「最近の相談事例から見る資産税実務における留意点」について10/11(土)公認会計士協同組合で研修!

    2014年10月11日(土)13:30~16:30中央大学駿河台記念館で公認会計士協同組合の資産税研修会が開催されたので、参加してきました。
テーマは 前半が 『平成25年度税制改正における相続税・贈与税の改正事項』
後半が 『最近の相続税・贈与税における留意点』  
講師は、租税相談員の 安島和夫税理士。

画像


    研修のプログラムは、以下のとおり。

『最近の相談事例から見る資産税実務における留意点』

平成25年度税制改正における相続税・贈与税の改正事項

最近の相続税・贈与税における留意点

 1  生命保険金に対する相続税の課税
 2  死亡退職手当金に対する相続税の課税
 3  遺言書の内容と異なる遺産分割をした場合の相続税 又は贈与税の課税
 4  交通事故の損害賠償金の課税関係
 5  代償分割によった場合の相続税の課税価格
 6  取得財産の価額から控除できる債務
 7  相続開始前3年以内に贈与があった場合の贈与財産の相続税の課税価格への加算
 8  相続税の申告書の提出及び納付
 9  贈与税の課税対象になる生命保険金
10  贈与税が課税される経済的利益


     平成27年1月からの相続税の増税を前に、相続税・贈与税の留意事項をまとめる研修会でした。
平成25年改正、平成26年改正と、相続税制は細かく改正されており、10月10日の研修で 平成26年改正の医療法人制度について、10月11日の研修で 平成25年度改正のその他の留意事項についてまとめる よい機会になりました。


参考ホームページ :

公認会計士協同組合         http://cpacos.or.jp/a2065.html           

国税庁                  https://www.nta.go.jp/   

財務省    税制情報        http://www.mof.go.jp/tax_policy/tax_reform/      

安島和夫税理士事務所  
    https://plus.google.com/100469964915268490528/about?gl=jp&hl=ja

中小企業再生支援協議会 
    http://www.chubu.meti.go.jp/chuki/sesaku/sesaku_naiyo/03/page03-1.htm  

地域経済活性化支援機構      http://www.revic.co.jp/

中小企業基盤整備機構        http://www.smrj.go.jp/ 

富山県新世紀産業機構     http://www.tonio.or.jp/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント