テーマ:歴史

7月11日[木]東京国立博物館で特別展「三国志 THREE KINGDOMS unveiling the st…

   2019年7月11日[木]の午後、東京国立博物館 平成館で 特別展「三国志 THREE KINGDOMS unveiling the story」を鑑賞してきました。 日中文化交流協定締結四十周年記念の年に当たり、曹操高陵の発掘など最新の三国志研究の成果を含め、「リアル三国志」を合い言葉に 漢から三国の時代の文物を解読・解説し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1月11日(金)の午後、富山県民会館美術館で、「古代アンデス文明展」を鑑賞してきました!

   2019年 1月11日(金)の午後2:~3:富山県民会館美術館で、「古代アンデス文明展」を鑑賞してきました。主催は チューリップテレビ、公益財団法人富山県文化振興財団富山県民会館。 会期は 12月21日(金)から 2月17日(日))。    企画展の展示の流れは、以下のとおり アンデス文明の移りかわり …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月8日(土)の午後、高志の国文学館で「里中満智子 「愛」のテーゼ」を鑑賞!

   2018年9月8日(土)の午後3:~4: 母と一緒に高志の国文学館で「里中満智子 「愛」のテーゼ」を鑑賞してきました。  主催は 高志の国文学館。 特別協力は 里中プロダクション。 後援は、北日本新聞社,、チューリップテレビ。 会期は 8月11日(土)から 10月8日(月)。    企画展の展示の流れは、以下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月14日(土)トランヴェール7月号の特集「荒俣宏妖怪探偵団 信州の夏は、ワンダー。」読みました!

    平成30年7月14日(土)北陸新幹線の車中で トランヴェール7月号の特集「荒俣宏妖怪探偵団 信州の夏は、ワンダー。 」を読みました。 旅に出よう今、夏の信州へ! 信州アフターデスティネーションキャンペーンに合わせて、信州の伝承や史跡名勝などを紹介した特集でした。     トランヴェール 7月号の特集 「荒俣宏妖怪探…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月7日(木)東京都江戸東京博物館で文化庁「発掘された日本列島2018」の展示を鑑賞!

     平成30年6月7日 東京都江戸東京博物館で 文化庁「発掘された日本列島2018 新発見考古速報」の展示を鑑賞してきました。 会期は6月2日(土)から7月22日(日)  主催は、 文化庁、東京都、東京都江戸東京博物館、東京新聞、全国新聞社事業協議会。      展示の流れは、以下のとおり。 ごあいさつ   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月7日(木)トランヴェール6月号の特集「開国の道は北方から」読みました!

     平成30年6月7日(木)北陸新幹線の車中で トランヴェール6月号の特集「明治へ至る100年 開国の道は北方から」を読みました。  あれから150年目ということで、 明治維新に至る江戸時代後期100年の日本開国への動向を振り返り、北海道・蝦夷地での出来事や関係した人々の役割を見直す特集でした。      トランヴェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「NHKテキスト100分で名著(9月)ハンナ・アーレント「全体主義の起源」(話し手)仲正昌樹」読了!

   「NHKテレビテキスト100分で名著(9月)ハンナ・アーレント「全体主義の起源」(話し手)仲正昌樹(NHK出版)」を読みました。 「全体主義の起源」は、全体主義の本質と起源を歴史的に考察した アーレントの政治哲学研究の集大成として、1951年にアメリカとイギリスで同時発売された本です。 その出版までの経緯と政治哲学の構造・魅力につ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「戦国武将と日本の名城」監修:小和田泰経(株式会社枻出版社)」読みました!

  「戦国武将と日本の名城」監修:小和田泰経(株式会社枻出版社)を読みました。 13人の戦国武将の居城について、詳しく解説した後に、 日本の名城60について、天守がいい城、櫓がいい城、御殿がいい城、その他に分類して、城の場所・城の種類・築城年・主な城主・主な遺構を解説した本でした。 本の目次は、以下のとおり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「地形で読み解く日本の城」西ヶ谷恭広編著(株式会社枻出版社)」読みました!

    「地形で読み解く 日本の城」西ヶ谷恭広編著(株式会社枻出版社)を読みました。   鳥瞰図や古地図など、豊富な資料の分析から、日本の主要な名城の 地形と築城の意図を読み解き、その歴史を振り返った本でした。 本の目次は、以下のとおり。 地形と城の基礎知識   1  城を築く   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「最新学説で読み解く 日本の古代史」瀧音能之監修(宝島社)」読みました!

   「最新学説で読み解く 日本の古代史」瀧音能之監修(宝島社)を読みました。 後期旧石器時代人の文化・技術・生活についての最新の発見・知見に基づき、古代史の昔の教科書を書き直したテキストでした。 日本という「国家成立」の歴史が塗り替えられて、日本列島に人類が到達した3万年前の航海術、狩猟採集生活の道具、縄文土器の出土、縄文時代の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1月21日(土)15:~富山県民会館で「黄金のファラオと大ピラミッド」の展示を鑑賞してきました!

    2017年1月21日(土)15:~16:富山県民会館で「国立カイロ博物館所蔵 黄金のファラオと大ピラミッド展」の展示を鑑賞してきました。 主催は、チューリップテレビ、公益財団法人富山県文化振興財団 富山県民会館、共催は、富山県、北日本新聞社、富山県民会館文化友の会。会期は、1月13日(金)から3月26日(日)   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1月13日(金)9:40~国立科学博物館で特別展「世界遺産ラスコー展」を鑑賞してきました!

   2017年1月13日(金)9:40~10:40国立科学博物館で特別展「世界遺産ラスコー展」を鑑賞してきました。 クロマニヨン人が残した洞窟壁画で有名な世界遺産ラスコー洞窟の壁画を完全再現した大迫力の展示で、朝から興奮しました。 主催は 国立科学博物館、毎日新聞社、TBS。 東京展の期間は 2016年11月1日から2017年2月1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「地形で読み解く古代史」関裕二著〔KKベストセラーズ〕」読みました!

   「地形で読み解く古代史」関裕二著〔KKベストセラーズ〕を読みました。 関裕二さんは、1959年千葉県生まれの日本古代史研究者、歴史作家。      本の目次は、以下のとおり。 はじめに 古代天皇系図   第三章  地形から邪馬台国を見つめ直す 第四章  瀬戸内海と河内王朝を地理で見直す …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月19日(木)江戸東京博物館で特別展「真田丸」を鑑賞してきました!

    平成28年5月19日(木)の11:~12: 江戸東京博物館で 特別展「真田丸」を鑑賞してきました。  2016年NHK大河ドラマ真田丸に関係した史料等をまとめた展示でした。     特別展「真田丸」の展示構成は、以下のとおり。     展示期間    4月29日(金)~6月19日(日)   プロローグ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランヴェール5月号の特集「栃木。足利学校から始まる旅」読みました!

    平成28年 5月19日(木)公認会計士協会の木曜講座出席のため8時07分に富山駅を出た新幹線の車内で、トランヴェール5月号の特集「栃木。足利学校から始まる旅」を読みました。  5月号の特集 「栃木。足利学校から始まる旅」 の目次は、以下のとおり。 日本の知力を磨いた足利学校 中世日本の最高学府 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「NHKカルチャーラジオ「真田三代の挑戦」平山優《NHK出版》」読みました!

    NHKカルチャーラジオ 歴史再発見「真田三代の挑戦  戦国サバイバルの軌跡を追う」 平山優 著《NHK出版》を読みました。 2016年1月から3月、NHKラジオ第2放送で 火曜の夜 8:30~9:00 30分ずつ12回放送されるラジオ番組のテキストでした。      本の目次は、以下のとおり。 はじめに  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1月26日(火)江戸東京博物館で企画展「歴史をつなぐ 天璋院の用箪笥」を鑑賞してきました!

    平成28年1月26日(火)の12:~14: 江戸東京博物館で 特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ~天才の挑戦~」の展示を鑑賞してきました。 食事の後 5~6階の常設展示室で 企画展「歴史をつなぐ 天璋院の用箪笥~篤姫から受け継がれたもの~」も鑑賞してきました。     企画展「歴史をつなぐ 天璋院の用箪笥~篤姫から受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK趣味どきっ!テキスト「開け!世界遺産 日本史タイムカプセルの旅」読みました!

   「NHKテレビテキスト 「NHK趣味どきっ!開け!世界遺産 日本史タイムカプセルの旅」日本放送協会 NHK出版編集《NHK出版》」 を読みました。  12月1日(火)から1月26日(火)まで Eテレで放送されるテレビ番組のテキストでした。     本の目次は,以下のとおり。       はじめに  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北陸新幹線の車中で5月23日(土)トランヴェール5月号の特集「神になった徳川家康」 を読みました!

   2015年 5月23日(土)公認会計士協会の土曜講座参加のため東京に行く途中、北陸新幹線の中で トランヴェール5月号を読みました。 5月号の特集は、「神になった徳川家康」 でした。 家康400回忌の年に、家康ゆかりの東京・日光などの史跡を旅して、家康の足跡を訪ねようという企画でした。  5月号の特集「神にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「アジアを救った近代日本史講義」渡辺利夫(PHP新書)」読みました!

   「アジアを救った近代日本史講義  戦前のグローバリズムと拓殖大学」渡辺利夫著(PHP新書)を読みました。渡辺利夫さんは、1939年山梨県生まれの開発経済学研究者、拓殖大学総長。   本の目次は、以下のとおり。   はじめに    第 1講   歴史を学ぶことの意味(1) ~自我形成と自己確立への旅立ち …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「本当は怖ろしい日本国憲法」長谷川三千子・倉山満[ビジネス社]」読みました!

     「本当は怖ろしい日本国憲法」長谷川三千子・倉山満  著[ビジネス社]を読みました。 長谷川三千子さんは、1946年東京都生まれの哲学者,埼玉大学M理世教授。 倉山満さんは、1973年香川県生まれの憲政史研究者、国士舘大学日本政教研究所非常勤講師。      本の目次は、以下のとおり。   はじめに    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「中国に立ち向かう日本、つき従う韓国」鈴置高史〈日経BP社〉」読みました!

    「中国に立ち向かう日本、つき従う韓国」鈴置高史 著〈日経BP社〉を読みました。 鈴置高史さんは、1954年愛知県生まれのジャーナリスト、日本経済新聞社編集委員。 韓国はなぜ、中国と歩調を合わせて日本を口撃し、米国から離れて中国ににじり寄っているのか? 日本人が不思議に思う 韓国の変化と 韓国の置かれた立場を、妖怪の横で 妖…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「日本がもっと好きになる 尖閣諸島10の物語」山本皓一〈宝島社〉」読みました!

    「日本がもっと好きになる 尖閣諸島10の物語」山本皓一 著〈宝島社〉を読みました。 山本皓一さんは、1943年香川県生まれの報道写真家。 過去の日本人が どのように尖閣の島々を開拓し、移住し、どのように暮らしていたのか?国境の島の取材を通して明らかになった尖閣諸島に生きた日本人の歴史、誇り高き生き様を紹介した本でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「ぶらり日本全国「語源遺産」の旅」わぐりたかし(中公新書ラクレ)」読みました!

    「ぶらり日本全国「語源遺産」の旅」わぐりたかし(中公新書ラクレ)を読みました。  わぐりたかし先生は、1961年東京生まれの作家・ディレクター・プロデューサー。     本の目次は、以下のとおり。   旅に出る前に ① べっぴん          〈愛知県・豊橋〉 ② やぶ医者         …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「アフリカで誕生した人類が日本人になるまで」溝口優司 (ソフトバンク新書)」読みました!

   「アフリカで誕生した人類が日本人になるまで」溝口優司 著(ソフトバンク新書)を読みました。 溝口優司さんは、1949年富山県年生まれの形質人類学者、国立科学博物館人類研究部長。 日本人の顔とヨーロッパ人の顔は、なぜ同じでないのか?  700万年前にアフリカで誕生したとされる私たちの祖先・猿人の時代にはチンパンジーと同じく30…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミュージカル「本能寺が燃える」9/27富山公演を鑑賞しました!

   2012年9月27日(木)公益財団法人富山県アイバンク設立20周年記念のプレイベントとして、阪神化成工業設立40周年記念イベントとして、ミュージカル「本能寺が燃える」公演が富山県民会館で開催されました。 18:00開場、前半18:45~19:55 後半20:05~21:05 の舞台でした。 会社から 県内の高校の演劇部、LCの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水墨美術館で6/17の午後「徳川美術館展 大名文化の華 尾張徳川家の至宝」を鑑賞してきました!

    2012年 6月17日(日)午後2時から母と一緒に水墨美術館で「徳川美術館展 大名文化の華 尾張徳川家の至宝」を鑑賞してきました。 徳川美術館の所蔵する尾張徳川家の豪華な大名道具のなかから、日頃目にすることの少ない貴重な茶、香、能の道具類を紹介した展示でした。     主催者は、「徳川美術館展」実行委員会、北日本放送、富山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「歴史からの伝言 「いま」をつくった日本近代史の思想と行動」加藤陽子他(扶桑社新書)」読みました!

    「歴史からの伝言  「いま」をつくった日本近代史の思想と行動」 加藤陽子 佐藤優 福田和也 著(扶桑社新書)を読みました。  加藤陽子さんは、1960年埼玉県生まれの日本近現代史研究者、東京大学大学院人文社会系研究科教授。 「いま」から振り返るとき、日本近代史の転換点の世論を動かしていたと思えるような人・思想・行動について、加藤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「それでも、日本人は「戦争」を選んだ」 加藤陽子(朝日出版社)」読みました!

     「それでも、日本人は「戦争」を選んだ」 加藤陽子 著(朝日出版社)を読みました。  加藤陽子さんは、1960年埼玉県生まれの日本近現代史研究者、東京大学大学院人文社会系研究科教授。 近現代史に残る日本人の戦争について、世界最高の頭脳が集まって「もう戦争しかない」と判断したのはなぜか?なぜ日本人は 外交問題解決の手段として「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「うたう天皇」 中西進(白水社)」読みました! 

     「うたう天皇」 中西進 著(白水社)を読みました。  中西進さんは、1929年東京生まれの日本文化研究者、文化功労者。 なぜ天皇の重要な仕事として和歌を詠むことが位置付けられてきたのか? 日本史の謎を、万葉の碩学が 国づくりの「日本知」として 鮮やかに読み解いた本でした。      本の目次は、 以下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more