「「日本人の愛したことば」中西進(東京書籍)」読みました!

高瀬事務所  http://www.e-adviser.jp/tmitakase/

画像


   本の目次は。以下のとおり。  

  Ⅰ

情に生きる  

ありがとう

悼む    

いのち

  Ⅱ 

感じる  

きく

つくる

うそ

  Ⅲ

かおる

みず

みち

自然  

きわみ

異界

ものの神・ことの神


あとがき  



   一番最初の「情に生きる  理を乗り越えようとする力」が1994年10月の日本女子大での特別講義、一番古い「いのち  自然と生命」が1993年5月の講演、 一番新しい「かおる  香りと匂い」が2010年4月15日の「松隠」第44号(志野流香道松隠会)の原稿 ということで 8年の時間差はあるが、平成23年9月現在の中西先生の日本語と日本人論を纏めた、日本人としてどう生きるか?を述べた最新の本でした。
  ~ 美の根源は畏れにあり、万葉集の4500首の歌の中で 美景の大半は渚の風景であった。
人間が住む空間と永遠の世界の空間の接点が、異界との交点であり、その海における交点はナギサ、山における交点はアシヒキとよばれる。  ~
日本人が ナギサが好きな理由、河口や田が好きな理由が 少しわかってきました。




参考ホームページ :

中西進      http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E8%A5%BF%E9%80%B2

中西進の万葉こころ旅 http://www.naratv.co.jp/kokorotabi/index.html

ふくろうの庵       http://www.kureai.jp/owl/top.htm

東京書籍         http://www.tokyo-shoseki.co.jp/

白水社      http://www.hakusuisha.co.jp/

光文社    http://www.kobunsha.com/

万葉集      http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%87%E8%91%89%E9%9B%86

大友家持    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E4%BC%B4%E5%AE%B6%E6%8C%81



日本人の愛したことば
東京書籍
中西 進
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本人の愛したことば の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




"「「日本人の愛したことば」中西進(東京書籍)」読みました!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント