7月11日[木]東京国立博物館で特別展「三国志 THREE KINGDOMS unveiling the story」鑑賞してきました!  

   2019年7月11日[木]の午後、東京国立博物館 平成館で 特別展「三国志 THREE KINGDOMS unveiling the story」を鑑賞してきました。 日中文化交流協定締結四十周年記念の年に当たり、曹操高陵の発掘など最新の三国志研究の成果を含め、「リアル三国志」を合い言葉に 漢から三国の時代の文物を解読・解説した 実物ならではの迫力のある展示でした。
会期は、7月9日(火)から9月16日(月・祝日)まで。 主催は、東京国立博物館、中国文物交流中心、NHK、NHKプロモーション、朝日新聞社。
後援は、外務省、中国国家文物局、中国大使館。

img20190713_01393971三国志1.jpg

   展示の流れは、以下のとおり。

リアル三国志の世界

プロローグ  伝説の中の三国志

第1章  曹操・劉備・孫権   英傑たちのルーツ

第2章  漢王朝の光と影

第3章  魏・蜀・呉     三国の鼎立

第4章  三国歴訪

第5章  曹操高陵と三国大墓  

エピローグ 三国の終焉    天下は誰の手に

現代に生きる三国志



img20190713_01335025三国志2.jpg

広大な中国の国土で、魏・蜀・呉の三国が鼎立して、3つの国どこも天下統一できなかったという三国志の時代の歴史は、歴史のロマンと「滅びの美学」を感じさせてくれる。 強力なリーダーと、聡明な軍師が、壮大な戦略をもってぶつかり合った時代の実像は、これまではよくわからないところが多く、伝説や小説や漫画の題材だったが、発掘調査の結果判明した実物で解説されると 三国それぞれに独自の文化や世界観をもった地域であったことが 少し解ってきました。


参考ホームページ : 

特別展 三国志2019  https://twitter.com/sangokushi2019 

中国大使館・東京     http://www.china-embassy.or.jp/jpn/

外務省        https://www.mofa.go.jp/mofaj/

朝日新聞社      https://www.asahi.com/         

東京国立博物館   http://www.tnm.jp/

国立科学博物館     http://www.kahaku.go.jp/

東京都美術館     http://www.tobikan.jp/          

上野の森美術館   http://www.ueno-mori.org/   

国立西洋美術館   http://www.nmwa.go.jp/jp/index.html
           
文部科学省     http://www.mext.go.jp/

この記事へのコメント