「「日本語の作法」外山滋比古(日経BP社)」読みました!

    「日本語の作法」外山滋比古 著(日経BP社)を読みました。
 外山滋比古(とやましげひこ)さんは、1923年 愛知県生まれの英文学者、評論家、エッセイスト。
「日経ビジネスアソシエ」の2005年10月4日号から2008年7月1日号までに掲載された連載コラムのなかから抜粋収録された、オトナの言葉遣い・教養ある日本語についてのエッセイをまとめた本だ。

画像


    本の目次は、以下のとおり。
 
第一章   ことばは身の丈

第二章   遠慮・思いやりのことば

第三章   あいさつの難しさ

第四章   変わりゆく日本語

あとがき



   よい人はよいことばを用いる。

   人間の価値はその人の使う言葉による。

   ことばが教養の目じるしになる。-----という意見に同感できる年齢になってきました。

   岡倉天心のように

   Which nese are you,Chinese or Japanese? と聞かれて さりげなく

   Which key are you,donkey, monkey or Yankee? とやり返せるような

   オトナの日本人になりたいと思いました。

   

参考ホームページ :

日経BP社        http://corporate.nikkeibp.co.jp/information/corporate/outline.shtml

日本経済新聞出版社  http://www.nikkeibook.com/

日経BPネット       http://www.nikkeibp.co.jp/welcome.html     


高瀬事務所  http://www.e-adviser.jp/tmitakase/





日本語の作法
日経BP社
外山 滋比古

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント