アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「人間」のブログ記事

みんなの「人間」ブログ

タイトル 日 時
「「サイコパス」中野信子著(文春新書)」読みました!
   「サイコパス」中野信子著(文春新書)を読みました。 経歴を詐称し、過去に語った内容とまるで違うことを、平気で主張する人。 あり得ないような嘘をつき、それがばれても恥じることなく 自分の正当性を平気で主張する人。 自分に都合の悪い報道や反論には、 誤報・誤解・嘘だとして,自分が 被害者のような顔をして、自分の間違いを認めない人。 最近はそんな人がよくマスコミに登場するもので、「サイコパス」とは、どんな人なのか?  アメリカでは、人工の4%近くも「サイコパス」と判定される人がいるという噂で、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/25 01:23
「「世界一簡単にわかる人体解剖図鑑」坂井建雄監修(宝島社)」読了!
   「世界一簡単にわかる人体解剖図鑑」坂井建雄監修(宝島社)を読みました。 最近は 年のせいか 変な姿勢で長時間仕事をしていると、体のあちこちで痛みやら しびれが出て、回復までに 時間がかかるようになってきたもので、脳と全身の器官とのつながりについて、骨と筋肉の構造や神経系とのつながりについて、脊柱の各部と腕や指の痛み・しびれとの関係について、もう少し きちんと知りたいと思って読んだのですが、なかなか1冊では、すっきりできないようです。 坂井建雄(さかいたつお)先生は、1953年大阪府生ま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/01 00:30
2月11日(土)13:30〜「利用者側から見た金融法務」について、研修受講!
    2017年2月11日(土) 13:30〜15:30日本FP協会石川支部の継続研修会で、 「利用者側から見た金融法務」について、研修を受講しました。 講師はCFPの乙見康夫先生。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/21 03:52
「「最新学説で読み解く 日本の古代史」瀧音能之監修(宝島社)」読みました!
   「最新学説で読み解く 日本の古代史」瀧音能之監修(宝島社)を読みました。 後期旧石器時代人の文化・技術・生活についての最新の発見・知見に基づき、古代史の昔の教科書を書き直したテキストでした。 日本という「国家成立」の歴史が塗り替えられて、日本列島に人類が到達した3万年前の航海術、狩猟採集生活の道具、縄文土器の出土、縄文時代の後期に中国から伝来した稲作の開始、貧富の差の発生とクニと首長の誕生、大規模集落遺跡の発見、「倭国大乱」の終結と「王の巨大古墳」の流行、仏教伝来と大化の改新の真実、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/21 00:24
週刊東洋経済2月11日号の特集「21世紀の読み・書き・そろばん「食える子」を育てる」読了!
   週刊東洋経済2月11日号の特集「21世紀の読み・書き・そろばん「食える子」を育てる」を読みました。 費用対効果で見た習い事のコスト・パフォーマンスや、天才を育てた親に学べること、2020年センター試験廃止の影響などをまとめた、東洋経済らしい視点からの特集でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/13 10:23
「日本の特別地域 74 「これでいいのか富山県」地域批評編集部(マイクロマガジン社)」読了!
   「日本の特別地域 特別編集74 「これでいいのか富山県」地域批評シリーズ編集部(マイクロマガジン社)」を読みました。 何にもないのに居心地がいい北陸屈指の工業県、富山県と富山湾と富山県民の謎について、歴史と地形から分析した本でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/07 03:29
別冊宝島「元政府高官とFBIが明かすトランプの野望」(宝島社)読みました!
   「別冊宝島2538号 「元政府高官とFBIが明かすトランプの野望」宝島社編集(宝島社)」を読みました。 米国新大統領の正体について、関係者の証言から推定して一冊にまとめた本でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/07 02:14
NHKテキスト100分de名著(2月) 『獄中からの手紙』ガンディー(語り手)中島岳志」読了!
 「NHKテレビテキスト100分de名著(2月) 『獄中からの手紙』ガンディー (語り手)中島岳志(NHK出版)」を読みました。M.K.ガンディー(1869−1948)は、インドの独立解放運動家、マハートマ(偉大なる魂)と呼ばれ、スワラージ(非暴力、非協力)による統制された独立運動を指導しました。  「獄中からの手紙」は、1932年、「塩の行進」の後に投獄された獄中から 修養道場 「アーシュラム」の弟子たちに向けて送り続けたメッセージを まとめた本でした。 中島岳志先生は、 1975... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/05 08:46
週刊エコノミスト1月31日号の特集「徴税強化2017 富裕層狙い撃ち」読了!
   週刊エコノミスト1月31日号の特集「徴税強化2017 富裕層狙い撃ち」を読みました。 富裕層の資産・所得の全体像をつかむために、税務当局は どのような情報収集・調査・管理体制を造ったか? 課税強化の主な流れを、体系的にまとめた特集記事でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/31 07:13
「「トランプ解体新書」日経ビジネス編(日経BPムック)」読みました!
   「トランプ解体新書」日経ビジネス編(日経BPムック) を読みました。   想定外の素人大統領、ドナルド・トランプ氏を選択した米国が、これから4年間 周辺国や世界にどのような影響を与えていくかを、四つの視点から検討した本でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/30 09:23
1月21日(土)15:〜富山県民会館で「黄金のファラオと大ピラミッド」の展示を鑑賞してきました!
    2017年1月21日(土)15:〜16:富山県民会館で「国立カイロ博物館所蔵 黄金のファラオと大ピラミッド展」の展示を鑑賞してきました。 主催は、チューリップテレビ、公益財団法人富山県文化振興財団 富山県民会館、共催は、富山県、北日本新聞社、富山県民会館文化友の会。会期は、1月13日(金)から3月26日(日) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/23 06:36
1月13日(金)10:50〜国立西洋美術館で「クラーナハ  五〇〇年後の誘惑」を鑑賞してきました!
    2017年1月13日(金)10:50〜11:50国立西洋美術館で「クラーナハ  五〇〇年後の誘惑」を鑑賞してきました。 ドイツ・ルネサンスを代表する宮廷画家 ルカス・クラーナハ(父、1472〜1553年)工房の作品の全貌を紹介し、その影響を受けた作品まで紹介する展示でした。 会期は、2016年10月15日(土)〜2017年1月15日(日) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/23 05:20
1月13日(金)9:40〜国立科学博物館で特別展「世界遺産ラスコー展」を鑑賞してきました!
   2017年1月13日(金)9:40〜10:40国立科学博物館で特別展「世界遺産ラスコー展」を鑑賞してきました。 クロマニヨン人が残した洞窟壁画で有名な世界遺産ラスコー洞窟の壁画を完全再現した大迫力の展示で、朝から興奮しました。 主催は 国立科学博物館、毎日新聞社、TBS。 東京展の期間は 2016年11月1日から2017年2月19日  この後 宮城県の 東北歴史博物館で 3月26日から5月28日、福岡県の 九州国立博物館で 7月11日から9月3日の展示予定。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/22 14:56
12月18日(日)富山県民会館で、院展 富山展を鑑賞してきました!
   2016年12月18日(日) 15:00〜母と一緒に富山県民会館展示室で 「再興第101回 院展 富山展」の展示を鑑賞してきました。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/28 02:39
「NHKテキスト100分de名著(12月)『野生の思考』(語り手)中沢新一(NHK出版)」読了!
 「NHKテレビテキスト100分de名著(12月) 『野生の思考』クロード・レヴィ=ストロース (語り手)中沢新一(NHK出版)」を読みました。 クロード・レヴィ=ストロース (1908−2009)は、フランスの民俗学者・人類学者。1962年のベストセラー「野生の思考」の出版以降 歴史と進歩という近代ヨーロッパ思想に対して、歴史と構造という考え方を提唱し、「歴史」よりも「構造」を重視する思考の 普遍性・科学性を主張し、西洋中心主義を批判したクロード・レヴィ=ストロースの思想について、中... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/25 18:13
週刊東洋経済12月10日号の特集「ググるだけではカモられる情報の裏側」読みました!
   週刊東洋経済12月10日号の特集「ググるだけではカモられる情報の裏側」を読みました。 粗製濫造されて流通し 意図されたような情報操作が進行するネット情報の裏側について、事例を検討し、情報賢者は ネット情報を どのように収集し 分析・活用しているかをレポートした特集でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/12 20:21
プレジデント11月14日号の特集『この先30年、お金の安心を約束「上流」老後、「下流」老後』読了!
    プレジデント11月14日号の特集「この先30年、お金の安心を約束「上流」老後、「下流」老後、あなたはどっちだ?」を読みました。 平均寿命が 伸びても 年金給付が増えず、老後に必要な資金の総額が多くなってきて、困窮する後期高齢者が増えてきた現状と今後を、徹底シミュレーションで解明した特集でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/08 21:10
プレジデント10.31号の特集「男を動かす、女を動かす『超』ウケる言い方入門」読みました!
     プレジデント10.31号の特集「トップ直伝!男を動かす、女を動かす『超』ウケる言い方入門」を読みました。  経営トップの言葉の流儀と、話がつまらない人の24の症例を診断した、おもしろい切り口の特集でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/25 07:04
12月1日(火)17:15〜19:00第20回忠考会で 新しい地震予測の取組みについて考えました!
   2015年12月1日《火》17:15〜19:00ホテルグランテラス富山で 第20回忠考会が開催されたので、参加しました。 テーマは、「新しい地震予測の取組みと実績」  講師は、村井俊治先生。 村井俊治先生は、1939年生まれの東京大学名誉教授、(株)地震科学探査機構顧問。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/20 11:15
8月31日(月)の午後、国立科学博物館で特別展『生命大躍進〜脊椎動物のたどった道〜』を鑑賞しました!
    2015年8月31日(月)の午後、仕事が早く終わったので 国立科学博物館で特別展 『生命大躍進〜脊椎動物のたどった道〜』を鑑賞してきました。  主催は、国立科学博物館、NHK、NHKプロモーション、後援は文部科学省。 私たち人類に至る 進化の道のりをたどる 37億年の間の展示でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/05 12:54
8月22日(土)富山LCのCN59で、「若鶴大正蔵」見学の後、南砺市いなみ国際木彫刻キャンプを見学!
   8月22日(土)富山LCのCN59で、「若鶴大正蔵」見学の後、井波別院瑞泉寺境内で8/18〜8/30開催中の 南砺市いなみ国際木彫刻キャンプ2015を見学しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/24 03:49
「「良い人材を見抜く採用面接ポイント」 谷所健一郎 (経営書院)」読みました!
   「良い人材を見抜く採用面接ポイント」 谷所健一郎 著(経営書院)を読みました。 20年間企業の人事に携わり、1万人以上の採用面接に当たった経験から 自社に定着し活躍してくれる人材を 採用面接するポイントと思えることをまとめた本でした、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/17 00:40
「「トラブル事例で考える税理士事務所の身近な法律問題」橋本清治編著(清文社)」読みました!
  「「トラブル事例で考える税理士事務所の身近な法律問題」 近藤剛史監修、橋本清治編著 (清文社)」を読みました。 民事法と税理士法に関連した 税理士事務所を取り巻く身近な法律問題を トラブル事例から考える本でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/13 11:58
NHK100分de名著(8月) ダーウィン『種の起源』(語り手)長谷川眞理子(NHK出版)読了!
   「NHKテレビテキスト100分de名著(8月) ダーウィン C.R.Darwin 『種の起源』(語り手)長谷川眞理子(NHK出版)」を読みました。  ダーウィンが 1859年に発表した生物進化についての最初の書物、種の起源 On the Origin of Species について、人類学者・行動生態学者の長谷川眞理子先生が 100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。 長谷川眞理子先生は、 1952年東京生まれの行動生態学・進化生物学研究者。総合研... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/12 18:39
「NHK100分de名著(7月)小泉八雲『日本の面影』(語り手)池田雅之(NHK出版)」読みました!
   「NHKテレビテキスト100分de名著(7月) 小泉八雲 『日本の面影』(語り手) 池田雅之(NHK出版)」を読みました。  小泉八雲が、1890年頃の日本文化と日本人の生活について記述した日本についての紀行文『日本の面影』について、池田雅之先生が100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。  池田雅之先生は、1946年三重県生まれの比較文学・比較基層文化論研究者、早稲田大学教授・国際言語文化研究所所長。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/19 01:15
「NHK100分de名著( 6月)ソポクレス 『オイディプス王』(語り手)島田雅彦」読了!
   「NHKテレビテキスト100分de名著( 6月) ソポクレス 『オイディプス王』(語り手) 島田雅彦(NHK出版)」を読みました。 「物語」の元型として、 紀元前5世紀から現在まで、読み継がれてきたソポクレスの『オイディプス王』について、島田雅彦先生が100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。  島田雅彦先生は、1961年 東京都生まれの作家、法政大学国際文化学部教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/13 14:11
富山県水墨美術館で6月6日(土) 寄贈作品によるCOLLECTION×コレクション美の系譜展を鑑賞!
  2015年6月6日の午後、母と一緒に富山県水墨美術館で、「寄贈作品によるCOLLECTION×コレクション美の系譜」 の展示を鑑賞してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/07 00:40
5月29日・富山シアター大都会で “農の神”と呼ばれた男 稲塚権次郎物語 NORIN TENを鑑賞!
   2015年5月29日(金)富山シアター大都会で“農の神”と呼ばれた男 稲塚権次郎物語 NORIN TENを鑑賞してきました。  5月9日から富山県内の映画館で先行公開されていましたが、忙しくて 見に行く余裕がなく、終了間際での鑑賞となりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/06 23:57
「別冊NHK100分de名著「老子×孫子 「水」のように生きる」蜂谷邦夫、湯浅邦広」読みました!
   「別冊NHK100分de名著「老子×孫子 「水」のように生きる」(語り手)蜂谷邦夫、湯浅邦広(NHK出版)」を読みました。 老子について蜂屋邦夫先生が、孫子について湯浅邦広先生が、100分で解説されたNHKのテレビ番組のテキストをベースにして、「水」のように生きることを理想とした2人の思想を 4つの章でわかりやすく解説した本でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/03 07:13
「100分de名著( 2月) メアリ・シェリー 『フランケンシュタイン』(NHK出版)」読了!
   「NHKテレビテキスト100分de名著( 2月) メアリ・シェリー 『フランケンシュタイン』(語り手)廣野由美子(NHK出版)」を読みました。メアリ・シャリーの『フランケンシュタイン』について、廣野由美子先生が100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。  廣野由美子先生は、1958年大阪府生まれの英文学研究者。京都大学大学院人間・環境学研究科教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/02 07:34
「NHKテキスト100分de名著( 1月) 岡倉天心 茶の本(語り手)大久保喬樹(NHK出版)読了!
    「NHKテレビテキスト100分de名著( 1月) 岡倉天心 茶の本 (語り手)大久保喬樹(NHK出版)」を読みました。 岡倉天心の「茶の本」について、大久保喬樹先生が100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。  大久保喬樹先生は、1946年茨城県生まれ、横浜育ちの比較文学比較文化研究者、東京女子大学教授。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/08 12:09
「「いまドキ語訳越中万葉」北日本新聞社編(北日本新聞社)」読みました!
   「いまドキ語訳越中万葉」北日本新聞社編(北日本新聞社)を読みました。 大伴家持が国守として越中国に着任した746年(天平18年)から 少納言として都に戻る751年(天平勝宝3年)までの間に 家持の周辺で詠まれた歌や伝承された歌と 古い時代の越中・能登の地方民謡を含む「越中万葉」337首の中の自分好みの歌に、 50人の現代歌人が いまドキ語訳の現代短歌をつけて、北日本新聞文化面で2012年7月から2013年3月まで連載された「いまドキ語訳越中万葉」のなかから、29首を選び 加筆し、公募作品... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/06 12:18
「NHKラジオテキスト「物語の中の宗教」(語り手)島薗進(NHK出版)」読みました!
   「NHKラジオテキスト「物語の中の宗教」(語り手)島薗進(NHK出版)を読みました。 物語を通して伝えられる宗教的なものについて、島薗進 先生が 四十分ずつ13回で解説されたラジオ番組のテキストでした。  島薗進先生は、1948年東京都生まれの宗教学・宗教史学研究者、上智大学グリーフケア研究所長。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/04 12:38
特集「長野、新潟。雪に遊ぶ冬。〜銀世界に待つ冒険〜」(トランヴェール12月号)読みました!
   2014年12月13日(土) 8:56富山駅発のはくたか5号で 協同組合セミナーに参加してきました。越後湯沢から 11:03発のとき320号に乗って、東京駅には12:20に到着しました。  車内では、トランヴェールの 12月号を読みました。 12月号の特集は、「長野、新潟。雪に遊ぶ冬。〜銀世界に待つ冒険〜」 でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/19 20:23
「国税不服審判所の役割とその実務について」11月18日(火)DVD研修会に参加!
    2014年11月18日(火)の午後13:00〜16:15、公認会計士協会北陸会のDVD研修会があったので参加してきました。 今回のテーマは、前半が 「税務調査手続きと納税者の権利救済 〜国税通則法改正をふまえて〜」 7月25日の東京での研修会のDVDでした。 講師は租税相談員の川田剛税理士。 後半が 「国税不服審判所の役割とその実務について」 9月25日の東京での研修会のDVDでした。 講師は東京国税不服審判所の篠崎友宏国税審判官、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/03 02:24
「税務調査手続きと納税者の権利救済」について11月18日(火)DVD研修会に参加!
   2014年11月18日(火)の午後13:00〜16:15、公認会計士協会北陸会のDVD研修会があったので参加してきました。  今回のテーマは、前半が 「税務調査手続きと納税者の権利救済 〜国税通則法改正をふまえて〜」 7月25日の東京での研修会のDVDでした。 講師は租税相談員の川田剛税理士。 後半が 「国税不服審判所の役割とその実務について」 9月25日の東京での研修会のDVDでした。 講師は東京国税不服審判所の篠崎友宏国税審判官、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/03 01:14
「「NHK100分de名著(12月)シェイクスピア ハムレット(語り手)河合祥一郎(NHK出版)」
    「NHKテレビテキスト100分de名著(12月) シェイクスピア ハムレット (語り手)河合祥一郎(NHK出版)」を読みました。 シェイクスピアの有名な戯曲ハムレットの謎について、河合祥一郎先生が100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。  河合祥一郎先生は、1960年7月福井県生まれの英国文学研究者、表象文化研究者、翻訳家、脚本家。東京大学大学院教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/02 23:53
「「仮想通貨革命」野口悠紀雄 (ダイヤモンド社)」読みました!
    「仮想通貨革命  ビットコインは始まりにすぎない」野口悠紀雄著 (ダイヤモンド社)を読みました。   野口悠紀雄先生は、1940年東京都生まれの日本経済論・ファイナンス理論・公共経済学研究者。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/24 15:35
「 NHKテレビテキスト(11月) 洪自誠 菜根譚(語り手)湯浅邦弘(NHK出版)」読みました!
    「NHKテレビテキスト100分de名著(11月) 洪自誠 菜根譚(語り手)湯浅邦弘(NHK出版)」を読みました。 中国処世訓の中でも 日本で最も人気のある菜根譚について、湯浅邦弘先生が100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。  湯浅邦弘先生は、1957年島根県生まれの中国思想史研究者、大阪大学大学院教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/24 13:56
「「しあわせのパン」三島有紀子 (ポプラ文庫)」読みました!  
     「しあわせのパン」三島有紀子 著(ポプラ文庫)を読みました。 映画 「しあわせのパン」の原作小説でした。 三島有妃子さんは、大阪府生まれの脚本家、作家、映画監督。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/21 09:12
「子ども・子育て支援新制度について〜私立幼稚園関係者向け〜」10/24研修!
    2014年10月24日(金)15:00〜16:40公認会計士協会の秋季全国研修会に参加してきました。 今回のテーマは「子ども・子育て支援新制度について〜私立幼稚園関係者向け〜」  講師は 文部科学省幼児教育企画官、内閣府子ども・子育て支援新制度施行準備室の林企画官。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/31 04:17
「断捨離」思考で考える業務改善の考え方・やり方について、(株)コンパス鈴木進介さんの講演を聴講!
    2014年10月23日(木)15:00〜16:30ホテルグランテラス富山において富山県税理士協同組合と大同生命保険株式会社主催の特別講演会が開催されたので参加してきました。  今回のテーマは  『「断捨離」思考で考える業務改善の考え方・やり方〜成功の秘訣〜』  講師は、(株)コンパス代表取締役 鈴木進介さん。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/28 09:51
「NHKラジオテキスト「中高年のための脳トレーニング」篠原菊紀(NHK出版)」読みました!
    「NHKラジオテキスト「中高年のための脳トレーニング」篠原菊紀著(NHK出版)」を読みました。 篠原菊紀先生は 1960年、長野県茅野市生まれの脳科学・健康教育学研究者、諏訪東京理科大学教授。 、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/27 10:21
「NHKテキスト100分de名著(10月)清少納言 枕草子 (語り手)山口仲美(NHK出版)」読了!
    「NHKテレビテキスト100分de名著(10月)清少納言 枕草子 (語り手)山口仲美(NHK出版)」を読みました。 世界初の随筆文学として、十世紀から1000年以上読み継がれてきた、清少納言の『枕草子』について、山口仲美先生が100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。  山口仲美先生は、1943年静岡県生まれの日本語学者。日本古典文学研究者、埼玉大学名誉教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/27 09:20
「NHKテキスト100分de名著(8月)アンネの日記(語り手)小川洋子(NHK出版)」を読みました!
    「NHKテレビテキスト100分de名著(8月)アンネの日記 (語り手)小川洋子(NHK出版)」を読みました。 世界記憶遺産に認定され ユネスコによって「世界で最も読まれた10冊」として紹介された「アンネの日記」について、小川洋子先生が100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。  小川洋子先生は、1962年岡山市生まれの芥川賞作家。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/16 05:41
「「金儲けの下手な日本人のためのカジノ論」堀紘一〈角川oneテーマ21〉」読みました!
    「金儲けの下手な日本人のためのカジノ論」 堀紘一 著〈角川oneテーマ21〉を読みました。  堀紘一さんは、1945年兵庫県生まれの企業支援コンサルタント。(株)ドリームインキュベータ代表取締役会長。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/26 03:56
「「向き合う力」 池上季実子〈講談社現代新書〉」読みました!   
    「向き合う力」 池上季実子 著〈講談社現代新書〉を読みました。  池上季実子さんは、1959年ニューヨーク生まれの女優。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/24 10:40
「NHKテキスト100分で名著《7月》ファーブル昆虫記《語り手》奧本大三郎《NHK出版》」読了!
   「NHKテレビテキスト100分de名著(7月)ファーブル昆虫記 (語り手)奥本大三郎(NHK出版)」を読みました。  昆虫と人生の回想録、ファーブル昆虫記について、奧本大三郎先生が100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。  奧本大三郎先生は、1944年大阪市生まれの フランス文学者・作家。埼玉大学名誉教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/24 09:54
7/16「エンディングノートを使った終活支援とFPができるアドバイス」山田静江さんの講演を聴講!
    2014年 7月16日(水)18:30〜20:30マリエールオークパイン金沢で 日本FP協会石川支部の継続研修会が開催されたので参加してきました。  研修のテーマは、「エンディングノートを使った終活支援とFPができるアドバイス」   講師は CFPの山田静江 先生。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/24 07:44
新川文化ホールで7/2《水》の夜、Kバレエカンパニー15周年記念講演「ロミとトジュリエット」を鑑賞!
   2014年7月2日《水》19:00〜21:40魚津市の新川文化ホールで、熊川哲也Kバレエカンパニー15周年記念公演があったので 二人で 「ロミオとジュリエット」を鑑賞してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/09 09:05
「今、日本が直面する内外の課題」について、6/28櫻井よしこ先生の講演を聴きました!
   2014年6月28日《土》13:30〜15:00北アルプス文化センターで 陸友会設立15周年記念の講演会が開催されたので出席してきました。 講師は、櫻井よしこ先生。テーマは 「今、日本が直面する内外の課題」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/07 08:04
「「飯塚毅先生に教えられたこと」故飯塚毅先生追悼集編纂委員会(TKC出版)」読みました!
    「飯塚毅先生に教えられたこと」故飯塚毅先生追悼集編纂委員会編集(TKC出版)を読みました。 2005年(平成17年)7月に715名の追悼文を集めて発行された、飯塚毅博士追悼集『自利トハ利他ヲイウ』から 約100文を選んで 2010年〔平成22年〕7月に出版された本でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/18 02:02
「「不撓不屈」高杉良 著《新潮文庫》上巻・下巻」読み直しました!
     「不撓不屈」高杉良 著《新潮文庫》上巻・下巻を読み直しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/18 00:57
「「心に棲む人へ」永田智彦(TKC出版)」読みました!
     TKC全国会副会長 永田智彦先生が TKC出版から 職業会計人の半生を描いた自伝的小説「心に棲む人へ」を出版され、株式会社TKCからTKC会員に1冊ずつ贈呈されたので 一読させていただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/17 23:28
「NHKテキスト100分de名著(6月)柳田国男『遠野物語』(語り手)石井正己(NHK出版)」読了!
    「NHKテレビテキスト100分de名著(6月)柳田国男『遠野物語』(語り手)石井正己(NHK出版)」を読みました。  日本の昔話や日本の原風景を伝える日本民俗学の古典、遠野物語について、石井正己先生が100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。  石井正己先生は、1958年東京都生まれの 日本文学、口承文芸学研究者。東京学芸大学教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/14 10:57
6月8日(日)LC334複合地区第60回年次大会のため福井県産業会館に集合!
   2014年6月8日(日)ライオンズクラブ国際協会の第60回334複合地区年次大会が福井県福井市福井県産業会館で開催されたので、富山第一ホテル前を 10:07スタートの富山地鉄バスに乗って参加してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/09 09:36
「「英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄」 ヘンリー・S・ストークス〈祥伝社新書〉」読了!
   「英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄」 ヘンリー・S・ストークス著〈祥伝社新書〉を読みました。 ヘンリー・S・ストークスさんは、1938年イギリス生まれのジャーナリスト。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/19 10:32
「「「日本」を捨てよ」苫米地英人 著〈PHP新書〉」読みました!
    「「日本」を捨てよ」苫米地英人 著〈PHP新書〉を読みました。  苫米地英人さんは、1959年東京生まれの脳機能学・計算言語学・離散数理学・認知心理学・分析哲学研究者。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/19 10:31
「「アフリカで誕生した人類が日本人になるまで」溝口優司〈ソフトバック新書〉」読了!
   「アフリカで誕生した人類が日本人になるまで」溝口優司 著〈ソフトバック新書〉を読みました。 溝口優司さんは、1949年富山県生まれの形態人類学者。国立科学博物館人類研究部長。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/18 20:56
LC第60回地区年次大会のため、福井市フェニックスプラザに集合!
   2014年5月17日(土)ライオンズクラブの第60回地区年次大会が福井市田原一丁目13番6号のフェニックスプラザ大ホールで開催されたので参加してきました。 富山第一ホテル前を7:10にスタートして、会場には9:25に到着、9:35代議員投票を終えた後は、10:20−10:35の代議員全体会議まで 45分間の休憩となりました。    午前中は、10:20-10:35代議員全体会議、10:45-11:00第二分科会、11:30−12:00代議員総会に参加しました。    昼食後、12:4... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/18 12:26
「NHKテキスト100分de名著(5月)『旧約聖書』(語り手)加藤隆(NHK出版)」読みました!
    「NHKテレビテキスト100分de名著(5月)『旧約聖書』(語り手)加藤隆 (NHK出版)」を読みました。   ユダヤ教、キリスト教、イスラム教のルーツとされる旧約聖書の世界について、「本格的な一神教の成立」について、「神の沈黙」の原因について、「民の罪」について、「ユダヤ教の聖書」の成立について、ユダヤ人と「シナゴーク」の活動について、「知恵文学」について、「黙示文学」について、旧約聖書の読み方について、加藤隆先生が100分で解説された、25分ずつ 4回で放送されるテレビ番組のテキス... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/04 08:47
4月20日(日)の午後、キャビネット予備会議のため金沢都ホテルに集合しました!
    2014年 4月20日(日)午後1:45〜6:50 金沢都ホテルでライオンズクラブ国際協会334D地区の次期キャビネット予備会議が開催されたので、次年度会計監査委員予定者として出席してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/27 11:59
4月17日(木)午後1:30〜2:30富山県ライオンズクラブ奉仕銀行の臨時常任委員会に参加!
    2014年 4月17日(木)午後1:30〜2:30 富山第一ホテルで、富山県ライオンズクラブ奉仕銀行の臨時常任委員会が開催されたので出席してきました。 富山県内の1R・2R 37ライオンズクラブで構成するライオンズクラブ奉仕銀行の常任委員会は、収支の予算案を決めるときや規約改正が必要なときしか開催されないので、通常年は9月の常任委員会と6月の新旧常任委員会だけですが、今年は臨時常任委員会開催という案内で、  新しい予算支出の検討か?規約改正の検討か? 忙しい時期ですが一時間のことなので... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/26 14:10
NHKテレビテキスト趣味Do楽「籔内佐斗司流ほとけの履歴書」読みました!
   NHKテレビテキスト趣味Do楽「籔内佐斗司流ほとけの履歴書」を読みました。  日本にいらっしゃる様々なほとけさまを鑑賞するためのわかりやすいテキストとして、籔内先生が 「仏像拝観ほとけの履歴書ハンドブック」をまとめられて、籔内先生が講師となって生徒の篠原ともえさんに仏像を見ながらその来歴等を解説される25分ずつ9回のテレビ番組のテキストでした。 籔内佐斗司先生は、1953年大阪府生まれの彫刻家、東京藝術大学大学院教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/25 11:51
「NHKテキスト100分de名著(4月)『万葉集』(語り手)佐佐木幸綱(NHK出版)」読みました!
   「NHKテレビテキスト100分de名著(4月)『万葉集』(語り手)佐佐木幸綱(NHK出版)」を読みました。  人日本最古の歌集として 全二十巻 四千五百余首の言霊の宿る時代の歌を編集した万葉集をテーマに、佐佐木幸綱先生が100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。  佐佐木幸綱先生は、歌人、早稲田大学名誉教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/25 10:12
4/5(土)富山県水墨美術館で「I LOVE 日本画  西宮市大谷記念美術館コレクション展」を鑑賞!
     2014年4月5日(土)14時から母と一緒に富山県水墨美術館で「I LOVE 日本画  西宮市大谷記念美術館コレクション展」を鑑賞してきました。 主催は 西宮市大谷記念美術館展実行委員会( 富山県水墨美術館、富山テレビ放送 ) 共催は北日本新聞社。 会期は3月28日から5月6日。 始まったばかりですが、意外とすいていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/08 08:42
3月16日(日)富山県水墨美術館で「画人富岡鉄斎展」を鑑賞してきました!
    2014年3月16日(日)14時から母と一緒に富山県水墨美術館で「画人富岡鉄斎展」を鑑賞してきました。 主催は 富山県水墨美術館、北陸中日新聞、富山テレビ放送。 午後から雨が上がったので 出かけましたが 会期も終わり近く 空いていて のんびり鑑賞できました。  会期は 2月14日〈金〉から3月23日〈日〉まで。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/19 03:36
3月8日(土)15:00〜17:10富山県高岡文化ホールで「ラフマニノフの世界」を鑑賞してきました!
    2014年3月8日(土)15:00〜17:10富山県高岡文化ホールで「ラフマニノフの世界」を鑑賞してきました。 主催は 公益財団法人富山県文化振興財団、共催は 富山県、北日本新聞社、富山テレビ放送、FMとやま、後援は 高岡市教育委員会、一般社団法人富山県芸術文化協会。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/19 03:00
3月5日(水)立山科学グループの講演会で桜井進先生の講演を聞きました!
  2014年3月5日(水)16:00〜17:30ANAクラウンプラザホテル富山3階「鳳」において 立山科学グループの特別講演会が開催されたので聴講してきました。 今年の講師は、サイエンスナビゲーターの桜井進先生。 講演のテーマは、「驚異の数、円周率Πの世界 〜ひとはなぜΠを計算し続けるのか〜 」  桜井進先生は、1968年山形県生まれの東京理科大学等非常勤講師。 (株)サクライ・サイエンス・ファクタリ代表取締役。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/19 01:34
 「NHKテキスト100分de名著(3月)『孫子』(語り手)湯浅邦弘(NHK出版)」読了!
    「NHKテレビテキスト100分de名著(3月)『孫子』(語り手)湯浅邦弘(NHK出版)」を読みました。  人生哲学書として2500年前から読み継がれてきた「孫子」について 湯浅邦弘先生が100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。  湯浅邦弘先生は、1957年島根県生まれの中国思想史研究者。大阪大学大学院教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/18 01:24
「「言葉力が人を動かす」坂根正弘〈東洋経済新報社〉」読みました!
    「言葉力が人を動かす」坂根正弘 著〈東洋経済新報社〉を読みました。  なぜメンバーが リーダーに従って動くのか? リーダーの発する言葉に、メンバーが耳を傾け理解・納得して協力する リーダーの言葉力とは どういうものか? 小松の業績のV字回復の経験から、リーダーシップと言葉力について、考えたことをまとめた本でした。 坂根正弘さんは、1941年島根県生まれの企業経営者、(株)小松製作所会長。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/17 23:50
「新撰組、北へ。〜函館まで続く,意地と反逆の道〜」(トランヴェール2月号)読みました!
     2014年2月20日(木) 7:48富山駅発のはくたか3号で 木曜講座に参加してきました。越後湯沢から 10:04発のとき316号に乗って、東京駅には11:20に到着しました。     車内では、トランヴェールの 2月号を読みました。 2月号の特集は、「新撰組、北へ。〜函館まで続く,意地と反逆の道〜」 でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/27 10:51
「NHK100分de名著(2月)フロム『愛するということ』(語り手)鈴木晶(NHK出版)」読了!
   「NHKテレビテキスト100分de名著(2月)フロム『愛するということ』(語り手)鈴木晶(NHK出版)」を読みました。 人が人を愛するという人間の心理について,その本質を考え、人を愛するためには何が必要かを考えた エーりっひ・フロムの考え方・世界観を、鈴木晶先生が100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。  鈴木晶(すずき・しょう)先生は、1952年東京都生まれの精神分析学・舞踊学・心理学研究者。法政大学国際文化学部教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/18 08:25
ライオンズクラブ木村前キャビネットのZC同窓会で2月8日高岡駅瑞龍寺口に集合!
    2014年2月8日(土)ライオンズクラブ国際協会334D地区 木村正明 前ガバナーの当時のZC同窓会 第2回が 氷見市灘浦温泉 磯波風 において開催されたので、参加してきました。 あいにくの雪の中でしたが、高岡駅瑞龍寺口に13:00集合、平和交通のバスで、山田真功ライオンのガイドで出発しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/18 08:03
「「世界のエリートはなぜ、この基本を大事にするのか?」戸塚隆将〈朝日新聞出版〉」読みました!
    「世界のエリートはなぜ、この基本を大事にするのか?」戸塚隆将 著〈朝日新聞出版〉を読みました。 戸塚隆将さんは、1974年東京都生まれの企業経営者、シーネクスト・パートナーズ(株)代表取締役。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/02 11:14
「NHKテレビテキスト趣味Do楽(12−1月)落語でブッダ(講師)釈 徹宗(NHK出版)」を読了!
   「NHKテレビテキスト 趣味Do楽(12−1月)落語でブッダ(講師)釈 徹宗(NHK出版)」を読みました。 毎週月曜日午後9時半からのテレビ番組で 趣味の世界を25分ずつ8回で紹介する放送のテキストでした。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/01 23:57
「NHK100分de名著(1月)世阿弥『風姿花伝』(語り手)土屋恵一郎(NHK出版)」読みました!
   「NHKテレビテキスト100分de名著(1月)世阿弥『風姿花伝』(語り手)土屋恵一郎(NHK出版)」を読みました。  芸能の世界で 時代のスターとして価値創造を続けるための戦略をまとめた 世阿弥の演劇論「風姿花伝」の世界を、土屋恵一郎先生が100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。  土屋恵一郎先生は、1946年東京都生まれ法哲学者、演劇評論家。明治大学法学部教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/12 12:32
「「中国の破壊力と日本人の覚悟 〜なぜ怖いのか、どう立ち向かうか〜」富坂聡〈朝日新書〉」読みました!
    「中国の破壊力と日本人の覚悟 〜なぜ怖いのか、どう立ち向かうか〜」富坂聡 著〈朝日新書〉を読みました。 富坂聡さんは、1964年 愛知県生まれのジャーナリスト。 昔から中国は国ではないと言われ、議会制民主主義の体制を取る国々からは、中国共産党の1党独裁を続ける実態の見えない国と言われてきたが、北京大学に留学し、多くの中国の有力者に取材し、豊富な人脈から その実態を分析した本でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/31 18:21
「「同盟国アメリカに日本の戦争の意義を説く時がきた」西尾幹二〈ビジネス社〉」読みました!
    「同盟国アメリカに日本の戦争の意義を説く時がきた」西尾幹二 著〈ビジネス社〉を読みました。 西尾幹二さんは、1935年東京生まれのドイツ文学者、評論家。  歴史認識をめぐる米国、中国、韓国からの圧力を 日本が跳ね返すためのキーポイントについて、アメリカ文明と中国文明の衝突という視点から西尾先生の所見をまとめた本でした。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/31 03:37
「「仕事の大事は5分で決まる」宮家邦彦〈幻冬舎〉」読みました!
    「仕事の大事は5分で決まる」宮家邦彦 著〈幻冬舎〉を読みました。 宮家邦彦さんは、1953年神奈川県生まれの元外交官、立命館大学客員教授。 キャノングローバル戦略研究所研究主幹。 プロ外交官としての訓練を受け経験を積んだ人間の目に 世界の現実はどのように見えているか? どのようにプロの視点と仕事術を身につけたか? これまで毎日をどのように暮らしてきたのか? 仕事人としてのキャリアアップのノウハウをまとめた仕事術の基本書でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/28 19:17
「NHK100分de名著(12月)ドストエフスキー『罪と罰』(語り手)亀山郁夫(NHK出版)」読了!
    「NHKテレビテキスト100分de名著(12月)ドストエフスキー『罪と罰』(語り手)亀山郁夫(NHK出版)」を読みました。  ドストエフスキーが巨額の借金と生活苦の中で アレクサンドル2世の治世化の混乱する首都ペテルブルグの都市社会を舞台に、1865年1月にモスクワで起きた宝石商殺害事件と同年9月にペテルブルクで起きた高利貸し商殺害事件の新聞記事にヒントを得てさらに肉付けを加えて書き上げた ロシア文学の傑作を、亀山郁夫先生が 100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/22 20:27
NHK100分de名著〈11月〉)『アラビアンナイト』(語り手)西尾哲夫(NHK出版)」読みました!
   「NHKテレビテキスト100分de名著(11月)『アラビアンナイト』(語り手)西尾哲夫(NHK出版)」を読みました。 9世紀の中東で誕生し、18世紀ヨーロッパで生まれ変わったアラビアンナイトの世界を、西尾哲夫先生が 100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。  西尾哲夫先生は、1958年香川県生まれのアラブ言語・文化研究者。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/21 21:20
『NHK100分de名著(10月)松尾芭蕉『おくのほそ道』(語り手)長谷川櫂(NHK出版)」読了!
   「NHKテレビテキスト100分de名著(10月)松尾芭蕉『おくのほそ道』(語り手)長谷川櫂(NHK出版)」を読みました。 1689年(元禄2年)3月に江戸深川を出発して 松島、石巻、平泉を経て、出羽三山、酒田、新潟、金沢、福井を回り、8月に大垣に到着するまでの 約六百里約百五十日間の旅の記憶から、芭蕉の世界観・人生観を表現した紀行文学『おくのほそ道』の世界を 長谷川櫂先生が 100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。 長谷川櫂(はせがわ・かい)先生は、19... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/10 17:34
「「不格好経営  チームDeNAの挑戦」南場智子(日本経済新聞出版社)」読みました。 
   「不格好経営  チームDeNAの挑戦」南場智子(日本経済新聞出版社)を読みました。コンサルタントとして、経営者として、DeNAの創業の経緯から現在までを振り返った ざっくばらんな本で、2013年6月10日に1版1刷が出た作品でした。  南場智子さんは、1962年4月新潟市生まれの経営者。(株)ディー・エヌ・エー取締役。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/01 10:35
「NHKテキスト100分de名著(9月)『古事記』(語り手)三浦佑之(NHK出版)」読みました!
   「NHKテレビテキスト100分de名著(9月)『古事記』(語り手)三浦佑之(NHK出版)」を読みました。 現代に語り継がれる古事記の神話の世界を 三浦先生が 100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。 三浦佑之(みうら・すけゆき)先生は、1946年三重県生まれの古代文学・伝承文学研究者、立正大学文学部教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/01 09:52
「「なぜ、「これ」は健康にいいのか?」小林弘幸(サンマーク出版)」読みました!
    「なぜ、「これ」は健康にいいのか? 副交感神経が人生の質を決める」小林弘幸著(サンマーク出版)を読みました。 小林弘幸先生は、1960年埼玉県生まれのスポーツドクター、順天堂大学医学部教授。 長年の自律神経研究の結果得られた、自律神経のコントロールと体の免疫力の関係についての結論を、「ゆっくり生きると、病気は逃げる。」をテーマに解説した本でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/16 16:29
国際会計士倫理基準審議会・IESBAの最近の動向について8/9夏季全国研修を受講!
   2013年8月9日(金)15:00〜16:40公認会計士協会の夏季全国研修会で 倫理規則の改正に影響する国際会計士倫理基準審議会の最近の動向についての研修があったので参加してきました。 講師は倫理委員会副委員長の染葉常務理事。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/15 13:40
「NHK100分de名著(7月)プラトン『饗宴』(語り手)納富信留(NHK出版)」読みました!
   「NHKテレビテキスト100分de名著(7月)プラトン『饗宴』(語り手)納富信留(NHK出版)」を読みました。 プラトンの代表作の1つ『饗宴』に描かれた古代ギリシャの中心ポリス「アテナイ」の知識人たちのソクラテスとの対話を通して、哲学の始まりとその本質について、納富先生が 100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。   納富信留(のうとみ・のぶる)先生は、1965年東京都生まれの西洋古代哲学研究者、慶應義塾大学文学部教授。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/11 10:22
7月7日(日)から12日(金)第96回ライオンズクラブ国際大会ハンブルグ2013に参加してきました!
    2013年7月5日(金)から9日(火) 第96回ライオンズクラブ国際大会ハンブルグ2013が 111MDをホストとして ドイツ連邦共和国ハンブルク市において開催されました。 ハンブルク特別市は ドイツ北西部エルベ河の河口から約100Km入ったアルスター川の周辺の港湾都市であり、中世以来の自由都市として人口174万人、経済・芸術の盛んな ベルリン特別市に次ぐドイツ第二の都市でした。  大会スケジュールは、7月5日に展示ホール開場、7月6日にインターナショナルパレード、インターナショナルシ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/21 23:11
6月9日(日)LC第59回334複合地区年次大会、岐阜県岐阜市・長良川国際会議場で開催!
   2013年6月9日(日)ライオンズクラブ国際協会の第59回334複合地区年次大会が岐阜県岐阜市 長良川国際会議場で開催されたので、富山第一ホテル前を8:30スタートの新富観光バスに乗って参加してきました。 途中は10:00 ひるがの高原SAで牛乳とコーヒー、11:35長良川国際会議場で登録受付け、11:45〜岐阜都ホテルで昼食という余裕のある行程でした。    ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/10 13:25
「「経済学・入門 第3版」塩澤修平(有斐閣アルマ)」読みました! 
  「経済学・入門 第3版」 塩澤修平 著(有斐閣アルマ)を読みました。 塩澤修平先生は、1955年東京都生まれの経済学者、金融論、NPO経済論研究者。 慶應義塾大学経済学部教授。1996年に初版、2003年に第2版が出た本の10年ぶりの改訂版として、2013年5月20日第3版第1刷が出た本です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/10 11:52
6月1日(土)18:30〜富山セントラルLC認証50周年記念ふれあいフレンズコンサートに参加!
   2013年6月1日(土)18:30〜20:00富山セントラルライオンズクラブの認証50周年記念ふれあいフレンズコンサートが富山国際会議場メインホールで開催されたので参加してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/03 15:56
「NHK100分de名著(6月)トルストイ『戦争と平和』(語り手)川端香男里(NHK出版)」読了!
   「NHKテレビテキスト100分de名著(6月)トルストイ『戦争と平和』(語り手)川端香男里(NHK出版)」を読みました。 1804年にフランス皇帝となったナポレオンとロシアの対立が始まる1805年7月から、1812年9月のナポレオン軍モスクワ入城を経て、1813年のライプツィヒの戦いでのナポレオン敗北、1814年4月のナポレオン退位、その後の 戦争と平和の時代を ロシアの貴族はどう生きたか?四つの貴族のファミリーが、時代の嵐をどう乗り越えたか?五年間かけて書き上げたトルストイ流の長編小説・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/01 10:38
「NHKテレビテキスト100分de名著(5月)老子(語り手)蜂屋邦夫(NHK出版)」読みました!
   「NHKテレビテキスト100分de名著(5月) 老子 (語り手)蜂屋邦夫(NHK出版)」を読みました。 古代中国の思想書『老子』について、道家思想について、中国思想史、道教思想史を研究してこられた蜂屋邦夫先生が、『もうひとつの生き方』を示してくれる雄大な思想書として、重要な部分を解説された 25分ずつ4回で解説するテレビ番組のテキストでした。  蜂屋邦夫先生は、1938年東京都生まれの元東京大学東洋文化研究所教授。文学博士。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/31 11:31
5月18日(土)射水市戸破の小杉総合体育センターで開催されたライオンズクラブ年次大会に参加しました!
   2013年5月18日(土)ライオンズクラブの第59回地区年次大会が射水市戸破3111のアルビス小杉総合体育センターで開催されたので参加しました。 富山第一ホテル前を9:30スタートの新富観光バスでは10:00〜10:20の議事運営委員会に間に合わないということで、往きは家族に送ってもらうことになりました。    朝10:00〜10:20議事運営委員会、10:30−10:45代議員会全体会議、11:00〜11:45第3分科会、12:00〜12:17代議員総会、 昼食後の13:15記念撮影... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/19 07:11
県立近代美術館で3月31日[日]布施先生の美術解剖学講義を聞いて、「ひと・からだ・みぶり」展を鑑賞!
    2013年 3月31日(日)午後2時から母と一緒に富山県立近代美術館に 「ひと・からだ・みぶり アートに見る身体」展を見に行きました。 2:00〜3:30は 布施英利先生の記念講演会でした。 テーマは、美術解剖学からみた「ひと・からだ・みぶり」  布施英利(ふせひでと)先生は、1960年群馬県生まれの藝術学者、評論家、作家。東京藝術大学美術学部准教授。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/02 01:38
3月8日(金)「はやぶさについて『はやぶさ』と私たちの未来」〜的川泰宣さんの講演を聞きました!
     2013年 3月 8日(金)15:00〜16:30オークスカナルパークホテル富山2階「鳳凰」の間で、立山科学グループ第3回特別講演会が開催されたので参加してきました。  講師は 独立行政法人宇宙航空研究開発機構 的川泰宣名誉教授。  テーマは、「はやぶさについて『はやぶさ』と私たちの未来」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/20 15:33
「「みっともない老い方 60歳からの「生き直し」のすすめ」川北義則(PHP新書)」読みました!
     「みっともない老い方  60歳からの「生き直し」のすすめ」川北義則 著(PHP新書)を読みました 川北義則さんは、 1935年大阪生まれの生活経済評論家、出版プロデューサー。 60歳からの第二の人生を 楽しく満足して生きるために意識すべきことについて、考えたこと思ったことを まとめてみた本でした。 2011年6月に出た本ですが、第一の人生と第二の人生は、生きる意味が違うということ、自ら意識を変えて生きるべきだということを よくわからせてくれる本でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/10 05:25
「「人生を癒す 百歳の禅語」松原泰道(致々出版社)」読みました!
  「人生を癒す 百歳の禅語」松原泰道著(致々出版社)を読みました。 致々出版社の禅語勉強会で話された内容をまとめて 2008年(平成20年)5月に発行された本でした。 松原泰道先生(1907.11.23〜2009.7.29)は、明治40年東京生まれの臨済宗妙心寺派の禅僧。 4年前に肺炎のため101歳で亡くなられる直前まで 各種文化センター講師や講演・著作に活躍された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/02 00:36
「NHKテキスト100分de名著(2月) デュマ『モンテ・クリスト伯』 (語り手)佐藤賢一」読了!
   「NHKテレビテキスト100分de名著(2月) デュマ『モンテ・クリスト伯』 (語り手)佐藤賢一(NHK出版)」を読みました。 19世紀フランスの新聞小説として生まれ150年以上たった今も世界中で愛され読み継がれるエンターテインメント小説のヒットの秘密を 25分ずつ4回で解説するテレビ番組のテキストでした。  佐藤賢一先生は、1968年山形県鶴岡市生まれの直木賞作家。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/31 22:43
「NHKテレビテキスト100分de名著(1月) 般若心経 (語り手)佐々木閑(NHK出版)」読了!
   「NHKテレビテキスト100分de名著(1月) 般若心経 (語り手)佐々木閑(NHK出版)」を読みました。 日本人の好きな般若心経について 25分ずつ4回で解説するテレビ番組のテキストでした。  佐々木閑先生は、1956年福井県生まれの仏教哲学、仏教史研究者。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/31 22:07
「「アフリカで誕生した人類が日本人になるまで」溝口優司 (ソフトバンク新書)」読みました!
   「アフリカで誕生した人類が日本人になるまで」溝口優司 著(ソフトバンク新書)を読みました。 溝口優司さんは、1949年富山県年生まれの形質人類学者、国立科学博物館人類研究部長。 日本人の顔とヨーロッパ人の顔は、なぜ同じでないのか?  700万年前にアフリカで誕生したとされる私たちの祖先・猿人の時代にはチンパンジーと同じく300〜500CCしかなかった脳は、なぜホモ・サピエンスに進化して1100〜1600CCに成長したのか? 日本人なら誰もが持つ疑問について、頭蓋の形態的変化とDNA... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/02 13:38
「NHKラジオテキストこころをよむ・人生は「道連れ」 (語り手)塩田丸男(NHK出版)」読みました!
    「NHKラジオテキストこころをよむ(2012年10〜12月)人生は「道連れ」 (語り手)塩田丸男(NHK出版)」を読みました。  7月28日に88歳の誕生日を迎えられ、健やかに老いることの幸せと、両親と神様と人生の道連れへの感謝を実感された塩田先生が、自分の人生の道連れについて、しっかり考えてみたことを、40分ずつ13回で話された ラジオ番組のテキストでした。 うち2回は、奥さんのミチルさんのお話でした。 塩田丸男先生は、1924年山口県生まれの作家。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/22 12:53
「NHKテキスト100分de名著(12月)サン=テグジュペリ星の王子さま(語り手)水本弘文」読了!
     「NHKテレビテキスト100分de名著(12月)サン=テグジュペリ 星の王子さま (語り手)水本弘文(NHK出版)」を読みました。 サン=テグジュペリ(1900−1944)の作品、星の王子さまの物語と挿絵について、25分ずつ4回で解説するテレビ番組のテキストでした。  水本弘文先生は、1945年福岡県生まれのフランス文学研究者、北九州市立大学名誉教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/22 11:40
11月10日ソーシャルメディア活用セミナーと女性フォーラムに参加した後、国際会長歓迎晩さん会に出席!
   今朝は2:30過ぎに帰って 3:30過ぎに寝たので、朝は起きられないかと思ったのですが、何とか8時前に目が覚めて、9時までの朝食をいただくこと ができました。 朝食のバイキングで九州の名物料理をいろいろ食べたら元気が出てきたので、9:50にタクシーで国際会議場に向かいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/14 10:23
 「100分de名著(11月)アインシュタイン 『相対性理論』(語り手)佐藤勝彦」読了!     
    「NHKテレビテキスト100分de名著(11月)アインシュタイン 『相対性理論』(語り手) 佐藤勝彦(NHK出版)」を読みました。  アインシュタイン (1879〜1955)は ドイツ生まれのユダヤ人理論物理学者。 佐藤勝彦先生は、1945年香川県生まれの宇宙物理学者、東京大学名誉教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/09 00:16
「100分de名著(10月)鴨 長明 『方丈記』(語り手)小林一彦 (NHK出版)」読みました!
    「NHKテレビテキスト100分de名著(10月)鴨 長明 『方丈記』(語り手)小林一彦 (NHK出版)」を読みました。  鴨長明 (1155〜1216)は 平安時代末期から鎌倉時代にかけての歌人・随筆家。     小林一彦先生は、1960年栃木県生まれの 和歌文学・中世文学研究者、京都産業大学文化学部教授。     ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/29 19:51
LCのリーダーシップ研修会(高岡商工ビル)に10/13(土)〜14(日)参加しました!
2012.10. 13(土)13:00〜20:30、14(日)8:30〜11:00高岡商工ビルで ライオンズクラブ国際協会334D地区リーダーシップ研修会が各クラブの副会長と地区役員を対象に開催されたので参加してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/15 03:35
9/30公益財団法人富山県アイバンク設立20周年記念式典と記念講演会が富山県民会館で開催されました!
   2012年9月30日(日)公益財団法人富山県アイバンク設立20周年記念式典と記念講演会が 富山県民会館で開催されたので 参加してきました。 記念式典は 14:00〜15:20 記念公演は 15:30〜16:55 でした。 記念講演の講師は、宮川花子先生。 テーマは、「花子の生き生きライフ」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/04 09:41
9月24日(月)仙台駅西口8:40集合。9:00〜17:00宮城県内の被災地 現状視察ツアーに参加!
   2012年 9月24日(月)仙台駅西口に8:40集合。9:00〜17:00宮城県内の被災地 現状視察ツアーに参加しました。  9:10に駅前を出て、宮城郡松島町の五大堂には10:10到着しました。 五大堂から、瑞巌寺の境内まで歩く参道の杉並木が津波を被ったため立ち枯れ状態で、チェーンソーで切り倒している途中でした。 瑞巌寺は門前で津波が止まり塩害はなかったものの、地震で壊れた部分の修復工事中で 国宝の本堂や重要文化財の中門や御成門は非公開でしたが、国宝の庫裡には入ることができました。その奥... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/01 20:26
ミュージカル「本能寺が燃える」9/27富山公演を鑑賞しました!
   2012年9月27日(木)公益財団法人富山県アイバンク設立20周年記念のプレイベントとして、阪神化成工業設立40周年記念イベントとして、ミュージカル「本能寺が燃える」公演が富山県民会館で開催されました。 18:00開場、前半18:45〜19:55 後半20:05〜21:05 の舞台でした。 会社から 県内の高校の演劇部、LCの地区役員と1R2Rの各クラブに招待券が配布されたので、鑑賞してきました。   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/30 21:41
9/16(日)13:〜夏季派遣青少年帰国報告会並びに地区YCEセミナーが開催されたので参加しました!
2012.9.16(日) 13:00〜15:30金沢都ホテル7F鳳凰の間において、ライオンズクラブ国際協会334−D地区 夏季派遣青少年帰国報告会並びに地区YCEセミナーが開催されたので、五十嵐L成田L淺井Lとともに参加してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/30 19:59
ライオンズクエストのカリスマ講師北山敏和先生の講演会『子どもたちにライフスキルを』9/14開催!
2012.9.14(金) 18:50〜19:50黒部国際文化センターコラーレ大ホールで、1R3Z地区ガバナー公式訪問記念LQ講演会『子どもたちにライフスキルを』が開催された。 三井3ZCから案内をいただいたので聴講してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/28 11:23
「NHK100分de名著(9月)チェーホフ かもめ(語り手)沼野充義 (NHK出版)」読みました!
    「NHKテレビテキスト100分de名著(9月)チェーホフ かもめ (語り手)沼野充義 (NHK出版)」を読みました。  チェーホフ (1960〜1904)は  数多くの戯曲で知られる19世紀末のロシアの作家・医師。     沼野充義 (1954〜 )先生は ロシア・東欧文学研究者、東京大学大学院教授。       ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/20 08:59
9/8の午後ホテル金沢で、ライオンズクラブ国際協会のLCIFセミナーに参加してきました!
2012.9. 8(土) 13:30〜16:00ホテル金沢で ライオンズクラブ国際協会334D地区LCIFセミナーが開催されたので参加してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/20 07:46
「NHK100分de名著(8月)フランクル 夜と霧 (語り手)諸富祥彦(NHK出版)」読みました!
     「NHKテレビテキスト100分de名著(8月)フランクル 夜と霧 (語り手)諸富祥彦 (NHK出版)」を読みました。 オーストリア・ウイーン在住の精神科医であったヴィクトール・E・フランクル( 1905.3.26〜1997.9.2 )のユダヤ人強制収容所での体験を 終戦後 9日間で書き上げたドキュメンタリー記録として、1947年に発刊されて以来、世界中で読み継がれ、日本では1956年の初版以来 これまで読まれ続けてきた名著『夜と霧』という本のもつ意味を 25分ずつ 四回で解説するテレビ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/14 10:45
「NHKカルチャーラジオ 歴史再発見 ”謎の文明”マヤの実像にせまる(語り手)青山和夫」読みました!
    「NHKカルチャーラジオ 歴史再発見(2012年7〜9月)”謎の文明”マヤの実像にせまる (語り手)青山和夫(NHK出版)」を読みました。  世界の六大文明の1つとはいえ、 マヤ文明などのメゾアメリカの文明は、日本では あまり知られていない。 日本の非良心的なマニア向けの雑誌の世界では、「マヤ=宇宙人起源説」や「宇宙人接触説」やムー大陸からの移民説などウソ800の記事が取り上げられて、マヤ地域の豊かな歴史・文化的伝統に対する日本人の正確な理解を妨げているが、遺跡の発掘調査から分かってきた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/22 13:12
「「聞く力 心をひらく35のヒント」阿川佐和子(文春新書)」読みました!
    「聞く力  心をひらく35のヒント」 阿川佐和子 著(文春新書)を読みました。  阿川佐和子さんは、1953年東京都生まれのエッセイスト。 「週刊文春」の対談ページ「阿川佐和子のこの人に会いたい」の連載も930回を越え、1000人近い人とのインタビューや30回以上のお見合いで掴んだ、本音を引き出すコミュニケーション術を、はじめて公開した本でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/21 11:36
五万石・千里山荘で6/22(金)の夕方、福島善三先生を囲む新作発表と懇親の会に参加!
   2012年 6月22日(金)午後4時30分に北日本工芸を出発し、午後5時に五万石・千里山荘に到着。 午後5時20分から 福島善三先生の新作発表と懇親の会が開催された。 福島善三先生は、1959年福岡県生まれの陶芸作家。 陶芸の世界では、日本で3人目の 日本陶芸展大賞桂宮賜杯と日本伝統工芸展日本工芸会総裁賞との両方の受賞者としてマスコミにも取り上げられ、また宮内庁お買いあげ作品の制作者としても著名な陶芸作家で、そのわかりやすくさわやかで臨機応変のお話ぶりは、国際ビジネスマンが陶芸作家に変... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/23 12:05
県立近代美術館で 6/17「第10回世界ポスタートリエンナーレトヤマ2012」を鑑賞してきました!
   2012年 6月17日(日)午後3時10分から母と一緒に県立近代美術館で 「第10回世界ポスタートリエンナーレトヤマ2012」を鑑賞してきました。  世界中から最新のポスターデザインを公募し、審査選抜する日本で唯一の国際公募展で、1985年から3年に1度開催され、今年で十回を迎えた、ポスターの街・とやまの 街ぐるみのイベントでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/18 03:28
ライオンズクラブの次期四委員会セミナー6/13に参加しました!
2012.6.13(水)AM11:30〜12:50 ANAクラウンプラザホテル富山での DGT・GMT・GLT会議のあと、隣の国際会議場で、13:00からライオンズクラブ国際協会334D地区・次期四委員会セミナーが開催されました。       DGT・GMT・GLT会議は、4月1日のキャビネット予備会議以来でしたが、そのときダイエットを誓って5キロも やせたというZCもいましたが、私は4月に△3キロ、5月に+5キロ、6月に△2キロで、全く成果なしでした。     →→ ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/17 10:32
「「会社では教えてくれない仕事のルール」 長井亮(クロスメディア・パブリッシング)」読みました!
   「会社では教えてくれない仕事のルール」 長井亮 著(クロスメディア・パブリッシング)を読みました。 長井亮さんは、 富山県生まれの人事・教育・キャリアコンサルタント、(株)アールナイン代表。 長年の企業研修、人事・教育コンサルティング、就職・転職・採用についての相談に携わった経験の中で、どんな会社からも必要とされる人が身につけている考え方・習慣と思えることを、「仕事のルール」としてまとめた本でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/05 10:22
「NHKテキスト100分de名著(6月)パスカル パンセ (語り手)鹿島茂 (NHK出版)」読了!
     「NHKテレビテキスト100分de名著(6月)パスカル パンセ (語り手)鹿島茂 (NHK出版)」を読みました。 パスカル(1623.6.19〜1662.8.19)の死後にまとめられた思索集パンセの世界を、25分ずつ4回で解説するテレビ番組のテキストでした。  鹿島茂先生は、1948年神奈川県横浜市生まれの19世紀フランス文学研究者、明治大学国際日本学部教授。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/05 09:35
6月4日(月)ライオンズクラブ国際協会334複合地区次期役員研修会に参加!
     2012年6月4日(月)ライオンズクラブ国際協会334複合地区 次期役員研修会が、愛知県名古屋市のキャッスルプラザホテルで開催されたので、9:09富山駅発の しらさぎ6号に乗って参加してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/05 09:21
「「日本人のためのフェイスブック入門」松宮義仁(フォレスト出版)」読みました!
    「日本人のためのフェイスブック入門」松宮義仁 著(フォレスト出版)を読みました。 松宮義仁さんは、1972年東京生まれのマーケティングコンサルタント、セミナー講師。 2011年1月15日に初版、2月28日に14刷発行の後 購入しましたが、サーと見ただけで積んであった本です。 今度、お仲間が、フェイスブックをはじめて、グループを作るというもので、読み直すことになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/31 10:54
5月27日(日)第58回334複合地区年次大会・長野県長野市ビッグハットに参加してきました!
   2012年5月27日(日)ライオンズクラブ国際協会の第58回334複合地区年次大会が長野県長野市のビッグハットで開催されたので、富山第一ホテル前を8:50スタートの新富観光バスに乗って参加してきました。 途中は、10:15名立谷浜SAでコーヒー、11:25小布施PAで3種類の おやき、11:45須坂・長野東I/Cをおりて会場の駐車場に12時に入り、受付して昼食弁当という余裕のある行程でした。   昼食後の13:00−13:40代議員会、13:50−16:20大会式典、16:30−18:0... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/28 10:14
ライオンズクラブの第58回地区年次大会が5/19(土)石川県立音楽堂とホテル金沢で開催!
   2012年5月19日(土)ライオンズクラブの第58回地区年次大会が石川県立音楽堂とホテル金沢で開催されたので、富山第一ホテル前を8:55スタートの新富観光バスに乗って参加してきました。 朝10:30−12:30 代議員会、昼食後の午後1:30−3:50 年次大会、4:30−6:00 ガバナー晩餐会というプログラムでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/23 11:06
「「歴史からの伝言 「いま」をつくった日本近代史の思想と行動」加藤陽子他(扶桑社新書)」読みました!
    「歴史からの伝言  「いま」をつくった日本近代史の思想と行動」 加藤陽子 佐藤優 福田和也 著(扶桑社新書)を読みました。  加藤陽子さんは、1960年埼玉県生まれの日本近現代史研究者、東京大学大学院人文社会系研究科教授。 「いま」から振り返るとき、日本近代史の転換点の世論を動かしていたと思えるような人・思想・行動について、加藤陽子先生と佐藤優さん、福田和也さんが語り合った本でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/30 12:03
「「それでも、日本人は「戦争」を選んだ」 加藤陽子(朝日出版社)」読みました!
     「それでも、日本人は「戦争」を選んだ」 加藤陽子 著(朝日出版社)を読みました。  加藤陽子さんは、1960年埼玉県生まれの日本近現代史研究者、東京大学大学院人文社会系研究科教授。 近現代史に残る日本人の戦争について、世界最高の頭脳が集まって「もう戦争しかない」と判断したのはなぜか?なぜ日本人は 外交問題解決の手段として「戦争」を選んだのか?日本近現代史の疑問を、鮮やかに読み解いた本でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/29 20:42
「NHKテキスト100分de名著(4月)紫式部 源氏物語(語り手)三田村雅子(NHK出版)」読了!
     「NHKテレビテキスト100分de名著(4月)紫式部  源氏物語 (語り手)三田村雅子(NHK出版)」を読みました。 紫式部(970年頃から −1016年頃)の長編小説「源氏物語」の世界を、25分ずつ4回で解説するテレビ番組のテキストでした。 三田村雅子先生は、1948年11月東京生まれの日本古典文学研究者、上智大学文学部教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/03 12:41
「「ブラック・スワン降臨 9.11−3.11インテリジェンス十年戦争」手嶋龍一(新潮社)」読了!
   「ブラック・スワン降臨  9.11−3.11インテリジェンス十年戦争」手嶋龍一  著(新潮社)を 読みました。 手嶋龍一さんは、1949年北海道生まれのジャーナリスト、作家。 元NHKワシントン支局長。 同時多発テロの発生した2001年9月11日から福島第一原発事故発生の2011年3月11日を経て5月1日のオサマ・ビンラディン捕捉・暗殺によるイラク戦争終結までの十年間の、インテリジェンスにおけるブラック・スワン降臨にまつわる世界の出来事を概観したノンフィクション小説でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/01 05:11
「「今さら英語を勉強しなくても、グローバル・エリートになれる39のルール」デュラン・れい子」読了!
     「今さら英語を勉強しなくても、グローバル・エリートになれる39のルール」デュラン・れい子 著(東洋経済新報社)を 読みました。 デュラン・れい子さんは、1942年東京都生まれのアーティスト、エッセイスト。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/04 10:51
「「意外に日本人だけ知らない日本史」デュラン・れい子 著(講談社+α新書)」読みました!
    「意外に日本人だけが知らない日本史」デュラン・れい子 著(講談社+α新書)を 読みました。 デュラン・れい子さんは、1942年東京都生まれのアーティスト、エッセイスト。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/04 09:33
「「ビギナーズ・クラシックス 万葉集」角川書店編(角川ソフィア文庫)」読みました!
    「ビギナーズ・クラシックス 万葉集」角川書店編(角川ソフィア文庫)を読みました。 古典の名作の原文を、現代語訳と解説付きで手軽に読める解りやすい本でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/12 09:05
「NHK100分de名著(2月)新渡戸稲造  武士道 (語り手)山本博文(NHK出版)」読みました!
    「NHKテレビテキスト100分de名著( 2月)新渡戸稲造  武士道 (語り手)山本博文(NHK出版)」を読みました。 新渡戸稲造(1862−1933)が 明治32年・1899年にアメリカ・フィラデルフィアの書店から出版して数年のうちに世界的なベストセラーとなった、日本人と武士道の関係、日本人の拠って立つ道徳意識や思考方法、日本の文化を、様々な事例を挙げて明らかにした本でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/12 07:52
「「仏教の正しい先祖供養  功徳はなぜ廻向できるのか」藤本晃(サンガ新書)」読みました!
    「「仏教の正しい先祖供養  功徳はなぜ廻向できるのか」藤本晃 著(サンガ新書)」を読みました。 藤本晃さんは、1962年2月生まれの宗教学者、浄土真宗本願寺派誓教寺住職。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/11 12:27
「「日本人の愛したことば」中西進(東京書籍)」読みました!
高瀬事務所  http://www.e-adviser.jp/tmitakase/ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/05 14:03
「「北陸平家物語紀行  伝承が彩る歴史といま」細井勝(北國新聞社)」読みました!
    「北陸平家物語紀行  伝承が彩る歴史といま」細井勝 著(北國新聞社)を読みました。 ふるさとに残る平家の落人や源平合戦の伝説や伝承を通して、「ふるさと」の豊かな心を探った歴史紀行でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/30 02:45
「「ビギナーズ・クラシックス 平家物語」角川書店編(角川ソフィア文庫)」読みました!
    「ビギナーズ・クラシックス 平家物語」角川書店編(角川ソフィア文庫)を読みました。 古典の名作の原文を、現代語訳と解説付きで手軽に読める解りやすい本でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/30 01:11
「「使える!『徒然草』」斎藤孝(PHP新書)」読みました!
    「使える!『徒然草』」斎藤孝 著(PHP新書)を読みました。 斎藤孝さんは、1960年静岡県生まれの教育学者。 先人の知恵からインスピレーションを得る方法、教科書に載っていない「徒然草」の読み方を解説した本でした、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/16 05:35
「100分de名著( 1月)兼好法師  徒然草(語り手)荻野文子(NHK出版)」読みました!
     「NHKテレビテキスト100分de名著( 1月)兼好法師  徒然草(語り手)荻野文子(NHK出版)」を読みました。 兼好法師(1283頃−1352頃)が 自分の目に映る日常の断片について そのときどきの意見や感想を述べた随筆について その独特の観察眼がどこから生まれたのか?なぜ日本の古典として長い間読み継がれてきたのか?吉田兼好が私たちに伝えたかったこととその魅力を 4回に分けて解説したテキストでした。 荻野文子(おぎのあやこ)さんは、1957年兵庫県生まれの古文教師。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/16 05:05
「「無常の見方 「聖なる真理」と「私」の幸福」アルボムッレ・スマナサーラ(サンガ新書)」読みました!
    「「無常の見方  「聖なる真理」と「私」の幸福」アルボムッレ・スマナサーラ 著(サンガ新書)」を読みました。  アルボムッレ・スマナサーラさんは、1945年スリランカ生まれのスリランカ上座仏教長老。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/06 11:11
「「憂鬱でなければ、仕事じゃない」見城徹、藤田晋(講談社)」読みました!
     「憂鬱でなければ、仕事じゃない」見城徹、藤田晋 著(講談社)を読みました。 見城徹さんは 1950年12月静岡生まれの編集者、書店経営者。 藤田晋さんは、1973年5月福井生まれの経営者。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/04 10:32
「「会計専門家からのメッセージ  大震災からの復興と発展に向けて」(同文舘出版)}読みました!
     「会計専門家からのメッセージ  大震災からの復興と発展に向けて」八田進二+柴健次+青木雅明+藤沼亜起 編著(同文舘出版)を読みました。 震災復興に向けて、「会計」に何ができるか?「会計」は役に立つのか? 震災復興には 経済専門家、経営専門家だけでなく、会計専門家の貢献も必要になる という視点から、48人の会計専門家が その知見と提案をまとめた本でした。 短期間で テーマを大きく10に分けて それぞれが思いつくところを課題として論文にまとめられており、視点は長短ばらばらで 広範囲にわた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/01 01:47
「「生きる勉強」アルボムッレ・スマナサーラ、香山リカ 著(サンガ新書)」読みました。
    「「生きる勉強  軽くして生きるため、上座仏教長老と精神科医が語り合う」アルボムッレ・スマナサーラ、香山リカ 著(サンガ新書)」を読みました。 アルボムッレ・スマナサーラさんは、1945年スリランカ生まれのスリランカ上座仏教長老。 香山リカさんは 1960年北海道生まれの精神科医、立教大学現代心理学部教授。     楽しく明るく生きていくための具体的で実践的な お釈迦様の教えを受け継ぐ初期仏教、スリランカ上座仏教の考え方を、精神科医の立場から質問し 自由に語り合ったユニークな本で、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/01 00:24
「「「看取り」の作法」香山リカ(祥伝社)」読みました!
    「「看取り」の作法」香山リカ 著(祥伝社)を読みました。 香山リカさんは 1960年北海道生まれの精神科医、立教大学現代心理学部教授。 2010年11月に82歳でお父さんが逝去された後の 喪失感と罪悪感の中で、これまで精神科医としてみてきた悲しみや苦しみが知識としての表面的なもので、看取りについてまだまだ準備不足であったと気づいた著者が、これから介護や看取りの時期を迎える人のために、愛する人・親しい人の死を迎えるための 心の準備や悲しみの乗り越え方、看取りの作法と標準的な喪の作業につ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/31 22:55
「「往生の極意」 山折哲雄(太田出版)」読みました!
    「往生の極意」 山折哲雄 著(太田出版)を読みました。 山折哲雄さんは 1931年生まれの宗教学者。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/22 13:08
「「100分de名著(12月)宮沢賢治 銀河鉄道の夜」(語り手)ロジャー・パルバース(NHK)」読了
    「NHKテレビテキスト100分de名著(12月)宮沢賢治 銀河鉄道の夜(語り手)ロジャー・パルバース(NHK出版)」を読みました。 宮沢賢治(1896−1933)が37年の人生のほとんどを過ごした岩手県の自然とその中での人生を偲び、宮沢賢治が私たちに伝えたかったことを 4回に分けて解説したテキストでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/22 11:45
「「フェルメールの光とラ・トゥールの焔 「闇」の西洋絵画史」宮下規久朗(小学館)」読みました!
   「フェルメールの光とラ・トゥールの焔  「闇」の西洋絵画史」宮下規久朗(小学館101ビジュアル新書)を読みました。 宮下規久朗さんは、1963年名古屋市生まれの美術史家、神戸大学大学院准教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/17 08:53
「「誰も知らない「名画の見方」」高階秀爾(小学館101ビジュアル新書)」読みました!
    「誰も知らない「名画の見方」」高階秀爾(小学館101ビジュアル新書)を読みました。 高階秀爾さんは、1932年東京生まれの美術史家、大原美術館館長。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/17 08:52
「「論語力」斎藤孝(ちくま新書)」読みなおしました!
     「論語力」斎藤孝 著(ちくま新書)を読みなおしました。 斎藤孝さんは 1960年10月静岡生まれの教育学者、明治大学文学部教授。 「現代語訳 論語」(ちくま新書)の続編として、偉大な教育者『孔子』の言葉と 東洋の古典『論語』を現代に生かす読み方のピントを解説した本でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/12 17:17
「「NHKカルチャーラジオ文学の世界 中国古典のスターたち」加藤徹(NHK出版)」読み直しました!
    「NHKカルチャーラジオ文学の世界  中国古典のスターたち」加藤徹 著(NHK出版)を読みなおしました。  加藤徹(かとうとおる)さんは、1963年東京生まれの中国文学研究者、明治大学法学部教授。 NHKラジオ第2放送カルチャーラジオ文学の世界で6月30日から9月22日まで放送されていた番組のラジオテキストでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/11 11:19
「「震災で本当にあった泣ける話」イースト・プレス編集部(文庫ぎんが堂)」読みました!
     「震災で本当にあった泣ける話」イースト・プレス編集部 著(文庫ぎんが堂)を読みました。 2011年3月11日午後2時46分の地震発生によって 東日本の沿岸で何が起こったのか。 被災者の数だけある涙の人間ドラマを、ドキュメントタッチで描き出した本でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/10 13:22
「「ブラック・スワンの箴言」ナシーム・ニコラス・タレブ(ダイヤモンド社)」読みました!
     「ブラック・スワンの箴言」ナシーム・ニコラス・タレブ著・望月衛 訳 (ダイヤモンド社)を読みました。 原題は The Bed of Procrustes (プロクルーステスのベッド) ギリシャ神話のエピソードに絡めて、自分には理解できないもの・見えないもの・知らないものに直面した人間の 自分の基準に合わせて判断する・既成概念に合わせて理解する・自分の先入観に沿って事実を切り取る 悲しい習慣を、風刺的に表現した392の箴言集でした。  ナシーム・ニコラス・タレブさんは、1960年レバノ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/01 11:27
3月31日(日)近代美術館で ひと・からだ・みぶり アートに見る身体を鑑賞して布施先生の講演を聴講!
    2013年3月31日(日)午後2時から母と一緒に富山県立近代美術館で「ひと・からだ・みぶり アートに見る身体」展 を鑑賞してきました。 主催は、富山県立近代美術館/北日本新聞社/北日本放送。 2月9日から4月16日までの展示で、富山県立近代美術館収蔵作品の中から、人間の姿・形を表した作品や、人間の身振りや動きを感じさせる作品を、ひと、からだ、みぶりをキーワードに紹介した展示でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/28 10:51
『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』富山先行ロードショー11/20(日)の午後、鑑賞!
    2011年11月20日(日)PM1:00−3:15 母と一緒に TOHOシネマズファボーレ富山で、昨日から富山県で先行ロードショーが始まった映画『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』を鑑賞してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/21 12:05
「「ゲーテの警告  日本を滅ぼす「B層」の正体」適菜収(講談社+α新書)」読みました!
   「ゲーテの警告  日本を滅ぼす「B層」の正体」適菜収 著(講談社+α新書)を読みました。 適菜収(てきなおさむ)さんは、1975年 山梨県生まれの作家。    今のように政府の政策もマスコミの報道もいい加減で 国家的課題に対応できない状態が続く混迷の時代を招き日本をダメにしている本当の犯人について、近代大衆社会の末路という視点から、資本主義社会、民主主義社会の本質に遡って考察した本でした。 8月20日に第1刷、9月12日に第2刷がでました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/15 05:00
「100分de名著(11月)アラン 幸福論(語り手)合田正人(NHK出版)」読みました!
    「NHKテレビテキスト100分de名著(11月)アラン 幸福論(語り手)合田正人(NHK出版)」を読みました。世界の3大幸福論で知られるアランの幸福論の珠玉の言葉を 4回に分けて解説したテキストでした。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/11 01:07
「「日本の空を誰が守るのか」 佐藤守(双葉新書)」読みました !
    「「日本の空を誰が守るのか 中国と北朝鮮を黙らせるための防空論」 佐藤守 著(双葉新書)」を読みました。 佐藤守さんは、1939年樺太生まれの軍事評論家、元自衛隊空将。 沖縄から米軍がいなくなった時、核と空母を持つ中国の浸透圧から 誰が日本の領海・領空を守るのか? 「力なき正義は無効だ」という信念を持つ著者が、財務省による継続した防衛予算・人員削減と装備近代化の遅れで相対的に戦力低下をきたし、中国の軍事力膨張による脅威に対してバランスをとれなくなってきた日本の空軍力の実態を分析し、自... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/03 02:24
「100分de名著(10月)『マキャベリ 君主論』(語り手)武田好(NHK出版)」読みました!
    「NHKテレビテキスト100分de名著(10月)『マキャベリ 君主論』(語り手)武田好(NHK出版)」を読みました。 マキャベリズムで知られるマキャベリの書いた『君主論』について、イタリア語の古文を読みこなす武田好先生が マキャベリの思想と生きた時代を 4回に分けて解説したテキストでした。 武田好(たけだよしみ)先生は、1961年大阪生まれのイタリア語・イタリア文化研究者。星美学園短大准教授。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/16 11:57
「「中世の覚醒」R・E・・ルーベンスタイン (紀伊國屋書店)」読みました!
    「中世の覚醒  アリストテレス再発見から知の革命へ」リチャード・E・ルーベンスタイン著 (小沢千重子 訳))(紀伊國屋書店) を読みました。 リチャード・E・ルーベンスタイン先生は、1938年2月生まれの紛争解決学研究者。 jジョージ・メイソン大学教授。     宗教間の衝突が生じる原因を研究する過程で、レコンキスタによるキリスト教徒のスペイン奪還のあとの12世紀、スペイン中央部の都市トレドの大聖堂のテーブルの周りに、アラビア語から翻訳されたばかりのアリストテレスの著作をもったキリ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/02 11:25
「100分de名著(9月)『ブッダ 真理のことば』(語り手)佐々木閑(NHK出版)」読みました!
    「NHKテレビテキスト100分de名著(9月)『ブッダ 真理のことば』(語り手)佐々木閑(NHK出版)」を読みました。 仏教の開祖ブッダの言葉を短い詩の形で423句 集めた『ダンマパダ』の思想を4回に分けて解説したテキストでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/09/14 08:20
新作室内オペラ「斑女」(宮島春彦台本・演出、梶俊男作曲)公演を9/11午後、富山市民プラザで鑑賞!
   新作室内オペラ「斑女」(宮島春彦台本・演出、梶俊男作曲)の公演を 9/11(日)午後2:00〜3:45、 母と一緒に富山市民プラザ アンサンブルホールで鑑賞してきました。 三島由紀夫作「斑女」より、宮島春彦さんが台本を作り梶俊男さんに作曲を任せてオペラ化した作品でした。 出演は、花子さんが山本有希子さん、寶子さんが碓井智子さん、吉雄さんが竹内雅孝さん、ピアノが中村和枝さん、フルートが増本竜士さん、チェロが窪田椋さんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/13 10:15
「「柳井正の希望を持とう」 柳井正(朝日新書)」読みました!
     「「柳井正の希望を持とう」 柳井正 著(朝日新書)」を読みました。 柳井正さんは、1949年山口県宇部市生まれの経営者。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/21 17:16
「「言葉の力  「作家の視点」で国をつくる」猪瀬直樹(中公新書ラクレ)」読みました!
   「「言葉の力  「作家の視点」で国をつくる」 猪瀬直樹 著(中公新書ラクレ)」を読みました。 猪瀬直樹さんは、1946年長野県生まれの作家。東京都副知事。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/20 23:16
「成功する人は缶コーヒーを飲まない 「すべてがうまく回りだす」黄金の食習慣」姫野友美(講談社)読了!
    「「成功する人は缶コーヒーを飲まない 「すべてがうまく回りだす」黄金の食習慣」姫野友美 著(講談社+α新書)」を 読みました。 姫野友美さんは、1954年静岡県生まれの心療内科医。 日本薬科大学漢方薬学科教授。 ひめのともみクリニック院長。   ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/16 23:47
「「花びらは散る 花は散らない 無常の日本思想」竹内整一(角川学芸出版)」読みました!
     「花びらは散る 花は散らない  無常の日本思想」竹内整一 著(角川学芸出版)を読みました。 竹内整一さんは 1946年長野県生まれの倫理学・日本思想史研究者。 近代日本の仏教思想家 金子大栄の 「花びらは散っても花は散らない。 形は滅びても人は死なぬ。」という言葉を巡って 無常の日本思想を考察した本であり、平成22年3月に定年退官された東京大学大学院人文社会系研究科・文学部での平成22年1月の最終講義をもとに、関連した考察や講義・講演の記録をまとめ、再構成した本でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/15 09:56
「「洪水にいどんだ金次郎 〜誕生から生家の復興まで」 こどもくらぶ編 漆原智良・文(同友館)」読了!
   「「洪水にいどんだ金次郎  〜誕生から生家の復興まで」こどもくらぶ編 漆原智良・文、山中桃子・絵(同友館)」を読みました。 財政再建と災害復興を同時に成功させた日本人といえば、二宮金次郎さんということで、最近見直す人が多くなったようです。 二宮金次郎を調べる本がこれから全3冊で 同友館から出版予定ということで予約していた本が届いたので早速読んでみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/12 13:20
「NHK 直伝 和の極意 あっぱれ!江戸のテクノロジー (講師)鈴木一義(NHK出版)」読みました!
   「NHKテレビテキスト【6月ー7月】直伝 和の極意 あっぱれ! 江戸のテクノロジー (講師)鈴木一義(NHK出版)」を読みました。   江戸時代に生きた7人の天才と その極意を紹介した本でした。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/28 10:12
「100分de名著(7月)福沢諭吉『学問のすすめ』(語り手)斎藤孝」(NHK出版)読みました!
    「NHKテレビテキスト100分de名著(7月)福沢諭吉『学問のすすめ』(語り手)斎藤孝」(NHK出版)を読みました。 17編の『学問のすすめ』の 現代語訳を書かれた斎藤孝先生が、福沢諭吉が『学問のすすめ』で 何を言いたかったのか、その真髄を100分で語るテキストということで、福沢諭吉の論理的で合理的な精神構造を丁寧に解説された示唆に富んだ本だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/24 17:22
「「PROJECT OF LIFE 人生のプロジェクト」山崎拓巳(サンクチュアリ出版)」読みました!
     「PROJECT OF LIFE  人生のプロジェクト」 山崎拓巳 著(サンクチュアリ出版)を 読みました。 山崎拓巳(やまざきたくみ)さんは、1965年4月9日三重県生まれの経営者、画家、ビジネスアドバイザー。 経営者向けの講演でメンタルマネジメントやタイムマネジメントについて話されるときの、基本的な考え方をまとめた本だ。 山崎さんの話は、どこかで聴いたような懐かしい言葉が多く、叙情詩のように耳に残る。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/05 12:12
ISEP・おひさまエネルギーファンド(株)主催の地域エネルギー活用セミナー・富山に4月27日夜参加!
   2011年 4月27日(水) 18:30−21:00 富山県民会館701号室で NPO法人環境エネルギー政策研究所(ISEP)と おひさまエネルギーファンド(株)の主催する地域エネルギー活用セミナー『市民がつくる自然エネルギーと市民出資』が開催されたので、参加してきました。    3.11の福島第一原発の事故発生のあとメールマガジンJMMで紹介されていたISEPのプレスレリースや提言を読んで、是非一度 飯田哲也さんの話を聞いてみたいと思っていたので、いい機会でした。      ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/04 09:06
「「完本 戒老録 自らの救いのために」曽野綾子(祥伝社黄金文庫)」読みました!
    「完本 戒老録  自らの救いのために」曽野綾子 著(祥伝社黄金文庫)を 読みました。 1996年(平成8年)5月に発行された単行本を、1999年(平成11年)9月に文庫化した本だ。 2011年(平成23年)1月に第10刷が出た。     曽野綾子(その あやこ)さんは、1931年(昭和6年)9月 東京生まれの作家、芸術院会員。 1995年(平成7年)から2005年(平成17年)まで日本財団会長を務めた。 2009年(平成21年)10月から日本郵政社外取締役。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/16 13:10
「「本質をつかむ思考法」伊藤真(中経出版)」 読みました!
   「本質をつかむ思考法」伊藤真 著(中経出版)を 読みました。 伊藤真(いとうまこと)先生は、1958年東京生まれの弁護士、伊藤塾塾長。 「一人一票実現国民会議」発起人。    国民が思考停止状態に陥ることは、その社会にとっても、その本人にとっても危険な状態だ!と危惧する著者が、正解の存在しない世の中の多くの問に対して、自分の頭で考え続ける方法、ものの見方・考え方を身につける方法を提案した本だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/28 11:57
「「陰徳を積む 銀行王・安田善次郎伝」北 康利(新潮社)」読みました!
   「陰徳を積む 銀行王・安田善次郎伝」北 康利 著(新潮社)を読みました。 安田善次郎は、(1838年(天保九年)10月9日〜1921年(大正10年)9月28日)富山県富山市生まれの銀行家。 明治維新の後の日本の銀行制度確立に貢献し、「金融の神様」と呼ばれた。    北康利さんは、1960年生まれの作家。 元みずほ証券業務企画部長。    『新潮45』2009年1月号から2010年3月号に連載された作品から 単行本になった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/25 14:28
「「組織を伸ばす人、潰す人」柴田励司 著(PHP文庫)を読みました
    「人事のプロは知っている 組織を伸ばす人、潰す人」柴田励司 著(PHP文庫)を読みました。 柴田励司さんは、1962年東京生まれの経営者。 (株) Indigo Blue 代表取締役。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/16 12:06
「「残念な人の思考法」山崎将志(日経プレミアシリーズ、日本経済新聞出版社)」読みました!
     「残念な人の思考法」山崎将志 著(日経プレミアシリーズ、日本経済新聞出版社)を読みました。 山崎将志さんは、元アクセンチュア勤務の事業再生コンサルタント。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/15 07:37
「「カンブリア宮殿 村上龍×経済人 社長の金言」村上龍著・テレビ東京報道局編(日経新聞出版社)」読了
    「カンブリア宮殿 村上龍×経済人  社長の金言」村上龍 著 テレビ東京報道局 編(日本経済新聞出版社)を読みました。 テレビ東京の人気番組「カンブリア宮殿」に登場した様々な経営者の金言をまとめた面白い本だ。   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/17 17:16
「「お金で騙される人、騙されない人」副島隆彦(幻冬舎新書)」読みました!
    「お金で騙される人、騙されない人」副島隆彦 著(幻冬舎新書)を読みました。  副島隆彦さんは、1953年 福岡市生まれの評論家。 政治思想、金融経済の時事評論に焦点を当てたテーマの執筆を得意とする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/15 10:40
「「ちゃらんぽらん摘りもの帳」かわかみあきひこ(北日本新聞開発センター)」読みました!
      「ちゃらんぽらん摘りもの帳」かわかみあきひこ 著(北日本新聞開発センター)を読みました。 自然と遊びながら、今夜の酒の肴までいただいて帰宅し楽しい毎日を過ごしておられるという、冨山の不良中年Kさんの行動レポートをまとめた本だ。 略奪した現場写真や、家に帰っての料理作品まで、おいしそうなカラー写真で紹介されている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/28 07:39
「「富山県の葬儀と法要」冨山新聞社(冨山新聞社発行・北国新聞社発売)」読みました!
     「富山県の葬儀と法要」冨山新聞社編集(冨山新聞社発行・北国新聞社発売)を読みました。 平成21年12月10日に初版第1刷が出た本です。 3月26日の朝、父が亡くなり、急遽手配する前にコンビニで買って来て読みました。 県内の習慣や富山市内の習慣など、初耳のことも多く役立ちました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/25 16:06
「「セーラが町にやってきた」清野由美(日経ビジネス人文庫)」読みました!
    「セーラが町にやってきた」清野由美 著(日経ビジネス人文庫)を読みました。 セーラ・マリ・カミングスさんは、  1968年アメリカ・ペンシルバニア州生まれの実業家。 (株)桝一市村酒造場 代表取締役。 清野由美さんは、1960年東京生まれのジャーナリスト。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/08 09:02
「「経営に終わりはない」藤沢武夫 著(文春文庫)」読みました!
    「経営に終わりはない」藤沢武夫 著(文春文庫)を読みました。 藤沢武夫(1910−1988)さんは、1910年(明治43年)生まれの実業家。 戦後、本田宗一郎と知り合い、1949年(昭和24年)本田技研に常務として入社し、経営は藤沢・技術は本田という分業責任体制で 中小企業を世界企業として発展させ、“世界の本田”の基盤を作った。 1973年10月入社25年を期して若い後継者に道を譲り、本田宗一郎と共に経営の第一線を引退して取締役最高顧問となる。その後10年で1983年取締役を退任。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/03 16:49
「「平成宗教20年史」島田裕巳(幻冬舎新書)」読みました!
   「平成宗教20年史」島田裕巳 著(幻冬舎新書)を読みました。 島田裕巳(しまだひろみ)さんは、1953年東京都生まれの宗教学者。 東京大学先端科学技術研究センター客員研究員 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/22 00:07
「「現代語訳 論語と算盤」渋沢栄一 著 守屋淳 訳(ちくま新書)」読みました!
    「現代語訳 論語と算盤」渋沢栄一 著 守屋淳 訳(ちくま新書)を読みました。 渋沢栄一(1840−1931)さんは、1840年(天保11年)生まれの実業家。 明治維新の後、約470社もの企業の創立・発展に貢献し、経済団体や商業学校も組織して実業界の社会的評価向上に努めた近代日本の設計者の一人。 日本資本主義の父と呼ばれる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/27 12:17
「「拝金社会主義 中国」遠藤誉(ちくま新書)」読みました!
    「拝金社会主義 中国」遠藤誉 著(ちくま新書)を読みました。 遠藤誉(えんどう・ほまれ)さんは、1941年、中国長春市生まれの物理学者、社会学者、作家。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/27 11:00
2月9日の夜、教育文化会館でミュージカル「サ・ビ・タ〜雨が運んだ愛〜」の公演を鑑賞してきました!
     2010年2月9日(火)午後7時から9時10分 富山県教育文化会館2階ホールで ミュージカル サ・ビ・タ 〜 雨が運んだ愛 〜 の公演がありました。  ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/10 04:30
アイバンクについて、2月2日【火】富山LCのNO.1289例会のゲストスピーチで勉強しました!
      2010年2月2日(火)午後0時30分から富山第一ホテルで 冨山ライオンズクラブのNO.1289例会が開催された。 本日のゲスト・スピーカーは、公益財団法人富山県アイバンクの入江真理コーディネーター。 テーマは「アイバンク登録と献眼について」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/03 11:40
「「歎異抄の謎---親鸞をめぐって・「私訳歎異抄」・原文・対談等」五木寛之(祥伝社新書)」読了!
   「歎異抄の謎 --- 親鸞をめぐって・「私訳歎異抄」・原文・対談・関連書一覧」五木寛之 著(祥伝社新書) を読みました。 五木寛之(いつきひろゆき)先生は、1932年福岡県生まれの直木賞作家。    2001年9月11日から「躁の戦争」の時代は終わり、「鬱の戦争」の時代が始まった。 テロとゲリラが相手では、敵の所在が解らず、毎日を疑心暗鬼の中で過ごし、まわりの人を警戒しながら見えない敵と戦うしかない生活が続く。  20世紀の成長と開発の時代の「躁の経済」も、地球資源と環境の制約からエ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/17 00:54
「「世界一やさしいネット力養成講座「パソコンとケータイに弱い」が治る本」NHK(講談社)」読了!
    「世界一やさしいネット力養成講座「パソコンとケータイに弱い」が治る本」NHK「ITホワイトボックス」プロジェクト編著(講談社)を読みました。 「ITホワイトボックス」は、最近も再放送されて、分かりやすい!おもしろい!と好評のNHKの人気番組。 プロジェクトメンバーの講師は、安田浩先生、夏野剛先生、古川享先生、増井俊之先生、横田治夫先生。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/14 14:30
「「読書進化論」勝間和代(小学館101新書)」読みました!
    「読書進化論 人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか」勝間和代 著(小学館101新書)を読みました。  勝間和代さんは、1968年東京都生まれの経済評論家、公認会計士。 ウェブ時代の「人生を変える本の使い方」を、自分自身の経験に基づいて紹介し、本を書く方の立場から 本の使い方、読む技術、書く技術、売る仕組みを 具体的に明らかにした本だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/04 10:42
「加筆完全版「宣戦布告(上)」「宣戦布告(下)」麻生幾(講談社文庫)」読みました!
    加筆完全版「宣戦布告(上)」「宣戦布告(下)」麻生幾 著(講談社文庫)を読みました。 1998年3月に出た単行本の小説に 2001年1月現在の最新情報を取り入れて大幅に加筆した文庫本だ。 2001年3月に第1刷が出て、2003年8月に第10刷が出た。 麻生幾さんは、1960年大阪府生まれの作家、ジャーナリスト。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/02 12:51
「「声にだすことばえほん 初恋」島崎藤村(詩)かわかみたかこ(絵)斎藤孝(編)(ほるぷ出版)」読了!
     「声にだすことばえほん 初恋 第1刷」島崎藤村(詩)かわかみたかこ(絵)斎藤孝(編)(ほるぷ出版)を読みました。  『初めて恋をしたときの気持ちがよみがえる、宝石箱のような絵本』という夢のような言葉に魅せられて何となく買ってしまった本です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/23 20:41
「「【対訳】オバマ東京演説」CNN English Express 編集部編(朝日出版社)」読了!
    「【対訳】オバマ東京演説」CNN English Express 編集部 編集(朝日出版社)を読みました。 11月13日の午後 オバマ大統領は専用機で羽田空港に到着し、アジア歴訪の皮切りとして来日した。 その夜は、鳩山由紀夫首相と約1時間会談し、その後 首相官邸で共同記者会見を行った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/17 12:32
「「やさしくわかるコンプライアンス 茶髪って違反ですか?」あずさビジネススクール」読みました!
     「やさしくわかるコンプライアンス 茶髪って違反ですか?」あずさビジネススクール 著(日本実業出版社)を読みました。 あずさビジネススクールは、企業内プロフェッショナル、ビジネスリーダー養成を目的に、2004年に設立されたKPMGのメンバーファーム。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/13 08:51
北陸税理士会富山支部の忘年会が12月4日、県民会館8階キャッスルで開催されたので参加してきました!
     2009年12月4日【金】午後6:から8: 北陸税理士会富山支部の忘年会が県民会館8階キャッスルで開催されたので参加してきました。 この25年間は 税理士会では畳の上での忘年会しか出たことがなかったので、11月6日から右膝靱帯損傷でリハビリ中の我が身の状況に配慮してもらったのかと思ったのですが、余興でエレキバンドの演奏をするため騒音についての規制のない会場を選んだだけでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/12 11:25
「「鳩山一族 その金脈と血脈」佐野眞一(文春新書)」読みました!
     「鳩山一族 その金脈と血脈」佐野眞一 著(文春新書)を読みました。 「文藝春秋」2009年8月号9月号の記事に大幅に加筆修正してまとめられた本だ。 佐野眞一さんは、1947年東京都生まれのノンフィクション作家。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/02 09:33
「「世界一やさしいネット力養成講座「ネットに弱い」が治る本」NHK番組PT編著(講談社)」読了!
    「世界一やさしいネット力養成講座「ネットに弱い」が治る本」NHK「ITホワイトボックス」プロジェクト編著(講談社)を読みました。 「ITホワイトボックス」は、最近も再放送されて、分かりやすい!おもしろい!と好評のNHKの人気番組。 プロジェクトメンバーの講師は、村井純先生、渡部章先生、高野明彦先生、遠藤諭先生、浅見徹先生。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/20 04:26
「「孤高  国語学者 大野晋の生涯」川村二郎 著(東京書籍)」読みました!
    「孤高  国語学者 大野晋の生涯」川村二郎 著(東京書籍)を読みました。 川村二郎(かわむらじろう)さんは、1941年 東京生まれの文筆家。 元『週刊朝日』編集長、朝日新聞編集委員。 大野晋(おおのすすむ)さんは、大正8年東京深川生まれの国語学者。         (1919.8.23−2008.7.14)     日本語の形成、日本語の源流というテーマの追求をライフワークとして、日本語の起源は南インドの古代タミル語にあったとする「日本語タミル語同系論」を唱え、国語学会の内外に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/08 16:02
上野の森美術館で 11月5日の午後、『聖地チベット ポタラ宮と天空の至宝』を見てきました!
上野の国立西洋美術館で古代ローマ帝国の遺産を見たあと、午後4時40分から4時40分、上野の森美術館で 『聖地チベット ポタラ宮と天空の至宝』を見てきました。 (財)日本美術協会・上野の森美術館・朝日新聞社・TBS・大広・中華文物交流協会・中国チベット文化保護発展協会の主催、文化庁・中国国家文物局・中国大使館後援の企画でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/07 12:02
上野の国立西洋美術館で11月5日の午後、古代ローマ帝国の遺産を見てきました!
  税務調査の立会いがお昼で終わったので、11月5日(木)の午後2時20分から3時20分、上野の国立西洋美術館で古代ローマ帝国の遺産を見てきました。 国立西洋美術館開館50周年記念事業として、国立西洋美術館・東京新聞・NHKの主催、外務省・文化庁・イタリア大使館後援の企画でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/06 07:58
「「欲望としての他者救済」金 泰明(日本放送出版協会)」読みました!
     「欲望としての他者救済」金 泰明 著(日本放送出版協会)を読みました。 金 泰明(きむ・てみょん)さんは、1952年 大阪市生まれの人権学者。 大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター教授。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/11 11:02
「「梅原猛の授業 道徳」梅原猛(朝日文庫)」読みました!
   「梅原猛の授業 道徳」梅原猛 著(朝日文庫)を読みました。  2002年(平成14年)四月から九月まで十二回にわたって行われた梅原猛先生の 洛南高校附属中学校3年生への授業をまとめた本だ。 梅原猛先生は、1925年(大正14年)仙台市生まれの哲学者。国際日本文化研究センター名誉教授。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/04 02:01
「「すらすら読める養生訓」立川昭二(講談社)」を読みました!
   「すらすら読める養生訓」立川昭二 著(講談社)を読みました。  江戸時代中期に出版された貝原益軒先生の養生訓・全8巻の中から今も生きるテーマととりだして、総ルビ付き原文に著者オリジナルの現代語訳と解説を付けた本だ。 立川昭二先生は、1927年東京都生まれの歴史家、病気と医療の文化史研究者、北里大学名誉教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/28 03:54
「「長さではない 命の豊かさ」日野原重明(朝日文庫)」読みました!
    「長さではない 命の豊かさ」日野原重明 著(朝日文庫)を読みました。  朝日新聞土曜「be」に掲載された日野原重明先生の連載コラムの記事2002年10月5日から2004年10月2日の2年分を8つの章に分類して、2005年1月に単行本として刊行された『あるがまま行く』を 2007年8月に文庫にした本だ。 日野原重明先生は、1911年山口県生まれの医師、聖路加国際病院名誉院長。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/25 00:31
「「使う力  知識とスキルを結果につなげる」御立尚資(PHPビジネス新書)」を読みました!
    「使う力  知識とスキルを結果につなげる」御立尚資 著(PHPビジネス新書)を読みました。 御立尚資(みたちたかし)さんは、ボストンコンサルティンググループ日本代表。 いくら勉強しても、知識は増えても、毎日の仕事の現場では使えないという人のために、「知識とスキルを使って結果を出す」「使う力」について分析・解明した本だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/10 07:27
「「敗者の条件」会田雄次(中公文庫)」を読みました!
    「敗者の条件」会田雄次 著(中公文庫)を読みました。 会田雄次さんは、1916年(大正5年)京都府生まれのイタリア・ルネサンス史研究者、エッセイスト、京都大学名誉教授。 1997年(平成9年)逝去。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/06 14:57
 「「経済学の天才に学ぶ! 経済心理のワナ50」門倉貴史 編著(宝島社)」読みました!
   「経済学の天才に学ぶ! 経済心理のワナ50」門倉貴史 編著(宝島社)を読みました。 門倉貴史さんは、1971年神奈川県生まれの日米経済論、アジア経済論研究者。 BRICS経済研究所代表。    有名な経済学者が提唱した経済理論のエッセンスを、身近な問題・トピックス50を通して解説した本だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/24 03:10
「「マンガでわかる!出社が楽しい経済学」吉本佳生監修、NHK制作班編(宝島社)」読みました!
   「マンガでわかる!出社が楽しい経済学」吉本佳生監修、NHK「出社が楽しい経済学」制作班編(宝島社)を読みました。 吉本佳生さんは、1963年三重県生まれの生活経済学者。 数式もグラフもほとんど使わず経済学のエッセンスを寸劇で教えるNHKの番組「出社が楽しい経済学」を マンガにした本だ。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/24 00:12
「「グローバル資本主義の未来」藤原帰一 NHK「地球特派員」取材班 編著(NHK出版)」読了!
    「グローバル資本主義の未来」藤原帰一 NHK「地球特派員」取材班 編著(NHK出版)を読みました。 藤原帰一さんは、1956年東京都生まれの国際政治学者。東京大学大学院法学政治学研究科教授。     1989年11月のベルリンの壁崩壊、冷戦終結により誕生したグローバル経済は 20年間で何を確かめ、何を失ったのか その20年後の実態を 地球上の各地から 2009年の元日の夜にレポートしてもらうため、NHK BS1本放送開始20年記念企画として、2008年8月から準備され取材された4ヶ月... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/16 06:32
「「塩の文明誌 人と環境をめぐる5000年」佐藤洋一郎・渡邉紹裕(NHKブックス」読みました!
   「塩の文明誌  人と環境をめぐる5000年」佐藤洋一郎・渡邉紹裕 著(NHKブックス)を読みました。 佐藤洋一郎さんは、1952年 和歌山県生まれの植物遺伝学者。 総合地球環境学研究所教授。 渡邉紹裕さんは、1953年 栃木県生まれの農業土木学者。 総合地球環境学研究所教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/13 10:13
「「折れない心の作り方」齋藤孝(文藝春秋)」読みました!
  「折れない心の作り方」齋藤孝 著(文藝春秋)を読みました。 齋藤孝さんは、1960年静岡県生まれの教育学者。 明治大学文学部教授。 身体感覚を取り戻すことが、心のもろさを克服することにつながるという著者の考え方をまとめた本だ。 2008年8月に第1刷が出た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/21 03:27
「「言葉の力、生きる力」柳田邦男(新潮文庫)」読みました!
   「言葉の力、生きる力」柳田邦男 著(新潮文庫)を読みました。    柳田邦男さんは、1936年栃木県生まれのノンフィクション作家。評論家。      言葉と心について、言葉といのちについて警鐘を鳴らし続け、人の痛みを感じる国家の回復を目指す著者が、本を読み言葉を味わう行為の中で 自分と対話し自己を再発見していくプロセスについて、最近の著者の読書内容、読書体験を語りながら 考察した本だ。    2002年(平成14年)6月に新潮社から出た単行本から、2005年(平成17年)7月に新潮... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/29 16:29
「「遺伝子が解く!万世一系のひみつ」竹内久美子(文藝春秋)」読みました!
      「遺伝子が解く!万世一系のひみつ」竹内久美子 著(文藝春秋)を読みました。 竹内久美子さんは、1956年(昭和31年)生まれの動物行動学者。 「週刊文春」の2004年(平成16年)10月28日から2006年(平成18年)1月5・12日号の連載などをまとめた本だ。 2006年5月に初版第1刷が出た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/29 10:56
医業経営コンサルタント協会の地域交流会(金沢会場)で 「病院機能評価」と「人間力向上」につい研修!
    2008年10月3日(金)14:30-17:40ホテル日航金沢で開催された 日本医業経営コンサルタント協会の地域交流会(金沢会場)で 「病院機能評価を受審して」「人間力を向上して企業と社会を元気にする」というテーマの講演を聴いてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/06 20:21
「「俳句脳   発想、ひらめき、美意識」茂木健一郎・黛まどか(角川oneテーマ21)」読みました!
    「俳句脳   発想、ひらめき、美意識」茂木健一郎・黛まどか 著(角川oneテーマ21)を読みました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/20 23:30
「「容疑者xの献身」東野圭吾(文春文庫)」読みました!
    「容疑者xの献身」東野圭吾 著(文春文庫)を読みました。 東野圭吾(ひがしのけいご)さんは、1958年大阪生まれの作家。 ガリレオシリーズの最高傑作と言われ、2006年、第134回直木賞受賞作品だ。 2005(平成17)年8月に単行本が出て、2008(平成20)年8月に文庫になった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/20 22:22
「「名僧百言  智慧を浴びる」百瀬明治(祥伝社新書)」を読みました!
     「名僧百言  智慧を浴びる」百瀬明治 著(祥伝社新書)を読みました。 百瀬明治(ももせめいじ)さんは、1941年長野県生まれの歴史作家。 元「季刊 歴史と文学」編集長。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/09 14:25
「「モテたい脳、モテない脳」澤口俊之×阿川佐和子 著(新潮文庫)」読みました!
   「モテたい脳、モテない脳」澤口俊之×阿川佐和子 著(新潮文庫)を読みました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/31 20:26
「「史実を歩く」吉村昭 著(文春文庫)」読みました!
     「史実を歩く」吉村昭 著(文春文庫)を読みました。 吉村昭(よしむらあきら)さんは、1927年東京生まれの作家。芸術院会員。2006年7月31日永眠。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/31 19:55
「「HARA 腹意識への目覚め」加島祥造(朝日文庫)」読みました!
     「HARA 腹意識への目覚め」加島祥造 著(朝日文庫)を読みました。 2005年(平成17年)7月に日本教文社から出た単行本を改題、加筆・修正して、2008年(平成20年)7月に朝日文庫になった本だ。 加島祥造さんは、1923年東京生まれの詩人、タオイスト、墨彩画家。 1995年から信州伊那谷に独居し、老子の哲理を実践する生活を営む。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/19 04:31
「「鉄舟随感録」安部正人編・山岡鉄舟筆記・勝海舟評論(国書刊行会)」読みました!
       「鉄舟随感録」安部正人編・山岡鉄舟筆記・勝海舟評論(国書刊行会発行)を読みました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/18 16:50
「「決壊 (上)(下)」平野啓一郎(新潮社)」読みました!
     「決壊 (上)(下)」平野啓一郎 著(新潮社)を読みました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/18 05:34
「「脳は直感している-----直感力を鍛える7つの方法」佐々木正悟(祥伝社)」を読みました!
   「脳は直感している-----直感力を鍛える7つの方法」佐々木正悟 著(祥伝社)を読みました。 佐々木正悟(ささきしょうご) さんは、1973年旭川市生まれの心理学研究者。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/18 04:31
「「冠(コロナ)  廃墟の光」沢木耕太郎(朝日文庫)」読みました!
    「冠(コロナ)  廃墟の光」沢木耕太郎 著(朝日文庫)を読みました。 沢木耕太郎さんは、1947年東京生まれのノンフィクション作家。 IOCが、巨大資本やマスメディアの力にひれ伏して開催されたといわれた1996年アトランタオリンピックの開会式から閉会式まで、文藝春秋発行の『ナンバー』にレポート「廃墟の光」を連載するために立会った著者が、10回に及んだ長期連載を振り返り、その後サッカーの日韓共催ワールドカップについて書いた「コリア・ジャパン漂流記」を単行本化するために推敲を重ねる中で、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/03 17:33
 「「「頭がいい」とは、文脈力である。」齋藤孝(角川書店)」読みました!
     「「頭がいい」とは、文脈力である。」齋藤孝 著(角川書店)を読みました。 「頭のよさ」には、四つの段階がある。 これを身につければ、何歳からでも頭はよくなる。 ----という魅力的なキャッチフレーズに惹きつけられて買ってしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/30 23:44
「「欲望する脳」茂木健一郎(集英社新書)」読みました!
    「欲望する脳」茂木健一郎 著(集英社新書)を読みました。 茂木健一郎さんは、1962年東京生まれの脳科学者。 集英社のPR誌「青春と読書」に連載された「欲望する脳」に一部加筆修正を加えて生まれた本だそうだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/06/19 14:29
「「戦艦大和の真実」日下公人+三野正洋(ワック出版)」読みました!
    「戦艦大和の真実」日下公人+三野正洋 著(ワック出版)を読みました。 日下公人(くさか きみんど)さんは、1930年 兵庫県生まれの経済・文明評論家。 東京財団会長。 三野正洋(みの まさひろ)さんは、1942年 千葉県生まれの物理学者。戦史・戦略研究者。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/15 22:37
「「シュガー社員が会社を溶かす」田北百樹子 著(ブックマン)」読みました!
   「シュガー社員が会社を溶かす」田北百樹子 著(ブックマン)を読みました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/11 15:05
「「はじめたばかりの浄土真宗」内田 樹/釈 徹宗(本願寺出版社)」読みました!
  インターネット持仏堂2「はじめたばかりの浄土真宗」内田 樹/釈 徹宗 著(本願寺出版社)を読みました。 内田 樹(うちだたつる)さんは、1950年、東京生まれのフランス文学者。 神戸女学院大学文学部総合文化学科教授。合気道六段。 釈 徹宗(しゃくてっしゅう)さんは、1961年、大阪生まれの僧侶。 龍谷大学・相愛大学・帝塚山大学講師。浄土真宗本願寺派如来寺住職。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/31 00:03
「「いきなりはじめる浄土真宗」内田 樹/釈 徹宗(本願寺出版社)」読みました!
  インターネット持仏堂T「いきなりはじめる浄土真宗」内田 樹/釈 徹宗 著(本願寺出版社)を読みました。 内田 樹(うちだたつる)さんは、1950年、東京生まれのフランス文学者。 神戸女学院大学文学部総合文化学科教授。合気道六段。 釈 徹宗(しゃくてっしゅう)さんは、1961年、大阪生まれの僧侶。 龍谷大学・相愛大学・帝塚山大学講師。浄土真宗本願寺派如来寺住職。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/30 20:56
「「雇用融解 ----これが新しい「日本型雇用」なのか」風間直樹(東洋経済新報社)」読みました!
    「雇用融解 ----これが新しい「日本型雇用」なのか」風間直樹 著(東洋経済新報社)を読みました。 風間直樹さんは、1977年、長野県生まれの経済記者。 請負労働者の実態を5年間の徹底した取材と分析で明らかにして、2007年5月に発行され、その後は厚生労働省も偽装請負や違法派遣の実態確認と労働者派遣法違反の摘発に動かざるを得なくなったという素晴らしいルポルタージュだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/01/30 19:36
「「見るだけですっきりわかる日本史」後藤武士〔宝島社〕」読みました!
  「「見るだけですっきりわかる日本史」後藤武士 著〔宝島社〕を読みました。 日本の歴史では、聖徳太子の時代、538年の仏教伝来以前の歴史については、謎が多い。 きちんとした記録が残されていないため、古墳文化と大和朝廷の成立〔4−5世紀〕卑弥呼の時代〔1−3世紀〕については、『漢書』『後漢書』『三国志』『宋書』や朝鮮半島の記録から推定するしかない。 テレビドラマを見ていて、再確認したいと思って読み直してみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/01/29 21:35
「「世界史年表・地図」亀井高孝・三上次男・林健太郎・堀米庸三 編(吉川弘文館)」を購入!
   「世界史年表・地図」亀井高孝・三上次男・林健太郎・堀米庸三 編(吉川弘文館)を買ってきました。 BS放送で、中国・韓国の合作映画『武者』を見ていて、元と高麗が、いつ頃から明と朝鮮とモンゴルに変わったのか確かめたいと思って「比べてみるとよくわかる!〔図解〕日本史と世界史並列年表」を買ってきたのですが、細かい年度がわからないので ついでに買ってきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/01/29 20:50
「「〔図解〕日本史と世界史並列年表」歴史の読み方研究会(PHP研究所)」購入!
   「比べてみるとよくわかる!〔図解〕日本史と世界史並列年表」歴史の読み方研究会(PHP研究所)を買ってきました。 BS放送で、中国・韓国の合作映画『武者』を見ていて、元と高麗が、いつ頃から明と朝鮮とモンゴルに変わったのか確かめたいと思ったためです。 で、高麗は918年の建国から1392年の李成桂の即位で終わり1393年国号を朝鮮に変更。 元は、フビライが1271年首都を大都と定めてからはじまり、1368年、朱元璋が明帝と称し首都を金陵=南京應天府に定めてから北に追いやられて滅んだらしい。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/29 19:59
「「亜玖夢博士の経済入門」 橘 玲 著(文藝春秋)」読みました!
    「亜玖夢博士の経済入門」 橘 玲 著(文藝春秋)を読みました。 橘玲さんは、1959年生まれの作家。海外投資研究家。 人間の経済問題について、5つの原理を具体例で解説した本だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/28 15:21
1月6日(日)運転免許センターへ、還暦記念の運転免許証更新に行ってきました!
   1月6日(日)PM1:00−2:00運転免許センターへ、還暦記念の運転免許証更新に行ってきました。    次回は2013年(平成25年)1月。その後は、2018年(70歳)2022年(74歳)2025年(77歳)2028年(80歳)2031年(83歳)2034年(86歳)2037年(89歳)。 あと何年運転できるか分かりませんが、大分 先が見えてきたようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/21 14:14
「「密約  外務省機密漏洩事件」澤地久枝(岩波書店・岩浪現代文庫)」読みました!
     「密約  外務省機密漏洩事件」澤地久枝 著(岩波書店・岩浪現代文庫)を読みました。 澤地久枝さんは、1930年東京生まれのノンフィクション作家。 沖縄返還交渉の過程で交わされた密約の表面化を、外務省職員と新聞記者の男女関係の問題として論点をずらされ、何となく国民の関心をそらされてしまった戦後史の大事件を、その主役となった男女の思惑のちがいから解明した力作だ。 1978年8月に中央公論社から単行本で刊行され、1978年9月に中公文庫となった本に、 2006年6月のあとがきを加え、2... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/16 20:15
「「長野殺人事件」内田康夫(光文社)」読みました!
   「長野殺人事件」内田康夫著(光文社)を読みました。 内田康夫先生は、1934年東京都北区生まれの作家。 浅見光彦シリーズ、信濃のコロンボシリーズ、岡部警部シリーズなど、旅情ミステリの大家、テレビの2時間ドラマの原作者として有名な純文学推理小説作家だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/09 18:58
「「「改革」にダマされるな!」関岡英之 和田秀樹 著(PHP研究所)」読みました!
   「「改革」にダマされるな! 私たちの医療、安全、教育はこうなる」関岡英之 和田秀樹 著(PHP研究所)を読みました。 関岡英之さんは、1961年東京生まれの東京銀行OB。ノンフィクション作家。 和田秀樹さんは、1960年大阪出身の精神科医、受験アドバイザー。           ヒデキ・ワダ・インスティチュート代表。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/10/01 19:55
「「ブログ進化論  なぜ人は日記を晒すのか」岡部敬史(講談社+α新書)」読みました!
     「ブログ進化論  なぜ人は日記を晒すのか」岡部敬史 著(講談社+α新書)を読みました。 岡部敬史(おかべたかし)さんは、1972年京都府生まれの編集者、ブログ評論家。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/28 00:11
「「たった1分でできると思わせる話し方」樋口裕一(幻冬舎)」読みました!
     「たった1分でできると思わせる話し方」樋口裕一 著(幻冬舎)を読みました。 樋口裕一先生は、1951年大分県生まれの翻訳家。作文、小論文の書き方指導者。 東進ハイスクール客員講師。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/27 22:23
「「プロ弁護士の思考術」矢部正秋(PHP新書)」読みました!
    「プロ弁護士の思考術」矢部正秋 著(PHP新書)を読みました。   矢部正秋さんは、1943年生まれの弁護士。  ビジネス法務、国際取引法務の専門家だ。 最近の若手弁護士や官庁OBの馴れない弁護士の、ねじれた 方向違いの行動や発言を見聞きして、同じ弁護士といっても 考える力に将棋のプロとアマのような歴然としたちがいを感じることが多くなり、ビジネスにも私生活にも共通する「考え方の基本」というべきノウハウを伝える必要を感じて、30年の経験から会得した「ものの見方・考え方」を一冊にまとめた本... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/23 14:52
「「格差社会スパイラル」山田昌弘/伊藤守 (大和書房)」読みました!
  「格差社会スパイラル   コミュニケーションで二極化する仕事、家族」山田昌弘/伊藤守 著 (大和書房)を読みました。 山田昌弘さんは、1957年東京都生まれの家族社会学者、感情社会学者。 東京学芸大学教育学部教授。 伊藤守さんは、1951年山形市生まれの国際コーチ連盟認定コーチ。 (株)コーチ・トゥエンティワン代表取締役。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/21 17:33
「「スピリチュアルにハマる人、ハマらない人」香山ユカ(幻冬舎新書)」読みました!
    「スピリチュアルにハマる人、ハマらない人」香山ユカ 著(幻冬舎新書)を読みました。 香山ユカさんは、1960年、札幌市生まれの精神科医、臨床心理士。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/07 19:50
「「ザ・ファシリテーター 人を伸ばし、組織を変える」森 時彦(ダイヤモンド社)」読みました!
    「ザ・ファシリテーター 人を伸ばし、組織を変える」森 時彦 著(ダイヤモンド社)を読みました。 森 時彦さんは、1952年、大阪生まれの会社役員。 2004年より、テラダイン(日本法人)代表取締役。日本ファシリテーション協会理事。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/06 14:52
「「人はなぜ簡単に騙されるのか」ゆうきとも(新潮新書)」読みました!
    「人はなぜ簡単に騙されるのか」ゆうきとも 著(新潮新書)を読みました。 ゆうきともさんは、1969年岩手県生まれのクロースアップ・マジシャン。 客観的に眺めればあまりに幼稚で単純なトリックや振り込め詐欺、架空請求、インチキ宗教などの手法に、なぜ人は簡単に騙されてしまうのか?その心理メカニズムを プロマジシャンの騙しのテクニックから明快に解説した本だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/07 10:33
「「限界を突破する「学ぶ技術」」羽根拓也(サンマーク出版)」読みました!
      「限界を突破する「学ぶ技術」The learning skill to go beyond」羽根拓也 著(サンマーク出版)を読みました。 羽根拓也さんは、日米10年以上の教育活動の集大成として、1997年 東京で(株)アクティブラーニングを設立し、自己成長力育成教育に人生を賭けておられる 成長する人間教育のプロフェッショナルだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/02 01:12
「「格差病社会   日本人の心理構造」加藤諦三(大和書房)」読みました!
   「格差病社会   日本人の心理構造」加藤諦三 著(大和書房)を読みました。 加藤諦三先生は、1938年東京都生まれの心理学者。 早稲田大学教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/03 03:16
「「脳はなにかと言い訳する  人は幸せになるようにできていた!?」池谷裕二(祥伝社)」読みました!
  2006年11月17日から11月26日の 入院読書週間の読了2冊目は、「脳はなにかと言い訳する  人は幸せになるようにできていた!?」池谷裕二 著(祥伝社)でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/05 20:55
「「重役室のサル」リチャード・コニフ著、勝貴子訳(光文社)」読みました!
     「重役室のサル  人間も組織も、こんなに「動物」だった  The Ape In The Corner Office」 リチャード・コニフ著、勝貴子訳(光文社)を読みました。 最新の動物行動学から見た、人間様のオカシイ生活。 「会社は今日も動物園!」という帯のコピーに何となく納得して、詳しく読んでみようと思って買ってきたものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/19 01:13
「「平家物語の人々」 川北 肇 (文芸社)」読みました!
    「平家物語の人々」 川北 肇 (文芸社)を読みました。 「繪本 平家物語」を読んでから、色々な登場人物について 読む人の年齢や趣味や人生観によって、同じ日本人の中でも 愛着や共感を覚える人物が ちがってくるだろうと思いましたが、平家物語ファンの方が わたしが共感を覚える登場人物について書かれた本があったら、是非読んでみたいと思ったためです。 川北肇先生は、1928年 山形県生まれ。 東京都の公立中学校の教員として定年まで勤務され、平家物語の登場人物について、自分の楽しみとして書きため... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/18 14:39
「「ザ・ハウス・オブ・グッチ」サラ・ゲイ・フォーデン著、実川元子訳(講談社)」読みました!
     「The House of GUCCI  ザ゙・ハウス・オブ゙・グッチ」サラ・ゲイ・フォーデン著、実川元子訳(講談社)を読みました。  1921年、フィレンツェでのグッチオ・グッチ靴店の設立から1923年の2軒目の店の開店、1938年のローマ店の開店、1953年の二ユーヨーク店の開店と舞台を拡大していった、グッチの勃興からブランドの確立、一族の内紛、ルイ・ヴィトンを軸にしたLVMHグループとの仁義なき買収戦争、天才プロデューサー トム・フォードによるグッチのブランド復活まで、ブラン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/30 21:09
5月13日(土)医業経営コンサルタント協会石川・福井連合支部の講演会に参加しました!
    2006年(平成18年)5月13日(土)PM3:−5:金沢全日空ホテルにおいて、医業経営コンサルタント協会石川・福井連合支部の講演会が開催された。  富山支部からも多数のご参加を賜りたいと案内があったので参加してきました。 講師は、ミック研究所  佐藤重則さん。 日本創造経営協会で20年間 コンサルタントをやって、1997年に独立された組織診断・社員教育・メンタルサポートの専門家だ。 演題は、「病医院経営は『人』が決め手」〜事例を通したスタッフ教育のすすめ方〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/14 16:32
「「上品な人、下品な人」山崎武也(PHP文庫)」読みました!
        「上品な人、下品な人」山崎武也著(PHP文庫)を読みました。 著者の山崎武也さんは、1935年、広島生まれ。1959年、東京大学法学部卒業の国際ビジネス・教育コンサルタントだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/05 23:21

トップへ | みんなの「人間」ブログ

高瀬事務所なんとなくブログ 人間のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる