テーマ:日本人

「「格差病社会   日本人の心理構造」加藤諦三(大和書房)」読みました!

   「格差病社会   日本人の心理構造」加藤諦三 著(大和書房)を読みました。 加藤諦三先生は、1938年東京都生まれの心理学者。 早稲田大学教授。    本の目次は、以下のとおり。 はじめに 第一章    過剰競争意識 第二章    ラブ・ミー・リターン 第三章    損得優先 第四章    ホモ・パチエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「すらすら読める伊勢物語」高橋睦郎(講談社)」読みました!

    「すらすら読める伊勢物語」高橋睦郎 著(講談社)を読みました。 高橋睦郎先生は、1937年 福岡県生まれの詩人。     本の目次は、以下のとおり。 はじめに    人気第一の古典 序  「むかし、男ありけり」の男とは? 1   『伊勢物語』の伊勢とは? 2   さすらいの旅へ   東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「「密息」で身体が変わる」中村明一(新潮社)」読みました!

  「「密息」で身体が変わる」中村明一 著(新潮社)を読みました。 中村明一さんは、作曲家・尺八奏者。    本の目次は、以下のとおり。 Ⅰ      「密息」の発見 序 章    鍵は「密息」にあり 第一章   呼吸巡礼   Ⅱ      呼吸と身体、呼吸と心 第二章   密息の方法 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「だから日本人よ、靖国へ行こう」小野田寛郎、中條高徳(WAC)」読みました!

   「だから日本人よ、靖国へ行こう」小野田寛郎・中條高徳著(WAC)を読みました。    宋文洲さんが 日経BPの連載コラム 『傍目八目  ~あなたが気づかない、おかしくそして素晴らしい日本』の記事の中で 7月6日(木) 「中国人が靖国神社に行きました」  7月13日(木) 「「靖国神社」の反響の大きさにびっくり」というエッセイを書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「美しい国へ」安倍晋三(文春新書)」読みました!

    「美しい国へ」安倍晋三著(文春新書)を読みました。 安倍晋三さんは、1954年東京生まれ。現在内閣官房長官として、人気抜群の若手政治家だ。 「美しい国へ  自信と誇りのもてる日本へ」という副題に引かれて 読んでみたいと思ったもので買ってきました。     本の目次は、以下のとおり。 はじめに --- 「闘う政…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「日本人を冒険する  あいまいさのミステリー」呉善花(PHP文庫)」読みました!

     「日本人を冒険する  あいまいさのミステリー」呉善花著(PHP文庫)を読みました。 呉 善花 (お そんふぁ)さんは、1956年 韓国済州島生まれの日本文化研究者だ。 この本は、1997年9月 三交社から出版された単行本の文庫版だそうだが、指摘されている内容は 今年書き下ろしの本と遜色ないくらい的確に感じられた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「他人を見下す若者たち」速水敏彦(講談社現代新書)」読みました!

     「「他人を見下す若者たち」速水敏彦著(講談社現代新書)を読みました。  副題の 「「自分以外はバカ」の時代!」という表現に共感したもので買ってしまったためです。 著者の速水敏彦さんは、1947年 愛知県生まれ。 名古屋大学大学院教育発達科学研究科教授。 教育心理学の専門家だ。 本の目次は、以下のとおり。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「日本語を反省してみませんか」金田一春彦(角川oneテーマ21)」読みました!

      「日本語を反省してみませんか」金田一春彦著(角川oneテーマ21)を読みました。 「七転び八起き」(7回転んだら7回とも起きあがるのでは?)「孟母三遷」(孟子の母は、市場のそばからお寺のそばに引っ越した後、学校のそばに引っ越したので 二遷では?)など 理屈に合わない表現が気になる年齢になってきたもので、金田一先生の名著を読…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「立ち上がれ日本人」マハティール・モハマド(新潮新書)」読みました!

    「立ち上がれ日本人」マハティール・モハマド 著  加藤暁子 訳(新潮新書)を読みました。訳者の加藤暁子さんが 新潮社の依頼により実施した数回のインタビユーと1981-2003年のマレーシア首相在任中の演説原稿から 「日本が元気になる処方箋」として 有効と思える部分を使って英文の原稿を作り、マハティールさんに加筆訂正して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「歴史と風土」司馬遼太郎(文春文庫)」読みました!

    王敏(Wang Min)著 「本当は日本に憧れる中国人」で 日本人の儒教観について司馬遼太郎著「歴史と風土」の指摘を引用されている部分を読んでから、「歴史と風土」司馬遼太郎 著(文春文庫)を読みなおしました。 本の目次は、以下のとおり。 歴史と風土     日本、中国、アジア     関ヶ原私観     竜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「ハイライトで読む 美しい日本人」齋藤孝(文藝春秋)」読みました!

    日本人が持っていたハイレベルな文化的特性というものを質の高い日本人論・日本文化論のテキストから抽出した 齋藤孝先生の本、「ハイライトで読む 美しい日本人」齋藤孝著 (文藝春秋 2005年7月25日 第1刷発行)を読みました!     「ハイライトで読む 美しい日本人」齋藤孝著(文藝春秋)の目次は、以下のとおり。 は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more