日本公認会計士協会北陸会の公会計研修会で7/26(土)最近の公会計の動向について研修!

      7月26日(土)13:00~16:00ANAクラウンプラザホテル金沢で 日本公認会計士協会北陸会の公会計研修会が開催されたので参加してきました。 今回のテーマは、「最近の公会計の動向について」 講師は、公会計委員会委員の柴 義公 公認会計士。
北陸3県の地方公共団体や公営企業の最近の決算について、財政健全化は進展しているのか?
基本的な考え方、現状、今後の見通しをまとめた研修会でした。

画像


   研修のプログラムは 以下の通り。

国家財政、地方財政に 何が起きているか?

公会計とは?

現行の会計制度

  国の一般会計

  公債残高と財政健全化

  地方公共団体の決算

  北陸3県の状況

  財政健全化法

歳入歳出による決算情報の十分性

国の財務書類

新地方公会計制度実務研究会報告書

新地方公会計     

地方公営企業の現状

地方公営企業の今後の展開

第三セクターの動向

地方公共団体の監査制度

公監査と業績公監査

独立行政法人の動向

最近の公会計制度の動向


  公会計に複式簿記・発生主義を導入しようという公会計制度改革が、なかなか進まない現状がよくわかりました。   情報公開の方は、かなり進み、総務省のホームページ等でかなりの情報が公開されいることもわかりました。
国民が強い関心を持ち続けることが、公会計制度改革の力になるということも、よくわかりました。


参考ホームページ :


日本公認会計士協会       http://www.hp.jicpa.or.jp/

日本FP協会            https://www.jafp.or.jp/ 

財務省 税制情報         http://www.mof.go.jp

公会計制度改革
    http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Keyword/20071022/285113/

総務省   http://www.soumu.go.jp/iken/kokaikei/

新公会計制度普及促進連絡会議
    http://www.kaikeikanri.metro.tokyo.jp/fukyuusokushin.html


この記事へのコメント