固定資産の譲渡に係る税制適用上の留意点と資産をめぐる事例検証について11/2苅米先生の講演聴講!

   2012年11月 2日(金)AM10:00-PM4:00 ANAクラウンプラザホテル金沢で北陸税理士会の第47回全国統一研修会が開催されたので参加してきました。 テーマは 固定資産の譲渡に係る税制適用上の留意点と相続により取得した財産その他資産をめぐる事例検証、講師は 苅米 裕 税理士。

画像


   研修のプログラムは、以下のとおり。 

§1   税理士実務事例の検討

§2  資産の譲渡をめぐる課税体系と特例税制適用ポイント

§3  時効が確定した財産に係る更正の請求と評価


   今回は、恩師の右山昌一郎編『新税理士実務質疑応答集 個人税務編』(ぎょうせい)で取り上げている事例と関連した事例を中心に、資産譲渡をめぐる課税体系と不服申立制度についての、所得税・法人税・相続税をまたいだ面白い研修でした。 統一研修会の講師の先生も、毎年北陸に来られるようになると、毎年テーマと取り上げ方について、工夫しておられることがよく解りました。 税理士実務は、税法の科目のとおり分かれたものではなく複数の視点から検討することが大切であることを実感しました。



参考ホームページ :
            
日本税理士会連合会       http://www.nichizeiren.or.jp/      

北陸税理士会        http://www.hokurikuzei.or.jp/index.html

東京税理士会           http://www.tokyozeirishikai.or.jp/

国税庁               http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shohi/mokuji.htm

日本公認会計士協会      http://www.hp.jicpa.or.jp/

日本公認会計士協会北陸会    http://www.jicpa-hokuriku.jp/

日本税務研究センター       http://www.jtri.or.jp/              

この記事へのコメント

KARI
2012年11月09日 14:31
ご聴講頂いた先生方から好評を頂くと、エネルギーになります。ネタが枯渇しないよう、研鑽に努めたいと思います。