「「北陸平家物語紀行  伝承が彩る歴史といま」細井勝(北國新聞社)」読みました!

    「北陸平家物語紀行  伝承が彩る歴史といま」細井勝 著(北國新聞社)を読みました。
ふるさとに残る平家の落人や源平合戦の伝説や伝承を通して、「ふるさと」の豊かな心を探った歴史紀行でした。

画像


    本の目次は、 以下のとおり。  

はじめに

「北陸平家物語紀行」の主な探訪地マップ

第1章  能登の平家伝説を行く   

第2章  北陸の源平合戦を巡る  

第3章  絵巻を彩る人物に出会う

第4章  平家落人の隠れ里を訪ねる

ゆかりの地へようこそ   

 おわりに   

 参考文献  

画像


     西暦1132年(長承元年)3月の平忠盛昇殿。闇討ち未遂事件から 1185年(文治元年)11月の源義経出京。判官都落ち。 さらに そのあと西暦1191年(建久2年)2月の建礼門院死去。女院御往生まで、59年間の出来事を通して、平家一門の盛衰と 貴族社会から武士社会への大きな構造変化の時代を描く平家物語は、日本の歴史の大きな転換点を 人間の感情が織りなす人間のドラマとして描いて、私たちの祖先の生き様、時代の鼓動というものを感じさせてくれる。 北陸の人々は、色々な時代の落人を地域に受け入れて、やさしく包み込んで暮らしてきたということが、よく解りました。
 


参考ホームページ :

北國新聞社    http://www.hokkoku.co.jp/ 

細井 勝 とは  http://www.php.co.jp/fun/people/person.php?name=%BA%D9%B0%E6%A1%A1%BE%A1

角川ソフィア文庫   http://www.kadokawa.co.jp/bunko/series_15.html  

角川学芸出版     http://www.kadokawagakugei.com/  

保元の乱     http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%9D%E5%85%83%E3%81%AE%E4%B9%B1 

平治の乱     http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E6%B2%BB%E3%81%AE%E4%B9%B1

平家物語     http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%AE%B6%E7%89%A9%E8%AA%9E

 平時忠      http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E6%99%82%E5%BF%A0 

 平清盛      http://www9.nhk.or.jp/kiyomori/

           http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E6%B8%85%E7%9B%9B

 平家盛     http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%AE%B6%E7%9B%9B

 源義朝      http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%90%E7%BE%A9%E6%9C%9D
 
高瀬事務所  http://www.e-adviser.jp/tmitakase/






北陸平家物語紀行―伝承が彩る歴史といま
北國新聞社出版局
細井 勝

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 北陸平家物語紀行―伝承が彩る歴史といま の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント