『とやまの元気戦略』について、10月1日(金)の夕方4:~神野直彦先生の講演を聴きました!

     2010年10月1日(金)PM4:00-5:00石井隆一知事の後援団体 隆山会 元気とやま創造研究会の主催で 神野直彦先生の講演会が開催された。
テーマは、『とやまの元気戦略』
石井隆一知事のキャッチフレーズがテーマであり、お二人の関係がよくわからなかったので聞きに行ってきました。
神野直彦(じんのなおひこ)先生は、1946年2月 埼玉県生まれの経済学者。
東京大学名誉教授、総務省地方財政審議会会長、内閣府税制調査会専門家委員会委員長、地方主権戦略会議議員。

画像


     当日の講演プログラムは、以下のとおり。

今の日本社会は、どうなったのか?

   格差社会といわれて  連帯意識は消えたのか?

   新自由主義の改革は 福祉国家を破壊した?

とやまの元気戦略  地域主権戦略について

恩師 宇沢弘文(うざわひろふみ)教授の教え   なぜ経済学者となったか?
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E6%B2%A2%E5%BC%98%E6%96%87
戦後の教育改革と第一高等学校 安倍能成(あべよししげ)校長のスピーチ
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E5%80%8D%E8%83%BD%E6%88%90
ジョン・デューイの教育哲学 
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%A4

歴史の峠に達した世界   

パックスブリタニカの時代の終わり
                      軽工業     金本位制の世界

パックスアメリカーナの時代の終わり
                      重化学工業  金融工学の世界

工業社会の衰退と地域主権の荒廃

工場機能分散による「発展なき拡大」の行き詰まり

envelopeの社会から developの社会に変わって高度成長したが、
  外から企業を呼び 外から投資を呼び 都市化しても限界がある

「危機(crisis)」は 地域社会の分かれ道

歴史の「峠」からどう進むか?   スウェーデンが選んだ道 フランスが選んだ道

危機克服の二つのシナリオ

画像


トリクル・ダウン(trickle-down)理論と イースタリンの逆説
    http://www.bk1.jp/review/0000464001

トリクル・ダウン(trickle-down)理論から ファウンテン(fountain)理論へ
     (参考)分権型政令市新潟の可能性 (神野直彦先生の談話)
            ( 新潟市のホームページ ) 
    http://www.city.niigata.jp/info/koho/johoshi/johoshi-Vo.4/seirei/kanousei/index.html

世界の伝統モデルのシンボル都市   ストラスブール市の街並み

    ストラスブール市公式サイト  http://www.strasbourg.eu//accueil

成長のキーとなるのは人間だけ   キカイがやる気を出すか?土地が創意・工夫するか?

富山の元気戦略のすすめ   

     富山人の能力を生かす「栽培型」教育戦略

     富山の自然環境を生かすソフト産業戦略

     富山の人的環境を生かす知識集約産業戦略

     「農」の周辺から生まれる「工」があり、「工」の周辺から生まれる「知」がある

逆転の使命と「予言のj自己成就」

     「危機の時代」という歴史の「峠」に生きる人間の使命は

      次の社会のヴィジョンを明確に描くこと

      より人間的な社会には 「悲しみの分かち合い」がある

     真理を語るものは、常に少数者だ!(中国3000年の知恵)

     確信が強いほど確率は高まる!

 「幸福」を追求する「質」の経済の時代が来た!     持続可能な地域社会へ

     (365日  8時間 =2920時間)年中無休で 1/3は仕事973時間1/3は家庭生活973時間、
           週休2日だと その2/7を+-して、 695時間と1251時間。

       22歳から65歳まで働いたら、第3の人生
           週5日会社の仕事 週1日地域の仕事で 834時間使うと
           地域社会のためのお仕事時間は834時間×43年くらいで  35862時間
                     70歳まで頑張れたら、834時間×48年で40032時間
       地域とともに40000時間を生きる (政府は信用しないけど地域の連帯は信じる
                               個人主義のフランス人の仲間意識) 
       
       生活機能を包括した地域づくり 仕事づくり 生活づくり

 富山が変われば日本が変わる

      知識を分かち合い 与えあうことが 地域力を高める

      工業製品は蓄積できるが、知識は伝えあわないとは成長しない、残らない!

      富山県の  元気とやま創造計画
    http://www.pref.toyama.jp/cms_sec/1002/kj00001949-001-01.html

      中央会の 元気とやま創造中小企業支援ネットワーク
   http://www.chuokai-toyama.or.jp/chuokai/webfile/t1_1013f80c5d2766fd6e75b1b8036c5162.pdf

      未来を創るビジョンを 信じて行動する 富山市民、富山県民には、
                      地域の素晴らしい自然と文化と可能性がある!

   
   人生が提供してくれる  もっとも素晴らしい代償は
   他人を心から助けようとするひとは  知らず知らずのうちに
   自分自身を助けているということだろう
       (ラルフ・ワルド・エマーソン)



   神野先生は、最近は全国の地方自治体や労働団体、医師会などで 講演されることが多いようで、ネットで検索したら講演記録やら談話が たくさん載っているのには驚きました。 
総務省地方財政審議会会長、内閣府税制調査会専門家委員会委員長、地方主権戦略会議議員として、全国を見て回り具体的な提言をされる姿勢は立派だと思いました。 
講演の内容は、最近出版された岩波新書の「分かち合い」の経済学とも共通するもので、地域社会の自立、盆栽型教育から栽培型教育への転換、知識を与え合う市民の連帯の中で、 地域力向上と知的財産の創造力向上を図ろうという提言は、地域力というものについての示唆に富んでいると思いました。



参考ホームページ :

ストラスブール市とは http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%AB

ストラスブール観光ガイド  http://www.ab-road.net/info/city/SXB.html

ストラスブール大学の歌 http://www.geocities.jp/oshimahakkou/aragon/sutorasuburu.html

ラルフ・ワルド・エマーソン  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%AF%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%B3

元気とやま創造計画  http://www.pref.toyama.jp/cms_sec/1002/kj00001949-001-01.html

元気とやま創造中小企業支援ネットワーク
  http://www.chuokai-toyama.or.jp/chuokai/webfile/t1_1013f80c5d2766fd6e75b1b8036c5162.pdf

隆山会 元気とやま創造研究会    http://www.ryuzankai.jp/

富山市公式サイト    http://www7.city.toyama.toyama.jp/

地方財政審議会    http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/singi/chizai/singi.html

内閣府税制調査会  http://www.cao.go.jp/zei-cho/index.html  

内閣府税制調査会専門家委員会 
       http://www.cao.go.jp/zei-cho/senmon/pdf/senmeibo.pdf

      示せるか国家百年の計 
       http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/100224/fnc1002242022019-n1.htm
   
      第7回専門家委員会資料(22年7月9日)  
       納税環境の整備について等  http://www.cao.go.jp/zei-cho/senmon/sen7kai.html

日本自治学会        http://www.nihonjichi.jp/shinpo.shtml

地域主権改革        http://www.cao.go.jp/chiiki-shuken/ 

地方主権戦略会議     http://www.cao.go.jp/chiiki-shuken/kaigi/meibo.html  

民主党税制調査会復活なし
      http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/100610/fnc1006102132020-n1.htm
   
   民主党による平成21年度税制改正の分析 http://profile.allabout.co.jp/w/c-19414/

脱「格差社会」戦略と医療のあり方
http://dl.med.or.jp/dl-med/nichikara/19issympo/pamphlet/19issympo2.pdf

トリックルダウン理論
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E7%90%86%E8%AB%96

北日本新聞         http://webun.jp/news

北日本放送         http://www.knb.ne.jp/

日本税理士政治連盟
   http://www.tabisland.ne.jp/news/news1.nsf/2a03c8904e6f853f492564990021bb43/6ebbd2bde098c54d4925778300056775?OpenDocument

北陸税理士会           http://www.hokurikuzei.or.jp/

日本税理士会連合会    http://www.nichizeiren.or.jp/

経済産業省          http://www.meti.go.jp/index.html

中小企業庁          http://www.chusho.meti.go.jp/

北陸財務局          http://www.mof-hokuriku.go.jp/

企業会計基準委員会     http://www.asb.or.jp/

財務省 税制情報       http://www.mof.go.jp

金融庁              http://www.fsa.go.jp/

国税庁     http://www.nta.go.jp/

金沢国税局           http://www.nta.go.jp/kanazawa/index.htm          
     
国税庁WEB-TAXテレビ   http://www.nta.go.jp/webtaxtv/index.html
    
国税庁タックスアンサー   http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

高瀬事務所          http://www.e-adviser.jp/tmitakase/






ユーザレビュー:
どの道徳をよしとする ...
体系的財政学の魅力神 ...
財政と労働市場での「 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「分かち合い」の経済学 (岩波新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント