テーマ:人間

「NHKテキスト100分で名著( 5月)『平家物語』(話し手)安田登【NHK出版】」読了!

   「NHKテレビテキスト100分で名著( 5月)『平家物語』(話し手)安田登(NHK出版)」を読みました。 平家物語は、平安末期の 平家の盛衰と源氏平氏の騒乱を描く 作者不詳の軍記物語。 安田登さんは、1956年千葉県生まれの能楽師。    本の目次は, 以下のとおり  (はじめに)    鎮められるのは誰の魂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「NHKテキスト100分で名著(4月)マルクス・アウレリウス『自省録』」読みました!

   「NHKテレビテキスト100分で名著( 4月)マルクス・アウレリウス『自省録』」(話し手)岸見一郎(NHK出版)を読みました。 マルクス・アウレリウス(121-180)は、ローマ帝国、五賢帝時代の最後の皇帝。 岸見一郎先生は、1956年京都生まれの哲学者、アドラー心理学研究者。 マルクス・アウレリウスの書き残した自省録の哲学を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「NHKテキスト100分で名著(12月)スピノザ『エチカ』」(話し手)國分功一郎(NHK出版)読了!

   「NHKテレビテキスト100分で名著(12月)スピノザ『エチカ』」(話し手)國分功一郎(NHK出版)を読みました。 國分功一郎先生は、1974年千葉県生まれの哲学者、東京工業大学教授。 ベネディクトゥス・デ・スピノザ(1632~1677)は、17世紀オランダの哲学者。『汎神論』と呼ばれるスピノザの哲学を、國分功一郎先生が、丁寧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「NHK100分de名著(10月)モンゴメリ赤毛のアン(話し手)茂木健一郎(NHK出版)」読了!

     「NHKテキスト100分de名著(10月)モンゴメリ赤毛のアン(話し手)茂木健一郎(NHK出版)」を読みました。ルーシー・モード・モンゴメリ(1874-1942)は、カナダの大西洋側のセント・ローレンス湾の小さな島、プリンス・エドワード島の小さな村 クリフトンまれの作家。 茂木健一郎先生は、1962年東京生まれの脳科学者、作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「NHK100分de名著(9月)ウンベルト・エーコ薔薇の名前(話し手)和田忠彦(NHK出版)」読了!

   「NHKテレビテキスト100分で名著(9月)ウンベルト・エーコ 薔薇の名前(話し手)和田忠彦(NHK出版)」を読みました。 ウンベルト・エーコは、1932年イタリア北部ピエモンテ州生まれの美学者、記号学者、哲学者、小説家 和田忠彦先生は、1952年長野市生まれのイタリア文学研究者。 世界中で5500万部を超えるベストセラー小説と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「NHKテキスト100分で名著(7月)河合隼雄 スペシャル」(話し手)河合俊雄(NHK出版)読了!

   「NHKテレビテキスト100分で名著(7月) 河合隼雄 スペシャル」(話し手)河合俊雄[NHK出版]」を読みました。 河合隼雄さんは、1928年 兵庫県生まれの臨床心理学者。元文化庁長官。  河合俊雄さんは、1957年奈良県生まれの臨床心理学者、京都大学こころの未来研究センター教授。 日本人の こころのなかにあるイメージの源流を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「NHKテキスト100分で名著(4月) 「法華経」(話し手)植木雅俊[NHK出版]」読みました!

    「NHKテレビテキスト100分で名著(4月) 「法華経」(話し手)植木雅俊[NHK出版]」を読みました。 植木雅俊さんは、1951年 長崎県生まれの 仏教思想研究者。 法華経の思想、時代背景、日本伝来、ストーリー,テーマについて、植木雅俊先生が 丁寧に 25分ずつ4回で解説されたテレビ番組のテキストでした。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「100分で名著(3月)松本清張 「点と線 砂の器 昭和史発掘 神々の乱心」NHK出版」読了!

    「NHKテレビテキスト100分で名著(3月)松本清張 「点と線 砂の器 昭和史発掘 神々の乱心」(話し手)原武史[NHK出版]」を読みました。   松本清張さんの代表作について、原武史先生が その生涯、その視点、時代背景、作品のテーマを、丁寧に 25分ずつ4回で解説されたテレビ番組のテキストでした。   原武史先生は、1962…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「読むだけで自律神経が整う 名医の言葉」小林弘幸(セブン&アイ出版)」読了!

    「読むだけで自律神経が整う 名医の言葉」小林弘幸(セブン&アイ出版)を読みました。 小林弘幸先生は、1960年埼玉県生まれの小児外科医、日本体育協会公認スポーツドクター。 順天堂大学医学部教授。     本の目次は、以下のとおり。 prologue   体のリズムに即した「良い習慣」の積み重ねが、あなたを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「第四次産業革命」クラウス・シュワブ著(日本経済新聞出版社)」読みました!

   「第四次産業革命 ダボス会議が予測する未来」クラウス・シュワブ著・世界経済フォーラム訳(日本経済新聞出版社)を読みました。 ダボス会議が予測する第四次産業革命後の世界の未来を展望し、国や社会、企業や産業、国際社会や地域社会のシステムは どのような方向に進むべきか? テクノロジーと社会はどうすれば共存できるか?どのような「共通の未…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12月9日(土)国立西洋美術館で「北斎とジャポニズム 西洋に与えた衝撃」展を鑑賞!

    2017年12月9日(土)AM9:40~10:50国立西洋美術館で「北斎とジャポニズム 西洋に与えた衝撃」展を鑑賞してきました。 日本の浮世絵師 葛飾北斎の版画や絵・漫画が 西洋の芸術家に与えた衝撃、ジャポニズムの意味がよく分かる展示で、久しぶりに興奮しました。 会期は、2017年10月21日(土)~2018年1月28日(日)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「カラダの声を聞きなさい」マガジンハウスムック編集部【マガジンハウス】」読了!

   「カラダの声を聞きなさい」マガジンハウスムック編集部【マガジンハウス】を 読みました。  体を整え、体の声を聞くと、心の声も聞こえてくるというお話で、体の声を聞くために、色々な方が カラダを整える技法を紹介した本ということで あらためて読み直したものです。     本の目次は、以下のとおり。 すみれさんが教えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「姿勢を正すだけで骨が強くなる!老けない体のつくり方」山田豊文監修【宝島社】」読了!

    「姿勢を正すだけで骨が強くなる!老けない体のつくり方」山田豊文監修【宝島社】を 読みました。  脳も内臓も若返る 姿勢と骨の新常識を、老けない食べ方と老けない生活習慣に分けて 図解入りで 丁寧に解説した本でした。             本の目次は、以下のとおり。 (とじ込み付録) 骨を強くする 老けない食べ方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「最新科学で解き明かす 最高の睡眠」(洋泉社MOOK)」読みました!

  「最新科学で解き明かす 最高の睡眠」(洋泉社MOOK)を読みました。 最近、マッサージの椅子が気に入って、一度座るとそのまま2時間以上寝てしまうことが多くなり、頭も体もすっきりするのはいいものの、なぜこんなによく眠れるようになったのか? こんな状態で大丈夫なのか?心配になって買ってきた本です。    本の目次は、以下の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「サイコパス」中野信子著(文春新書)」読みました!

   「サイコパス」中野信子著(文春新書)を読みました。 経歴を詐称し、過去に語った内容とまるで違うことを、平気で主張する人。 あり得ないような嘘をつき、それがばれても恥じることなく 自分の正当性を平気で主張する人。 自分に都合の悪い報道や反論には、 誤報・誤解・嘘だとして,自分が 被害者のような顔をして、自分の間違いを認めない人。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「世界一簡単にわかる人体解剖図鑑」坂井建雄監修(宝島社)」読了!

   「世界一簡単にわかる人体解剖図鑑」坂井建雄監修(宝島社)を読みました。 最近は 年のせいか 変な姿勢で長時間仕事をしていると、体のあちこちで痛みやら しびれが出て、回復までに 時間がかかるようになってきたもので、脳と全身の器官とのつながりについて、骨と筋肉の構造や神経系とのつながりについて、脊柱の各部と腕や指の痛み・しびれとの関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2月11日(土)13:30~「利用者側から見た金融法務」について、研修受講!

    2017年2月11日(土) 13:30~15:30日本FP協会石川支部の継続研修会で、 「利用者側から見た金融法務」について、研修を受講しました。 講師はCFPの乙見康夫先生。      研修のプログラムは、以下のとおり。 預金者保護の大きなうねりと民法478条 意思能力のないものとの取引 相続に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「最新学説で読み解く 日本の古代史」瀧音能之監修(宝島社)」読みました!

   「最新学説で読み解く 日本の古代史」瀧音能之監修(宝島社)を読みました。 後期旧石器時代人の文化・技術・生活についての最新の発見・知見に基づき、古代史の昔の教科書を書き直したテキストでした。 日本という「国家成立」の歴史が塗り替えられて、日本列島に人類が到達した3万年前の航海術、狩猟採集生活の道具、縄文土器の出土、縄文時代の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊東洋経済2月11日号の特集「21世紀の読み・書き・そろばん「食える子」を育てる」読了!

   週刊東洋経済2月11日号の特集「21世紀の読み・書き・そろばん「食える子」を育てる」を読みました。 費用対効果で見た習い事のコスト・パフォーマンスや、天才を育てた親に学べること、2020年センター試験廃止の影響などをまとめた、東洋経済らしい視点からの特集でした。     本の目次は、以下のとおり。 21世紀の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日本の特別地域 74 「これでいいのか富山県」地域批評編集部(マイクロマガジン社)」読了!

   「日本の特別地域 特別編集74 「これでいいのか富山県」地域批評シリーズ編集部(マイクロマガジン社)」を読みました。 何にもないのに居心地がいい北陸屈指の工業県、富山県と富山湾と富山県民の謎について、歴史と地形から分析した本でした。     本の目次は、以下のとおり。     はじめに     富山県MA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

別冊宝島「元政府高官とFBIが明かすトランプの野望」(宝島社)読みました!

   「別冊宝島2538号 「元政府高官とFBIが明かすトランプの野望」宝島社編集(宝島社)」を読みました。 米国新大統領の正体について、関係者の証言から推定して一冊にまとめた本でした。     本の目次は、以下のとおり。 イントロダクション      まさかのトランプ 第1章    トランプ大統領の戦略 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHKテキスト100分de名著(2月) 『獄中からの手紙』ガンディー(語り手)中島岳志」読了!

 「NHKテレビテキスト100分de名著(2月) 『獄中からの手紙』ガンディー (語り手)中島岳志(NHK出版)」を読みました。M.K.ガンディー(1869-1948)は、インドの独立解放運動家、マハートマ(偉大なる魂)と呼ばれ、スワラージ(非暴力、非協力)による統制された独立運動を指導しました。  「獄中からの手紙」は、19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊エコノミスト1月31日号の特集「徴税強化2017 富裕層狙い撃ち」読了!

   週刊エコノミスト1月31日号の特集「徴税強化2017 富裕層狙い撃ち」を読みました。 富裕層の資産・所得の全体像をつかむために、税務当局は どのような情報収集・調査・管理体制を造ったか? 課税強化の主な流れを、体系的にまとめた特集記事でした。     特集記事の目次は、以下のとおり。 国税「国際戦略プラン」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「トランプ解体新書」日経ビジネス編(日経BPムック)」読みました!

   「トランプ解体新書」日経ビジネス編(日経BPムック) を読みました。   想定外の素人大統領、ドナルド・トランプ氏を選択した米国が、これから4年間 周辺国や世界にどのような影響を与えていくかを、四つの視点から検討した本でした。    本の目次は、以下のとおり。   プロローグ  「想定外」を生んだ米国の必然 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1月21日(土)15:~富山県民会館で「黄金のファラオと大ピラミッド」の展示を鑑賞してきました!

    2017年1月21日(土)15:~16:富山県民会館で「国立カイロ博物館所蔵 黄金のファラオと大ピラミッド展」の展示を鑑賞してきました。 主催は、チューリップテレビ、公益財団法人富山県文化振興財団 富山県民会館、共催は、富山県、北日本新聞社、富山県民会館文化友の会。会期は、1月13日(金)から3月26日(日)   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1月13日(金)10:50~国立西洋美術館で「クラーナハ  五〇〇年後の誘惑」を鑑賞してきました!

    2017年1月13日(金)10:50~11:50国立西洋美術館で「クラーナハ  五〇〇年後の誘惑」を鑑賞してきました。 ドイツ・ルネサンスを代表する宮廷画家 ルカス・クラーナハ(父、1472~1553年)工房の作品の全貌を紹介し、その影響を受けた作品まで紹介する展示でした。 会期は、2016年10月15日(土)~2017年1月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1月13日(金)9:40~国立科学博物館で特別展「世界遺産ラスコー展」を鑑賞してきました!

   2017年1月13日(金)9:40~10:40国立科学博物館で特別展「世界遺産ラスコー展」を鑑賞してきました。 クロマニヨン人が残した洞窟壁画で有名な世界遺産ラスコー洞窟の壁画を完全再現した大迫力の展示で、朝から興奮しました。 主催は 国立科学博物館、毎日新聞社、TBS。 東京展の期間は 2016年11月1日から2017年2月1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12月18日(日)富山県民会館で、院展 富山展を鑑賞してきました!

   2016年12月18日(日) 15:00~母と一緒に富山県民会館展示室で 「再興第101回 院展 富山展」の展示を鑑賞してきました。     企画展の構成は、以下のとおり。 平成28年9月東京都美術館で開催の「再興第百一回院展」出品作品八十八点の他、特別出品として、故郷倉和子先生の「紫陽花」(1988年)、故松…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「NHKテキスト100分de名著(12月)『野生の思考』(語り手)中沢新一(NHK出版)」読了!

 「NHKテレビテキスト100分de名著(12月) 『野生の思考』クロード・レヴィ=ストロース (語り手)中沢新一(NHK出版)」を読みました。 クロード・レヴィ=ストロース (1908-2009)は、フランスの民俗学者・人類学者。1962年のベストセラー「野生の思考」の出版以降 歴史と進歩という近代ヨーロッパ思想に対して、歴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊東洋経済12月10日号の特集「ググるだけではカモられる情報の裏側」読みました!

   週刊東洋経済12月10日号の特集「ググるだけではカモられる情報の裏側」を読みました。 粗製濫造されて流通し 意図されたような情報操作が進行するネット情報の裏側について、事例を検討し、情報賢者は ネット情報を どのように収集し 分析・活用しているかをレポートした特集でした。     本の目次は、以下のとおり。 P…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more