2月2日(土)富山県水墨美術館で企画展「愉しきかな!人生 老当益壮の画人たち」を鑑賞してきました!

    平成31年 2月2日(土)の午後、富山県水墨美術館で企画展「愉しきかな!人生  老いてますます盛ん  
老当益壮の画人たち」を鑑賞してきました。  
 
80歳を過ぎても、すばらしい作品を描き続けた画人たち、富岡鉄斎、熊谷守一、奥村土牛、中川一政、猪熊弦一郎、杉本健吉、片岡球子、秋野不矩、筧忠治、郷倉和子、岩﨑巴人、大森運夫、堀文子、野見山暁治の十四人の作品を集めた展示でした。
主催は、富山県水墨美術館、北陸中日新聞、富山テレビ放送。
会期は、平成31年1月11日(金)から平成31年2月17日(日)


画像



  これまで 絵画の鑑賞では、作品が制作された時期や背景は意識していましたが、画家の年齢は あまり意識していませんでした。 今回、 一人の画家の作品を、制作したときの年齢で並べて鑑賞してみると、九十を過ぎてすごくエネルギッシュな作品を書いていたとか、随分モダンな作品を書いていたとか、画人の凄さが あらためて理解できました。



参考ホームページ:

富山県水墨美術館    http://www.pref.toyama.jp/branches/3044/3044.htm

高志の国文学館     http://www.koshibun.jp/

富山県埋蔵文化財センター  
                http://www.pref.toyama.jp/branches/3041/maibun/

発掘された日本列島 2018 文化庁   
                http://www.bunka.go.jp/gyoji/1405492.html

富山県文化振興財団  
    http://www.bunka-toyama.jp/ 


富山市ガラス美術館
    http://toyama-glass-art-museum.jp/visitor/


富山県民会館       http://www.bunka-toyama.jp/kenminkaikan/
 
富山県美術館       http://tad-toyama.jp/ 

富山県芸術文化協会  http://www.tiatf.or.jp/



すぐわかる画家別近代日本絵画の見かた
東京美術

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト




「美人画」の系譜: 心で感じる「日本絵画」の見方
小学館
高階 秀爾

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント