「「壊れる日本人  ー ケータイ・ネット依存症への告別 ー」柳田邦男(新潮文庫)」読みました!

    「壊れる日本人  ー ケータイ・ネット依存症への告別 ー」柳田邦男 著(新潮文庫)を読みました。
    柳田邦男さんは、1936年栃木県生まれのノンフィクション作家。評論家。
    子供の人格形成とマルチメディアの関係や言葉と心の危機について、警鐘を鳴らし続け、人の痛みを感じる国家の回復を目指す著者が、2004年に月刊誌『新潮45』に寄稿した時代評論をまとめた本だ。

    2005年(平成17年)3月に新潮社から出た単行本から、2007年(平成19年)11月に新潮文庫になった本だ。  2008年(平成20年)8月に6刷が出た。

画像


    本の目次は、以下のとおり。

見えざる手が人間を壊す時代

広がるケータイ・ネット依存症

「だが、しかし」と考える視点

「ちょっとだけ非効率」の社会文化論

ジレンマの壁を融かすには

「あいまい文化」を蘇生させよう

言語の危機の三重構造

この国を救う「あいまい文化」

人の傷みを思わない子の育て方

ノーケータイ、ノーテレビデーを

異常が「普通」の時代

「向き合う姿勢」を取り戻すには


文庫版へのあとがき


解説「目に見えない負の遺産」  河合隼雄


 
   柳田邦男さんの指摘されるように、子供たちがテレビゲームやアニメ・ビデオ映画などバーチャルな映像メディアと接する時間が長くなり、ケータイ・ネットが普及した10年くらい前から、ファミリーレストランでも会話なくゲームやケータイを見ている家族やカップルが増え、若者の言語能力や会話能力の低下が目立ってきた。
いまや親子の会話も面談時間は極短化してしまいケータイメールでの連絡時間の方が長くなってしまっている。
最近は看護学校の授業でも、病院や老人ホームの現場実習に出て あいさつやいたわりの声掛けの出来ないものが多くなったため、看護学を教える前にあいさつや言葉掛けの常識をたたき込まないと、トラブルになってしまうという。 上場企業の新入社員教育や役所の新人教育でも 似たようなものらしい。
子供時代の言語空間に、昭和の時代とは異変が生じ始めた時期に幼児期を過ごした若者を職場に迎えたときどうするか? 子供の育て方をどう変えるか? 壊れる日本人回復の処方箋として、柳田邦男さんは 子供のいる家庭に ノーテレビデー・ノーケータイデー・ノーネットデーとして 次の取り組みを提唱される。

ノーテレビデーの取り組み
(1)週に1回「ノーテレビデー」年に4回「ノーテレビウイーク」
(2)2歳以下の子供にはテレビなしに。3歳以上の子供でも1日平均1時間以内に。
(3)見たい番組は週間計画で選択を。
(4)テレビを見たら、その2倍以上の時間を家族や友達との会話・遊び・スポーツ・外出に。
絵本の読み聞かせや読書の時間も有効。

ノーケータイデーのすすめ
(1)週に1回「ノーケータイデー」
(2)家族旅行やグループ旅行中はケータイ不使用の申し合わせを。
(3)校内では学生・生徒・児童のケータイ使用禁止に。
(4)レストラン・公共施設でのケータイ使用禁止の徹底を。

家庭や学校でのノーインターネットデーのすすめ
(1)週に1度は「ノーインターネットデー」で家族の会話を。
(2)子供部屋にパソコンはおかない。
(3)小中学校の教室にパソコンをおかない。


   ノーインターネットデーは、今どき難しいと思うが、それ以外は賛成だ。
「退屈は子供にも大人にも大切なのだ。 それは現代文明の見直しにつながることでもある。」という見解も、最近は同感できるようになりました。



参考ホームページ :

新潮社         http://www.shinchosha.co.jp/

新潮文庫        http://www.shinchosha.co.jp/bunko/

栃木県鹿沼市     http://www.city.kanuma.tochigi.jp/

柳田邦男とは     http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%B3%E7%94%B0%E9%82%A6%E7%94%B7

河合隼雄とは     http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B3%E5%90%88%E9%9A%BC%E9%9B%84

依存症とは      http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BE%9D%E5%AD%98%E7%97%87

高瀬事務所     http://www.e-adviser.jp/tmitakase/





ユーザレビュー:
残念昔は好きな作家さ ...
異常さに早く気付いた ...
期待外れいつの間にか ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント