「「日本人と中国人」イザヤ・ペンダサン著、山本七平訳(祥伝社)」読みました!

画像



    「日本人と中国人   なぜ、あの国とまともに付き合えないのか」イザヤ・ペンダサン著、山本七平訳(祥伝社)を読みました。  月刊文藝春秋の1972年から1974年の連載原稿を単行本化した本だそうだ。

本の目次は、以下のとおり。
一章     感情国家・日本の宿痾
     (日中国交回復と日支事変に共通する歴史的問題点)
二章     鎖国時代の中国大ブーム
     (家康による日中国交回復と、朱舜水が及ぼした影響)
三章     尊皇思想の誕生
     (なぜ京都町奉行は、竹内式部に慴伏したのか)
四章     明朝派日本人と清朝派日本人
     (「日本国王」を受け入れた足利義満の中国観)
五章     太閤式・中国交渉の失敗
     (秀吉は、なぜ明との交渉を決裂させ、再度の朝鮮出兵にいたったか)
六章     朝鮮の後ろには中国がいた
     (新井白石が朝鮮来聘使問題に見せた傑出した外交感覚)
七章     逆転する中国像
     (その後の対中政策を決定した頼山陽の『日本外史』が誕生するまで)
八章     中国を忘れた日本
     (田沼時代から明治維新へ、中国蔑視時代の対中関係)
九章     「外なる中国」と「内なる中国」
     (二・二六事件の将校に連なる近代日本の天皇観と中国観)


    日中関係がうまくいかないのは、今に始まったことではない。
日中関係は、聖徳太子の時代、平清盛の時代、足利義満の時代、豊臣秀吉の時代、徳川家康の時代とそれぞれに交流と対立を繰り返してきた。
日本の文化は、辺境の文化であり、日本の歴史は、辺境の歴史である。 その位置も歴史も特異なものではない。 ただその対象が中国であったということだけである。 
周辺文化は、受容の文化であるが故に「客体化」しやすい。 日本人は、自らの「内なる中国」のイメージを膨らませ、現実には外国として存在する「外なる中国」を他国と認識できず、自分のイメージ通りに行動しない現実の中国を排除してしまう結果となる。  
自らの思想を、思想史として客体化できれば、自らがそれを脱却して新しい文化を創造することも容易なのに、日本人は まだそれをしようとしていない。 ------  著者の主張は、田中角栄総理が周恩来総理の策に乗せられて 日中国交回復を急ぎ、台湾との間の日華平和条約を一方的に破棄したことを受けて、「条約より市民感情を優先して」またしても日本は方向を誤ったのではないか?という疑問から書かれたものだったが、32年後に読み返しても全く違和感のない見識であり、その見通しには敬服するしかない。 山本七平さんがいまも生きておられたら、どのように言われるか?  政治家が正しい歴史認識を持っていないと、国家の政策が一時の感情に左右されてしまうことの危険性を あらためて感じました。
 


参考ホームページ :

祥伝社            http://www.shodensha.co.jp/

サーチナ総合研究所   http://sri.searchina.ne.jp/

外務省     http://globalwarming.mofa.go.jp/mofaj/index.html
  
高瀬事務所     http://www.e-adviser.jp/tmitakase/




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント