テーマ:日本画

12月14日《土》東京国立近代美術館で10:30~企画展「鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開」を鑑賞してきました!

   令和元年12月14日《土》東京国立近代美術館で10:30~11:30企画展「鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開」を鑑賞してきました! 会期は11月1日(金)~12月15日(日) 主催は、東京国立近代美術館、文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会。      展示の流れは、以下のとおり。 第一章  再発見!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月22日(日)の午後3:~富山県水墨美術館で企画展「小倉遊亀と院展の画家たち展」を鑑賞してきました!

   令和元年 9月22日(日)の午後3:~富山県水墨美術館で企画展「小倉遊亀と院展の画家たち展」を鑑賞してきました。 北日本新聞社創刊135周年、富山県水墨美術館開館20周年記念行事として、滋賀県立美術館所蔵作品から、小倉遊亀と院展の画家たちの画業を紹介する展示でした。 主催は、富山県、富山県水墨美術館、北日本新聞社、NHK富山放送…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月29日(水)富山県水墨美術館で企画展「美を謳う中島千波の世界」鑑賞!

   令和元年5月29日(水)富山県水墨美術館で企画展「美を謳う中島千波の世界」を鑑賞してきました。 中島千波さんの これまでの作品を、1969年の「窓」から2018年の「朧紅枝垂桜」まで、テーマごとに紹介した展示でした。 主催は、富山県、中島千波展実行委員会【 富山県水墨美術館、富山テレビ放送 】 共催は北日本新聞社。 協力は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2月2日(土)富山県水墨美術館で企画展「愉しきかな!人生 老当益壮の画人たち」を鑑賞してきました!

    平成31年 2月2日(土)の午後、富山県水墨美術館で企画展「愉しきかな!人生  老いてますます盛ん   老当益壮の画人たち」を鑑賞してきました。     80歳を過ぎても、すばらしい作品を描き続けた画人たち、富岡鉄斎、熊谷守一、奥村土牛、中川一政、猪熊弦一郎、杉本健吉、片岡球子、秋野不矩、筧忠治、郷倉和子、岩﨑巴人、大森運…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月21日(日)水墨美術館で企画展『花鳥風月 こころに響く美の世界』を鑑賞してきました!

    平成30年 10月21日(日) 15:~16 母と二人で:水墨美術館の企画展『花鳥風月 こころに響く美の世界 光ミュージアムの名品から』を鑑賞してきました。 岐阜県高山市にある光ミュージアムとの交流事業として、花鳥風月のテーマに沿って、光ミュージアム所蔵の近世から現代の日本画の名作と 書や陶芸を紹介する企画展でした。  主催は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月9日(土)の午後,水墨美術館で「名都美術館名品展 恋する日本画」展を鑑賞!

   平成30年6月9日(土)16:00~17:00母と一緒に富山県水墨美術館で 名都美術館名品展 「恋する日本画」展を鑑賞してきました。 会期は、5月25日(金)から7月8日(日)まで。 主催は、富山県、名都美術館展実行委員会。 名都美術館(愛知県長久手市)の日本画コレクションの中から、気品ある美しさ・心を癒やす優しさで人気のある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月10日の午後、富山県水墨美術館で『生誕140年 尾竹竹坡展』を鑑賞!

  平成30年3月10日(土)15:00~16:00母と一緒に富山県水墨美術館で 企画展 『生誕140年 尾竹竹坡展』を鑑賞してきました。 尾竹竹坡(1878~1936)は、明治11年 新潟で生まれ明治24年13歳で富山に移って 売薬版画の下絵制作等で日本画の腕を磨き、明治29年18歳の時に上京し川端玉章に師事。 1904年〈明治…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more