   「NHKカルチャーラジオ歴史再発見「ケネディと日本 日米協調へのターニングポイント」(語り手)土田宏(NHK出版)」を読みました。 生誕100年を迎え、最近テレビ番組で取り上げられる事の多い JFKの人生と時代について、土田宏先生が、7月から9月の火曜日、30分ずつ13回で解説されたラジオ番組のテキストでした。 土田宏先生は、1947年茨城県生まれのアメリカ政治研究者、城西国際大学国際人文学部教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/17 15:36
「NHKテキスト100分で名著(7月)J・オースティン「高慢と偏見」(話し手)廣野由美子」読了!
   「NHKテレビテキスト100分で名著(7月)ジェイン・オースティン「高慢と偏見」(話し手)廣野由美子(NHK出版)」を読みました。 「高慢と偏見」は、19世紀イギリス小説の礎といわれ、映画やテレビドラマにもなり、今なお人気の続く小説家ジェイン・オースティンの代表作です。 その登場人物の魅力について、廣野由美子先生が、25分ずつ4回で解説したテレビ番組のテキストでした。  廣野由美子先生は、1958年大阪府生まれのイギリス文学・イギリス小説研究者、京都大学大学院教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/17 14:26
6月17日(土)FP協会石川支部のライフプラン研修会参加のため、ホテル金沢に行ってきました!
   2017年6月17日(土)10:00〜12:00日本FP協会石川支部のライフプラン研修会参加のため、ホテル金沢に行ってきました。 テーマは、「女性FPが導くライフプラン〜FP資格の活かし方〜」  前半の講師は、CFPの西岡奈美さん、後半の講師は、CFPの吉田由美さん。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/28 15:08
「NHKテキスト100分de名著(6月)「維摩経」(語り手)釈徹宗(NHK出版)」を読みました!
 「NHKテレビテキスト100分de名著(6月)「維摩経」(語り手)釈徹宗(NHK出版)」を読みました。 維摩経は、出家中心主義の仏教に異議を唱え、大乗仏教の精神を徹底して解説して、仏教思想の大転換を説いた物語。 維摩経について、25分ずつ、4回で解説するテレビ番組のテキストでした。 釈徹宗先生は、1961年大阪府生まれの宗教思想研究者、如来寺住職、相愛大学教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/19 08:10
「NHKテキスト100分de名著(4月)『人生論ノート』三木清(語り手)岸見一郎」読みました!
 「NHKテレビテキスト100分de名著(4月) 『人生論ノート』三木清(語り手)岸見一郎(NHK出版)」を読みました。 三木清(1897−1945)は、日本を代表する哲学者。1940年代のベストセラー作家。 岸見一郎先生は、 1956年京都府生まれの西洋哲学史研究者。哲学者。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/02 13:26
NHKテキスト100分de名著(2月) 『獄中からの手紙』ガンディー(語り手)中島岳志」読了!
 「NHKテレビテキスト100分de名著(2月) 『獄中からの手紙』ガンディー (語り手)中島岳志(NHK出版)」を読みました。M.K.ガンディー(1869−1948)は、インドの独立解放運動家、マハートマ(偉大なる魂)と呼ばれ、スワラージ(非暴力、非協力)による統制された独立運動を指導しました。  「獄中からの手紙」は、1932年、「塩の行進」の後に投獄された獄中から 修養道場 「アーシュラム」の弟子たちに向けて送り続けたメッセージを まとめた本でした。 中島岳志先生は、 1975... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/05 08:46
プレジデント2月13日号の特集「金持ち夫婦の全ウラ技大百科」読了!
   プレジデント2月13日号の特集「1%の人しか知らない 金持ち夫婦の全ウラ技大百科」を読みました。 医療・住宅・教育という人生の3大出費の コスパを どうあげるかを、丁寧に解説した特集でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/02 15:42
12月23日(金)富山県水墨美術館で展覧会「あつまれ墨画アーティスト」を鑑賞してきました!
    2016年12月23日(金)午後3時から母と一緒に富山県水墨美術館で 展覧会 「あつまれ墨画アーティスト」を鑑賞してきました。 8月22日(月)から小学生と幼児を集めて開催されたワークショップ「のぞいてみよう水の中」 で 子供たちが制作した作品と講師の鈴木敬三先生の作品や、水を描いた県内外の美術館や水墨美術館が所蔵す作品を紹介する展覧会でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/28 02:41
12月18日(日)富山県民会館で、院展 富山展を鑑賞してきました!
   2016年12月18日(日) 15:00〜母と一緒に富山県民会館展示室で 「再興第101回 院展 富山展」の展示を鑑賞してきました。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/28 02:39
「NHKテキスト100分de名著(12月)『野生の思考』(語り手)中沢新一(NHK出版)」読了!
 「NHKテレビテキスト100分de名著(12月) 『野生の思考』クロード・レヴィ=ストロース (語り手)中沢新一(NHK出版)」を読みました。 クロード・レヴィ=ストロース (1908−2009)は、フランスの民俗学者・人類学者。1962年のベストセラー「野生の思考」の出版以降 歴史と進歩という近代ヨーロッパ思想に対して、歴史と構造という考え方を提唱し、「歴史」よりも「構造」を重視する思考の 普遍性・科学性を主張し、西洋中心主義を批判したクロード・レヴィ=ストロースの思想について、中... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/25 18:13
プレジデント11月14日号の特集『この先30年、お金の安心を約束「上流」老後、「下流」老後』読了!
    プレジデント11月14日号の特集「この先30年、お金の安心を約束「上流」老後、「下流」老後、あなたはどっちだ?」を読みました。 平均寿命が 伸びても 年金給付が増えず、老後に必要な資金の総額が多くなってきて、困窮する後期高齢者が増えてきた現状と今後を、徹底シミュレーションで解明した特集でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/08 21:10
8月27日(土)富山ライオンズクラブ認証60周年記念大会のため富山第一ホテルに集合!
    2016年8月27日(土)11:00〜12:00富山ライオンズクラブ認証60周年記念大会が、富山第一ホテルで開催され、親クラブ、ブラザークラブ、エクステンションクラブと1Rのクラブから150名が集まりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/31 10:18
「NHKテキスト100分de名著(8月) カント 『永遠平和のために』 (語り手)萱野稔人」読了!
 「NHKテレビテキスト100分de名著(8月) カント 『永遠平和のために』 (語り手)菅野稔人(NHK出版)」を読みました。 イマヌエル・カント(1724−1804)が、戦争が絶えないヨーロッパの情勢を憂い、国家間に永遠の平和をもたらす新たな仕組み作りを提示した書物 『永遠平和のために』について、萱野稔人先生が、100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。  萱野稔人先生は、 1970年愛知県生まれの政治哲学・社会理論研究者、津田塾大学教授。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/28 09:17
日本医業経営コンサルタント協会の7月13日(水)から15日(金)の継続研修を受講してきました!
   7月13日(水)から7月15日(金)品川のコクヨホールで日本医業経営コンサルタント協会の継続研修に参加してきました。 7月13日(水)のテーマは、地域包括ケア、7月14日(木)のテーマは,病院勤務環境改善、7月15日のテーマは、医療機関の経営でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/23 10:59
7月9日(土)FP協会の継続研修で『空き家問題の現状認識と相談の勘所』について中山先生の講義を聴講!
    2016年7月9日(土)10:00〜11:50 高岡エクールで 日本FP協会富山支部の継続研修会が 開催されたので参加してきました。 今回のテーマは 『FPに必要な空き家問題の現状認識と勘所』について。 講師は、NPO法人とやまホーム管理サービス理事の中山聡先生。 一級建築士・不動産鑑定士としての不動産コンサルティングの仕事から、四年前に富山に戻り 空き家の活用と管理の問題に関心を持ち、NPO法人とやまホーム管理サービスの活動に関わるようになった経緯と現状がよく分かる有意義な研修会で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/10 05:52
6月23日から26日・九州に行って第99回ライオンズクラブ国際大会(福岡)開会式に参加!
    2016年6月23日(木)から、熊本市、福岡市、宗像市を回り、6月25日(土)ライオンズクラブ国際協会のインターナショナルパレードを見学し、6月26日(日)第99回ライオンズクラブ国際大会(福岡)の開会式に参加して戻ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/01 08:19
5月21日(土)第62回地区年次大会のため、富山市総合体育館に集まりました!
    2016年5月21日(土)ライオンズクラブの第62回地区年次大会のため、富山市総合体育館に集まりました。 好天に恵まれ、 福井県、石川県、富山県内の、99クラブから 約1114人が 集まり 気持のいい土曜日を過ごしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/22 21:00
5月19日(木)江戸東京博物館で特別展「真田丸」を鑑賞してきました!
    平成28年5月19日(木)の11:〜12: 江戸東京博物館で 特別展「真田丸」を鑑賞してきました。  2016年NHK大河ドラマ真田丸に関係した史料等をまとめた展示でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/22 20:35
 「NHKテキスト100分de名著(5月) 宮本武蔵 『五輪書』 (語り手)魚住孝至」読みました!
 「NHKテレビテキスト100分de名著(5月) 宮本武蔵 『五輪書』 (語り手)魚住孝至(NHK出版)」を読みました。 宮本武蔵(1582−1645)が、生涯をかけて追求した兵法の神髄、武士としてのあるべき生き方を、後世の武士のために書き残した書物 『五輪書』について、魚住孝至先生が、100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。  魚住孝至先生は、 1953年兵庫県生まれの日本思想/身体文化研究者。放送大学教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/04 19:50
「NHKテキスト100分de名著(4月)歎異抄 (語り手)釈徹宗(NHK出版)」読みました!
   「NHKテレビテキスト100分de名著(4月) 歎異抄  (語り手)釈徹宗(NHK出版)」を読みました。 浄土真宗の聖典とされる歎異抄について、釈徹宗先生が、わかりやすく100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。  釈徹宗先生は、 1961年大阪府生まれの僧侶、宗教思想研究者。相愛大学教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/24 08:21
4月9日(土)14:20〜第4回キャビネット会議のため富山第一ホテルに集まりました!
    2016年 4月9日(土)14:20〜18:50ライオンズクラブ国際協会334-D地区の第4回キャビネット会議が、富山第一ホテルで 開催されたので 地区会計監査委員として出席してきました。  全体会議には、地区役員71名中66名、地区委員47名中41名、招待者1名、オブザーバー4名の計112名が出席しました。 14:20〜16:30 全体会議  14:20からの全体会議では、 地区ガバナー挨拶、議事録作成人、議事録... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/11 04:56
「NHKカルチャーラジオ「真田三代の挑戦」平山優《NHK出版》」読みました!
    NHKカルチャーラジオ 歴史再発見「真田三代の挑戦  戦国サバイバルの軌跡を追う」 平山優 著《NHK出版》を読みました。 2016年1月から3月、NHKラジオ第2放送で 火曜の夜 8:30〜9:00 30分ずつ12回放送されるラジオ番組のテキストでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/02 08:02
「NHKテキスト100分de名著(3月)司馬遼太郎  国盗り物語 花神 〜」読みました!
   「NHKテレビテキスト100分de名著(3月)司馬遼太郎  国盗り物語 花神 「明治」という国家 この国のかたち (語り手)磯田道史《NHK出版》」を読みました。  司馬遼太郎さん(1923 〜 1996 )は、大正12年8月大阪生まれの直木賞作家。平成3年 文化功労賞、平成5年文化勲章受章者。 平成8年2月逝去。 磯田道史先生が、司馬遼太郎さんの作品の世界について 100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。  磯田道史先生は、 1970年岡山県生ま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/01 12:17
2月20日(土)第3回キャビネット会議のため、ホテル金沢に行きました!
     2016年2月20日(土)14:10〜ライオンズクラブ国際協会334-D地区の第3回キャビネット会議が、石川県金沢市のホテル金沢で開催されたので 地区会計監査委員として出席してきました。  全体会議には、地区役員71名中65名、地区委員47名中44名、オブザーバー2名の計111名が出席しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/01 07:36
「100分de名著( 2月)アドラー人生の意味の心理学(語り手)岸見一郎」読みました!
   「NHKテレビテキスト100分de名著( 2月) アドラー人生の意味の心理学(語り手)岸見一郎《NHK出版》」を読みました。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/28 06:25
1月26日(火)江戸東京博物館で企画展「歴史をつなぐ 天璋院の用箪笥」を鑑賞してきました!
    平成28年1月26日(火)の12:〜14: 江戸東京博物館で 特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ〜天才の挑戦〜」の展示を鑑賞してきました。 食事の後 5〜6階の常設展示室で 企画展「歴史をつなぐ 天璋院の用箪笥〜篤姫から受け継がれたもの〜」も鑑賞してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/07 11:43
1月16日(土)プロフェッショナルFP研修「住宅資産活用推進コース」を受講しました。
      2016年1月16日(土)TKP金沢ビジネスセンターで 日本FP協会主催のプロフェッショナルFP研修「住宅資産活用推進コース」が開催されたので、受講してきました。  講師は、CFPの乾晴彦先生。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/25 17:47
「NHKテキスト100分de名著(1月) 内村鑑三「代表的日本人」 (語り手)若松英輔」読了!
   「NHKテレビテキスト100分de名著(1月) 内村鑑三「代表的日本人」 (語り手)若松英輔《NHK出版》」を読みました。  内村鑑三(1861〜1930)氏は、明治・大正・昭和初期の思想家・著述家・無協会派のキリスト者。  若松英輔(1968〜)氏は、批評家・著述家,日本近代思想史研究者。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/02 01:41
 「NHKテキスト100分de名著(12月) 良寛詩歌集 (語り手)中野東禅《NHK出版》」読了!
   「NHKテレビテキスト100分de名著(12月) 良寛詩歌集 (語り手)中野東禅《NHK出版》」を読みました。  良寛(1758〜1831)さんは、江戸時代の禅僧、諸国を放浪し、生涯を 乞食僧として自由な生き方を貫いたことで現代まで語り継がれる求道者。  その良寛さんの残された詩歌を通して、良寛さんの生き方の意味を、中野東禅先生が、100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。  中野東禅先生は、 1939年静岡県生まれの禅僧、龍宝寺住職。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/30 13:41
11月21日(土)第2回キャビネット会議のため、福井県自治会館に行ってきました!
    2015年11月21日(土)ライオンズクラブ国際協会334-D地区の第2回キャビネット会議が、福井県自治会館で開催されたので 地区会計監査委員として出席してきました。 全体会議には、地区役員 55名中54名、地区委員60名中52名、オブザーバー10名、招待者の前キャビネット会計 中村L.の 117名が出席しました。 全体会議 14:10〜16:00のプログラムは、以下のとおり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/16 08:54
11月14日(土)12:00〜オーバードホールで 「 ME AND MY GIRL 」 を鑑賞!
    2015年11月14日(土)12時から、母と妻と一緒にオーバード・ホールで ハッピーミュージカル ME AND MY GIRL を鑑賞してきました。 一昨年の公演が 好評で もう一度見たいという要望に応えての再演でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/06 10:03
「「広岡浅子が生きた時代」時空旅人別冊 (サンエイムック) 」 読みました!
   「広岡浅子が生きた時代」時空旅人別冊 (サンエイムック)を読みました。 中之島5丁目の大阪国際会議場に行く前に、周りの堂島川、土佐堀川と 連続テレビ小説「あさが来た」の原案である小説「土佐堀川」の世界を、知っておきたいと思ったので 買ってきた本です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/05 15:14
「NHKテキスト100分de名著(11月) サルトル「実存主義とは何か」 (語り手)海老坂武」読了!
   「NHKテレビテキスト100分de名著(11月) サルトル 「実存主義とは何か」 (語り手)海老坂武(NHK出版)」を読みました。  哲学者、小説家、劇作家として、実存主義の哲学とアンガジュマンの思想から 発言を続け、戦後の哲学・思想に大きな影響を与えた J・P サルトルの思想について、海老坂武先生が 100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。  海老坂武先生は、 1934年12月7日東京都生まれの、フランス文学者、評論家。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/30 10:24
「NHK100分de名著(9月) 太宰治 『斜陽』(語り手)高橋源一郎(NHK出版)」読みました! 
   「NHKテレビテキスト100分de名著(9月) 太宰治 『斜陽』(語り手)高橋源一郎(NHK出版)」を読みました。  終戦後,1947年のベストセラー小説, 太宰治(1909.6.19〜1948.6.13)の「斜陽」について 高橋源一郎先生が 100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。  高橋源一郎先生は、 1951年広島県生まれの作家。明治学院大学教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/06 01:10
8月29日(土)の午後、利賀芸術公園 新利賀山房で 劇団SCOTの「リア王」を鑑賞しました!
    2015年 8月29日(土)の午後3時から、利賀芸術公園 新利賀山房で 劇団SCOTの「リア王」を鑑賞しました。 昨年と同じく今年も 入場は自由鑑賞となり、それぞれの演目の会場受付で、「ご随意に」各自の思う金額を「志」の箱に入れて、入場整理券をいただくスタイルでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/04 10:13
7月19日(日)の午後、母と一緒に高志の国文学館で企画展「久世光彦の人間主義」を見てきました!
  2015年 7月19日の午後、母と一緒に 高志の国文学館で、企画展「あの日、青い空から ― 久世光彦の人間主義」 の展示を鑑賞してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/26 00:16
7月18日(土)LC第1回キャビネット会議のため富山第一ホテルに集まりました!
 2015年 7月18日〔土〕14:25〜18:10富山第一ホテルで LC第1回キャビネット会議が開催されたので 地区会計監査委員として出席してきました。    全体会議には、地区役員69名中63名、地区委員41名中38名、オブザーバー2名の 103名が出席しました。 4月18日(土)のキャビネット予備会議で検討した原案を、七月からの新キャビネットのスタートに当たり正式に承認・決定する会合でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/25 22:39
アイバンク認定サポーター講習会並びにフォローアップ事業研修会11/29(土)に参加しました!
    平成26年11月29日(土)13:00〜15:00富山第一ホテルにおいて公益財団法人日本アイバンク協会と公益財団法人富山県アイバンクの主催、富山県ライオンズクラブ奉仕銀行の共催で 『アイバンク認定サポーター講習会並びに献眼登録確認フォローアップ事業研修会』 が開催されたので参加してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/05 02:09
11月22日(土)富山第一ホテルで LC第2回キャビネット会議が開催されたので参加しました!
 2014年11月22日〔土〕14:10〜15:40富山第一ホテルで LC第2回キャビネット会議が開催されたので 地区会計監査委員として出席してきました。 全体会議には、地区役員59名中56名、前地区キャビネット会計1名、地区委員74名中67名、オブザーバー4名(富山神通3名、あわら三国1名)の128名が出席しました。 14:10〜15:40 全体会議 14:10からの全体会議では、 地区ガハ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/04 21:15
「「琥珀色の夢を見る」松尾秀助(朝日文庫)」読みました!  
     「琥珀色の夢を見る 竹鶴政孝とリタ ニッカウヰスキー物語」松尾秀助著(朝日文庫)を読みました。 ニッカウヰスキーの創業者 竹鶴政孝と そのパートナーとして1920年(大正9年)11月に来日し生涯、日本で暮らしたスコットランド女性の人生を描いた作品でした。松尾秀助さんは、1939年東京都生まれのフリーライター、ノンフィクション作家。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/24 20:55
「「リタの鐘が鳴る」早瀬利之(朝日文庫)」読みました!
     「リタの鐘が鳴る 竹鶴政孝を支えたスコットランド女性の生涯」早瀬利之著(朝日文庫)を読みました。 ニッカウヰスキーの創業者 竹鶴政孝とともに1920年(大正9年)11月に来日し、日本で最初のスコッチウイスキーづくりを支え続けたスコットランド女性の人生を描いた作品でした。  早瀬利之さんは、1940年長崎県生まれのノンフィクション作家。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/24 17:17
FPブランド構築のための実務の進め方について、11/1(土)の朝 有田敬三先生の講義を聴講!
     2014年(平成26年)11月1日(土) 10:00〜12:00 日本FP協会石川支部の継続研修会参加のため石川県地場産業振興センターに行ってきました。 今回のテーマは、『FPブランド構築のための実務の進め方』  講師は、有田敬三先生。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/03 21:34
『改正税理士法について』 10/27(月)の午後、日本税理士会連合会 池田制度部長の研修会に参加!
     2014年10月27日(月)13:00〜14:50ホテル金沢4階エメラルドにおいて、北陸税理士会制度部の会員権集会が開催されたので 参加してきました。  テーマは、『改正税理士法について』 講師は、日本税理士会連合会制度部長の 池田孝司 先生。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/03 17:28
富山LCの公開例会「しあわせ運べるように」で10/25(土)の午後400余名の市民が集まりました!
     2014年10月25日(土)の14:30〜16:30富山ライオンズクラブの公開例会「しあわせ運べるように」(NO.1402例会)が 富山第一ホテル3階で開催され,富山市民400余名が参加しました。 公開例会のゲスト・スピーカーは、震災復興のシンボル曲 「しあわせ運べるように」の作詞・作曲者 臼井真先生。 演題は、『阪神・淡路大震災から20年〜歌の力を信じて〜』 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/31 04:51
10月7日(火)富山LCのNO.1401月見例会のため食育キャンパスきっちん里山倶楽部に行きました!
  2014年10月7日(火)の18:00〜21:10富山ライオンズ倶楽部NO.1401月見例会のため富山市開ヶ丘43−1の食育キャンパスきっちん里山倶楽部に行きました。 雲の合間に十四夜の月も出て、ススキにお団子も並び、情緒のある格調高い観月の夕べとなりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/13 15:34
9月5日(金)の午後、富山県ライオンズクラブ奉仕銀行の常任委員会、評議員会に参加しました!
  2014年 9月5日(金)の14:00〜14:50 富山県ライオンズクラブ奉仕銀行の常任委員会、  15:20〜16:25評議員会が、 富山第一ホテル2階「若草の間」 3階「天平の間」で開催されたので、前監査委員として参加し 監査報告をしてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/14 11:04
8月30日(土)の午後、利賀大山房で、SCOTの公演 『トロイアの女』を鑑賞してきました! 
    2014年 8月30日(土)の午後4:00〜6:00南砺市利賀村上百瀬50番地 利賀芸術公園の利賀大山房で、SCOTの公演 『トロイアの女』を鑑賞してきました。   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/09 04:12
7月19日(土)ホテル金沢でLC新年度の第1回キャビネット会議に参加しました!
 2014年 7月19日〔土〕14:30〜18:08ホテル金沢で 第1回キャビネット会議が開催されたので 地区会計監査委員として出席してきました。 全体会議には、地区役員67名中61名、前地区キャビネット幹事・会計の2名、地区委員74名中71名、オブザーバー3名の137名が出席しました。 14:30〜16:00 全体会議 16:15〜18:10 懇親会 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/30 08:56
「「向き合う力」 池上季実子〈講談社現代新書〉」読みました!   
    「向き合う力」 池上季実子 著〈講談社現代新書〉を読みました。  池上季実子さんは、1959年ニューヨーク生まれの女優。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/24 10:40
7/16「エンディングノートを使った終活支援とFPができるアドバイス」山田静江さんの講演を聴講!
    2014年 7月16日(水)18:30〜20:30マリエールオークパイン金沢で 日本FP協会石川支部の継続研修会が開催されたので参加してきました。  研修のテーマは、「エンディングノートを使った終活支援とFPができるアドバイス」   講師は CFPの山田静江 先生。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/24 07:44
平成26年度年金法改正と今後の動向について7/5《土》FP協会支部研修で考えました!
   2014年 7月5日(土) 9:30〜11:30 富山県総合情報センターで 日本FP協会富山県支部の継続研修会が開催されたので参加してきました。  研修のテーマは、「平成26年度年金法改正と今後の動向について」講師は 特定社会保険労務士の池田悦子先生。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/10 11:54
新川文化ホールで7/2《水》の夜、Kバレエカンパニー15周年記念講演「ロミとトジュリエット」を鑑賞!
   2014年7月2日《水》19:00〜21:40魚津市の新川文化ホールで、熊川哲也Kバレエカンパニー15周年記念公演があったので 二人で 「ロミオとジュリエット」を鑑賞してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/09 09:05
「「飯塚毅先生に教えられたこと」故飯塚毅先生追悼集編纂委員会(TKC出版)」読みました!
    「飯塚毅先生に教えられたこと」故飯塚毅先生追悼集編纂委員会編集(TKC出版)を読みました。 2005年(平成17年)7月に715名の追悼文を集めて発行された、飯塚毅博士追悼集『自利トハ利他ヲイウ』から 約100文を選んで 2010年〔平成22年〕7月に出版された本でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/18 02:02
「「不撓不屈」高杉良 著《新潮文庫》上巻・下巻」読み直しました!
     「不撓不屈」高杉良 著《新潮文庫》上巻・下巻を読み直しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/18 00:57
「「心に棲む人へ」永田智彦(TKC出版)」読みました!
     TKC全国会副会長 永田智彦先生が TKC出版から 職業会計人の半生を描いた自伝的小説「心に棲む人へ」を出版され、株式会社TKCからTKC会員に1冊ずつ贈呈されたので 一読させていただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/17 23:28
6月8日(日)LC334複合地区第60回年次大会のため福井県産業会館に集合!
   2014年6月8日(日)ライオンズクラブ国際協会の第60回334複合地区年次大会が福井県福井市福井県産業会館で開催されたので、富山第一ホテル前を 10:07スタートの富山地鉄バスに乗って参加してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/09 09:36
「「「日本」を捨てよ」苫米地英人 著〈PHP新書〉」読みました!
    「「日本」を捨てよ」苫米地英人 著〈PHP新書〉を読みました。  苫米地英人さんは、1959年東京生まれの脳機能学・計算言語学・離散数理学・認知心理学・分析哲学研究者。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/19 10:31
LC第60回地区年次大会のため、福井市フェニックスプラザに集合!
   2014年5月17日(土)ライオンズクラブの第60回地区年次大会が福井市田原一丁目13番6号のフェニックスプラザ大ホールで開催されたので参加してきました。 富山第一ホテル前を7:10にスタートして、会場には9:25に到着、9:35代議員投票を終えた後は、10:20−10:35の代議員全体会議まで 45分間の休憩となりました。    午前中は、10:20-10:35代議員全体会議、10:45-11:00第二分科会、11:30−12:00代議員総会に参加しました。    昼食後、12:4... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/18 12:26
ライオンズクラブ木村前キャビネットのZC同窓会で2月8日高岡駅瑞龍寺口に集合!
    2014年2月8日(土)ライオンズクラブ国際協会334D地区 木村正明 前ガバナーの当時のZC同窓会 第2回が 氷見市灘浦温泉 磯波風 において開催されたので、参加してきました。 あいにくの雪の中でしたが、高岡駅瑞龍寺口に13:00集合、平和交通のバスで、山田真功ライオンのガイドで出発しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/18 08:03
「「総理への直言」西田昌司〈イースト新書〉」読みました!
    「総理への直言」西田昌司 著〈イースト新書〉を読みました。 西田昌司さんは、1958年京都府京都市生まれの税理士、自由民主党参議院議員。 12月 9日(月)17:30〜19:10ホテルグランテラス富山での第17回『忠考会』で講演を聴いて,西田先生の主張される、『戦後レジームからの脱却を!』について 少し勉強したいと思って買った本です。                           → → http://takase-fp.at.webry.info/201312/articl... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/29 02:09
「「仕事の大事は5分で決まる」宮家邦彦〈幻冬舎〉」読みました!
    「仕事の大事は5分で決まる」宮家邦彦 著〈幻冬舎〉を読みました。 宮家邦彦さんは、1953年神奈川県生まれの元外交官、立命館大学客員教授。 キャノングローバル戦略研究所研究主幹。 プロ外交官としての訓練を受け経験を積んだ人間の目に 世界の現実はどのように見えているか? どのようにプロの視点と仕事術を身につけたか? これまで毎日をどのように暮らしてきたのか? 仕事人としてのキャリアアップのノウハウをまとめた仕事術の基本書でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/28 19:17
県立近代美術館で11/23〈土〉の午後「白寿記念 ク倉和子展 心の調べ」を鑑賞してきました!
   2013年11月23日(土)午後2時から母と一緒に県立近代美術館で「白寿記念 ク倉和子展 心の調べ」を鑑賞してきました。 主催は富山県立近代美術館、北日本新聞社、富山テレビ放送。 芸術文化振興基金の助成事業でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/27 09:51
「「不格好経営  チームDeNAの挑戦」南場智子(日本経済新聞出版社)」読みました。 
   「不格好経営  チームDeNAの挑戦」南場智子(日本経済新聞出版社)を読みました。コンサルタントとして、経営者として、DeNAの創業の経緯から現在までを振り返った ざっくばらんな本で、2013年6月10日に1版1刷が出た作品でした。  南場智子さんは、1962年4月新潟市生まれの経営者。(株)ディー・エヌ・エー取締役。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/01 10:35
高志の国文学館で 9/15(日)の午後、「辺見じゅんの世界」を見てきました!
   2013年9月15日(日)の14:から母と一緒に 高志の国文学館で開館一周年特別展「辺見じゅんの世界」の前期展示(8/10(土)〜9/23(月))テーマ「辺見じゅんが見た風土」を見てきました。 ( なお後期展示は 9/27(金)から11/11(月)で テーマ「辺見じゅんが語り継ぐ父たちの世紀」です。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/16 18:51
「「なぜ、「これ」は健康にいいのか?」小林弘幸(サンマーク出版)」読みました!
    「なぜ、「これ」は健康にいいのか? 副交感神経が人生の質を決める」小林弘幸著(サンマーク出版)を読みました。 小林弘幸先生は、1960年埼玉県生まれのスポーツドクター、順天堂大学医学部教授。 長年の自律神経研究の結果得られた、自律神経のコントロールと体の免疫力の関係についての結論を、「ゆっくり生きると、病気は逃げる。」をテーマに解説した本でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/16 16:29
「「55歳からのハローライフ」村上龍(幻冬舎)」読みました!
    「55歳からのハローライフLife Guidance for the 55−year−olds and all triers」村上龍(幻冬舎)」を読みました。 新聞連載の五編の中篇小説を1冊にまとめた村上龍先生の2012年12月第一刷発行の作品でした。  村上龍先生は、1952年長崎県生まれの芥川賞作家。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/12 14:12
「中古住宅事情について」「空き家の問題と高齢者福祉について」9/7FP支部研修で考えました! 
     2013年9月7日(土)15:〜17:パレブラン高志会館で 日本FP協会富山県支部の継続研修会が開催されたので参加してきました。  研修のテーマは、第1部が「中古住宅事情について」第2部が「空き家の問題と高齢者福祉について」  講師は 第1部が富山県中古住宅流通促進協議会の野村保正事務局長、第2部がNPO法人とやまホーム管理サービスの冨野敏子理事長と中山聡理事。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/12 13:24
8月31日の午後、利賀芸術公園の利賀大山房で、SCOTの公演『ディオニュソス』を鑑賞してきました!
    2013年 8月31日(土)の午後3:00〜4:30南砺市利賀村上百瀬48番地の利賀芸術公園の利賀大山房で、SCOTの公演 『ディオニュソス』を鑑賞してきました。   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/07 13:09
「NHKこころの時代(2013年4〜9月)道をひらく内村鑑三のことば(語り手)鈴木範久」読了!
   「NHKこころの時代(2013年4〜9月)道をひらく内村鑑三のことば(語り手)鈴木範久(NHK出版)」を読みました。 鈴木範久先生の心に残る内村鑑三の言葉を通じて、その思想や信仰を考えるための材料を集めた NHK教育テレビの番組のガイドブックでした。 鈴木範久先生は、1935年愛知県生まれの宗教学・宗教史学研究者、立教大学名誉教授。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/06 10:10
不正リスク対応基準の下で監査人に求められる職業倫理について8/9八田先生の講義を聴講!
   2013年8月9日(金)10:00〜11:40公認会計士協会の夏季全国研修会で 不正リスク対応基準の下で監査人に求められる職業倫理についての研修があったので参加してきました。 今回のテーマは 「公認会計士の職業倫理(その30)不正リスク対応基準の下で監査人に求められるもの」講師は青山学院大学大学院の八田進二教授。 公認会計士の職業倫理シリーズの最終講義ということで、30回の講義を締めくくる格調高い研修でした。   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/13 09:43
「NHK100分de名著(7月)プラトン『饗宴』(語り手)納富信留(NHK出版)」読みました!
   「NHKテレビテキスト100分de名著(7月)プラトン『饗宴』(語り手)納富信留(NHK出版)」を読みました。 プラトンの代表作の1つ『饗宴』に描かれた古代ギリシャの中心ポリス「アテナイ」の知識人たちのソクラテスとの対話を通して、哲学の始まりとその本質について、納富先生が 100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。   納富信留(のうとみ・のぶる)先生は、1965年東京都生まれの西洋古代哲学研究者、慶應義塾大学文学部教授。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/11 10:22
7月7日(日)から12日(金)第96回ライオンズクラブ国際大会ハンブルグ2013に参加してきました!
    2013年7月5日(金)から9日(火) 第96回ライオンズクラブ国際大会ハンブルグ2013が 111MDをホストとして ドイツ連邦共和国ハンブルク市において開催されました。 ハンブルク特別市は ドイツ北西部エルベ河の河口から約100Km入ったアルスター川の周辺の港湾都市であり、中世以来の自由都市として人口174万人、経済・芸術の盛んな ベルリン特別市に次ぐドイツ第二の都市でした。  大会スケジュールは、7月5日に展示ホール開場、7月6日にインターナショナルパレード、インターナショナルシ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/21 23:11
6月9日(日)LC第59回334複合地区年次大会、岐阜県岐阜市・長良川国際会議場で開催!
   2013年6月9日(日)ライオンズクラブ国際協会の第59回334複合地区年次大会が岐阜県岐阜市 長良川国際会議場で開催されたので、富山第一ホテル前を8:30スタートの新富観光バスに乗って参加してきました。 途中は10:00 ひるがの高原SAで牛乳とコーヒー、11:35長良川国際会議場で登録受付け、11:45〜岐阜都ホテルで昼食という余裕のある行程でした。    ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/10 13:25
「「ヒゲの隊長 絆の道」原作・佐藤正久、漫画・加藤礼次朗(ワニブックス)」読みました!
  「ヒゲの隊長 絆の道〜果たしたい約束がある〜」原作・佐藤正久、漫画・加藤礼次朗(ワニブックス)を読みました。 佐藤正久さんは、 1960年10月福島県生まれの自由民主党参議院議員。元陸上自衛隊一等陸佐、元自衛隊イラク派遣第一次復興業務支援隊長。 自衛隊出身の参議院議員として六年間、現場主義で動いてきた佐藤さんが、自らの半生とこの6年間のできごとを振り返り、これからの課題を漫画で問いかけた本でした。   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/06 11:27
6月1日(土)18:30〜富山セントラルLC認証50周年記念ふれあいフレンズコンサートに参加!
   2013年6月1日(土)18:30〜20:00富山セントラルライオンズクラブの認証50周年記念ふれあいフレンズコンサートが富山国際会議場メインホールで開催されたので参加してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/03 15:56
「NHK100分de名著(6月)トルストイ『戦争と平和』(語り手)川端香男里(NHK出版)」読了!
   「NHKテレビテキスト100分de名著(6月)トルストイ『戦争と平和』(語り手)川端香男里(NHK出版)」を読みました。 1804年にフランス皇帝となったナポレオンとロシアの対立が始まる1805年7月から、1812年9月のナポレオン軍モスクワ入城を経て、1813年のライプツィヒの戦いでのナポレオン敗北、1814年4月のナポレオン退位、その後の 戦争と平和の時代を ロシアの貴族はどう生きたか?四つの貴族のファミリーが、時代の嵐をどう乗り越えたか?五年間かけて書き上げたトルストイ流の長編小説・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/01 10:38
「NHKテレビテキスト100分de名著(5月)老子(語り手)蜂屋邦夫(NHK出版)」読みました!
   「NHKテレビテキスト100分de名著(5月) 老子 (語り手)蜂屋邦夫(NHK出版)」を読みました。 古代中国の思想書『老子』について、道家思想について、中国思想史、道教思想史を研究してこられた蜂屋邦夫先生が、『もうひとつの生き方』を示してくれる雄大な思想書として、重要な部分を解説された 25分ずつ4回で解説するテレビ番組のテキストでした。  蜂屋邦夫先生は、1938年東京都生まれの元東京大学東洋文化研究所教授。文学博士。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/31 11:31
5月18日(土)射水市戸破の小杉総合体育センターで開催されたライオンズクラブ年次大会に参加しました!
   2013年5月18日(土)ライオンズクラブの第59回地区年次大会が射水市戸破3111のアルビス小杉総合体育センターで開催されたので参加しました。 富山第一ホテル前を9:30スタートの新富観光バスでは10:00〜10:20の議事運営委員会に間に合わないということで、往きは家族に送ってもらうことになりました。    朝10:00〜10:20議事運営委員会、10:30−10:45代議員会全体会議、11:00〜11:45第3分科会、12:00〜12:17代議員総会、 昼食後の13:15記念撮影... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/19 07:11
「NHKラジオテキスト(2013年4〜6月)オリンピックと日本人(語り手)池井優」読みました!
   「NHKラジオテキストこころをよむ(2013年4〜6月)オリンピックと日本人(語り手)池井優(NHK出版)」を読みました。 東京で 東日本大震災復興祈念のオリンピックを開催したい!という希望が広がる中で、これまで日本人がオリンピックとどう関わってきたのか?13回にわたってオリンピックを巡る日本人の人間ドラマを豊富なエピソードを交えて紹介した NHKラジオ第2放送のテキストでした。 池井優先生は、1935年1月東京生まれの歴史学者、日本外交史研究者。慶應義塾大学名誉教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/04 16:10
「「笹本恒子の「わたくしの大好き」101」笹本恒子 著(宝島社)」読了! 
   「笹本恒子の「わたくしの大好き」101」笹本恒子 著(宝島社)を読みました。 笹本恒子さんは、1914年(大正3年)9月 東京生まれの写真家、フォトジャーナリスト。 日本最初の女性報道写真家、日本最高齢の現役女性写真家。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/27 18:43
『facebook交流安全教室2013』が開催されたので4/19(金)石川県地場産業センターに集合!
     2013年4月19日(金)の13:45〜16:30石川県地場産業振興センターコンベンションホールでライオンズクラブの『facebook交流安全教室2013』が開催されたので、富山LCから1R1Z・PRライオンズ情報委員の坂井L、PR委員長の金本L,次期幹事の西田L、次期PR委員長の西川Lとご一緒に 5人で参加しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/27 14:25
4月16日(火)の夜、1R1ゾーン 5クラブ合同例会のためホテルグランテラス富山に集合!
     2013年4月16日(火)の18:00〜20:00 ホテルグランテラス富山で 1リジョン1ゾーン 5クラブ合同例会が開催されたので 次期1R1ZCの畠山志郎ライオンとともに参加してきました。    当日のプログラムは、以下の通り。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/27 11:08
334−D地区第4回キャビネット会議のため、高岡市に集まりました!
    2013年4月6日(土)の11:45〜16:00 ホテルニューオータニ高岡で ライオンズクラブ国際協会334D地区 第4回キャビネット会議が開催されたので、1リジョン1ゾーンの地区委員と一緒に参加してきました。  11:45〜12:47が DGT・GMT/GLT会議、13:15〜14:10が 拡大DGT会議、14:30〜16:05が全体会議、16:15〜18:15が懇親会でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/08 04:45
県立近代美術館で3月31日[日]布施先生の美術解剖学講義を聞いて、「ひと・からだ・みぶり」展を鑑賞!
    2013年 3月31日(日)午後2時から母と一緒に富山県立近代美術館に 「ひと・からだ・みぶり アートに見る身体」展を見に行きました。 2:00〜3:30は 布施英利先生の記念講演会でした。 テーマは、美術解剖学からみた「ひと・からだ・みぶり」  布施英利(ふせひでと)先生は、1960年群馬県生まれの藝術学者、評論家、作家。東京藝術大学美術学部准教授。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/02 01:38
富山雷鳥LCの 第1000回記念例会が開催されたので 3/28(木)門前ライオンと参加してきました!
     2013年3月28日(木)の15:45〜19:30 ホテルグランテラス富山で 富山雷鳥LCの 第1000回記念例会が開催されたので 地区四献・環境保全委員の門前ライオンとともに参加してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/29 21:01
3月27日【水】LC新会員セミナー【富山県】がホテルニューオータニ高岡で開催されたので参加しました!
  2013年3月27日(水)の13:00〜17:30 ホテルニューオータニ高岡でLC新会員セミナー【富山県】が開催されたので グループ・ディスカッションのアドバイザーとして参加してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/29 11:51
3月26日の13:〜公認会計士協会北陸会のCD−ROM研修で「倫理判断の基礎」を考えました!
    2013年3月26日(火)13:00〜15:00公認会計士協会北陸会のCD-ROM研修会で 『会計プロフェッションの倫理〜倫理判断の基礎〜』ついて研修を受けました。 講師は 愛知大学会計専門職大学院非常勤講師の花野康成公認会計士。 昨年12月5日の全国研修会の録画でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/29 09:08
「成年後見制度の課題と展望」について3/16(土)の朝 FP協会の支部研修会で勉強しました!
     2013年3月16日(土)富山県総合情報センターで 日本FP協会富山県支部の継続研修会が開催されたので参加してきました。 研修のテーマは、 「成年後見制度の課題と展望」  講師は 社会福祉法人品川区社会福祉協議会品川成年後見センター所長の齋藤修一先生。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/21 03:25
3月9日(土)富山県水墨美術館で生誕90周年記念 山下清 展を鑑賞してきました!
    2013年 3月9日(土)午後1時から母と一緒に水墨美術館で「生誕90周年記念 山下清 展」を鑑賞してきました。 主催は富山県水墨美術館、富山新聞社、北國新聞社、共催はチューリップテレビ。  富山新聞創刊90周年記念の企画でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/20 15:35
 福井市で新しい3ライオンズクラブ合同の認証状伝達式が開催されたので2/20(水)参加してきました!
    2013年2月20日(水)の14:00〜17:35 ユアーズホテルフクイ4F芙蓉の間において、福井EASTライオンズクラブ、福井SOUTHライオンズクラブ、福井WESTライオンズクラブ 3クラブ合同の認証状伝達式が開催されたので、立会人として 1リジョン廣田2ZC,1ゾーンの泉野GMT委員、2ゾーンの金谷GMT委員と一緒に参加してきました。  14:00〜15:30が式典、15:45〜17:35が祝宴会でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/21 11:01
334−D地区第3回キャビネット会議のため2月9日(土)金沢市に集まりました!
    2013年2月9日(土)の11:45〜16:00 ANAクラウンプラザホテル金沢で ライオンズクラブ国際協会334D地区 第3回キャビネット会議が開催されたので、1リジョン1ゾーンの地区委員と一緒に参加してきました。  11:45〜12:33が DGT・GMT/GLT会議、12:44〜14:00が 拡大DGT会議、14:10〜16:00が全体会議でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/14 19:34
「「みっともない老い方 60歳からの「生き直し」のすすめ」川北義則(PHP新書)」読みました!
     「みっともない老い方  60歳からの「生き直し」のすすめ」川北義則 著(PHP新書)を読みました 川北義則さんは、 1935年大阪生まれの生活経済評論家、出版プロデューサー。 60歳からの第二の人生を 楽しく満足して生きるために意識すべきことについて、考えたこと思ったことを まとめてみた本でした。 2011年6月に出た本ですが、第一の人生と第二の人生は、生きる意味が違うということ、自ら意識を変えて生きるべきだということを よくわからせてくれる本でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/10 05:25
「「人生を癒す 百歳の禅語」松原泰道(致々出版社)」読みました!
  「人生を癒す 百歳の禅語」松原泰道著(致々出版社)を読みました。 致々出版社の禅語勉強会で話された内容をまとめて 2008年(平成20年)5月に発行された本でした。 松原泰道先生(1907.11.23〜2009.7.29)は、明治40年東京生まれの臨済宗妙心寺派の禅僧。 4年前に肺炎のため101歳で亡くなられる直前まで 各種文化センター講師や講演・著作に活躍された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/02 00:36
「NHKテキスト100分de名著(2月) デュマ『モンテ・クリスト伯』 (語り手)佐藤賢一」読了!
   「NHKテレビテキスト100分de名著(2月) デュマ『モンテ・クリスト伯』 (語り手)佐藤賢一(NHK出版)」を読みました。 19世紀フランスの新聞小説として生まれ150年以上たった今も世界中で愛され読み継がれるエンターテインメント小説のヒットの秘密を 25分ずつ4回で解説するテレビ番組のテキストでした。  佐藤賢一先生は、1968年山形県鶴岡市生まれの直木賞作家。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/31 22:43
「NHKテレビテキスト100分de名著(1月) 般若心経 (語り手)佐々木閑(NHK出版)」読了!
   「NHKテレビテキスト100分de名著(1月) 般若心経 (語り手)佐々木閑(NHK出版)」を読みました。 日本人の好きな般若心経について 25分ずつ4回で解説するテレビ番組のテキストでした。  佐々木閑先生は、1956年福井県生まれの仏教哲学、仏教史研究者。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/31 22:07
「NHKテキスト100分de名著(12月)サン=テグジュペリ星の王子さま(語り手)水本弘文」読了!
     「NHKテレビテキスト100分de名著(12月)サン=テグジュペリ 星の王子さま (語り手)水本弘文(NHK出版)」を読みました。 サン=テグジュペリ(1900−1944)の作品、星の王子さまの物語と挿絵について、25分ずつ4回で解説するテレビ番組のテキストでした。  水本弘文先生は、1945年福岡県生まれのフランス文学研究者、北九州市立大学名誉教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/22 11:40
県立近代美術館で、11/18(日)スイスの絵本作家クライドルフの世界を鑑賞してきました!
    2012年11月18日(日)の午後、水墨美術館で、日本のこころ大本山相国寺・金閣・銀閣名宝展の後期展示を見た後で、母と一緒に県立近代美術館で 「スイスの絵本作家 クライドルフの世界」を鑑賞してきました。 → [ ご案内 ] http://www.pref.toyama.jp/branches/3042/exhibition/exh_2012/exh_12_4.htm ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/19 13:10
LC国際協会334-D地区の第2回キャビネット会議のため11/17福井商工会議所に行ってきました!
    2012年11月17日(土)の11:45〜16:00 福井商工会議所で ライオンズクラブ国際協会334D地区 第2回キャビネット会議が開催されたので、1リジョン1ゾーンの地区委員と一緒に参加してきました。 JR富山駅で 9:14発のサンダーバード16号に乗って、JR福井駅着が 10:44でした。 久しぶりに電車通りを20分ほど本屋に寄ったりしてゆっくり歩いて 11:10過ぎに会場の福井商工会議所ビルに到着しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/19 12:23
11月10日ソーシャルメディア活用セミナーと女性フォーラムに参加した後、国際会長歓迎晩さん会に出席!
   今朝は2:30過ぎに帰って 3:30過ぎに寝たので、朝は起きられないかと思ったのですが、何とか8時前に目が覚めて、9時までの朝食をいただくこと ができました。 朝食のバイキングで九州の名物料理をいろいろ食べたら元気が出てきたので、9:50にタクシーで国際会議場に向かいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/14 10:23
11/9ライオンズクラブ国際協会の第51回OSEAL[東洋東南アジア]フォーラム福岡開会式に参加!
   2012.11. 9(金)13:00福岡国際会議場で登録を済ませ、13:30〜17:00マリンメッセ福岡での開会式 〜11.10(土)19:00〜22:10ホテルニューオータニ博多でのマデン国際会長歓迎晩餐会まで、富山LCのお仲間10名で第51回OSEALフォーラム福岡に参加してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/14 10:15
 「100分de名著(11月)アインシュタイン 『相対性理論』(語り手)佐藤勝彦」読了!     
    「NHKテレビテキスト100分de名著(11月)アインシュタイン 『相対性理論』(語り手) 佐藤勝彦(NHK出版)」を読みました。  アインシュタイン (1879〜1955)は ドイツ生まれのユダヤ人理論物理学者。 佐藤勝彦先生は、1945年香川県生まれの宇宙物理学者、東京大学名誉教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/09 00:16
「100分de名著(10月)鴨 長明 『方丈記』(語り手)小林一彦 (NHK出版)」読みました!
    「NHKテレビテキスト100分de名著(10月)鴨 長明 『方丈記』(語り手)小林一彦 (NHK出版)」を読みました。  鴨長明 (1155〜1216)は 平安時代末期から鎌倉時代にかけての歌人・随筆家。     小林一彦先生は、1960年栃木県生まれの 和歌文学・中世文学研究者、京都産業大学文化学部教授。     ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/29 19:51
LCのリーダーシップ研修会(高岡商工ビル)に10/13(土)〜14(日)参加しました!
2012.10. 13(土)13:00〜20:30、14(日)8:30〜11:00高岡商工ビルで ライオンズクラブ国際協会334D地区リーダーシップ研修会が各クラブの副会長と地区役員を対象に開催されたので参加してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/15 03:35
「「夢をかなえるひみつ〜ライフプランをつくるFPの仕事」構成:内海準二、漫画:もりもとなつき」読了!
    「夢をかなえるひみつ〜ライフプランをつくるFPの仕事〜」構成:内海準二、漫画:もりもとなつき(学習研究社)を読みました。  9月22日(土)の「FPフェア2012」 仙台国際センターでのセミナー参加者に無料配布されていたので、いただいてホテルで読みましたが、小学生に こづかい帳を付けるところから、仕事と人生を考え、夢を叶えるために必要な人生のライフプランとその裏付けとなるマネープランを考えさせようという面白い本でした。 小学生のライフスキル教育の一環として、日本ファイナンシャル・プランナ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/07 15:45
9/30公益財団法人富山県アイバンク設立20周年記念式典と記念講演会が富山県民会館で開催されました!
   2012年9月30日(日)公益財団法人富山県アイバンク設立20周年記念式典と記念講演会が 富山県民会館で開催されたので 参加してきました。 記念式典は 14:00〜15:20 記念公演は 15:30〜16:55 でした。 記念講演の講師は、宮川花子先生。 テーマは、「花子の生き生きライフ」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/04 09:41
9月24日(月)仙台駅西口8:40集合。9:00〜17:00宮城県内の被災地 現状視察ツアーに参加!
   2012年 9月24日(月)仙台駅西口に8:40集合。9:00〜17:00宮城県内の被災地 現状視察ツアーに参加しました。  9:10に駅前を出て、宮城郡松島町の五大堂には10:10到着しました。 五大堂から、瑞巌寺の境内まで歩く参道の杉並木が津波を被ったため立ち枯れ状態で、チェーンソーで切り倒している途中でした。 瑞巌寺は門前で津波が止まり塩害はなかったものの、地震で壊れた部分の修復工事中で 国宝の本堂や重要文化財の中門や御成門は非公開でしたが、国宝の庫裡には入ることができました。その奥... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/01 20:26
9/16(日)13:〜夏季派遣青少年帰国報告会並びに地区YCEセミナーが開催されたので参加しました!
2012.9.16(日) 13:00〜15:30金沢都ホテル7F鳳凰の間において、ライオンズクラブ国際協会334−D地区 夏季派遣青少年帰国報告会並びに地区YCEセミナーが開催されたので、五十嵐L成田L淺井Lとともに参加してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/30 19:59
ライオンズクエストのカリスマ講師北山敏和先生の講演会『子どもたちにライフスキルを』9/14開催!
2012.9.14(金) 18:50〜19:50黒部国際文化センターコラーレ大ホールで、1R3Z地区ガバナー公式訪問記念LQ講演会『子どもたちにライフスキルを』が開催された。 三井3ZCから案内をいただいたので聴講してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/28 11:23
「NHK100分de名著(9月)チェーホフ かもめ(語り手)沼野充義 (NHK出版)」読みました!
    「NHKテレビテキスト100分de名著(9月)チェーホフ かもめ (語り手)沼野充義 (NHK出版)」を読みました。  チェーホフ (1960〜1904)は  数多くの戯曲で知られる19世紀末のロシアの作家・医師。     沼野充義 (1954〜 )先生は ロシア・東欧文学研究者、東京大学大学院教授。       ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/20 08:59
9/8の午後ホテル金沢で、ライオンズクラブ国際協会のLCIFセミナーに参加してきました!
2012.9. 8(土) 13:30〜16:00ホテル金沢で ライオンズクラブ国際協会334D地区LCIFセミナーが開催されたので参加してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/20 07:46
9/1 利賀芸術公園の野外劇場で、SCOTの公演 『世界の果てからこんにちは』を鑑賞してきました! 
   2012年 9月1日(土)の夜 19:38〜20:58 南砺市利賀村上百瀬48番地の利賀芸術公園の野外劇場で、SCOTの公演 『世界の果てからこんにちは』を鑑賞してきました。   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/18 04:27
ライオンズクラブ奉仕銀行の常任委員会・評議員会を9月1日(土)冨山第一ホテルで開催しました!
  2012年 9月1日(土)の13:10〜14:10 富山県ライオンズクラブ奉仕銀行の常任委員会、   14:30〜16:00評議員会を 富山第一ホテル2階「春日の間」 3階「白鳳の間」で開催しました。 当日承認された 2012年6月末貸借対照表、2011年7月から2012年6月の収支計算書、2012年7月から2013年6月の収支予算は     冨山ライオンズクラブのホームページの1ZC通信の中で公開しています。    1R1ZC通信  →    http://www.lions-to... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/17 15:19
「NHK100分de名著(8月)フランクル 夜と霧 (語り手)諸富祥彦(NHK出版)」読みました!
     「NHKテレビテキスト100分de名著(8月)フランクル 夜と霧 (語り手)諸富祥彦 (NHK出版)」を読みました。 オーストリア・ウイーン在住の精神科医であったヴィクトール・E・フランクル( 1905.3.26〜1997.9.2 )のユダヤ人強制収容所での体験を 終戦後 9日間で書き上げたドキュメンタリー記録として、1947年に発刊されて以来、世界中で読み継がれ、日本では1956年の初版以来 これまで読まれ続けてきた名著『夜と霧』という本のもつ意味を 25分ずつ 四回で解説するテレビ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/14 10:45
「「聞く力 心をひらく35のヒント」阿川佐和子(文春新書)」読みました!
    「聞く力  心をひらく35のヒント」 阿川佐和子 著(文春新書)を読みました。  阿川佐和子さんは、1953年東京都生まれのエッセイスト。 「週刊文春」の対談ページ「阿川佐和子のこの人に会いたい」の連載も930回を越え、1000人近い人とのインタビューや30回以上のお見合いで掴んだ、本音を引き出すコミュニケーション術を、はじめて公開した本でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/21 11:36
ライオンズクラブの次期四委員会セミナー6/13に参加しました!
2012.6.13(水)AM11:30〜12:50 ANAクラウンプラザホテル富山での DGT・GMT・GLT会議のあと、隣の国際会議場で、13:00からライオンズクラブ国際協会334D地区・次期四委員会セミナーが開催されました。       DGT・GMT・GLT会議は、4月1日のキャビネット予備会議以来でしたが、そのときダイエットを誓って5キロも やせたというZCもいましたが、私は4月に△3キロ、5月に+5キロ、6月に△2キロで、全く成果なしでした。     →→ ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/17 10:32
「NHKテキスト100分de名著(6月)パスカル パンセ (語り手)鹿島茂 (NHK出版)」読了!
     「NHKテレビテキスト100分de名著(6月)パスカル パンセ (語り手)鹿島茂 (NHK出版)」を読みました。 パスカル(1623.6.19〜1662.8.19)の死後にまとめられた思索集パンセの世界を、25分ずつ4回で解説するテレビ番組のテキストでした。  鹿島茂先生は、1948年神奈川県横浜市生まれの19世紀フランス文学研究者、明治大学国際日本学部教授。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/05 09:35
6月4日(月)ライオンズクラブ国際協会334複合地区次期役員研修会に参加!
     2012年6月4日(月)ライオンズクラブ国際協会334複合地区 次期役員研修会が、愛知県名古屋市のキャッスルプラザホテルで開催されたので、9:09富山駅発の しらさぎ6号に乗って参加してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/05 09:21
「「子どもを蝕む 空虚な日本語」 齋藤浩 (草思社)」読みました!
    「子どもを蝕む 空虚な日本語」 齋藤浩 著(草思社)を読みました。  齋藤浩さんは、1963年東京都生まれの小学校教諭。日本国語教育学会会員。 中学校と小学校で、長年 子ども達を教えてきたベテラン教師が、最近の身近な具体例とともに、熱意あふれるアドバイスを 書き尽くした本でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/02 16:18
5月27日(日)第58回334複合地区年次大会・長野県長野市ビッグハットに参加してきました!
   2012年5月27日(日)ライオンズクラブ国際協会の第58回334複合地区年次大会が長野県長野市のビッグハットで開催されたので、富山第一ホテル前を8:50スタートの新富観光バスに乗って参加してきました。 途中は、10:15名立谷浜SAでコーヒー、11:25小布施PAで3種類の おやき、11:45須坂・長野東I/Cをおりて会場の駐車場に12時に入り、受付して昼食弁当という余裕のある行程でした。   昼食後の13:00−13:40代議員会、13:50−16:20大会式典、16:30−18:0... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/28 10:14
ライオンズクラブの第58回地区年次大会が5/19(土)石川県立音楽堂とホテル金沢で開催!
   2012年5月19日(土)ライオンズクラブの第58回地区年次大会が石川県立音楽堂とホテル金沢で開催されたので、富山第一ホテル前を8:55スタートの新富観光バスに乗って参加してきました。 朝10:30−12:30 代議員会、昼食後の午後1:30−3:50 年次大会、4:30−6:00 ガバナー晩餐会というプログラムでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/23 11:06
「シンデレラ シンデレラ」(演出:劇団SCOT鈴木忠志)を5/13(日)の午後3:−県民会館で鑑賞!
     2012年 5月13日(日)午後3時から4時10分、母と一緒に県民会館で 「シンデレラ シンデレラ」(演出:劇団SCOT鈴木忠志)を鑑賞してきました。  出演は 劇団SCOT/劇団静火、共同製作が 静岡県文化財団・富山県文化振興財団・沖縄市・劇団SCOT・静岡県舞台芸術センターという作品でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/23 10:29
年金に関する色々な質問にどう答えるか?FP協会の支部研修で5/12の朝勉強しました!
   2012年 5月12日(土)午前9時30分から11時30分 富山県総合情報センター1階会議室で、日本FP協会富山支部の継続教育研修会に参加してきました。    今回のテーマは、「あなたならFPとしてどう答える? 年金に関するこんな質問、あんな質問」    講師は CFP,社会保険労務士で石川支部会員の北島洋一さん。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/22 09:08
県立近代美術館で 「近代日本洋画の巨匠 黒田清輝展」を 5/5(土)の午後鑑賞しました!
    2012年 5月5日(土)午後2時15分から母と一緒に県立近代美術館で 「近代日本洋画の巨匠 黒田清輝展」を鑑賞してきました。 東京国立博物館と東京文化財研究所の膨大なコレクションの中から、教科書や記念切手でおなじみの『湖畔』や重要文化財を含む、初期から晩年までの油彩画・素描 約150点に 画帖・日記・書簡・写真などの資料を加えて、フランスでの修業時代から晩年までの画業の全貌を紹介した展示でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/06 03:01
5月5日(土)の午後、水墨美術館で「平山郁夫展 大唐西域画への道」を鑑賞してきました!
    2012年 5月5日(土)午後1時から母と一緒に水墨美術館で「平山郁夫展 大唐西域画への道」を鑑賞してきました。 公益財団法人佐川美術館の所蔵する300点以上の平山郁夫作品の中から厳選した作品を紹介し、仏教への深い関心と平和を祈る切実な心を描き続けた平山郁夫の世界を振り返る展示でした。     主催者は、「平山郁夫展」実行委員会、冨山テレビ放送、富山県水墨美術館。共催は北日本新聞社。 企画協力は産経新聞社という展示でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/06 01:56
「「悲しみは憶良に聞け」 中西進(光文社)」読みました! 
    「悲しみは憶良に聞け」 中西進 著(光文社)を読みました。  中西進さんは、1929年東京生まれの日本文化研究者、文化功労者。 なぜ 万葉集の中で 山上憶良の歌が異色なのか?何故 恋を歌わず愛を歌ったのか? 何故 役人でありながら 生きる苦悩を歌い、「貧乏」や 「病苦」や 「老い」を歌ったのか?     光文社の依頼を受け、平成16年、平成17年の大学等での講義や講演の記録から作ったテープ原稿をもとに、目次を立てて原稿を要約し 推敲すること7年、人生に苦悩し 人生と格闘する 山上... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/29 20:41
「「うたう天皇」 中西進(白水社)」読みました! 
     「うたう天皇」 中西進 著(白水社)を読みました。  中西進さんは、1929年東京生まれの日本文化研究者、文化功労者。 なぜ天皇の重要な仕事として和歌を詠むことが位置付けられてきたのか? 日本史の謎を、万葉の碩学が 国づくりの「日本知」として 鮮やかに読み解いた本でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/07 15:34
「「サライ「日本の庭」完全ガイド」田中昭三『サライ』編集部編(小学館)」買いました!
     2012年4月1日のキャビネット予備会議の後、富山市に戻り 本屋によったら、なんとなく表紙に惹きつけられて買ってしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/07 13:37
4月3日(火)の夕刻、富山地方鉄道の電車内で 富山ライオンズクラブ 花見例会を開催!
    2012年4月3日(火)の午後5:30から 富山地方鉄道アルプスエクスプレス車内で 富山ライオンズクラブの花見例会が開催されたので、参加してきました。  あいにくの暴風雨で、立山まで花見に行く計画は、稲荷町の車庫内に停まっての花見となりましyた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/06 17:46
4月1日(日)の午後、ホテルニューオータニ高岡で ライオンズクラブ次期キャビネット予備会議に参加! 
    2012年4月1日(日)の午後0:15から ホテルニューオータニ高岡で ライオンズクラブ国際協会334D地区 次期キャビネット予備会議が開催されたので、1リジョン1ゾーンの地区委員と一緒に参加してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/05 18:36
富山県民会館で3月17日(土)の午後1:03−2:10、深田晶恵さんの講演を聞いてきました!
    2012年3月17日(土)の午後1:03−2:10富山県民会館で 日本経済新聞社主催のマネーセミナーがあったので参加してきました。  今回のテーマは、「大切なお金を『殖やす力』と『減らさない力』の身につけ方」について。  講師は、生活設計塾クルー取締役でCFPの深田晶恵さんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/03 15:38
日本FP協会富山支部の継続研修で3月17日の朝、自動車保険・火災保険の実務について研修を受けました!
    2012年3月17日(土)の朝10:−12:、富山県民会館で日本FP協会富山支部の継続研修に参加してきました。 今回のテーマは、自動車保険・火災保険の実務について。 講師は、会員の窪田昌司さんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/03 14:49
「NHKテキストこころをよむ(4−6月)女のきっぷ (語り手)森まゆみ(NHK出版)」読みました!
     「NHKラジオテキストこころをよむ(4−6月)女のきっぷ (語り手)森まゆみ(NHK出版)」を読みました。 明治維新以降の日本近代を 逆境を乗り越えて颯爽と生きた13人の女性の人生について、『女のきっぷ(気風)」という こころをよむ視点から、毎週日曜日に40分ずつ13回で語るラジオ番組のテキストでした。 森まゆみ先生は、1954年東京都文京区生まれの作家。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/03 14:11
「「おかみのさんま 気仙沼を生き抜く魚問屋3代目・斉藤和枝の記録」斉藤和枝(日経BP社)」読了!
   「おかみのさんま 気仙沼を生き抜く魚問屋3代目・斉藤和枝の記録」斉藤和枝 著(日経BP社)を 読みました。  斉藤和枝さんは、1961年宮城県気仙沼市生まれの経営者、斉吉商店の専務取締役。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/02 13:44
「「東日本大震災 石巻災害医療の全記録」 石井正(講談社)」読みました!
   「東日本大震災 石巻災害医療の全記録  「最大災害地」を医療崩壊から救った医師の7カ月」石井正 著(講談社)を 読みました。   石井正さんは、1963年 東京都生まれの外科医、石巻赤十字病院医療社会事業部長、宮城県災害医療コーディネータ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/31 23:31
「NHKテキスト仕事学のすすめ(3月)自ら仕事を創造せよ(語り手)安藤忠雄 (NHK出版)」読了!
    「NHKテレビテキスト仕事学のすすめ(3月)自ら仕事を創造せよ(語り手)安藤忠雄 (NHK出版)」を読みました。  安藤忠雄さんは、1941年兵庫県生まれの 日本を代表する建築家。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/22 09:41
「「世紀のラブレター」 梯久美子(新潮新書)」読みました! 
    「世紀のラブレター」 梯久美子 著(新潮新書)を読みました。  梯久美子さんは、1961年熊本県生まれのノンフィクション作家。     明治から平成まで、150年の間に 日本人が書いた恋文を約50通あつめて紹介した本でした。 雑誌『文藝春秋』平成20年1月号に掲載された「世紀のラブレター50通」に加筆してまとめたものだということで、ラブレターにまつわる背景やエピソードが丁寧に取材され紹介されていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/21 10:25
「「昭和の遺書 55人の魂の記録」 梯久美子 (文春新書)」読みました!
    「昭和の遺書  55人の魂の記録」 梯久美子 著(文春新書)を読みました。  梯久美子さんは、1961年熊本県生まれのノンフィクション作家。     昭和という時代を、昭和初年から開戦まで、開戦から昭和20年8月まで、敗戦前後、昭和20年代、昭和30年代から40年代、昭和50年代から60年代の 六章に分けて、 そのころに書かれた遺書のことばを通して振り返った 印象的な本でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/20 19:08
「「わずか五千石、小さな大大名の遣り繰り算段」 山下昌也(主婦の友社)」読みました!
    「わずか五千石、小さな大大名の遣り繰り算段」 山下昌也著(主婦の友社)を読みました。 山下昌也さんは、高知県生まれの日本史研究者、作家。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/18 13:14
「「日本人のちょっとヘンな英語」デイビッド・セイン(アスコム)」読みました!
    「爆笑!英語コミックエッセイ 日本人のちょっとヘンな英語」デイビッド・セイン著(アスコム)を読みました。 デイビッド・セインさんは、 1959年米国生まれの英会話学校経営者、翻訳家。 クリエーター集団「エートゥーゼット」代表。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/03/18 12:50
「「今さら英語を勉強しなくても、グローバル・エリートになれる39のルール」デュラン・れい子」読了!
     「今さら英語を勉強しなくても、グローバル・エリートになれる39のルール」デュラン・れい子 著(東洋経済新報社)を 読みました。 デュラン・れい子さんは、1942年東京都生まれのアーティスト、エッセイスト。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/04 10:51
「「ビギナーズ・クラシックス 万葉集」角川書店編(角川ソフィア文庫)」読みました!
    「ビギナーズ・クラシックス 万葉集」角川書店編(角川ソフィア文庫)を読みました。 古典の名作の原文を、現代語訳と解説付きで手軽に読める解りやすい本でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/12 09:05
「「仏教の正しい先祖供養  功徳はなぜ廻向できるのか」藤本晃(サンガ新書)」読みました!
    「「仏教の正しい先祖供養  功徳はなぜ廻向できるのか」藤本晃 著(サンガ新書)」を読みました。 藤本晃さんは、1962年2月生まれの宗教学者、浄土真宗本願寺派誓教寺住職。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/11 12:27
「「ビギナーズ・クラシックス 平家物語」角川書店編(角川ソフィア文庫)」読みました!
    「ビギナーズ・クラシックス 平家物語」角川書店編(角川ソフィア文庫)を読みました。 古典の名作の原文を、現代語訳と解説付きで手軽に読める解りやすい本でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/30 01:11
「「日本人はなぜ日本のことを知らないのか」竹田恒泰(PHP新書)」読みました!
    「日本人はなぜ日本のことを知らないのか」竹田恒泰 著(PHP新書)を読みました。 竹田恒泰さんは、1975年 旧皇族竹田家に生まれた憲法学・史学研究者、作家。慶應義塾大学講師。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/29 19:35
「「使える!『徒然草』」斎藤孝(PHP新書)」読みました!
    「使える!『徒然草』」斎藤孝 著(PHP新書)を読みました。 斎藤孝さんは、1960年静岡県生まれの教育学者。 先人の知恵からインスピレーションを得る方法、教科書に載っていない「徒然草」の読み方を解説した本でした、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/16 05:35
「100分de名著( 1月)兼好法師  徒然草(語り手)荻野文子(NHK出版)」読みました!
     「NHKテレビテキスト100分de名著( 1月)兼好法師  徒然草(語り手)荻野文子(NHK出版)」を読みました。 兼好法師(1283頃−1352頃)が 自分の目に映る日常の断片について そのときどきの意見や感想を述べた随筆について その独特の観察眼がどこから生まれたのか?なぜ日本の古典として長い間読み継がれてきたのか?吉田兼好が私たちに伝えたかったこととその魅力を 4回に分けて解説したテキストでした。 荻野文子(おぎのあやこ)さんは、1957年兵庫県生まれの古文教師。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/16 05:05
「仕事学のすすめ(1月)お客様に誠実であれ(語り手)唐池恒二 (NHK出版)」読みました!
   「NHKテレビテキスト仕事学のすすめ(1月)お客様に誠実であれ(語り手)唐池恒二 (NHK出版)」を読みました。  赤字企業の黒字化、停滞企業の活性化で有名な唐池恒二さんが、その経営と信念を語った番組のテキストでした。 唐池恒二さんは、1953年大阪府生まれの経営者。 JR九州社長。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/16 04:38
「「無常の見方 「聖なる真理」と「私」の幸福」アルボムッレ・スマナサーラ(サンガ新書)」読みました!
    「「無常の見方  「聖なる真理」と「私」の幸福」アルボムッレ・スマナサーラ 著(サンガ新書)」を読みました。  アルボムッレ・スマナサーラさんは、1945年スリランカ生まれのスリランカ上座仏教長老。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/06 11:11
「「憂鬱でなければ、仕事じゃない」見城徹、藤田晋(講談社)」読みました!
     「憂鬱でなければ、仕事じゃない」見城徹、藤田晋 著(講談社)を読みました。 見城徹さんは 1950年12月静岡生まれの編集者、書店経営者。 藤田晋さんは、1973年5月福井生まれの経営者。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/04 10:32
「「生きる勉強」アルボムッレ・スマナサーラ、香山リカ 著(サンガ新書)」読みました。
    「「生きる勉強  軽くして生きるため、上座仏教長老と精神科医が語り合う」アルボムッレ・スマナサーラ、香山リカ 著(サンガ新書)」を読みました。 アルボムッレ・スマナサーラさんは、1945年スリランカ生まれのスリランカ上座仏教長老。 香山リカさんは 1960年北海道生まれの精神科医、立教大学現代心理学部教授。     楽しく明るく生きていくための具体的で実践的な お釈迦様の教えを受け継ぐ初期仏教、スリランカ上座仏教の考え方を、精神科医の立場から質問し 自由に語り合ったユニークな本で、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/01 00:24
「「「看取り」の作法」香山リカ(祥伝社)」読みました!
    「「看取り」の作法」香山リカ 著(祥伝社)を読みました。 香山リカさんは 1960年北海道生まれの精神科医、立教大学現代心理学部教授。 2010年11月に82歳でお父さんが逝去された後の 喪失感と罪悪感の中で、これまで精神科医としてみてきた悲しみや苦しみが知識としての表面的なもので、看取りについてまだまだ準備不足であったと気づいた著者が、これから介護や看取りの時期を迎える人のために、愛する人・親しい人の死を迎えるための 心の準備や悲しみの乗り越え方、看取りの作法と標準的な喪の作業につ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/31 22:55
「「往生の極意」 山折哲雄(太田出版)」読みました!
    「往生の極意」 山折哲雄 著(太田出版)を読みました。 山折哲雄さんは 1931年生まれの宗教学者。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/22 13:08
「「仕事学のすすめ(12月)競争しない中小企業経営」(語り手)小宮山栄 (NHK出版)」読みました!
   「NHKテレビテキスト仕事学のすすめ(12月)競争しない中小企業経営(語り手)小宮山栄 (NHK出版)」を読みました。  社員18名の中小企業のままで 世界的鏡メーカーに成長したコミーの経営者として著名な小宮山栄さんが、その経営と信念を語った番組のテキストだ。 小宮山栄さんは、1940年長野県生まれの経営者。 コミー社長。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/22 12:31
「「100分de名著(12月)宮沢賢治 銀河鉄道の夜」(語り手)ロジャー・パルバース(NHK)」読了
    「NHKテレビテキスト100分de名著(12月)宮沢賢治 銀河鉄道の夜(語り手)ロジャー・パルバース(NHK出版)」を読みました。 宮沢賢治(1896−1933)が37年の人生のほとんどを過ごした岩手県の自然とその中での人生を偲び、宮沢賢治が私たちに伝えたかったことを 4回に分けて解説したテキストでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/22 11:45
生命保険料控除について、12/9(金)午後のニッセイ会情報連絡会で研修を受けました!
     2011年12月 9日(金)PM4:25−PM5:20富山国際会議場で 富山県ニッセイ会の情報連絡会が開催されたので参加してきました。 今回のテーマは、生命保険料控除の改正について、新商品の活用事例について、助成金の活用について 講師は 日本生命代理店教育グループの吉岡課長補佐。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/15 12:43
「「論語力」斎藤孝(ちくま新書)」読みなおしました!
     「論語力」斎藤孝 著(ちくま新書)を読みなおしました。 斎藤孝さんは 1960年10月静岡生まれの教育学者、明治大学文学部教授。 「現代語訳 論語」(ちくま新書)の続編として、偉大な教育者『孔子』の言葉と 東洋の古典『論語』を現代に生かす読み方のピントを解説した本でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/12 17:17
「「震災で本当にあった泣ける話」イースト・プレス編集部(文庫ぎんが堂)」読みました!
     「震災で本当にあった泣ける話」イースト・プレス編集部 著(文庫ぎんが堂)を読みました。 2011年3月11日午後2時46分の地震発生によって 東日本の沿岸で何が起こったのか。 被災者の数だけある涙の人間ドラマを、ドキュメントタッチで描き出した本でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/10 13:22
「「ブラック・スワンの箴言」ナシーム・ニコラス・タレブ(ダイヤモンド社)」読みました!
     「ブラック・スワンの箴言」ナシーム・ニコラス・タレブ著・望月衛 訳 (ダイヤモンド社)を読みました。 原題は The Bed of Procrustes (プロクルーステスのベッド) ギリシャ神話のエピソードに絡めて、自分には理解できないもの・見えないもの・知らないものに直面した人間の 自分の基準に合わせて判断する・既成概念に合わせて理解する・自分の先入観に沿って事実を切り取る 悲しい習慣を、風刺的に表現した392の箴言集でした。  ナシーム・ニコラス・タレブさんは、1960年レバノ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/01 11:27
3月31日(日)近代美術館で ひと・からだ・みぶり アートに見る身体を鑑賞して布施先生の講演を聴講!
    2013年3月31日(日)午後2時から母と一緒に富山県立近代美術館で「ひと・からだ・みぶり アートに見る身体」展 を鑑賞してきました。 主催は、富山県立近代美術館/北日本新聞社/北日本放送。 2月9日から4月16日までの展示で、富山県立近代美術館収蔵作品の中から、人間の姿・形を表した作品や、人間の身振りや動きを感じさせる作品を、ひと、からだ、みぶりをキーワードに紹介した展示でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/28 10:51
『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』富山先行ロードショー11/20(日)の午後、鑑賞!
    2011年11月20日(日)PM1:00−3:15 母と一緒に TOHOシネマズファボーレ富山で、昨日から富山県で先行ロードショーが始まった映画『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』を鑑賞してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/21 12:05
「「「始末」ということ」 山折哲雄 著(角川ONEテーマ21)」読みました!
    「「始末」ということ」 山折哲雄 著(角川ONEテーマ21)を読みました。 山折哲雄さんは 1931年生まれの宗教学者。   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/17 10:13
「100分de名著(11月)アラン 幸福論(語り手)合田正人(NHK出版)」読みました!
    「NHKテレビテキスト100分de名著(11月)アラン 幸福論(語り手)合田正人(NHK出版)」を読みました。世界の3大幸福論で知られるアランの幸福論の珠玉の言葉を 4回に分けて解説したテキストでした。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/11 01:07
「NHK仕事学のすすめ(11月)こうして企業は再生する(語り手)大久保恒夫 (NHK出版)」読了!
   「NHKテレビテキスト仕事学のすすめ(11月)こうして企業は再生する(語り手)大久保恒夫 (NHK出版)」を読みました。  企業再生のプロとして著名な大久保恒夫さんが、その基本と信念を語った番組のテキストだ。 大久保恒夫さんは、1956年愛知県生まれの経営者。セブン&アイ・フードシステムズ社長。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/11 00:28
11/6(日)午後・水墨美術館で「奥田元宋と奥田小由女展 ー 響き合う風景と人形」鑑賞してきました!
    2011年11月6日(日)午後3時から母と一緒に水墨美術館で「奥田元宋と奥田小由女展 ー 響き合う風景と人形の饗宴」美術展を鑑賞してきました。 午後2時から 奥田小由女さんの講演があったのですが、少し遅くなったので作品だけ見てくる予定でしたが、まだ 講演のあと展示会場を回って作品の制作当時の思い出や工夫されたところなどを お話されているところでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/08 16:46
「仕事学のすすめ(10月)まちづくりマネジメントはこう行え(語り手)西郷真理子(NHK出版)」読了!
    「NHKテレビテキスト仕事学のすすめ(10月)まちづくりマネジメントはこう行え(語り手)西郷真理子 (NHK出版)」を読みました。  地方都市の活性化を図る町づくりのマネジメントについて、都市計画家としての実績で知られる西郷真理子さんが、実際のまちづくりの現場で、再開発の組織作りのプロセスとノウハウを、自ら解説されるという貴重な番組テキストで、そのまま大学の都市計画の教材になるような実践的な本でした。    →→    http://mediajam.info/topic/161898... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/16 13:03
「「世界を知る力 日本創生編」寺島実郎(PHP新書)」 読みました!
   「世界を知る力  日本創生編」寺島実郎 著(PHP新書)を 読みました。 寺島実郎さんは、1947年8月北海道生まれの元三井物産常務執行役員。 日本総合研究所理事長、多摩大学学長、三井物産戦略研究所会長。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/28 09:04
「仕事学のすすめ(9月)“司法試験流”知的生産術(語り手)伊藤真 (NHK出版)」読みました!
   「NHKテレビテキスト仕事学のすすめ(9月)“司法試験流”知的生産術(語り手)伊藤真 (NHK出版)」を読みました。  限られた時間の中で勉強や仕事をこなすには「能力×気力×方法論」が必要であると認識した伊藤真さんが 超難関試験も突破できる知的生産の方法論を解説した本でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/14 07:10
「「洪水にいどんだ金次郎 〜誕生から生家の復興まで」 こどもくらぶ編 漆原智良・文(同友館)」読了!
   「「洪水にいどんだ金次郎  〜誕生から生家の復興まで」こどもくらぶ編 漆原智良・文、山中桃子・絵(同友館)」を読みました。 財政再建と災害復興を同時に成功させた日本人といえば、二宮金次郎さんということで、最近見直す人が多くなったようです。 二宮金次郎を調べる本がこれから全3冊で 同友館から出版予定ということで予約していた本が届いたので早速読んでみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/12 13:20
「「時に海を見よ  これからの日本を生きる君に贈る」渡辺憲司(双葉社)」読みました!
    「「時に海を見よ これからの日本を生きる君に贈る」渡辺憲司 著(双葉社)」を読みました。 渡辺憲司さんは、1944年北海道函館市生まれの教員、日本近世文学研究者。 2010年8月より立教新座中学校高等学校校長。 卒業式が中止となった高校の2011年3月卒業生へのメッセージを学校のホームページに公開して大きな反響を呼び、6月19日に本になったということで 早速読んでみたものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/28 13:14
「「震災歌集」長谷川櫂(中央公論新社)」読みました!
    「「震災歌集」長谷川櫂(中央公論新社)」を読みました。 長谷川櫂(はせがわ・かい)さんは、1954年熊本県生まれの俳人。「季語と歳時記の会」代表。 3.11の後の混乱と不安の12日間の間に、長谷川さんの心に次々と沸き上がってきた短歌の記録として、 ほとんどの日本人が同じ時期に同じように感じた やむにやまれぬ思いの記憶として、今話題の本ということで 早速読んでみたものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/20 05:23
第15回 日本医業経営コンサルタント学会東京大会で6/9小泉純一郎氏の講演を聴きました!
   2011年 6月9日(木)〜10日(金)AM10:30−PM3:20 東京都江東区東陽6丁目3−3ホテルイースト21東京 イースト21ホールで開催された第15回日本医業経営コンサルタント学会東京大会参加のため、3.11以降はじめて上越新幹線を利用しました。    富山駅を6:44発のはくたか1号で出て、越後湯沢には定刻の8:41に到着しました。     越後湯沢8:49発のとき310号は、定刻の9:55に東京駅に着きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/16 11:59
「「Japan;The Road to Recovery 日本復興計画」大前研一(文藝春秋)」読了!
   「Japan;The Road to Recovery 日本復興計画」大前研一 著(文藝春秋)を読みました。 大前研一さんは、1943年 福岡県生まれの戦略コンサルタント。    2011年3月11日のマグニチュード9.0の地震とそれに続いた大津波と居住区・工場群の破壊・被災、インフラの破断、福島第1原発での炉心溶融事故によって何が起きたのか?正確な事実認識の上で、短期・長期の復興の道筋を考えた本だ。    原子力立国は終わり、電力エネルギー消費量2/3となる生活に戻ったとき、1年先... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/05 13:49
「「PROJECT OF LIFE 人生のプロジェクト」山崎拓巳(サンクチュアリ出版)」読みました!
     「PROJECT OF LIFE  人生のプロジェクト」 山崎拓巳 著(サンクチュアリ出版)を 読みました。 山崎拓巳(やまざきたくみ)さんは、1965年4月9日三重県生まれの経営者、画家、ビジネスアドバイザー。 経営者向けの講演でメンタルマネジメントやタイムマネジメントについて話されるときの、基本的な考え方をまとめた本だ。 山崎さんの話は、どこかで聴いたような懐かしい言葉が多く、叙情詩のように耳に残る。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/05 12:12
3月19日(土)の朝、FP協会支部研修に参加し、「遺言」の知識について勉強しました!
   2011年3月19日(土)午前10時から12時 富山県民会館4階401号室で、日本FP協会富山支部の継続教育研修会に参加してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/22 10:18
「「完本 戒老録 自らの救いのために」曽野綾子(祥伝社黄金文庫)」読みました!
    「完本 戒老録  自らの救いのために」曽野綾子 著(祥伝社黄金文庫)を 読みました。 1996年(平成8年)5月に発行された単行本を、1999年(平成11年)9月に文庫化した本だ。 2011年(平成23年)1月に第10刷が出た。     曽野綾子(その あやこ)さんは、1931年(昭和6年)9月 東京生まれの作家、芸術院会員。 1995年(平成7年)から2005年(平成17年)まで日本財団会長を務めた。 2009年(平成21年)10月から日本郵政社外取締役。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/16 13:10
福井市の繊協ビルで 2011年2月26日(土)薬物乱用防止教育認定講師養成講座に参加してきました!
     2011年(平成23年)2月26日(土)PM1:00−4:20福井市の福井県繊協ビル8階ホールで ライオンズクラブの『薬物乱用防止教育』認定講師養成講座が開催されたので、受講してきました。 前回2008年(平成20年)1月13日(日)に 福井市地域交流プラザで認定講師養成講座を受けた後、所属委員会も代わり若い講師も増えたので更新していなかったが、またLQ青少年育成委員会に戻り 更新者優先で受講するよう迫られて再度の受講となりました。 委員会が変わって もう関係しないと思って、昨年は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/27 09:13
「「ラジオ深夜便 珠玉のことば〜深夜便からの100のメッセージ〜」『ラジオ深夜便』編集部」読了!
  「「ステラMOOK ラジオ深夜便  珠玉のことば〜深夜便からの100のメッセージ〜」月刊誌『ラジオ深夜便』編集部 編集・NHKサービスセンター発行」を読みました。     『ラジオ深夜便日記手帳』に掲載された「珠玉のことば」の中から100のことばを抜粋して再構成した本だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/10 14:12
「「ラジオ深夜便  母を語る【第二集】」聞き手:遠藤ふき子、編集・発行:NHKサ^ビスC」読了!
  「「ステラMOOK ラジオ深夜便  母を語る【第二集】」聞き手:遠藤ふき子、編集・発行:NHKサービスセンター」を読みました。 NHKラジオ第一とFMで 〈ラジオ深夜便〉の奇数週・月曜日担当の遠藤ふき子アンカーのインタビュー・シリーズ『母を語る』で放送された2010年6月までで166人の『母』の姿から、10名のお話を誌上で再録した本だ。 あとがきに代えて、遠藤ふき子さんご自身の母を語るが収録されている。 遠藤ふき子さんは、1946年生まれの元NHKアナウンサー。1993年から〈ラジオ深夜便... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/10 12:45
「「伝える力 「話す」「書く」「聞く」能力が仕事を変える!」池上彰著(PHPビジネス新書)」読了!
   「「伝える力 「話す」「書く」「聞く」能力が仕事を変える!」池上彰著(PHPビジネス新書)」を 読みました。 池上彰さんは、1950年長野県生まれのニュース解説者。フリージャーナリスト。     1994年から11年間もNHKの「週間こどもニュース」のお父さん役を務め、子供でもわかる丁寧でやさしい解説者として好評だった 元ニュースキャスター・元事件記者が、「わかりやすい話し方」と「わかりやすい書き方」のポイントを考えて、「コミュニケーション能力」を高めて 伝え上手になる方法を わかりや... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/10 07:47
「「〈わかりやすさ〉の勉強法」池上彰著(講談社現代新書)」を 読みました!
    「「〈わかりやすさ〉の勉強法」池上彰著(講談社現代新書)」を 読みました。 池上彰さんは、1950年長野県生まれのニュース解説者。フリージャーナリスト。     1994年から11年間もNHKの「週間こどもニュース」のお父さん役を務め、子供でもわかる丁寧でやさしい解説者として好評だった 元ニュースキャスター・元事件記者が、「わかりやすい説明」のポイント、「わかりやすさの本質」について考えて、どうすればわかりやすい説明ができるようになれるか?どうすれば伝え上手になれるか?を解説した本だ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/10 06:43
富山支部の忘年会で12月3日(金)シンガーソングライター島かおりさんの 歌と演奏を聴きました!
    2010年12月3日【金】午後6:00から8:05 北陸税理士会富山支部の忘年会が富山市桜木町の 料亭『金茶寮』2階の大広間で開催された。 あいにくの強風大雨注意報の中で、新富タクシーで行ってきま した。     帰りは酔いざましとカロリー消費のため歩いて帰るつもりでしたが、強風でかさが壊れそうになったの で結局 途中からタクシーになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/03 22:42
「「もし高校野球の女子マネージャーが ドラッカーの『マネジメント』を読んだら」岩崎夏海 著」読了!
   「もし高校野球の女子マネージャーが ドラッカーの『マネジメント』を読んだら」岩崎夏海 著(ダイヤモンド社)を読みました。    ピーター・F・ドラッカー先生は、1909年オーストリア生まれの社会学者、歴史学者、経済学者。    20世紀を代表する 知の巨人、現代マネジメントの父と呼ばれ、95年の生涯で30冊以上の著作を発表し、戦後日本の経営者に大きな影響を与えた。    岩崎夏海さんは、1968年東京都生まれの放送作家。    公立高校野球部のマネージャーとして、「野球部を甲子園に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/22 04:13
「「一勝九敗」柳井正(新潮文庫)」読みました!
   「一勝九敗」柳井正 著(新潮文庫)を読みました。    柳井正さんは、1949年山口県生まれの経営者、(株)ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長。 1984年6月にユニクロ1号店を開店してから20年経過し、会社も経営者人生も転換点にきていると感じた著者が、自分の会社経営の原点となっている基本理念・基本方針を再確認し、はっきり書き留めて、仲間である役員や社員と共有することに意味がある時期にきたという思いでとりまとめた初めての自伝だ。 2003年(平成15年)11月に単行本が出て、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/21 14:01
「「知の巨人 ドラッカー自伝」P・F・ドラッカー著 牧野洋 訳・解説(日経ビジネス人文庫)」読了!
   「知の巨人 ドラッカー自伝」ピーター・F・ドラッカー著 牧野洋 訳・解説(日経ビジネス人文庫、日本経済新聞出版社)を読みました。    ピーター・F・ドラッカー先生は、1909年オーストリア生まれの社会学者、歴史学者、経済学者。    20世紀を代表する 知の巨人、現代マネジメントの父と呼ばれ、95年の生涯で30冊以上の著作を発表し、戦後日本の経営者に大きな影響を与えた。    牧野洋さんは、米国在住のジャーナリスト、翻訳家、元日本経済新聞編集委員。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/21 11:16
「「ギフト 〜E名言の世界〜」ロジャー・パルバース(NHKテレビテキスト)7月号8月号9月号」読了!
     「ギフト 〜E名言の世界〜」ロジャー・パルバース 講師(NHKテレビテキスト)7月号8月号9月号を読みました。  古今東西の名言を、テーマごとに分類して、毎回1テーマを放送するNHKの人気番組のテキストだ。 テキストだけ読んでも色々と気づくことが多い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/30 08:17
「「座右の銘 意義ある人生のために」「座右の銘」研究会編著(里文出版)」読みました!
     「座右の銘 意義ある人生のために」「座右の銘」研究会編著(里文出版)を読みました。 人生・人間を肯定し、読む人に希望と勇気・自信・信念を与え、克己心を涵養して自己を啓発する名言・格言やことわざ、例話・訓話を集め、目的・項目をわけて分類して、それぞれにふさわしいことばと教訓を選んで構成した本だ。 それぞれの場面で、心のよりどころを求め、思索する手がかりとなることばを求める人のために、示唆に富んだことばが選ばれている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/30 07:08
「「カンブリア宮殿 村上龍×経済人 社長の金言」村上龍著・テレビ東京報道局編(日経新聞出版社)」読了
    「カンブリア宮殿 村上龍×経済人  社長の金言」村上龍 著 テレビ東京報道局 編(日本経済新聞出版社)を読みました。 テレビ東京の人気番組「カンブリア宮殿」に登場した様々な経営者の金言をまとめた面白い本だ。   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/17 17:16
「「龍馬とその時代」大石学(日本放送出版協会)」読みました!
   「龍馬とその時代」大石学 著(日本放送出版協会)を 読みました。 NHKラジオ第2カルチャーラジオ歴史再発見(毎週火曜日の朝)の4月から6月のラジオテキストとして書かれた本だ。講師の 大石学先生は、1953年東京都生まれの日本近世史研究者。東京学芸大学教授。 NHKの多くの時代劇などの時代考証を担当された 生きた近世史の研究をめざす歴史学者だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/13 08:58
2月16日、冨山LCの1290雪見例会で寺崎美幸さんの歌とおわら踊りと銀鱗の料理を堪能しました!
   2010年2月16日(火)の夜、午後5時20分から 富山市布瀬本町4丁目の割烹銀鱗で冨山ライオンズクラブNo.1290 雪見例会が開催された。 ちょうど午後から雪が降り始め、雪の中を足下を確かめながら料亭に入るという情緒たっぷりの雪見例会になりました。    午後6時から8時の懇親会の余興は、民謡歌手 寺崎美幸さんのステージで、ママさん友達の越中おわら踊り付きの楽しい時間を過ごしました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/17 09:52
2月13日(土)の朝、FP継続教育研修で「成年後見制度のしくみと現状」について勉強しました!
   2010年2月13日(土)午前10時から12時 富山県民会館4階401号室で、日本FP協会富山支部の継続教育研修会が開催されました。 更新登録を終わって最初の研修ということで参加してきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/14 10:16
2月9日の夜、教育文化会館でミュージカル「サ・ビ・タ〜雨が運んだ愛〜」の公演を鑑賞してきました!
     2010年2月9日(火)午後7時から9時10分 富山県教育文化会館2階ホールで ミュージカル サ・ビ・タ 〜 雨が運んだ愛 〜 の公演がありました。  ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/10 04:30
「「「大学」を味読する 己を修め人を治める道」伊輿田覚(致知出版社)」読みました!
   「己を修め人を治める道」伊輿田覚 著(致知出版社)を読みました。 伊輿田覚(いよたさとる)先生は、1916年(大正5年)高知県生まれの論語教育者。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/09 02:09
「「仏教力テスト」此経啓助(NHK生活人新書)」読みました!
    「仏教力テスト」此経啓助 著(NHK生活人新書)を読みました。 此経啓助(これつねけいすけ)先生は、1942年東京都生まれの宗教学・宗教考現学者。 日本大学芸術学部教授、宗教考現学研究所所長。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/10 14:10
「「ラジオ深夜便  母を語る」聞き手:遠藤ふき子、編集・発行:NHKサービスC」読了!
  「「ステラMOOK ラジオ深夜便  母を語る」聞き手:遠藤ふき子、編集・発行:NHKサービスセンター」を読みました。 NHKラジオ第一とFMで 〈ラジオ深夜便〉の奇数週・月曜日担当の遠藤ふき子アンカーのインタビュー・シリーズ『母を語る』で放送された2009年9月までで158人の『母』の姿から、10名のお話を誌上で再録した本だ。 遠藤ふき子さんは、1946年生まれの元NHKアナウンサー。1993年から〈ラジオ深夜便〉のアンカーを務めている。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/08 09:59
「「読書進化論」勝間和代(小学館101新書)」読みました!
    「読書進化論 人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか」勝間和代 著(小学館101新書)を読みました。  勝間和代さんは、1968年東京都生まれの経済評論家、公認会計士。 ウェブ時代の「人生を変える本の使い方」を、自分自身の経験に基づいて紹介し、本を書く方の立場から 本の使い方、読む技術、書く技術、売る仕組みを 具体的に明らかにした本だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/04 10:42
12月22日(火)の夜 LCのクリスマス家族大会で山本有希子さんのソプラノを楽しみました!
   2009年12月22日(火)の夜 6:00−8:20 富山第一ホテル3階「飛鳥の間」において富山ライオンズクラブの2009年クリスマス家族大会が開催された。 ようやく今年の仕事も一段落したのでゆっくりと参加してきました。 今年は中国から富山に仕事で来ている方々14名と留学生1名をゲストに、久しぶりににぎやかでアットホームな会でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/29 12:59
「「声にだすことばえほん 初恋」島崎藤村(詩)かわかみたかこ(絵)斎藤孝(編)(ほるぷ出版)」読了!
     「声にだすことばえほん 初恋 第1刷」島崎藤村(詩)かわかみたかこ(絵)斎藤孝(編)(ほるぷ出版)を読みました。  『初めて恋をしたときの気持ちがよみがえる、宝石箱のような絵本』という夢のような言葉に魅せられて何となく買ってしまった本です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/23 20:41
「「愚の力」大谷光真(文春新書)」読みました!
     「愚の力」大谷光真 著(文春新書)を読みました。 大谷光真(おおたにこうしん)先生は、1945年京都市生まれの宗教家。 1977年より浄土真宗本願寺派第24代門主。(財)全日本仏教会会長。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/01 09:34
「「親鸞のこころ 永遠の命を生きる」梅原猛(小学館文庫)」読みました!
    「親鸞のこころ  永遠の命を生きる」梅原猛 著(小学館文庫)を読みました。 梅原猛(うめはらたけし)先生は、1925年仙台市生まれの哲学者、古代学者、日本学者。 第T部は本願寺維持財団の通信教育テキストの講義録に加筆したもの、第U部は悪人正機と二種廻向という親鸞の思想の源流を開いた求道者たちについての講演をまとめたものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/22 10:19
「日本の針路 世界の行方」(株)綜合社イミダス編集部編集(集英社)を読みました
    「日本の針路 世界の行方」(株)綜合社イミダス編集部編集(集英社)を読みました。 2010年から2011年の日本の針路と世界の行方を左右するテーマを、5つの図解と50の論点から解説した本だ。 それぞれのテーマにふさわしい56人の執筆者が、論点ごとに関連したデータをうまくまとめている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/21 12:12
「「孤高  国語学者 大野晋の生涯」川村二郎 著(東京書籍)」読みました!
    「孤高  国語学者 大野晋の生涯」川村二郎 著(東京書籍)を読みました。 川村二郎(かわむらじろう)さんは、1941年 東京生まれの文筆家。 元『週刊朝日』編集長、朝日新聞編集委員。 大野晋(おおのすすむ)さんは、大正8年東京深川生まれの国語学者。         (1919.8.23−2008.7.14)     日本語の形成、日本語の源流というテーマの追求をライフワークとして、日本語の起源は南インドの古代タミル語にあったとする「日本語タミル語同系論」を唱え、国語学会の内外に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/08 16:02
FPフェア2009に10月3日(土)4日(日)ウインクあいち(名古屋駅前)で参加してきました!
     2009年10月3日(土)4日(日)と「FPフェア2009」が 名古屋駅前の ウインクあいち(愛知県産業労働センター)で開催された。 昨年9月からの突然の景気後退・急落から1年たって、円高の日本経済は この先 どうなるのか? 高い国民生活水準を保つため借金財政継続ですでに破綻状態の日本の国家財政は 政権交代した後で さらに財政赤字を続け この先どうなるのか? 見通しの立てにくい時期でもあり、最新情報を業界人から直接入手すべく出かけてきました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/13 07:51
「「偶然を生きる思想」野内良三 (日本放送出版協会)」読みました!
     「偶然を生きる思想  「日本の情」と「西洋の理」」野内良三 著(日本放送出版協会)を読みました。 野内良三(のうち・りょうぞう)さんは、1944年 東京生まれのフランス文学者。  関西外国語大学国際関係学部教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/12 01:20
「「長さではない 命の豊かさ」日野原重明(朝日文庫)」読みました!
    「長さではない 命の豊かさ」日野原重明 著(朝日文庫)を読みました。  朝日新聞土曜「be」に掲載された日野原重明先生の連載コラムの記事2002年10月5日から2004年10月2日の2年分を8つの章に分類して、2005年1月に単行本として刊行された『あるがまま行く』を 2007年8月に文庫にした本だ。 日野原重明先生は、1911年山口県生まれの医師、聖路加国際病院名誉院長。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/25 00:31
「「敗者の条件」会田雄次(中公文庫)」を読みました!
    「敗者の条件」会田雄次 著(中公文庫)を読みました。 会田雄次さんは、1916年(大正5年)京都府生まれのイタリア・ルネサンス史研究者、エッセイスト、京都大学名誉教授。 1997年(平成9年)逝去。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/06 14:57
「「信長軍の司令官 部将たちの出世競争」谷口克広(中公新書)」読みました!
    「信長軍の司令官 部将たちの出世競争」谷口克広著 (中公新書)を読みました。 谷口克広さんは、1943年北海道室蘭市生まれの戦国史研究家。 1万を超える正規軍を 柴田勝家・明智光秀・羽柴秀吉・滝川一益らの部将たちに預けて四方の平定にあたらせた織田信長による大軍団の管理手法と組織の実態を、史料の比較検討の中で明らかにしようとした推論の本だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/17 05:39
「「利休にたずねよ」山本兼一(PHP研究所)」読みました!
    「利休にたずねよ」山本兼一著(PHP研究所)を読みました。     山本兼一さんは、1956年京都市生まれの時代小説作家。「利休にたずねよ」は、2008年の第140回直木賞受賞作品だ。 月刊誌「歴史街道」の2006年7月号から2008年6月号までの連載に、加筆・修正して2008年11月に単行本が出た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/16 07:06
「「火天の城」山本兼一(文春文庫)」読みました!
    最近テレビドラマを見ていて、織田信長が天守閣から天下を見下ろしていたという安土城というのはどんな城だったのか?興味を持った。 それで、天に聳える五重の天主をもつ巨大な安土城築城を命じられた棟梁親子 岡部又右衛門と以俊を主人公にした山本兼一さんの小説「火天の城」を読んでみた。     山本兼一さんは、1956年京都市生まれの作家。「火天の城」は、2004年の松本清張賞受賞作品だ。 2004年6月に単行本が出て2007年6月に文春文庫になった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/15 11:54
上原さんの叙勲のお祝いの会でカナルパークホテルに行って、友香さんの歌を聴きました!
   2009年8月7日(金)の夜 6:00−8:30オークスカナルパークホテル富山2階で、ライオンズクラブのお仲間の上原さんの叙勲を祝う会が開催された。 いつもお世話になっているので、お祝いを言いに参加してきました。 あいにくの雨の中でしたが、富山法人会が中心の会とあって320人以上の参加がありました。 最近は人数の多いパーティが少ないのですが、久しぶりににぎやかでアットホームな会でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/10 01:41
7月24日(金)富山ライオンズクラブ 蕎麦喰い同好会の第1回例会で大庵本店に集合しました!
    2009年7月24日(金)の夜 6:−8: 富山ライオンズクラブ 蕎麦喰い同好会の本年度第1回例会が開催されたので、久しぶりに参加してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/27 19:13
「「シニアのための哲学  時代の忘れもの」鷲田清一(日本放送出版協会)」読みました!
      「シニアのための哲学  時代の忘れもの」鷲田清一 著・日本放送協会 編(日本放送出版協会)を読みました。  鷲田清一(わしだきよかず)先生は、1949年京都市生まれの哲学者。大阪大学総長。 NHKラジオ第2放送こころをよむの7−9月テキストとして、7月1日に発行された本だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/27 04:57
「「竹中式マトリクス勉強法」竹中平蔵(幻冬舎)」読みました!
     「竹中式マトリクス勉強法」竹中平蔵 著(幻冬舎)を読みました。 竹中平蔵先生は、1951年和歌山県生まれの公共経済学社。慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所長。 元参議院議員。2001年経済財政政策担当大臣、2002年金融担当大臣、2004年郵政民営化担当大臣、2005年総務大臣を歴任し、2006年の小泉内閣終焉とともに辞職。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/07/27 03:27
「不透明な時代を見抜く「統計思考力」」神永正博 著(ディスカヴァー・トゥエンティワン)を読みました!
     「不透明な時代を見抜く「統計思考力」」神永正博 著(ディスカヴァー・トゥエンティワン)を読みました。 神永正博先生は、1967年東京生まれの数学者。東北学院大学工学部電気情報工学科准教授。 正しい統計データの読み方を通して、小泉改革は格差を拡大した!等の 世間で常識のように云われていることがらについて、それは統計で裏付けられているのか?本当なのか?を統計的に検討した本だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/22 02:35
「人とお金に好かれる「貯徳」体質になる!」竹田和平 著(講談社)を読みました!
     「人とお金に好かれる「貯徳」体質になる!」竹田和平 著(講談社)を読みました。 竹田和平さんは、1933年愛知県生まれの経営者、竹田製菓(株)会長。 日本一の大投資家、大旦那として名をはせる著者が、どんな時代でも成功し続けるための黄金ルール56を公開し、心の億万長者7人との対話でその本質を話し合った本だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/21 05:38
よしもと お笑いEXPOイン富山を見に7月5日(日)テクノホールに行ってきました!  
   2009年7月5日(日)12:00−17:30  SS席のチケットをいただいたので、富山市友杉のテクノホール(富山産業展示館)まで 2009よしもと お笑いEXPOイン富山 を見に行ってきました。 北日本新聞創刊125周年記念事業として、吉本興業制作・協力、眉山プロダクション企画・制作だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/06 01:23
「「無功徳(むくどく)」玄侑宗久(海竜社)」読みました!
  「無功徳(むくどく)」玄侑宗久 著(海竜社)を読みました。 玄侑宗久(げんゆうそうきゅう)さんは、1956年福島県生まれの僧侶。2001年の芥川賞作家。 臨済宗妙心寺派福聚寺住職。 生きにくい世の中を楽に生きる、禅の考え方をわかりやすく説明した本だ。 2008年10月に第1刷が出た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/23 01:48
「「言葉の力、生きる力」柳田邦男(新潮文庫)」読みました!
   「言葉の力、生きる力」柳田邦男 著(新潮文庫)を読みました。    柳田邦男さんは、1936年栃木県生まれのノンフィクション作家。評論家。      言葉と心について、言葉といのちについて警鐘を鳴らし続け、人の痛みを感じる国家の回復を目指す著者が、本を読み言葉を味わう行為の中で 自分と対話し自己を再発見していくプロセスについて、最近の著者の読書内容、読書体験を語りながら 考察した本だ。    2002年(平成14年)6月に新潮社から出た単行本から、2005年(平成17年)7月に新潮... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/29 16:29
 「「京都、オトナの修学旅行」山下裕二×赤瀬川原平 著(ちくま文庫)」読みました!
    「京都、オトナの修学旅行」山下裕二×赤瀬川原平 著(ちくま文庫)を読みました。 山下裕二さんは、1958年広島県呉市生まれの美術史家。明治学院大学教授。 赤瀬川原平さんは、1937年神奈川県横浜市生まれの画家、作家。路上観察家。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/28 03:48
「「いいかげんがいい」鎌田 實(集英社)」読みました!
  「いいかげんがいい」 鎌田  實 著(集英社)を読みました。    鎌田  實  さんは、1948年東京都生まれの医師、諏訪中央病院名誉院長。    東京医科歯科大学臨床教授。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/20 03:40
「「ザ・シークレット」ロンダ・バーン著、山川紘矢・山川亜希子・佐野美代子訳(角川書店)」読みました!
    「ザ・シークレット The Secret」ロンダ・バーン著、山川紘矢・山川亜希子・佐野美代子訳(角川書店)」を読みました。 プラトン、ダ・ヴィンチ、シェイクスピア、ガリレオ、アインシュタイン−−−歴史に名を刻んだ錚々たる偉人たちが手にしていた「偉大なる秘密」!!全世界で860万部突破! ----という魅力的なキャッチフレーズに惹きつけられて買ってしまいました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/14 07:55
「「すらすら読める歎異抄」ひろさちや(講談社)」を読みました!
   「すらすら読める歎異抄」ひろさちや 著(講談社)を読みました。 ひろさちや先生は、1936年大阪生まれの作家。仏教啓蒙家。 人間にとって、信じていいものとは?信じるべきものとは?そもそも信じるとは? と問い求めてきた ひろさちや先生が、その問いに答えてくれる本として、 『歎異抄』をすらすら読んで、読み方を解説された本だ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/09 22:35
「「人生に関する72章」藤原正彦(新潮文庫)」読みました!
     「人生に関する72章」藤原正彦 著(新潮文庫)を読みました。 藤原正彦さんは、1943年旧満州新京生まれの数学者。 お茶の水女子大学理学部教授。 2006年(平成18年)11月に中央公論新社から出た単行本から、2009年(平成21年)2月に新潮文庫になった本だ。 読売新聞の「人生案内」のページから 72問を紹介した本のようだ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/09 20:13
「「昭和ジュークボックス」森 まゆみ(ちくま文庫)」読みました!
   「昭和ジュークボックス」森 まゆみ著(ちくま文庫)を読みました・ 森まゆみさんは、1954年東京都文京区生まれのエッセイスト、地域雑誌編集人。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/01 23:19
介護保険制度と認知症について、1月17日FP協会支部研修で勉強しました!
   2009年1月17日(土)AM10:00〜12:00 日本FP協会富山支部の継続研修で、県民会館に行ってきました。    今回のテーマは、『介護保険制度と認知症について』 講師は、介護保険制度が富山市介護保険課の山崎伸子主幹、認知症が富山市長寿福祉課の高畠仁美保健師。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/18 15:37
「「ビジネスマナー入門〈第2版〉」梅島みよ・土舘祐子(日経文庫)」読みました!
    「ビジネスマナー入門〈第2版〉」梅島みよ・土舘祐子 著(日経文庫)を読みました。 最近「仕事をすすめる上でのマナー」について話をする機会があったので、準備を兼ねて読みなおしてみたものです。 1988年8月に1版1刷が出て、2004年6月に2版1刷が出ています。 2008年1月に2版7刷が出ていますから、ビジネス上のマナーをコンパクトに一冊にまとめた好評の超ロングセラーです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/14 00:24
「FPフェア2008」東京国際フォ−ラムに10月10日午後参加してきました!
     2008年10月10日(金)11日(土)12日(日)と「FPフェア2008」が東京国際フォーラムで開催された。 世界恐慌再来か?と騒然とした時期でもあり、最新情報を業界人から直接入手すべく出かけてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/23 20:27
「「池上彰のメディア・リテラシー入門」池上彰(オクムラ書店)」読みました!
    「池上彰のメディア・リテラシー入門」池上彰著(オクムラ書店)」読みました。 池上彰さんは、1950年長野県生まれのニュース解説者。フリージャーナリスト。     NHKの「週間こどもニュース」で 子供でもわかる丁寧でやさしい解説で好評だった元ニュースキャスター・元事件記者が、テレビ・新聞・インターネットで提供される情報にだまされない方法、あふれる情報から「真実」を見つけて読み取る方法、メディアとの接触術を具体的に解説した本だ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/09/27 16:05
「「17歳のための世界と日本の見方」松岡正剛(春秋社)」読みました!
    「17歳のための世界と日本の見方  セイゴオ先生の人間科学講義」松岡正剛 著(春秋社)を読みました。松岡正剛(まつおかせいごう)先生は、1944年京都生まれの編集工学者。日本文化研究者。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/26 17:49
「「容疑者xの献身」東野圭吾(文春文庫)」読みました!
    「容疑者xの献身」東野圭吾 著(文春文庫)を読みました。 東野圭吾(ひがしのけいご)さんは、1958年大阪生まれの作家。 ガリレオシリーズの最高傑作と言われ、2006年、第134回直木賞受賞作品だ。 2005(平成17)年8月に単行本が出て、2008(平成20)年8月に文庫になった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/20 22:22
「「男の作法」池波正太郎(新潮文庫)」読みました!
   「男の作法」池波正太郎 著(新潮文庫)を読みました。 池波正太郎さんは、1923年(大正12年)東京・浅草生まれの直木賞作家。 (1923年(大正12年)1月25日 - 1990年(平成2年)5月3日) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/19 00:23
「「決壊 (上)(下)」平野啓一郎(新潮社)」読みました!
     「決壊 (上)(下)」平野啓一郎 著(新潮社)を読みました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/18 05:34
「「さむらい劇場」池波正太郎(新潮文庫)」読みました!
   新潮文庫のコーナーで 沢木耕太郎さんの「杯(カップ)  緑の海へ」を買ったついでに、久しぶりに池波正太郎先生の作品を読みました。 10年くらい前は、ストレス解消に池波正太郎先生の本をよく読んでいました。 池波作品には、剣客商売の1〜16巻、番外編の黒白(上)(下)ないしょないしょ など、そのままテレビドラマや映画・演劇で楽しめるような、大人のゆとり、江戸の情緒、人生の物語があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/12 17:25
「「欲望する脳」茂木健一郎(集英社新書)」読みました!
    「欲望する脳」茂木健一郎 著(集英社新書)を読みました。 茂木健一郎さんは、1962年東京生まれの脳科学者。 集英社のPR誌「青春と読書」に連載された「欲望する脳」に一部加筆修正を加えて生まれた本だそうだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/06/19 14:29
「「新華僑 老華僑  変容する日本の中国人社会」譚ろ美・劉傑 (文春新書)」読みました!
     「新華僑 老華僑  変容する日本の中国人社会」譚ろ美・劉傑 著(文春新書)を読みました。 譚王路美(たん ろみ)さんは、1950年東京生まれのノンフィクション作家。 劉傑(りゅう けつ)さんは、1962年中国・北京生まれの社会学者。早稲田大学総合学術院教授。 日中交流活発化の中で、在日・滞日の中国人総数が51万人を超えた状況で、華僑20万人と在日華人の関係はどうなったのか?日本における華僑社会の足跡・歴史を振り返り、これからの華僑社会の方向を考察した本だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/16 12:12
「「「見えざる手」が経済を動かす」池上彰(筑摩プリマー新書)」読みました!
   「「見えざる手」が経済を動かす」池上彰 著(筑摩プリマー新書)を読みました。 池上彰さんは、1950年長野県生まれの元NHK記者、ニュース解説者、キャスター。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/06/03 13:30
「「「カネ」はなくとも子は育つ  シンプル人生の教育設計」森永卓郎(中公新書ラクレ)」読みました!
    「「カネ」はなくとも子は育つ  シンプル人生の教育設計」森永卓郎 著(中公新書ラクレ)を読みました。 森永卓郎さんは、1957年東京都生まれのエコノミスト。経済評論家。 「年収300万円時代の日本」で、幸福で充実した人生を取り戻すには、「子供」と「専業主婦」と「マイホーム」をめぐる固定観念を打破し、一刻も早くこれらのコスト負担を小さくすることだ!という観点から、日本のサラリーマンが「子供の教育」と「自分の人生」をどのようにマネージメントしていけばいいのか?そのヒントを考察した本だ。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/24 23:36
「「定年後の8万時間に挑む」加藤仁(文春新書)」読みました!
   「定年後の8万時間に挑む」加藤仁 著(文春新書)を読みました。 加藤仁(かとうひとし)さんは、1947年名古屋市生まれのノンフィクション作家。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/12 18:30
1月13日(日)福井市地域交流プラザで薬物乱用防止教育認定講師養成講座を受講しました!
    2008年(平成20年)1月13日(日)PM1:10−5:00福井市地域交流プラザでライオンズクラブの『薬物乱用防止教育』認定講師養成講座が開催されたので、受講してきました。 養成講座には、334−D地区の岡本正治ガバナー以下 地区の役員18名と 1〜6リジョンの各クラブから107名の、計125名が参加され、最後まで熱心に聴講されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/22 02:06
1月6日(日)運転免許センターへ、還暦記念の運転免許証更新に行ってきました!
   1月6日(日)PM1:00−2:00運転免許センターへ、還暦記念の運転免許証更新に行ってきました。    次回は2013年(平成25年)1月。その後は、2018年(70歳)2022年(74歳)2025年(77歳)2028年(80歳)2031年(83歳)2034年(86歳)2037年(89歳)。 あと何年運転できるか分かりませんが、大分 先が見えてきたようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/21 14:14
「「密約  外務省機密漏洩事件」澤地久枝(岩波書店・岩浪現代文庫)」読みました!
     「密約  外務省機密漏洩事件」澤地久枝 著(岩波書店・岩浪現代文庫)を読みました。 澤地久枝さんは、1930年東京生まれのノンフィクション作家。 沖縄返還交渉の過程で交わされた密約の表面化を、外務省職員と新聞記者の男女関係の問題として論点をずらされ、何となく国民の関心をそらされてしまった戦後史の大事件を、その主役となった男女の思惑のちがいから解明した力作だ。 1978年8月に中央公論社から単行本で刊行され、1978年9月に中公文庫となった本に、 2006年6月のあとがきを加え、2... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/16 20:15
「「対岸の彼女」角田光代(文春文庫)」読みました!
     「対岸の彼女」角田光代著(文春文庫)を読みました。 角田光代さんは、1967年神奈川県生まれの作家。 2005年の132回直木賞受賞作品だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/16 19:56
「「万病は「背骨のユガミ」が原因だった!」松原英多(健康人新書/廣済堂出版)」読みました!
   「万病は「背骨のユガミ」が原因だった!」松原英多 著(健康人新書/廣済堂出版)を読みました。 松原英多さんは、東京都生まれの医師。日本東洋医学会専門医。日本温泉気候物理医学会認定医。 正しい姿勢についての、男性なら「高い棚の上の荷物をとる時の、つま先立ちになってやっと手の届く身体感覚」「体重を軽くつま先に懸けて背筋の伸びた姿勢」という表現に共感して買ってきて、すぐ読んで了解しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/09 17:18
「「夢を食った男たち  「スター誕生」と歌謡曲黄金の70年代」阿久悠(文春文庫)」読みました!
   「夢を食った男たち  「スター誕生」と歌謡曲黄金の70年代」阿久悠 著(文春文庫)を読みました。 阿久悠さんは、1937年(昭和12年)兵庫県生まれの作詞家、詩人、作家、エツセイスト。 2007年に逝去されるまで、多くのヒット曲の作詞と、文学作品で知られる一つの時代を作った人物だ。 1992年(平成4年)10月から1993年(平成5年)3月まで『スポーツニッポン』誌上に掲載された『阿久悠の実録テレビ三国志』という連載をまとめて、1993年6月に毎日新聞社から刊行された『夢を食った男たち』... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/09 16:04
「「日本人の気品」大星光史(健学社)」読みました!
    「日本人の気品」大星光史 著(健学社)を読みました。 大星光史(おおほしみつふみ)さんは、新潟県生まれ、元富山医科薬科大学附属病院の精神科の先生で、退職後、先人の言葉に学ぶ美しい心と生き方を知ってほしいという思いでまとめられた本だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/05 01:31
「「もうひとつの日本は可能だ」内橋克人(文春文庫)」読みました!
     「もうひとつの日本は可能だ」内橋克人 著(文春文庫)を読みました。 内橋克人さんは、1932年神戸市生まれの元神戸新聞記者。経済評論家。 市場原理主義批判、金融マネー資本主義批判の論客だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/29 15:21
「「からだのひみつ」田口ランディ・寺門琢己(新潮文庫)」読みました!
    「からだのひみつ」田口ランディ・寺門琢己 著(新潮文庫)を読みました。 田口ランディさんは、1959年生まれの作家・エッセイスト。     天秤座 A型 女性    2000年6月長編小説「コンセント」を出版し小説家デビュー。    「できればムカつかずに生きたい」(新潮文庫)で、第一回婦人公論文芸賞を受賞。    最新刊「寄る辺なき希望の時代」(春秋社) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/02 03:19
「「ブルマーはなぜ消えたのか」中嶋聡(春風社)」読みました!
   「ブルマーはなぜ消えたのか    セクハラと心の傷の文化を問う」中嶋聡 著(春風社)を読みました。 中嶋聡さんは、1955年京都府生まれの精神科医、医学博士。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/09/02 02:01
「「求めない」加島祥造(小学館)」読みました!
   「求めない」加島祥造 著(小学館)を読みました。 加島祥造(かじましょうぞう)さんは、1923年東京/神田生まれの英文学者、作家、翻訳家、詩人、画家。 伊那谷の老子と呼ばれ、信州・伊那谷に独居して 詩作、著作、墨彩画の制作に励む最近の心境を綴った詩集だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/30 19:15
「「海中快晴(かいちゅうかいせい)」大門直樹(春風社)」読みました!
    「海中快晴(かいちゅうかいせい)」大門直樹 著(春風社)を読みました。 大門直樹さんは、1948年北海道江差町生まれのカメラマン。 1994年に初めて体験したダイビングと水中写真の世界を通して、目にした海の生き物たちの営みとドラマチックな舞台に圧倒され、いままで忘れていた震えるような昂揚感に魅せられてしまった大門さんが、海中の驚異の世界を 広く未体験の人に紹介しようと、12年間に撮り貯めた約1万点の写真のなかから ドーダ!という写真を選び出した92ページの写真集だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/30 18:25
「「日英蘭 奇跡の出会い  海に眠る父を求めて」鶴亀 彰(学習研究社)」読みました!
    「日英蘭 奇跡の出会い  海に眠る父を求めて」鶴亀 彰 著(学習研究社)を読みました。 著者の鶴亀彰さんは、1941年鹿児島県生まれ、米国カリフォルニア州在住の経営コンサルタント。 還暦を過ぎて残りの人生を考えるようになった著者が、偶然の出会いから3歳の時に戦死した父の乗る潜水艦伊166が まだマラッカ海峡の泥の中に眠っていることを知り、父の足跡を求め 2003年3月から世界を駆け回って遺族を訪ねて記録を調べ、父の潜水艦に1941年12月25日に撃沈された潜水艦K16に乗っていたオラン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/21 01:56
財団法人富山県アイバンク 設立15周年記念大会6月16日(土)PM1:30-盛大に挙行!
   2007年6月16日(土)PM1:30-4:40 富山県民会館大ホールにおいて、財団法人富山県アイバンク 設立15周年記念大会が開催された。 朝は4時過ぎから明るく清々しい好天に恵まれ、青空と涼風の下で ライオンズクラブ関係者だけでなく、PTAや婦人会関係者、町内会や老人クラブの関係者など 県民1200名以上が 11:30頃から集まり、定員1217席(車いす席3席を含む。)の座席はほぼ満員で、ライオンズクラブのメンバー20人以上は やむを得ず ロビーのテレビで聴講することとなった。  ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/16 22:54
「「半生の記」松本清張(新潮文庫)」読みました!
    「半生の記」松本清張 著(新潮文庫)を読みました。 1966年10月に河出書房新社より刊行された松本清張さんの自伝であり、金も学問も希望もない時代に、ひたすら貧困と闘い、印刷所の版下工として手に職をつけ、新聞社に勤めてからも箒の仲買人までして家族8人の生活維持に苦しんだ時代を回想された魂の記録であり、松本作品の原点にある人間の執念と人生を淡々と記述しておられる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/12 21:19
「「砂の器(上)(下)」松本清張(新潮文庫)」読みました!
    「砂の器(上)(下)」松本清張 著(新潮文庫)を読みました。 1961年7月に光文社から刊行され、映画化、テレビドラマ化もされた社会派ミステリー小説の傑作だ。 1945.2.19京都大空襲、1945.3.14大阪大空襲のあとの混乱と戦後社会の闇の部分に光を当てた大作であり、スタンダールの小説「赤と黒」の主人公ジュリアン・ソレル、アレクサンドル・デュマ・ペールの小説「モンテ・クリスト伯」の主人公ジャン・バル・ジャンのような、野心に燃える青年音楽家・和賀英良の成功と挫折を通して、差別を乗り... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/12 20:51
「「点と線」松本清張(新潮文庫)」読みました!
    「点と線」松本清張 著(新潮文庫)を読みました。 月刊誌「旅」の1957年2月号から1958年1月号に連載された長編推理小説であり、福岡県警福岡署の鳥飼重太郎刑事と警視庁捜査二課三原紀一警部補によるアリバイ破りミステリーの傑作だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/12 20:06
「「本の読み方  スロー・リーディングの実践」平野啓一郎(PHP新書)」読みました!
    「本の読み方  スロー・リーディングの実践」平野啓一郎 著(PHP新書)を読みました。  平野啓一郎さんは、1975年愛知県生まれの芥川賞作家。 1998年 京都大学法学部在学中に『日蝕』を発表、《三島由紀夫の再来》として注目を集め、1999年の芥川賞を受賞。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/12 18:41
「「人はなぜ簡単に騙されるのか」ゆうきとも(新潮新書)」読みました!
    「人はなぜ簡単に騙されるのか」ゆうきとも 著(新潮新書)を読みました。 ゆうきともさんは、1969年岩手県生まれのクロースアップ・マジシャン。 客観的に眺めればあまりに幼稚で単純なトリックや振り込め詐欺、架空請求、インチキ宗教などの手法に、なぜ人は簡単に騙されてしまうのか?その心理メカニズムを プロマジシャンの騙しのテクニックから明快に解説した本だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/07 10:33
「「限界を突破する「学ぶ技術」」羽根拓也(サンマーク出版)」読みました!
      「限界を突破する「学ぶ技術」The learning skill to go beyond」羽根拓也 著(サンマーク出版)を読みました。 羽根拓也さんは、日米10年以上の教育活動の集大成として、1997年 東京で(株)アクティブラーニングを設立し、自己成長力育成教育に人生を賭けておられる 成長する人間教育のプロフェッショナルだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/02 01:12
「「二十一世紀に生きる君たちへ」司馬遼太郎(世界文化社)」読みました!
    「二十一世紀に生きる君たちへ」司馬遼太郎著(世界文化社)を読みました。 司馬遼太郎先生(1923年大阪府生まれ。1996年、72歳で逝去。)が書かれた多くの作品の中で、子どもたちのために書かれた作品は二編のみ。 その二編、「二十一世紀に生きる君たちへ」と「洪庵のたいまつ」を、世界文化フォトの野上透さんの写真とともに新井達久さんが装丁された美しい本だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/04/05 12:57
「「清く美しい流れ  日本人の生き方を取り戻す」田口佳史(PHP研究所)」読みました!
    「清く美しい流れ  日本人の生き方を取り戻す」田口佳史 著(PHP研究所)を読みました。 田口佳史さんは、1942年東京都杉並区生まれ。元映画監督の社会人教育者だ。 現在、(株)イメージプラン代表取締役。杉並師範館 副理事長。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/02 13:37
「「搾取される若者たち---バイク便ライダーは見た!」阿部真大(集英社新書)」読みました!
   「搾取される若者たち---バイク便ライダーは見た!」阿部真大著(集英社新書)を読みました。 阿部真大(あべまさひろ)さんは、1976年岐阜県生まれの社会学者。 東京大学大学院に在職中に「参与観察(participant observation)」のため 約一年間 実際にバイク便ライダーとして働き、同僚のバイク便ライダーの観察と会社の仕組みの観察・記録を行ない、その体験をもとに 同世代の団塊ジュニアが直面している労働/雇用問題を分析した貴重な記録だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/14 16:59
「「黄金の人生設計図  人生九〇年をどう生きるか」榊原英資(中央公論新社)」読みました!
    「黄金の人生設計図  人生九〇年をどう生きるか」榊原英資 著(中央公論新社)を読みました。 榊原英資さんは、1941年東京都生まれ。元大蔵省国際金融局長、財務官。 現在は慶應義塾大学教授を経て早稲田大学教授、インド経済研究所長。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/19 19:50
「「ウサギはなぜ嘘を許せないのか?」山田真哉監修、マリアン・M・ジェニングス著(アスコム)」読了
   「ウサギはなぜ嘘を許せないのか? 後ろ指さされずに成功する新・ビジネス読本   A Bisiness Tale : A Story of Ethics,Choices,Success And A Very Large Rabbit」八田進二先生推薦、山田真哉先生監修、マリアン・M・ジェニングス教授著、野津智子訳(アスコム)を読みました。 12月13日の公認会計士協会の冬期全国研修会で、八田進二先生が世界初のコンプライアンス小説として是非読んで欲しいと言われたので早速注文して取り寄せた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/04 20:16
「「すらすら読める方丈記」中野孝次(講談社)」読みました!
   「すらすら読める方丈記」中野孝次 著(講談社)を読みました。 中野孝次さんは、1925年 千葉県生まれの作家。 2004年7月に逝去された。 この本は、2003年2月に第1刷が出た。 2006年6月に第8刷が出ているからよく売れている方だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/01/03 01:17
「「すらすら読める伊勢物語」高橋睦郎(講談社)」読みました!
    「すらすら読める伊勢物語」高橋睦郎 著(講談社)を読みました。 高橋睦郎先生は、1937年 福岡県生まれの詩人。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/29 18:45
「「漱石の孫」夏目房之介(新潮文庫)」読みました!
     「漱石の孫」夏目房之介 著(新潮文庫)を読みました。 夏目房之介さんは、1950年東京生まれのマンガ批評家、コラムニスト。 2002年1月30日、NHK衛星放送の番組「世界わが心の旅」の中の「漱石の孫、ロンドンに行く」という企画に乗って、100年前に 祖父 漱石こと夏目金之助が英国留学中に約500日を過ごしたという、ロンドンの住宅地のアパートメントを訪問した前後の顛末を記録した本だ。 2003年4月に実業之日本社より単行本が出て、2006年5月に新潮文庫になった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/25 23:56
「「老人力  全一冊」赤瀬川原平(筑摩書房)」読みました。
   2006年11月14日の夜6時30分 支部研修会のあとの反省会の終了時 バンザイしようと思って布団の上に立ち上がった瞬間、ぐらっと来てひっくり返ったようで気が付いたら自分の右足の上に乗っかっていました。  で15日の朝近所の整形外科に行ったら右足首が折れていました。 で 入院手術といきたかったのですが病室の空きがなく、翌日富山市民病院に行って入院前の検査をすませ、17日の金曜日に入院して、午後1時半から3時半まで 手術を受けました。 そのあと 26日の日曜日まで入院生活を送る羽目になりま... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/12/05 19:28
「「おじさん入門」夏目房之介(イーストプレス)」読みました!
    「おじさん入門」夏目房之介 著(イーストプレス)を読みました。 夏目房之介さんは、1950年東京生まれのマンガ評論家、エッセイスト。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/30 17:33
「「会社をたたみたくなったら読む本」塩崎凱也(明日香出版社)」読みました!
      「会社をたたみたくなったら読む本  よいしょ!一から出直しや」塩崎凱也 著(明日香出版社)を読みました。 塩崎凱也(しおざきよしなり)さんは、1937年名古屋生まれ。7度の倒産から再起し、 現在は たこ焼き販売会社エス・ティー・ジー総本家大阪虎屋 代表取締役。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/10/27 00:27
「「無名」沢木耕太郎(幻冬舎文庫)」読みました!
    「無名」沢木耕太郎 著(幻冬舎文庫)を読みました。 沢木耕太郎さんは、1947年東京都生まれの作家。 この作品は、2003年9月に単行本が出て 2006年8月に文庫本になったらしい。 「その秋、なぜか親しい人が次々と死んでいった。 そして、さらに、私の最も近いひとが静かな生涯を 閉じようとしていた----。 息子はどのように 父を 見送るのか?」という帯のコピーに惹きつけられて買ってしまいました。 団塊の世代の人間にとって、そろそろ誰でも通過することになる 父親の入院・介護... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/19 01:42
「「希望格差社会」山田昌弘(筑摩書房)」読みました!
   「希望格差社会   「負け組」の絶望感が日本を引き裂く」山田昌弘 著(筑摩書房)を読みました。  山田昌弘さんは、1957年東京都生まれ。家族社会学、感情社会学を研究する東京学芸大学教授だ。  本書は、大学を卒業しても 中学校高校の教員や公務員になれず、派遣社員やフリーターになる人や希望の就職ができず大学院修士課程に行く人、各種試験を何年も受け続ける卒業生を見て、リスク化・二極化してしまった社会変化に教育制度が追いついていない現実を 学生に早く認識して 自分の生き方を考えてもらいたいと思... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/16 12:40
「「ナイフ」重松清(新潮文庫)」読みました!
     「ナイフ」重松清 著(新潮文庫)を読みました。 重松清さんは、1963年3月6日 岡山県久米町(現在の津山市)生まれ。 山口県で中学・高校を過ごし早稲田大学教育学部を卒業。  角川書店OBのフリーライター、直木賞作家だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/15 21:02
「「ビタミンF」重松清(新潮文庫)」読みました!
   「ビタミンF」重松清 著(新潮文庫)を読みました。 重松清さんは、1963年3月6日 岡山県久米町(現在の津山市)生まれ。 山口県で中学・高校を過ごし早稲田大学教育学部を卒業。  角川書店OBのフリーライター、直木賞作家だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/10/15 19:08
「「仏教に学ぶ老い方・死に方」ひろさちや(新潮選書)」読みました!
   「仏教に学ぶ老い方・死に方」ひろさちや著(新潮選書)を読みました。 帯のコピーに    人生を一本の木にたとえると------花咲き実を結ぶ、これこそ人にとっての「老い」と「死」という時期です。 とあったもので、「老い」が花?で、「死」が実?と不思議に思って、買ってしまいました。 ユダヤ教、キリスト教、イスラム教などの一神教徒は自然と闘い老いとも闘うことを生きる力としているが(力の尽きたときが死期)(自然は手なずけるもの)、仏教徒は 老死の定めをもって生まれた人間が自然の恵みによって... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/08 19:39
「「神はサイコロを振らない」大石英司(中央公論新社)」読みました!
     「神はサイコロを振らない」大石英司著(中央公論新社)を読みました。 大石英司さんは、1961年鹿児島生まれの作家だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/06 20:01
「「博士の愛した数式」小川洋子(新潮文庫)」読みました!
     「博士の愛した数式」小川洋子著(新潮文庫)を読みました。 小川洋子さんは、1962年3月、岡山県岡山市生まれ。 岡山県立岡山朝日高校、早稲田大学第一文学部卒業。 兵庫県芦屋市在住の芥川賞作家だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/30 23:03
「「偶然の祝福」小川洋子(角川文庫)」読みました!
   「偶然の祝福」小川洋子著(角川文庫)を読みました。 小川洋子さんは、1962年岡山市生まれ、兵庫県芦屋市在住。 早稲田大学第一文学部を卒業後、1991年・平成3年 「妊娠カレンダー」で芥川賞、2003年・平成15年 「博士の愛した数式」で読売文学賞を受賞された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/30 20:51
「「続 職業外伝」秋山真志(ポプラ社)」読みました!
       「続 職業外伝」秋山真志著(ポプラ社)を読みました。 秋山真志さんは、1958年東京生まれのフリーランスライターだ。 前作の「職業外伝」がそれなりにヒットして シリーズ化されることになったそうだ。 前作では、この国には、絶滅寸前のこんな職業がある!として、 飴細工師         坂入尚文 俗曲師           桧山うめ吉 銭湯絵師         中島盛夫 へび屋           黒田太郎 街頭紙芝居師      永田為春 野州麻紙 紙漉人  ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/29 01:21
「「他人を見下す若者たち」速水敏彦(講談社現代新書)」読みました!
     「「他人を見下す若者たち」速水敏彦著(講談社現代新書)を読みました。  副題の 「「自分以外はバカ」の時代!」という表現に共感したもので買ってしまったためです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/28 09:17
「「オシムの言葉」木村元彦(集英社インターナショナル)」読みました!
    「オシムの言葉   フィールドの向こうに人生が見える」木村元彦著(集英社インターナショナル)を読みました。 Ivica Osim イビツァ・オシムさんは、1941年5月6日、現在のボスニア・ヘルツェゴビナ、サラエボ生まれ。旧ユーゴスラビア代表チームの最後の代表監督として、1992年4月 他民族連邦国家の内戦、サラエボ包囲線に直面して辞任。それから2年半、妻子に会えないまま、ギリシャのパナシナイコス、オーストリアのシュトルム・グラーツの監督を経て、2003年ジェフユナイテッド市原・千葉監... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/18 21:43
「「アスピレーション経営の時代」江幡哲也(講談社)」読みました!
      「アスピレーション経営の時代」江幡哲也著(講談社)を読みました。 江幡哲也さんは、1965年1月1日、神奈川県川崎市生まれ。 武蔵工業大学電気電子工学科を卒業後 1987年4月 リクルート入社。 通信事業部に配属され企業内電話サービス「WATTS」の開発・設置に従事し、2年間の半分以上をビル地下1階の社員専用カプセルホテルに泊まり込んで過ごしたという。 1988年「リクルート事件」に遭遇。創業者 江副浩正さんの退任後、FNX事業部でファックス一斉同報サービス「FNX」の営業に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/01 22:06
「「日常禅語50選」松原哲明監修、現代禅研究会編(TKC出版)」読みました!
     「生き抜く指針を与えてくれる 日常禅語50選」松原哲明監修、現代禅研究会編(TKC出版)を読みました。  最近は、色々な方の話を聞く機会が多く、四苦八苦とか、慈悲とか、洗浄とか、大丈夫とか、達者とか、知恵とか、忍耐とか、抜群とか、理性とか、利益とか、みんな禅語であるという話をきいて、日本語の漢字というのはかなり仏教語を取り入れて構成されたものであることを痛感して、もう一度真面目に読み直してみようと思ったためです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/24 20:34
「「まがいモンたちの終焉」落合信彦(青春出版社)」読みました!
      「まがいモンたちの終焉  “本物”を見分ける「頼れる自分」の創り方」落合信彦著(青春出版社)を読みました。   落合さんは、1942年1月 東京生まれ。国際ジャーナリストとして多彩な人脈で著名な人だ。 「カネで何でも買えるなんて言うヤツにロクなヤツはいない。」 「人生のスタートは志と目的で決まる。」 「自分を信じられない人間ほど、楽してカネを儲けようとか、成功への近道を考えて、“まがいモン”の甘い言葉に踊らされる。」 「アインシュタインも言っている。成功するなんて考えを持つ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/05 19:44
「「盾シールドSHIELD」村上龍著、はまのゆか絵(幻冬舎)」読みました!
   「盾シールドSHIELD」村上龍著、はまのゆか絵(幻冬舎)を読みました。 著者の村上龍さんは、1952年長崎県生まれ。 村上龍さんが、今回もまた、はまのゆかさんとのコンビで、「好き」を切り口にした職業紹介の本「13歳のハローワーク」に続いて、職業と人生をテーマにして心の盾の形を問いかける本「盾シールドSHIELD」を完成されたと聞いて 早速買ってきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/05/31 23:28
「「祖父東條英機「一切語るなかれ」増補改訂版」東條由布子(文春文庫)」読みました!
  「祖父東條英機「一切語るなかれ」増補改訂版」東條由布子著(文春文庫)を読みました。 「大東亜戦争の真実  東條英機宣誓供述書」を読んで 東條英機さんの考え方、東條ファミリーの戦中戦後の生活に興味を持ったためです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/18 21:59
「「貧乏クジ世代」香山リカ(PHP新書)」読みました!
 「貧乏クジ世代  この時代に生まれて損をした!?」香山リカ著(PHP新書)を読みました。 香山リカ先生は、1960年 北海道生まれ。東京医科歯科大学卒の精神科医だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/05 21:50
「「富を手にする「ただひとつ」の法則」ウォレス・D・ワトルズ著、宇治田郁江訳」読みました!
   「富を手にする「ただひとつ」の法則」ウォレス・D・ワトルズ著、宇治田郁江訳(フォレスト出版)を 読みました。     帯に 「本書は、哲学的なものではなく「実践書」である。    「科学的な手法」であり、失敗はありえない。 ----著者」   などと、眉唾の言葉が書かれていたもので、検証してみようと思って買ってきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/03/29 22:21
「「ダークサイド・オブ小泉純一郎」岩崎大輔(洋泉社)」読みました!
    「ダークサイド・オブ小泉純一郎 「異形の宰相」の蹉跌」岩崎大輔著(洋泉社)を読みました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/28 16:06
「「お金・仕事に満足し、人の信頼を得る法」 本多静六著、竹内均 解説(三笠書房)」読みました!
   この世の中には、努力が報われる人と報われない人、運が良い人と悪い人がいる。 そのちがいは、人生の基本原則、「当たり前」のことが きちんと できているか、いないかだけの差なのだ。  本多博士のこの本は、生きていく上で一番大切な 仕事、お金、人間関係、健康について、その「当たり前」のことを いかに賢明に、確実に、しかも楽しくこなすかを実証例をあげて書いたものだ。 -----という竹内均先生の解説に惹かれて、買ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/18 22:51
「「人生を好転させる 情熱の人生哲学」田中真澄(パルス出版)」読みました!
     2006年1月18日(水)の午後1:−2:40 ホテルイン金沢でのTKCの生涯研修に参加して、2時間の講演を聴いただけで人生が変わるという田中真澄先生の講演を聴きました。 全国で1979年から26年間で 6000回以上の講演を続けてこられたという 田中先生のお話は、最新情報と持論を組み合わせた、おなじみのようでフレッシュな 独特の味のあるもので、毎年正月には聞きたくなるようなすばらしいお話しでした。 で、記念に田中真澄先生の著書「人生を好転させる 情熱の人生哲学」(パルス出版... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/24 02:38
「「砂漠でみつけた一冊の絵本」柳田邦男(岩波書店)」読みました!
    最近子どもの絵本を手に取ることが多くなった。そんなとき本屋で ノンフィクション作家として有名な柳田邦男先生が 絵本について書かれた本をみつけた。「人生の体験を経て発見する、絵本の豊かな世界へ」「一冊の絵本が人生を変えるかもしれない。」という刺激的な言葉に惹かれて買ってしまいました。     「砂漠でみつけた一冊の絵本」柳田邦男著(岩波書店)は、人生後半に入って 絵本の素晴らしさを再発見したこと、魅せられた絵本の数々について 心を耕してくれる楽しい世界があることを大人に語りたいと思ったこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/16 21:09

トップへ | みんなの「人生」ブログ

高瀬事務所なんとなくブログ 人生のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる