アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「文化」のブログ記事

みんなの「文化」ブログ

タイトル 日 時
11月5日(日)13:〜高志会館で、大伴家持生誕1300年記念「家持の心のしらべ」講演・演奏を鑑賞!
   2017年11月5日(日)の午後1:〜4 母と一緒に高志会館で、大伴家持生誕1300年記念「家持の心のしらべ」講演・演奏会を聴講・鑑賞してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/05 18:33
10月28日(土)『ゴッホ展』を見に東京都美術館に行ってきました!
   2017年10月28日(土) 9:35〜10:40東京都美術館で 特別展「ファン・ゴッホ美術館国際共同プロジェクト ゴッホ展〜巡りゆく日本の夢」の展示を鑑賞してきました。 会期は 2017年10月24日(火)〜2018年1月8日(月) 「ファン・ゴッホと日本」をテーマに2013年からオランダと日本の研究者が国際共同プロジェクトをスタートして、その研究成果を受けて両国で開催される巡回展示でした。 主催は、東京都美術館、NHK、NHKプロモーション。後援は、外務省、オランダ王国大使館。共同企... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/30 09:56
10月1日(日)14:〜西本智実総合プロデュース・指揮のオペラ『ストゥーパ〜新卒塔婆小町〜』を鑑賞!
   2017年10月 1日(日)14:00〜15:30 オーバードホールで 西本智実総合プロデュース・指揮のオペラ『ストゥーパ 〜新卒塔婆小町〜』 “輪廻転生”が“無為の罪”をよみがえらせる が開催されたので、母と妻他の4人で鑑賞してきました。  公演の主催は 公益財団法人富山市民文化事業団、富山市。 共催は 北日本放送、北日本新聞。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/02 07:38
9月2日(土)16:〜富山県水墨美術館で「イセコレクション屏風名作展」を鑑賞!
    2017年9月2日(土)16:〜17:母と一緒に富山県水墨美術館で 企画展「イセコレクション屏風名作展」を鑑賞してきました。 主催は イセ屏風名作展実行委員会〈イセ文化財団、富山県水墨美術館〉 後援は、北日本新聞社。 会期は 8月29日(火)から9月10日(日)の企画展でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/03 10:17
8月24日(木)東京国立博物館で『タイ展』を鑑賞してきました!
   2017年 8月24日(木)13:50〜14:50東京国立博物館で 日本タイ修好130周年記念特別展「タイ〜仏の国の耀き〜」の展示を鑑賞してきました。 会期は 2017年7月4日(火)〜8月27日(日) 古代から江戸時代までのタイ仏教美術の名品を、王朝ごとに約140件集めて紹介した特別展でした。 主催は、東京国立博物館、日本経済新聞社、BSジャパン。共催は、国際交流基金アジアセンター。後援は、タイ王国大使館、タイ政府観光庁の企画でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/02 12:02
8月24日(木)『ボストン美術館の至宝展』を見に東京都美術館に行ってきました!
   2017年 8月24日(木)12:40〜13:40東京都美術館で 特別展「ボストン美術館の至宝展」を鑑賞してきました。 会期は 2017年7月20日(木)〜10月9日(月) ボストン美術館のコレクションの中から、ゴッホのルーラン夫妻や涅槃図など、古今東西の至宝80点をそろえた豪華な特別展でした。 主催は、東京都美術館、朝日新聞社、テレビ朝日、BS朝日。後援は、アメリカ大使館。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/02 10:29
8月6日(日)高志の国文学館で開館5周年記念企画展「おわらと林秋路ー風の盆の画家」の展示を鑑賞!
   2017年8月6日(日)の午後16:〜17: 母と一緒に 高志の国文学館で 開館5周年記念企画展「おわらと林秋路 ー 風の盆の画家」の展示を鑑賞してきました。 会期は 7月23日(日)から9月25日(月) 主催は高志の国文学館、特別協力は、林淑子・林章一、協力は、越中八尾観光協会、富山県民謡越中八尾おわら保存会、八尾おわら資料館。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/12 06:29
「NHKテキスト100分で名著(7月)J・オースティン「高慢と偏見」(話し手)廣野由美子」読了!
   「NHKテレビテキスト100分で名著(7月)ジェイン・オースティン「高慢と偏見」(話し手)廣野由美子(NHK出版)」を読みました。 「高慢と偏見」は、19世紀イギリス小説の礎といわれ、映画やテレビドラマにもなり、今なお人気の続く小説家ジェイン・オースティンの代表作です。 その登場人物の魅力について、廣野由美子先生が、25分ずつ4回で解説したテレビ番組のテキストでした。  廣野由美子先生は、1958年大阪府生まれのイギリス文学・イギリス小説研究者、京都大学大学院教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/17 14:26
Discover Japan 8月号の特集「北欧はニッポンから学んでいた。」読みました!
   「Discover Japan 8月号の特集「北欧はニッポンから学んでいた。」((株)竢o版社)」読みました。 今年が、日本とデンマークの国交樹立150周年ということもあり、最近は 日本の東京や静岡・金沢でも デンマークのコペンハーゲンやフィンランドのヘルシンキでも、長い日本と北欧との交流史を振り返るような展覧会が多くなったようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/11 10:36
7月9日(日)「天下人・徳川家康と尾張徳川家の至宝」展を鑑賞!
   2017年7月9日(日)15:50〜17:10母と一緒に富山県水墨美術館で 北日本放送開局65周年記念の徳川美術館展「天下人・徳川家康と尾張徳川家の至宝」を鑑賞してきました。  主催は、徳川美術館展実行委員会(富山県水墨美術館、北日本放送)と徳川美術館、共催は、北日本新聞社。会期は 7月7日(金)から8月20日(日)まで。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/11 08:53
東京都美術館で 特別展「 ボイマンス美術館所蔵ブリューゲル「バベルの塔」展 」を鑑賞してきました。 
   2017年 6月22日(木)10:40〜11:40東京都美術館で 特別展「 ボイマンス美術館所蔵ブリューゲル「バベルの塔」展 」を鑑賞してきました。 会期は 2017年4月18日(火)〜7月2日(日) 16世紀ネーデルランド絵画の巨匠 ヒエロニムス・ボスの傑作「聖クリストフォロス」「放浪者」の日本初公開と、ピーテル・ブリューゲル1世の「バベルの塔」の24年ぶりの日本公開をメインとする、16世紀ネーデルランドの油彩画や版画の魅力を紹介する特別展でした。 主催は、東京都美術館、朝日新聞社、TB... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/28 16:26
「NHKテキスト100分de名著(6月)「維摩経」(語り手)釈徹宗(NHK出版)」を読みました!
 「NHKテレビテキスト100分de名著(6月)「維摩経」(語り手)釈徹宗(NHK出版)」を読みました。 維摩経は、出家中心主義の仏教に異議を唱え、大乗仏教の精神を徹底して解説して、仏教思想の大転換を説いた物語。 維摩経について、25分ずつ、4回で解説するテレビ番組のテキストでした。 釈徹宗先生は、1961年大阪府生まれの宗教思想研究者、如来寺住職、相愛大学教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/19 08:10
5月28日(日)富山県水墨美術館で「I LOVE日本画」展を鑑賞してきました!
    2017年5月28日(日)15:10〜16:10母と一緒に富山県水墨美術館で 企画展「 I LOVE日本画 」を鑑賞してきました。 主催は 水野美術館展実行委員会【富山県水墨美術館、富山テレビ放送】共催は、北日本新聞社。 会期は 5月19日(金)から6月25日(日)まで。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/14 11:23
5月13日(土)の午後、富山県民会館ホールで 柳家小三治独演会を鑑賞!
   平成29年 5月13日(土)14:00〜16:20県民会館ホールで 柳家小三治独演会を鑑賞してきました。 主催は 富山県文化振興財団、共催は富山県と北日本放送、後援は富山県芸術文化協会の企画でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/13 22:15
NHKテキスト「落語でつかむ話し方の極意」読みました!
   「NHKテレビテキスト まる得マガジン「落語でつかむ話し方の極意」日本放送協会・NHK出版編集 (NHK出版)」 を 読みました。 NHK Eテレで 4月3−13日、5月15−25日に 5分ずつ8回で放送されるテレビ番組のテキストでした。 講師は、野村亮太先生。 落語は、立川こはるさん。 自己紹介に!スピーチに!プレゼンに!人前で話すのが怖くなくなるコツ、教えます!というキャッチコピーに惹かれて買ってしまったテキストです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/19 20:10
4月9日(日)富山県水墨美術館で石崎光瑤展を鑑賞!
   2017年4月9日(日)16:10〜17:30母と一緒に富山県水墨美術館で 企画展「花鳥画の煌めきー没後70年 石崎光瑤展」を鑑賞してきました。 主催は 富山県水墨美術館、富山新聞社、北國新聞社。 会期は 4月7日(金)から5月14日(日)まで。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/10 02:02
「NHKテキスト100分de名著(4月)『人生論ノート』三木清(語り手)岸見一郎」読みました!
 「NHKテレビテキスト100分de名著(4月) 『人生論ノート』三木清(語り手)岸見一郎(NHK出版)」を読みました。 三木清(1897−1945)は、日本を代表する哲学者。1940年代のベストセラー作家。 岸見一郎先生は、 1956年京都府生まれの西洋哲学史研究者。哲学者。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/02 13:26
「NHKテレビテキスト「NHK趣味どきっ!三都・門前ぐるめぐり」日本放送協会・NHK出版編集」読了!
   「NHKテレビテキスト 「NHK趣味どきっ!三都・門前ぐるめぐり」日本放送協会・NHK出版編集」 《NHK出版》」 を読みました。  4月4日(火)から5月30日(火)まで Eテレで放送されるテレビ番組のテキストでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/02 12:12
2月27日(月)14:00〜17:00大崎ブライトコア3階ホールでビッグデータセミナーを聴講!
    2017年2月27日(月)14:00〜17:00東京都品川区北品川5丁目5-15大崎ブライトコア3階ホールで、日経ビッグデータ読者無料セミナーがあったので 参加してきました。 テーマは、「いよいよ活用元年 ビッグデータ×AI×IoTが生み出す経済インパクトを生む年へ」 講師は、日経ビッグデータ編集長の杉本昭彦氏、京都大学大学院医学研究科教授の奥野恭史氏、会津若松市企画政策部副参事の村井遊氏、トヨタ自動車未来開拓室担当部長・筑波大学大学院システム情報系社会工学域客員教授の高原勇氏... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/01 21:06
2月26日(日)15:00〜16:50県民会館ホールで音劇「北前船」を鑑賞してきました!   
   平成29年 2月26日(日)15:00〜16:50県民会館ホールで 母と一緒に音劇「北前船」を鑑賞してきました。構成・脚本・演出は 江嵜大兄さん、音楽監督・作曲は furani さん、舞踊監督・洋舞振付けは 鈴木稔さん、日本舞踊振付けは 市山松扇さんという、 「北前船」をモチーフとした創作舞台でした。 furaniさん指揮の和洋オーケストラは、東京室内管弦楽団13人と富山の演奏家18人。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/01 03:00
「NHKテキスト 「趣味どきっ!中村獅童のいざ歌舞伎へ」NHK出版編集《NHK出版》」 読みました!
   「NHKテレビテキスト 「NHK趣味どきっ!中村獅童のいざ歌舞伎へ」NHK出版編集《NHK出版》」 を読みました。 2月7日(火)から3月28日(火)まで 25分ずつ8回、Eテレで放送されるテレビ番組のテキストでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/01 01:12
「「世界一簡単にわかる人体解剖図鑑」坂井建雄監修(宝島社)」読了!
   「世界一簡単にわかる人体解剖図鑑」坂井建雄監修(宝島社)を読みました。 最近は 年のせいか 変な姿勢で長時間仕事をしていると、体のあちこちで痛みやら しびれが出て、回復までに 時間がかかるようになってきたもので、脳と全身の器官とのつながりについて、骨と筋肉の構造や神経系とのつながりについて、脊柱の各部と腕や指の痛み・しびれとの関係について、もう少し きちんと知りたいと思って読んだのですが、なかなか1冊では、すっきりできないようです。 坂井建雄(さかいたつお)先生は、1953年大阪府生ま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/01 00:30
2月19日(日)14:〜高岡文化ホールで「モーツァルトが語る美しき魔笛」を鑑賞!
   平成29年2月19日(日)14:00〜15:40母と一緒に富山県高岡文化ホールで、歌劇 「天沼裕子演出 モーツァルトが語る美しき魔笛」を鑑賞してきました。  富山県高岡文化ホール開館30周年記念の企画でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/21 03:57
2月12日(日)富山県水墨美術館で「興福寺の寺宝と畠中光享展」鑑賞!
     平成29年2月12日(日)15:〜母と一緒に富山県水墨美術館で 展覧会 「興福寺の寺宝と畠中光享展」を鑑賞してきました。  会期は、2月10日(金)から3月20日(月)  主催は、富山県水墨美術館、法相宗大本山興福寺、日本経済新聞社、BSジャパン、北日本新聞社、北日本放送。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/21 03:55
1月13日(金)10:50〜国立西洋美術館で「クラーナハ  五〇〇年後の誘惑」を鑑賞してきました!
    2017年1月13日(金)10:50〜11:50国立西洋美術館で「クラーナハ  五〇〇年後の誘惑」を鑑賞してきました。 ドイツ・ルネサンスを代表する宮廷画家 ルカス・クラーナハ(父、1472〜1553年)工房の作品の全貌を紹介し、その影響を受けた作品まで紹介する展示でした。 会期は、2016年10月15日(土)〜2017年1月15日(日) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/23 05:20
1月8日(日)14:〜オーバードホールで新国立劇場バレエ団の公演「シンデレラ」を鑑賞!
     2017年1月8日(日)14:00〜16:40オーバードホールで新国立劇場バレエ団の公演「シンデレラ」が開催されたので、母と妻と3人で鑑賞してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/09 13:19
「「灯をともす言葉」花森安治〔河出書房新社〕」読みました!
   「灯をともす言葉」花森安治著〔河出書房新社〕を読みました。 雑誌「暮しの手帖」の名物編集長 花森安治の執筆・対談記事から編集・抜粋した本でした。 花森安治(1911.10.25〜1978.1.14)は、兵庫県神戸市生まれの雑誌編集者、グラフィックデザイナー、コピーライター。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/08 11:39
12月23日(金)富山県水墨美術館で展覧会「あつまれ墨画アーティスト」を鑑賞してきました!
    2016年12月23日(金)午後3時から母と一緒に富山県水墨美術館で 展覧会 「あつまれ墨画アーティスト」を鑑賞してきました。 8月22日(月)から小学生と幼児を集めて開催されたワークショップ「のぞいてみよう水の中」 で 子供たちが制作した作品と講師の鈴木敬三先生の作品や、水を描いた県内外の美術館や水墨美術館が所蔵す作品を紹介する展覧会でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/28 02:41
12月4日(日)14:10〜森記念秋水美術館で、「九谷焼〜現代の名品展」を鑑賞してきました!
   2016年12月4日(日)14:15〜15:20母と一緒に 森記念秋水美術館の 三階で 山岸大成先生のギャラリートークを聞いた後、企画展「継承される多彩な美  九谷焼〜現代の名品展」 を鑑賞してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/11 11:29
10月23日(日)水墨美術館で 近代日本画名品展を鑑賞してきました!
    2016年10月23日(日)午後3時から母と一緒に富山県水墨美術館で ウッドワン美術館所蔵名作選『近代日本画名品展』を鑑賞してきました。 ウッドワン美術館は、広島県廿日市市吉和に所在する(株)ウッドワンの所蔵する美術品を展示公開する美術館だそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/25 03:50
8月21日(日)水墨美術館で『北陸の三名刹の名宝展』を鑑賞してきました!
   2016年8月21日(日)午後二時から母と一緒に富山県水墨美術館で『北陸の三名刹の名宝展』を鑑賞してきました。  曹洞宗の大本山永平寺、大本山総持寺祖院、高岡山瑞龍寺の三寺院の名宝を紹介する展示でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/31 09:17
7月24日(日)17:〜オーバードホールで 市川染五郎・松竹大歌舞伎を鑑賞してきました!
    2016年7月24日(日)17:00〜19:50 家族3人で 市川染五郎・松竹大歌舞伎をオーバードホールで鑑賞してきました。 6月30日(木)から7月31日(日)で全国の公立文化施設を回る歌舞伎公演の催しでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/25 09:01
7月10日(日)の午後3:〜森記念秋水美術館で 常設展、企画展を鑑賞してきました!
   2016年7月10日(日)15:00〜16:00、母と一緒に 森記念秋水美術館の 三階で 開館記念の企画展「細川護煕の美と永青文庫の至宝」、二階で 常設展「秋水の美〜日本刀をめぐる美の世界〜」を鑑賞してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/11 02:00
7月9日(土)FP協会の継続研修で『空き家問題の現状認識と相談の勘所』について中山先生の講義を聴講!
    2016年7月9日(土)10:00〜11:50 高岡エクールで 日本FP協会富山支部の継続研修会が 開催されたので参加してきました。 今回のテーマは 『FPに必要な空き家問題の現状認識と勘所』について。 講師は、NPO法人とやまホーム管理サービス理事の中山聡先生。 一級建築士・不動産鑑定士としての不動産コンサルティングの仕事から、四年前に富山に戻り 空き家の活用と管理の問題に関心を持ち、NPO法人とやまホーム管理サービスの活動に関わるようになった経緯と現状がよく分かる有意義な研修会で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/10 05:52
7月3日(日)15:〜富山県水墨美術館で「鬼才 河鍋暁斎展」を鑑賞してきました!
   2016年7月3日(日)15:00〜15:50、母と一緒に富山県水墨美術館で 「鬼才 河鍋暁斎 〜幕末と明治を生きた絵師〜」の展示を鑑賞してきました。     河鍋暁斎(かわなべきょうさい)は、天保2年(1831年)茨城県古河市生まれの絵師,7歳で浮世絵師・歌川国芳に入門し、その後狩野派や四条派の技法を習得して明治22年(1889年)59歳で没するまで 漢画から浮世絵まで 流派を超えた表現を習得し、虫眼鏡で見るような繊細で綿密な絵画から17メートルの巨大引き幕まで、多種多様な作品を遺した... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/04 04:55
「NHKテキスト100分de名著(4月)歎異抄 (語り手)釈徹宗(NHK出版)」読みました!
   「NHKテレビテキスト100分de名著(4月) 歎異抄  (語り手)釈徹宗(NHK出版)」を読みました。 浄土真宗の聖典とされる歎異抄について、釈徹宗先生が、わかりやすく100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。  釈徹宗先生は、 1961年大阪府生まれの僧侶、宗教思想研究者。相愛大学教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/24 08:21
4月3日(日)14:30〜富山県水墨美術館で、「水美のベスト版 所蔵名品展を鑑賞してきました!」
   2016年4月3日(日)14:20〜15:20、母と一緒に富山県水墨美術館で 「水美のベスト版 所蔵名品展」を鑑賞してきました。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/11 04:00
「NHKテキスト100分de名著(3月)司馬遼太郎  国盗り物語 花神 〜」読みました!
   「NHKテレビテキスト100分de名著(3月)司馬遼太郎  国盗り物語 花神 「明治」という国家 この国のかたち (語り手)磯田道史《NHK出版》」を読みました。  司馬遼太郎さん(1923 〜 1996 )は、大正12年8月大阪生まれの直木賞作家。平成3年 文化功労賞、平成5年文化勲章受章者。 平成8年2月逝去。 磯田道史先生が、司馬遼太郎さんの作品の世界について 100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。  磯田道史先生は、 1970年岡山県生ま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/01 12:17
2月28日(日)の午後、富山県水墨美術館で『石黒宗麿のすべてと人間国宝の作家たち』を鑑賞!
   2016年2月28日(日)の午後2時から、母と一緒に富山県水墨美術館で 企画展「石黒宗麿のすべてと人間国宝の作家たち」の展示を鑑賞してきました。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/01 07:56
1月23日(土)富山県民会館美術館で、「美しい富山U 〜富山を描く120景より〜」の展示を鑑賞!
     平成28年1月23日(土) 母と二人で 富山県民会館美術館で、「美しい富山U 〜富山を描く120景より〜」の展示を鑑賞してきました。  県民会館リニューアルオープン・開館50周年記念事業で、1月23日(土)から2月21日(日)までの企画展でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/29 01:29
1月 9日(土)の午後、オーバード・ホールで ウイーン・サロン・オーケストラのコンサートを鑑賞!
   2016年 1月 9日(土)14時から、母と妻と一緒にオーバード・ホールで ウイーン・サロン・オーケストラのニューイヤーコンサート2016 を鑑賞してきました。 主催は、公益財団法人富山市民文化事業団と富山市。 共催は、北日本新聞社、富山テレビ、FMとやま。 後援は、富山県と富山県公立文化施設協議会。 協賛メセナ企業は、創立10周年記念の学校法人片山学園という企画でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/10 19:29
12月13日(日)富山県水墨美術館で企画展「龍虎召喚!水墨で描かれた霊獣たち」を鑑賞!
    12月13日(日)の午後2時から、母と一緒に富山県水墨美術館で 企画展「あつまれ墨画アーティスト龍虎召喚!水墨で描かれた霊獣たち」の展示を鑑賞してきました。  12月4日《金》から1月17日《日》までの展示でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/30 12:28
「NHKテキスト100分de名著(11月) サルトル「実存主義とは何か」 (語り手)海老坂武」読了!
   「NHKテレビテキスト100分de名著(11月) サルトル 「実存主義とは何か」 (語り手)海老坂武(NHK出版)」を読みました。  哲学者、小説家、劇作家として、実存主義の哲学とアンガジュマンの思想から 発言を続け、戦後の哲学・思想に大きな影響を与えた J・P サルトルの思想について、海老坂武先生が 100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。  海老坂武先生は、 1934年12月7日東京都生まれの、フランス文学者、評論家。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/30 10:24
10月27日(火)19:00〜21:20チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の演奏を鑑賞しました! 
   2015年10月27日(火)19:00〜21:20富山県民会館ホールで、「チェコ・フィルハーモニー管弦楽団&庄司紗矢香」とやま特別公演を鑑賞してきました。 県民会館の リニューアルオープンと 開館50周年を記念して、公益財団法人富山県文化振興財団が主催、富山県・北日本新聞社・北日本放送が共催、一般社団法人富山県芸術文化協会が後援した企画でした。  出演者は、 指揮:イルジー・ビエロフラーヴェク、管弦楽・チェコ・フィルハーモニー管弦楽団、ヴァイオリン・庄司紗矢香さんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/30 02:45
10月24日(土)の午後、ふれあい太極拳フェスティバル2015開催(富山市2000年体育館)!
   2015年10月24日(土)14:00〜 富山市2000年体育館で、平成21年から1年おきに開催している第4回太極拳フェスティバル『ふれあい太極拳フェスティバル2015』が開催され、教室の参加者や関係者が、富山県・石川県内の11教室から集まりました。 主催者のとやま日中文化交流会を代表して ご挨拶をしてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/30 02:36
10月12日(月)富山能楽堂で 第21回 藤扇会の日本舞踊を鑑賞しました!
    平成27年10月12日(月)13:30〜富山能楽堂で 第21回 藤扇会が開催されたので、母と一緒に鑑賞してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/25 18:27
富山県水墨美術館で 10月11日(日)『雪舟から等伯へ〜旅に生きた水墨画の巨匠たち〜』を 鑑賞! 
 2015年10月11日の午後、母と一緒に富山県水墨美術館で、 『雪舟から等伯へ〜旅に生きた水墨画の巨匠たち〜』を 鑑賞してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/22 03:39
トランヴェール10月号の特集 「北陸を創った戦国武将」 読みました!
   2015年10月 3日(土)北陸新幹線で東京に行く途中、トランヴェール10月号の特集 「北陸を創った戦国武将 〜柴田勝家、佐々成政、前田利家の足跡を訪ねる〜」を読みました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/21 07:35
「NHK100分de名著(9月) 太宰治 『斜陽』(語り手)高橋源一郎(NHK出版)」読みました! 
   「NHKテレビテキスト100分de名著(9月) 太宰治 『斜陽』(語り手)高橋源一郎(NHK出版)」を読みました。  終戦後,1947年のベストセラー小説, 太宰治(1909.6.19〜1948.6.13)の「斜陽」について 高橋源一郎先生が 100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。  高橋源一郎先生は、 1951年広島県生まれの作家。明治学院大学教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/06 01:10
トランヴェール9月号の特集 「“奥州王”が愛した食〜伊達政宗から始まる宮城の食文化〜」読みました!
  2015年 8月31日(月)北陸新幹線で東京に行く途中、トランヴェール9月号の特集 「“奥州王”が愛した食〜伊達政宗から始まる宮城の食文化〜」を読みました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/04 17:06
トランヴェール8月号の特集  「青森・函館「双子都市」物語」読みました!
  2015年 8月31日(月)東京から帰りの北陸新幹線で、トランヴェール8月号の特集 「青森・函館「双子都市」物語」を読みました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/04 11:12
7月25日(土)四代目中村鴈治郎襲名披露 松竹大歌舞伎を富山県民会館ホールで鑑賞してきました!
    2015年7月25日(土12:00〜15:10 )四代目中村鴈治郎襲名披露 松竹大歌舞伎を富山県民会館ホールで鑑賞してきました。   7月、9月と全国の公立文化施設を回る歌舞伎公演の催しでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/26 09:16
トランヴェール7月号特集「そうだ、健康なら山形だ。」読みました!
    2015年 7月16日(木)公認会計士協会の木曜講座参加のため東京に行く途中、北陸新幹線の中で トランヴェール7月号を読みました。 7月号の特集は、「そうだ、健康なら山形だ。〜旅で元気を取り戻そう〜」 でした。  ヘルスツーリズムの先進地 山形の旅を紹介し、この夏は 旅することで元気になろうという企画でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/24 15:48
「NHK100分de名著(7月)小泉八雲『日本の面影』(語り手)池田雅之(NHK出版)」読みました!
   「NHKテレビテキスト100分de名著(7月) 小泉八雲 『日本の面影』(語り手) 池田雅之(NHK出版)」を読みました。  小泉八雲が、1890年頃の日本文化と日本人の生活について記述した日本についての紀行文『日本の面影』について、池田雅之先生が100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。  池田雅之先生は、1946年三重県生まれの比較文学・比較基層文化論研究者、早稲田大学教授・国際言語文化研究所所長。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/19 01:15
「NHK100分de名著( 6月)ソポクレス 『オイディプス王』(語り手)島田雅彦」読了!
   「NHKテレビテキスト100分de名著( 6月) ソポクレス 『オイディプス王』(語り手) 島田雅彦(NHK出版)」を読みました。 「物語」の元型として、 紀元前5世紀から現在まで、読み継がれてきたソポクレスの『オイディプス王』について、島田雅彦先生が100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。  島田雅彦先生は、1961年 東京都生まれの作家、法政大学国際文化学部教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/13 14:11
5月24日(日)334複合地区第61回年次大会・名古屋国際会議場に参加してきました!
    2015年5月24日(日)第61回334複合地区年次大会のため、中部観光のバスで富山第一ホテルを8:20にスタートして、 名古屋国際会議場に集まりました。   複合の5地区から、367クラブの2301名が集まりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/06 23:01
北陸新幹線の車中で5月23日(土)トランヴェール5月号の特集「神になった徳川家康」 を読みました!
   2015年 5月23日(土)公認会計士協会の土曜講座参加のため東京に行く途中、北陸新幹線の中で トランヴェール5月号を読みました。 5月号の特集は、「神になった徳川家康」 でした。 家康400回忌の年に、家康ゆかりの東京・日光などの史跡を旅して、家康の足跡を訪ねようという企画でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/26 19:59
5月16日(土)第61回334ーD地区年次大会のため石川県立音楽堂に集合!
    2015年5月16日(土)第61回334ーD地区年次大会のため石川県立音楽堂に集合しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/18 02:58
5月 9日(土)の午後、富山県民会館ホールで 久石譲&新日本フィルハーモニー交響楽団の演奏を鑑賞!
   平成27年5月 9日(土)14::00〜16:30富山県民会館ホールで 久石譲&新日本フィルハーモニー交響楽団の演奏を鑑賞してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/17 10:32
3月16日(月)18:30〜新しい富山県民会館ホールで『立川志の輔独演会』を鑑賞してきました!
    2015年 3月16日(月)18時30分から21時まで 富山県民会館リニューアルオープン記念事業『立川志の輔独演会」を鑑賞してきました。 主催は 公益財団法人富山県文化振興財団、後援は 富山県芸術文化協会、制作は (株)オフィスてるてる でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/20 23:56
3月15日(日)13:〜16:オーバードホールでミュージカル「ショーボート」鑑賞してきました!
    2015年 3月15日(日)オーバードホールで 13時から家族4人で 新作ミュージカル「ショーボート」を鑑賞してきました。  出演は、 マグノリア 土居裕子さん、ゲイロード 岡幸二郎さん、ジュリー 剣 幸さん、アンディ船長  浜畑賢吉さん、エリー 北村岳子さん、フランク 本間憲一さん、演出・振り付けは、ロジャー・カステヤーさん、翻訳・訳詞は、高橋知伽江さん、音楽監督は 八幡茂さん、指揮は若林裕治さん、歌唱指導は、小林仁さんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/20 15:20
「別冊NHK100分de名著「老子×孫子 「水」のように生きる」蜂谷邦夫、湯浅邦広」読みました!
   「別冊NHK100分de名著「老子×孫子 「水」のように生きる」(語り手)蜂谷邦夫、湯浅邦広(NHK出版)」を読みました。 老子について蜂屋邦夫先生が、孫子について湯浅邦広先生が、100分で解説されたNHKのテレビ番組のテキストをベースにして、「水」のように生きることを理想とした2人の思想を 4つの章でわかりやすく解説した本でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/03 07:13
「100分de名著( 2月) メアリ・シェリー 『フランケンシュタイン』(NHK出版)」読了!
   「NHKテレビテキスト100分de名著( 2月) メアリ・シェリー 『フランケンシュタイン』(語り手)廣野由美子(NHK出版)」を読みました。メアリ・シャリーの『フランケンシュタイン』について、廣野由美子先生が100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。  廣野由美子先生は、1958年大阪府生まれの英文学研究者。京都大学大学院人間・環境学研究科教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/02 07:34
『源氏物語絵巻〜現状模写・復元模写に見る王朝美の世界』展示を1/18の午後2: 鑑賞してきました!
    2015年 1月18日(日)14:〜15: 富山県水墨美術館開館15周年記念の『源氏物語絵巻〜現状模写・復元模写に見る王朝美の世界』展示を 母と二人で鑑賞してきました。 1月16日《金》から3月1日《日》までの展示ですが、始まったばかりのせいか空いていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/21 08:16
北陸税理士会・北税協連・北陸税理士政治連盟の平成27年度新年賀詞交歓会1月16日《金》開催!
   2015年 1月16日(金)17:00〜18:50 ホテル日航金沢3F孔雀の間で 北陸税理士会・北税協連・北陸税理士政治連盟の平成27年度新年賀詞交歓会が開催されたので参加してきました。  関係団体の役員の皆さん、国会議員の先生方、マスコミ関係の方々、提携金融機関・生損保会社の皆さん等 217名が参加されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/21 07:49
「NHKテキスト100分de名著( 1月) 岡倉天心 茶の本(語り手)大久保喬樹(NHK出版)読了!
    「NHKテレビテキスト100分de名著( 1月) 岡倉天心 茶の本 (語り手)大久保喬樹(NHK出版)」を読みました。 岡倉天心の「茶の本」について、大久保喬樹先生が100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。  大久保喬樹先生は、1946年茨城県生まれ、横浜育ちの比較文学比較文化研究者、東京女子大学教授。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/08 12:09
「「いまドキ語訳越中万葉」北日本新聞社編(北日本新聞社)」読みました!
   「いまドキ語訳越中万葉」北日本新聞社編(北日本新聞社)を読みました。 大伴家持が国守として越中国に着任した746年(天平18年)から 少納言として都に戻る751年(天平勝宝3年)までの間に 家持の周辺で詠まれた歌や伝承された歌と 古い時代の越中・能登の地方民謡を含む「越中万葉」337首の中の自分好みの歌に、 50人の現代歌人が いまドキ語訳の現代短歌をつけて、北日本新聞文化面で2012年7月から2013年3月まで連載された「いまドキ語訳越中万葉」のなかから、29首を選び 加筆し、公募作品... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/06 12:18
「NHKラジオテキスト「物語の中の宗教」(語り手)島薗進(NHK出版)」読みました!
   「NHKラジオテキスト「物語の中の宗教」(語り手)島薗進(NHK出版)を読みました。 物語を通して伝えられる宗教的なものについて、島薗進 先生が 四十分ずつ13回で解説されたラジオ番組のテキストでした。  島薗進先生は、1948年東京都生まれの宗教学・宗教史学研究者、上智大学グリーフケア研究所長。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/04 12:38
「「NHK100分de名著(12月)シェイクスピア ハムレット(語り手)河合祥一郎(NHK出版)」
    「NHKテレビテキスト100分de名著(12月) シェイクスピア ハムレット (語り手)河合祥一郎(NHK出版)」を読みました。 シェイクスピアの有名な戯曲ハムレットの謎について、河合祥一郎先生が100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。  河合祥一郎先生は、1960年7月福井県生まれの英国文学研究者、表象文化研究者、翻訳家、脚本家。東京大学大学院教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/02 23:53
「 NHKテレビテキスト(11月) 洪自誠 菜根譚(語り手)湯浅邦弘(NHK出版)」読みました!
    「NHKテレビテキスト100分de名著(11月) 洪自誠 菜根譚(語り手)湯浅邦弘(NHK出版)」を読みました。 中国処世訓の中でも 日本で最も人気のある菜根譚について、湯浅邦弘先生が100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。  湯浅邦弘先生は、1957年島根県生まれの中国思想史研究者、大阪大学大学院教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/24 13:56
「「しあわせのパン」三島有紀子 (ポプラ文庫)」読みました!  
     「しあわせのパン」三島有紀子 著(ポプラ文庫)を読みました。 映画 「しあわせのパン」の原作小説でした。 三島有妃子さんは、大阪府生まれの脚本家、作家、映画監督。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/21 09:12
富山県水墨美術館開館15周年記念の『点からはじまる墨の世界』展示を11/2(日)鑑賞してきました!
    2014年11月2日(日)14:〜15: 富山県水墨美術館開館15周年記念の『あつまれ墨画アーティスト 点からはじまる墨の世界』展示を 母と二人で鑑賞してきました。 10月31日から12月14日までの展示ですが、朝から雨が降っていたこともあって空いていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/04 03:02
「NHKラジオテキスト「中高年のための脳トレーニング」篠原菊紀(NHK出版)」読みました!
    「NHKラジオテキスト「中高年のための脳トレーニング」篠原菊紀著(NHK出版)」を読みました。 篠原菊紀先生は 1960年、長野県茅野市生まれの脳科学・健康教育学研究者、諏訪東京理科大学教授。 、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/27 10:21
「NHKテキスト100分de名著(10月)清少納言 枕草子 (語り手)山口仲美(NHK出版)」読了!
    「NHKテレビテキスト100分de名著(10月)清少納言 枕草子 (語り手)山口仲美(NHK出版)」を読みました。 世界初の随筆文学として、十世紀から1000年以上読み継がれてきた、清少納言の『枕草子』について、山口仲美先生が100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。  山口仲美先生は、1943年静岡県生まれの日本語学者。日本古典文学研究者、埼玉大学名誉教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/27 09:20
10月12日(日)富山県立近代美術館で『藤森兼明展永遠の祈り』鑑賞してきました!
      2014年10月12日(日)の午後、母と一緒に富山県立近代美術館で 『藤森兼明展永遠の祈り』を鑑賞してきました。   富山県立近代美術館と北日本新聞社の主催で、9月20日から10月30日の展示でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/14 09:52
トランヴェール10月号「麗しき鳥海山を楽しむ旅」を読みました!
   2014年10月11日(土)資産税研修会で東京に行く途中の新幹線で トランヴェールの10月号を読みました。 10月号の特集は、「麗しき鳥海山を楽しむ旅」 でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/13 21:29
名古屋フィルハーモニー交響楽団の9/27(土)15:〜富山県教育文化会館ホールでの演奏を鑑賞!
    2014年 9月27日(土)15時から17時、母と一緒に富山県教育文化会館ホールで 名古屋フィルハーモニー交響楽団の演奏を鑑賞しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/29 08:52
富山県水墨美術館で9月21日(日)「円山応挙と四条派展」を鑑賞してきました!
    2014年 9月21日(日)11時50分から12時40分、母と一緒に富山県水墨美術館で「円山応挙と四条派展」を鑑賞してきました。 主催は、「円山応挙と四条派展」実行委員会、共催は日本経済新聞社、協力は 相国寺 承天閣美術館。9月12日から10月26日までの展示でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/22 08:55
8月29日の夕方 風吹ジュンさんと国井雅比古さんの企画展「風の盆 深奥の心をさぐる」記念トークに!
    2014年 8月29日(金)17時30分から18時50分、母と一緒に富山県教育文化会館で 風吹ジュンさんと国井雅比古さんの 高志の国文学館企画展「風の盆 深奥の心をさぐる」記念トークを鑑賞してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/09 03:47
「「一体感」が会社を潰す・異質と一流を排除する(こども病)の正体」秋山進(PHPビジネス新書)」読了
    「一体感」が会社を潰す〜異質と一流を排除する(子供病)の正体」秋山進 著(PHPビジネス新書)を読みました。 秋山進 さんは、1963年奈良県生まれの経営コンサルタント。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/18 00:46
8月16日(土)13:〜富山駅北地区 サンフォルテホールで 藤扇会の日本舞踊発表会を鑑賞!
    2014年8月16日(土)13:〜富山駅北地区 湊入船町のサンフォルテホールで 藤扇会の日本舞踊発表会を鑑賞しました。 今年の発表会は、20回目ということで、会場をサンフォルテホールに変更し、会員に少しご負担をいただいて、明樂舎プロデュースの本格的なものになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/16 12:32
「NHKテキスト100分de名著(8月)アンネの日記(語り手)小川洋子(NHK出版)」を読みました!
    「NHKテレビテキスト100分de名著(8月)アンネの日記 (語り手)小川洋子(NHK出版)」を読みました。 世界記憶遺産に認定され ユネスコによって「世界で最も読まれた10冊」として紹介された「アンネの日記」について、小川洋子先生が100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。  小川洋子先生は、1962年岡山市生まれの芥川賞作家。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/16 05:41
7月20日(日)午後から母と一緒に富山県水墨美術館で「上村松篁展」を鑑賞!
    2014年 7月20日(日)14時から母と一緒に富山県水墨美術館で「上村松篁展」を鑑賞してきました。 主催は 富山県水墨美術館、日本経済新聞社、北日本新聞社、富山テレビ放送。 協力は松伯美術館。 会期は7月11日から8月10日。 いい天気でしたが 意外とすいていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/30 09:32
「NHKテキスト100分で名著《7月》ファーブル昆虫記《語り手》奧本大三郎《NHK出版》」読了!
   「NHKテレビテキスト100分de名著(7月)ファーブル昆虫記 (語り手)奥本大三郎(NHK出版)」を読みました。  昆虫と人生の回想録、ファーブル昆虫記について、奧本大三郎先生が100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。  奧本大三郎先生は、1944年大阪市生まれの フランス文学者・作家。埼玉大学名誉教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/24 09:54
「NHKテキスト100分de名著(6月)柳田国男『遠野物語』(語り手)石井正己(NHK出版)」読了!
    「NHKテレビテキスト100分de名著(6月)柳田国男『遠野物語』(語り手)石井正己(NHK出版)」を読みました。  日本の昔話や日本の原風景を伝える日本民俗学の古典、遠野物語について、石井正己先生が100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。  石井正己先生は、1958年東京都生まれの 日本文学、口承文芸学研究者。東京学芸大学教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/14 10:57
「「中国化する日本 ー 日中「文明の衝突」一千年史」 與那覇潤(文藝春秋)」読みました!
   「中国化する日本 ー 日中「文明の衝突」一千年史」 與那覇潤 著(文藝春秋)を読みました。  與那覇潤 さんは、1979年神奈川県生まれの日本近現代史、東アジア地域文化研究者。 愛知県立大学日本文化学部歴史文化学科准教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/03 00:10
「「日本が誤解される理由」金慶珠 著〈イースト新書〉」読みました!
    「「日本が誤解される理由」金慶珠 著〈イースト新書〉」を読みました。  金慶珠(キム・キョンジュ)さんは、1967年韓国・ソウル生まれの社会言語学、メディア論研究者。 東海大学教養学部准教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/02 23:13
「「英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄」 ヘンリー・S・ストークス〈祥伝社新書〉」読了!
   「英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄」 ヘンリー・S・ストークス著〈祥伝社新書〉を読みました。 ヘンリー・S・ストークスさんは、1938年イギリス生まれのジャーナリスト。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/19 10:32
「「「日本」を捨てよ」苫米地英人 著〈PHP新書〉」読みました!
    「「日本」を捨てよ」苫米地英人 著〈PHP新書〉を読みました。  苫米地英人さんは、1959年東京生まれの脳機能学・計算言語学・離散数理学・認知心理学・分析哲学研究者。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/19 10:31
「「アフリカで誕生した人類が日本人になるまで」溝口優司〈ソフトバック新書〉」読了!
   「アフリカで誕生した人類が日本人になるまで」溝口優司 著〈ソフトバック新書〉を読みました。 溝口優司さんは、1949年富山県生まれの形態人類学者。国立科学博物館人類研究部長。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/18 20:56
「NHKテキスト100分de名著(5月)『旧約聖書』(語り手)加藤隆(NHK出版)」読みました!
    「NHKテレビテキスト100分de名著(5月)『旧約聖書』(語り手)加藤隆 (NHK出版)」を読みました。   ユダヤ教、キリスト教、イスラム教のルーツとされる旧約聖書の世界について、「本格的な一神教の成立」について、「神の沈黙」の原因について、「民の罪」について、「ユダヤ教の聖書」の成立について、ユダヤ人と「シナゴーク」の活動について、「知恵文学」について、「黙示文学」について、旧約聖書の読み方について、加藤隆先生が100分で解説された、25分ずつ 4回で放送されるテレビ番組のテキス... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/04 08:47
NHKテレビテキスト趣味Do楽「籔内佐斗司流ほとけの履歴書」読みました!
   NHKテレビテキスト趣味Do楽「籔内佐斗司流ほとけの履歴書」を読みました。  日本にいらっしゃる様々なほとけさまを鑑賞するためのわかりやすいテキストとして、籔内先生が 「仏像拝観ほとけの履歴書ハンドブック」をまとめられて、籔内先生が講師となって生徒の篠原ともえさんに仏像を見ながらその来歴等を解説される25分ずつ9回のテレビ番組のテキストでした。 籔内佐斗司先生は、1953年大阪府生まれの彫刻家、東京藝術大学大学院教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/25 11:51
「NHKテキスト100分de名著(4月)『万葉集』(語り手)佐佐木幸綱(NHK出版)」読みました!
   「NHKテレビテキスト100分de名著(4月)『万葉集』(語り手)佐佐木幸綱(NHK出版)」を読みました。  人日本最古の歌集として 全二十巻 四千五百余首の言霊の宿る時代の歌を編集した万葉集をテーマに、佐佐木幸綱先生が100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。  佐佐木幸綱先生は、歌人、早稲田大学名誉教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/25 10:12
4/5(土)富山県水墨美術館で「I LOVE 日本画  西宮市大谷記念美術館コレクション展」を鑑賞!
     2014年4月5日(土)14時から母と一緒に富山県水墨美術館で「I LOVE 日本画  西宮市大谷記念美術館コレクション展」を鑑賞してきました。 主催は 西宮市大谷記念美術館展実行委員会( 富山県水墨美術館、富山テレビ放送 ) 共催は北日本新聞社。 会期は3月28日から5月6日。 始まったばかりですが、意外とすいていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/08 08:42
3月22日(土)母と一緒に新川文化ホールで「再興第98回院展 富山展」を鑑賞してきました!
    2014年3月22日(土)13時から母と一緒に新川文化ホールで 「再興第98回院展 富山展」を鑑賞してきました。 主催は 公益財団法人富山県文化振興財団 富山県民会館 公益財団法人日本美術院 北日本新聞社 北日本放送。 共催は、富山県 魚津市 魚津市教育委員会。 会期は3月14日(金)から3月30日(日)ですが、いいお天気の割に空いていて、ゆっくり鑑賞できました。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/23 13:26
3月16日(日)富山県水墨美術館で「画人富岡鉄斎展」を鑑賞してきました!
    2014年3月16日(日)14時から母と一緒に富山県水墨美術館で「画人富岡鉄斎展」を鑑賞してきました。 主催は 富山県水墨美術館、北陸中日新聞、富山テレビ放送。 午後から雨が上がったので 出かけましたが 会期も終わり近く 空いていて のんびり鑑賞できました。  会期は 2月14日〈金〉から3月23日〈日〉まで。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/19 03:36
3月8日(土)15:00〜17:10富山県高岡文化ホールで「ラフマニノフの世界」を鑑賞してきました!
    2014年3月8日(土)15:00〜17:10富山県高岡文化ホールで「ラフマニノフの世界」を鑑賞してきました。 主催は 公益財団法人富山県文化振興財団、共催は 富山県、北日本新聞社、富山テレビ放送、FMとやま、後援は 高岡市教育委員会、一般社団法人富山県芸術文化協会。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/19 03:00
3月5日(水)立山科学グループの講演会で桜井進先生の講演を聞きました!
  2014年3月5日(水)16:00〜17:30ANAクラウンプラザホテル富山3階「鳳」において 立山科学グループの特別講演会が開催されたので聴講してきました。 今年の講師は、サイエンスナビゲーターの桜井進先生。 講演のテーマは、「驚異の数、円周率Πの世界 〜ひとはなぜΠを計算し続けるのか〜 」  桜井進先生は、1968年山形県生まれの東京理科大学等非常勤講師。 (株)サクライ・サイエンス・ファクタリ代表取締役。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/19 01:34
 「NHKテキスト100分de名著(3月)『孫子』(語り手)湯浅邦弘(NHK出版)」読了!
    「NHKテレビテキスト100分de名著(3月)『孫子』(語り手)湯浅邦弘(NHK出版)」を読みました。  人生哲学書として2500年前から読み継がれてきた「孫子」について 湯浅邦弘先生が100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。  湯浅邦弘先生は、1957年島根県生まれの中国思想史研究者。大阪大学大学院教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/18 01:24
「「言葉力が人を動かす」坂根正弘〈東洋経済新報社〉」読みました!
    「言葉力が人を動かす」坂根正弘 著〈東洋経済新報社〉を読みました。  なぜメンバーが リーダーに従って動くのか? リーダーの発する言葉に、メンバーが耳を傾け理解・納得して協力する リーダーの言葉力とは どういうものか? 小松の業績のV字回復の経験から、リーダーシップと言葉力について、考えたことをまとめた本でした。 坂根正弘さんは、1941年島根県生まれの企業経営者、(株)小松製作所会長。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/17 23:50
「「ラジオ深夜便 花が好き!自然が好き!」聞き手・須磨佳津江(NHKサービスセンター)」読了!
    「ラジオ深夜便 花が好き!自然が好き!」聞き手・須磨佳津江(NHKサービスセンター)を 読みました。 人間は ストレスがたまると花の前で立ち止まる習慣があるようで、本屋で誕生日の花と短歌の本を見たついでに 花に関わる仕事で自分の世界を 築き上げた方々の物語も読みたくなって買った本です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/01 14:58
「「ラジオ深夜便 誕生日の花と短歌365日」短歌 鳥海昭子(NHKサービスセンター)」読了!
  「「ラジオ深夜便 誕生日の花と短歌 365日」短歌 鳥海昭子(NHKサービスセンター)」を読みました。 鳥海昭子( とりのうみあきこ )( 1929-2005)さんは、長年 児童養護施設での福祉教育に従事しながら・ 人間への愛情を詩情豊かに表現した短歌て注目された歌人、エッセイスト。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/01 14:40
「NHK100分de名著(2月)フロム『愛するということ』(語り手)鈴木晶(NHK出版)」読了!
   「NHKテレビテキスト100分de名著(2月)フロム『愛するということ』(語り手)鈴木晶(NHK出版)」を読みました。 人が人を愛するという人間の心理について,その本質を考え、人を愛するためには何が必要かを考えた エーりっひ・フロムの考え方・世界観を、鈴木晶先生が100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。  鈴木晶(すずき・しょう)先生は、1952年東京都生まれの精神分析学・舞踊学・心理学研究者。法政大学国際文化学部教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/18 08:25
「「世界のエリートはなぜ、この基本を大事にするのか?」戸塚隆将〈朝日新聞出版〉」読みました!
    「世界のエリートはなぜ、この基本を大事にするのか?」戸塚隆将 著〈朝日新聞出版〉を読みました。 戸塚隆将さんは、1974年東京都生まれの企業経営者、シーネクスト・パートナーズ(株)代表取締役。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/02 11:14
「NHKテレビテキスト趣味Do楽(12−1月)落語でブッダ(講師)釈 徹宗(NHK出版)」を読了!
   「NHKテレビテキスト 趣味Do楽(12−1月)落語でブッダ(講師)釈 徹宗(NHK出版)」を読みました。 毎週月曜日午後9時半からのテレビ番組で 趣味の世界を25分ずつ8回で紹介する放送のテキストでした。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/01 23:57
「NHK100分de名著(1月)世阿弥『風姿花伝』(語り手)土屋恵一郎(NHK出版)」読みました!
   「NHKテレビテキスト100分de名著(1月)世阿弥『風姿花伝』(語り手)土屋恵一郎(NHK出版)」を読みました。  芸能の世界で 時代のスターとして価値創造を続けるための戦略をまとめた 世阿弥の演劇論「風姿花伝」の世界を、土屋恵一郎先生が100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。  土屋恵一郎先生は、1946年東京都生まれ法哲学者、演劇評論家。明治大学法学部教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/12 12:32
「NHK100分de名著(12月)ドストエフスキー『罪と罰』(語り手)亀山郁夫(NHK出版)」読了!
    「NHKテレビテキスト100分de名著(12月)ドストエフスキー『罪と罰』(語り手)亀山郁夫(NHK出版)」を読みました。  ドストエフスキーが巨額の借金と生活苦の中で アレクサンドル2世の治世化の混乱する首都ペテルブルグの都市社会を舞台に、1865年1月にモスクワで起きた宝石商殺害事件と同年9月にペテルブルクで起きた高利貸し商殺害事件の新聞記事にヒントを得てさらに肉付けを加えて書き上げた ロシア文学の傑作を、亀山郁夫先生が 100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/22 20:27
トランヴェール12月号「津軽海峡がつなぐ物語 〜青森・函館、海を挟んだ町を楽しむ〜」読みました!
   2013年12月14日(土)平成26年3月期決算法人対応 決算・税務申告対策研修会で東京に行く途中の上越新幹線で トランヴェールの 12月号を読みました。 12月号の特集は、「津軽海峡がつなぐ物語 〜青森・函館、海を挟んだ町を楽しむ〜」 でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/22 05:28
「「その一言が余計です。〜日本語の「正しさ」を問う〜」山田敏弘〈ちくま新書〉」読みました!
    「その一言が余計です。〜日本語の「正しさ」を問う〜」山田敏弘著〈ちくま新書〉を読みました。 山田敏弘先生は、1965年岐阜市生まれの日本語文法・岐阜方言研究者。岐阜大学シニア教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/01 12:16
「「大方言。」わぐりたかし(ぴあ)」読みました!
    「大方言。」わぐりたかし著(ぴあ)を読みました。  わぐりたかし先生は、1961年東京生まれの作家・ディレクター・プロデューサー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/01 11:26
NHK100分de名著〈11月〉)『アラビアンナイト』(語り手)西尾哲夫(NHK出版)」読みました!
   「NHKテレビテキスト100分de名著(11月)『アラビアンナイト』(語り手)西尾哲夫(NHK出版)」を読みました。 9世紀の中東で誕生し、18世紀ヨーロッパで生まれ変わったアラビアンナイトの世界を、西尾哲夫先生が 100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。  西尾哲夫先生は、1958年香川県生まれのアラブ言語・文化研究者。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/21 21:20
「東京水上散歩のススメ。〜"水の都東京"の水路を行く〜」(トランヴェール11月号)読みました! 
   2013年11月14日(木) 6:44富山駅発のはくたか1号で 木曜講座に参加してきました。越後湯沢から 8:49発のとき310号に乗って、東京駅には 9:55に到着しました。  車内では、トランヴェールの 11月号を読みました。 11月号の特集は、「東京水上散歩のススメ。〜"水の都東京"の水路を行く〜」 でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/21 19:46
水墨美術館の「お宝拝見ー我が社の逸品」展を11月10日〈日〉の午後、鑑賞してきました!
    2013年11月10日(日)14時から母と一緒に水墨美術館で「お宝拝見ー我が社の逸品」展を鑑賞してきました。 主催は 「お宝拝見ー我が社の逸品展」実行委員会、富山県水墨美術館・北日本新聞社。 雨天で人が少ないかと思って行ったのですが、結構ゆっくり鑑賞しておられる方が多くて混んでいました。 富山県内のコレクター秘蔵の作品を紹介する県内で初めての展覧会でした。 会期は10月11日〈金〉から11月24日〈日〉 主として明治期以降の絵画を中心として、日本画、フランスの画家たちの油彩画、日本の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/18 02:11
「「謎だらけの日本語」日本経済新聞社編〈日経プレミアシリーズ〉」読みました!
   「謎だらけの日本語」日本経済新聞社編〈日経プレミアシリーズ〉を読みました。 日常使われる日本語表現の意味について、よく考えると意味がわからなくなる日本語の歴史について、時代により変わってきた言葉の使い方について、正しい表現について、日本経済新聞電子版の「ことばオンライン」の記事に加筆・修正してまとめた本でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/14 07:31
トランヴェール10月号、「世界遺産、富士。その恵みを辿る。」 読みました!
    2013年10月 5日(土) 6:44富山駅発のはくたか1号で FPフェア2013に参加のため東京国際オーラムに行ってきました。 越後湯沢から8:49発のとき310号に乗って、東京駅には 9:55に到着しました。  車内では、トランヴェールの 10月号を読みました。 10月号の特集は、「世界遺産、富士。その恵みを辿る。」 でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/10 18:31
トランヴェール9月号「人々が支えた白神大地の自然」を読みました!
    2013年8月30日(金) 9:490富山駅発のはくたか7号で 政治資金監査実務フォローアップ説明会に参加のため大宮ソニックシテイビル市民ホールまで行ってきました。 越後湯沢から12:05発のとき322号に乗って、大宮駅には12:54に到着しました。  車内では、トランヴェールの 9月号を読みました。 9月号の特集は、「人々が支えた白神山地の自然」 でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/01 10:25
トランヴェール8月号「いま、岩手の海は。」読みました!  
    2013年7月31日(水)の午後、14:50富山駅発のはくたか17号で 木曜講座に参加のため東京に行ってきました。越後湯沢から17:01発のとき336号に乗って、東京駅には18:30に到着しました。 車内では、トランヴェールの 8月号を読みました。 8月号の特集は、「いま、岩手の海は。」 でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/04 14:26
新作歌舞伎『義経守護岩 新説雨晴譚』の初演公演2月23日(土)を鑑賞しました!
    2013年2月23日(土)の14:30開場15:00開演 富山県教育文化会館ホールで 富山県文化振興財団主催・企画制作の新作歌舞伎 『義経守護岩 新説雨晴譚(しんせつあまはらしものがたり)』の初演公演があったので見に行ってきました。 原作・演出は竹柴源一先生、義太夫作曲は鶴澤慎治先生、長唄作曲は田口拓先生、振付は林啓二さん、作調は望月太左衛門お家元という豪華な顔ぶれで 完全オリジナルの本格的な歌舞伎作品でした。 出演は林与一さん平経盛の亡霊、帆之亟さん源義経、麻尋えりかさん美鈴姫、藤... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/24 05:24
トランヴェール2月号「いざ武家の都 鎌倉へ」読みました!
    2013年 2月16日(土)の朝 富山駅発8:56のはくたか5号で 組合セミナー出席のため東京に行ってきました。 越後湯沢から94分遅れの とき314号に乗って、東京駅には12:35に到着しました。 車内では、トランヴェールの 2月号を読みました。 2月号の特集は、「いざ、武家の都 鎌倉へ  早春の鎌倉・伊豆・房総紀行」 でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/19 07:12
「NHKラジオテキストこころをよむ・人生は「道連れ」 (語り手)塩田丸男(NHK出版)」読みました!
    「NHKラジオテキストこころをよむ(2012年10〜12月)人生は「道連れ」 (語り手)塩田丸男(NHK出版)」を読みました。  7月28日に88歳の誕生日を迎えられ、健やかに老いることの幸せと、両親と神様と人生の道連れへの感謝を実感された塩田先生が、自分の人生の道連れについて、しっかり考えてみたことを、40分ずつ13回で話された ラジオ番組のテキストでした。 うち2回は、奥さんのミチルさんのお話でした。 塩田丸男先生は、1924年山口県生まれの作家。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/22 12:53
トランヴェール9月号、「東京駅ルネッサンス」読みました!
    2012年 9月21日(木)の午後 富山駅発14:54のはくたか17号で 越後湯沢から とき336号、大宮から やまびこ149号に乗り換えて 仙台に行ってきました。 車内では、トランヴェールの 9月号を読みました。 9月号の特集は、「東京駅ルネッサンス 赤レンガの駅舎をめぐる旅」(監修:奥原哲志)でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/30 21:29
「孫子とビジネス戦略」について8/10公認会計士協会の夏季全国研修会で研修しました!
    2012年8月10日(金)PM3:00−4:40公認会計士協会の夏季全国研修会で 「孫子とビジネス戦略」について 研修を受けました。  講師は 中国文化評論家の守屋 淳 先生。 お父さんの 守屋洋先生のお話は聞いたことがありましたが、淳さんの話は初めて聞きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/04 02:09
トランヴェールの7月号「ぐんま 昆虫をめぐる冒険」を読みました!
    2012年 7月19日(木)PM1:00−4:50品川のコクヨホールで開催された日本医業経営コンサルタント協会の継続研修会参加のため、上越新幹線を利用しました。 車内では、トランヴェールの7月号を読みました。 7月号の特集は、「ぐんま 昆虫をめぐる冒険」(監修:矢島稔)でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/25 08:46
「NHKカルチャーラジオ 歴史再発見 ”謎の文明”マヤの実像にせまる(語り手)青山和夫」読みました!
    「NHKカルチャーラジオ 歴史再発見(2012年7〜9月)”謎の文明”マヤの実像にせまる (語り手)青山和夫(NHK出版)」を読みました。  世界の六大文明の1つとはいえ、 マヤ文明などのメゾアメリカの文明は、日本では あまり知られていない。 日本の非良心的なマニア向けの雑誌の世界では、「マヤ=宇宙人起源説」や「宇宙人接触説」やムー大陸からの移民説などウソ800の記事が取り上げられて、マヤ地域の豊かな歴史・文化的伝統に対する日本人の正確な理解を妨げているが、遺跡の発掘調査から分かってきた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/22 13:12
「「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」藤永丈司(フォレスト出版)」読みました!
    「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」藤永丈司 著(フォレスト出版)を読みました。 藤永丈司さんは、1974年熊本県生まれの経営者、英語教育法研究者。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/22 11:28
「「日本人のためのフェイスブック入門」松宮義仁(フォレスト出版)」読みました!
    「日本人のためのフェイスブック入門」松宮義仁 著(フォレスト出版)を読みました。 松宮義仁さんは、1972年東京生まれのマーケティングコンサルタント、セミナー講師。 2011年1月15日に初版、2月28日に14刷発行の後 購入しましたが、サーと見ただけで積んであった本です。 今度、お仲間が、フェイスブックをはじめて、グループを作るというもので、読み直すことになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/31 10:54
「「無常の見方 「聖なる真理」と「私」の幸福」アルボムッレ・スマナサーラ(サンガ新書)」読みました!
    「「無常の見方  「聖なる真理」と「私」の幸福」アルボムッレ・スマナサーラ 著(サンガ新書)」を読みました。  アルボムッレ・スマナサーラさんは、1945年スリランカ生まれのスリランカ上座仏教長老。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/06 11:11
「「生きる勉強」アルボムッレ・スマナサーラ、香山リカ 著(サンガ新書)」読みました。
    「「生きる勉強  軽くして生きるため、上座仏教長老と精神科医が語り合う」アルボムッレ・スマナサーラ、香山リカ 著(サンガ新書)」を読みました。 アルボムッレ・スマナサーラさんは、1945年スリランカ生まれのスリランカ上座仏教長老。 香山リカさんは 1960年北海道生まれの精神科医、立教大学現代心理学部教授。     楽しく明るく生きていくための具体的で実践的な お釈迦様の教えを受け継ぐ初期仏教、スリランカ上座仏教の考え方を、精神科医の立場から質問し 自由に語り合ったユニークな本で、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/01 00:24
「「「看取り」の作法」香山リカ(祥伝社)」読みました!
    「「看取り」の作法」香山リカ 著(祥伝社)を読みました。 香山リカさんは 1960年北海道生まれの精神科医、立教大学現代心理学部教授。 2010年11月に82歳でお父さんが逝去された後の 喪失感と罪悪感の中で、これまで精神科医としてみてきた悲しみや苦しみが知識としての表面的なもので、看取りについてまだまだ準備不足であったと気づいた著者が、これから介護や看取りの時期を迎える人のために、愛する人・親しい人の死を迎えるための 心の準備や悲しみの乗り越え方、看取りの作法と標準的な喪の作業につ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/31 22:55
「「往生の極意」 山折哲雄(太田出版)」読みました!
    「往生の極意」 山折哲雄 著(太田出版)を読みました。 山折哲雄さんは 1931年生まれの宗教学者。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/22 13:08
「「「始末」ということ」 山折哲雄 著(角川ONEテーマ21)」読みました!
    「「始末」ということ」 山折哲雄 著(角川ONEテーマ21)を読みました。 山折哲雄さんは 1931年生まれの宗教学者。   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/17 10:13
「「日韓がタブーにする半島の歴史」室谷克実(新潮新書)」読みました!
    「「日韓がタブーにする半島の歴史」 室谷克実 著(新潮新書)」を読みました。    室谷克実さんは、1949年東京都生まれの元時事通信社記者。 古代日本は朝鮮半島から稲作などの先進文化を学び、国つくりを進めたという伝説に対して、半島最古の正史「三国史記」の記載などをもとに、新羅の基礎を造った倭人・倭種の活動・史跡等を追求し、日本の朝鮮史学の常識をひっくり返した本だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/03 04:08
「「ワシントン・ポストはなぜ危機を乗り越えたのか 」石川幸憲(毎日新聞社)」読みました!
    「「ワシントン・ポストはなぜ危機を乗り越えたのか バフェット流経営術の真髄」 石川幸憲 著(毎日新聞社)」を読みました。 石川幸憲氏は、1950年生まれの在米ジャーナリスト。 紙の新聞の売り上げが減少し、オンラインニュースサイトが 課金システムの確立に試行錯誤を続けている中で、『新聞社』から『教育・メディア企業』としてのブランド力を確立したワシントンポストグループの経営の歴史と経営戦略について、投資の神様ウォーレン・バフェット氏から経営の神髄を学び、新聞社を バークシャー・ハザウェイ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/29 22:23
トランヴェール9月号「世界文化遺産・平泉から南北に延びる北日本幹線道路  奥大道を歩く」読みました!
    2011年 9月22日(木)PM1:30−5:10サンケイプラザで開催された国際税務研究会の定例会参加のため、上越新幹線を利用しました。 昨日は台風のため乱れていましたが、今日は時刻表どおりに運行していました。 車内では、トランヴェールの9月号を読みました。 9月号の特集は、「世界文化遺産・平泉から南北に延びる北日本幹線道路  奥大道を歩く」    (監修:入間田宣夫、撮影:岡倉禎志) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/23 10:34
9月18日の朝9時から京都市美術館でマネ、モネ、ルノワール、セザンヌ、ゴッホ等の名画を堪能しました!
     2011年9月18日(日)の朝9時に京都市美術館に行きました。 FPフェアの 佐和先生の特別講演会が10時から始まるので その前に目の保養をしておこうと思ったもので 開館時間に合わせていったのですがすでに売り場には10人以上並んでいました。 フェルメールなどの17世紀オランダ絵画展が6/25〜10/16南展示場、ワシントン・ナショナルギャラリー展が9/13〜11/27北展示場ということで、史上初の2大海外絵画展同時開催の時期でした。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/19 09:19
「直伝 和の極意 これであなたも着物美人 (講師)安田多賀子(NHK出版)」を読みました!
   「NHKテレビテキスト【9月ー10月】直伝 和の極意 これであなたも着物美人 (講師)安田多賀子(NHK出版)」を読みました。   着物の着付けと 着こなしやお出かけのポイント・楽しみ方を 安田多賀子先生がお母さんの代わりに丁寧にやさしく解説されるテキストでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/13 10:54
新作室内オペラ「斑女」(宮島春彦台本・演出、梶俊男作曲)公演を9/11午後、富山市民プラザで鑑賞!
   新作室内オペラ「斑女」(宮島春彦台本・演出、梶俊男作曲)の公演を 9/11(日)午後2:00〜3:45、 母と一緒に富山市民プラザ アンサンブルホールで鑑賞してきました。 三島由紀夫作「斑女」より、宮島春彦さんが台本を作り梶俊男さんに作曲を任せてオペラ化した作品でした。 出演は、花子さんが山本有希子さん、寶子さんが碓井智子さん、吉雄さんが竹内雅孝さん、ピアノが中村和枝さん、フルートが増本竜士さん、チェロが窪田椋さんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/13 10:15
9月4日(日)の午後、富山県立近代美術館で日本画の巨匠三山展を見てきました!
   2011年9月4日(日)の午後、母と一緒に富山県立近代美術館で日本画の巨匠三山展を見てきました。 会期は、9月3日から9月25日が前期、9月27日から10月16日が後期でした。 小雨交じりの天候でしたが、東山魁夷、杉山寧、高山辰雄の代表作を、まとめて鑑賞できる機会ということで 結構 家族連れでにぎわっていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/06 05:15
第56回地区年次大会・魚津市ありそドームが開催されたので 5月23日の午後参加してきました。
   2010年5月22日(土)の午後2時から富山県魚津市 ありそドームで ライオンズクラブ国際協会334−D地区 第56回地区年次大会が開催されたので 参加してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/23 13:36
三枝純子さんの風見鶏と素顔を、ライオンズの合同例会で聴きました!(5月11日)
  2010年5月11日(火)の夜、午後6時から 冨山第一ホテルで 冨山セントラルライオンズクラブと冨山ライオンズクラブの合同例会が開催されたので出席してきました。 ぽつぽつと小雨の降る あいにくの空模様でしたが、連休明けで会合の続く時期とあって、大体のメンバーがそろっていました。   午後6時30分から8時30分の懇親会の余興は、艶歌歌手 三枝純子さんのステージで、明日発売の31年ぶりの再デビューCD 風見鶏・素顔と 31年前の歌を聴かせていただいて楽しい時間をすごしました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/16 11:35
「「折り返し点からの発想 日本の突破口は何か」木村尚三郎(PHP研究所)」読みなおしました!
 「折り返し点からの発想 日本の突破口は何か」木村尚三郎 著(PHP研究所)を読みなおしました。 木村尚三郎さんは、1930年(昭和5年) 東京都生まれの中世西洋史研究者、エッセイスト。東京大学名誉教授。 (1930年4月1日から2006年10月17日)2005年の愛知万博で 総合プロデューサーを務めた。 1995年10月に初版が出た本で、15年ぶりに読み返してみても新鮮で、まったくその通りだ!と思える本でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/30 09:14
「「ちゃらんぽらん摘りもの帳」かわかみあきひこ(北日本新聞開発センター)」読みました!
      「ちゃらんぽらん摘りもの帳」かわかみあきひこ 著(北日本新聞開発センター)を読みました。 自然と遊びながら、今夜の酒の肴までいただいて帰宅し楽しい毎日を過ごしておられるという、冨山の不良中年Kさんの行動レポートをまとめた本だ。 略奪した現場写真や、家に帰っての料理作品まで、おいしそうなカラー写真で紹介されている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/28 07:39
「「セーラが町にやってきた」清野由美(日経ビジネス人文庫)」読みました!
    「セーラが町にやってきた」清野由美 著(日経ビジネス人文庫)を読みました。 セーラ・マリ・カミングスさんは、  1968年アメリカ・ペンシルバニア州生まれの実業家。 (株)桝一市村酒造場 代表取締役。 清野由美さんは、1960年東京生まれのジャーナリスト。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/08 09:02
冨山ライオンズクラブ蕎麦喰同好会の新年第1回例会、1月19日夜「とろ一」に参加してきました!
      2010年1月19日(火)午後6時から 冨山ライオンズクラブ蕎麦喰同好会【堀田昌昭会長、林益和会計幹事】の新年第1回例会が 富山市西長江二丁目の「とろ一」で開催された。  今回は、蕎麦でなく「フグ」を食す会ということで 久しぶりに参加してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/03 11:03
「「無宗教こそ日本人の宗教である」島田裕巳(角川oneテーマ21)」読みました!
     「無宗教こそ日本人の宗教である」島田裕巳(しまだひろみ)著(角川oneテーマ21)を読みました。 島田裕巳(しまだひろみ)さんは、1953年東京生まれの宗教学者・文筆家。 東京大学先端科学技術研究センター客員研究員。 日本人が、「無宗教である!」という場合の無宗教とはどういう事か? 世界の他の国の人たちは、日本人より信仰心の厚い敬虔な人々なのか? 日本人の疑問について歴史的・論理的・宗教学的に考察した本だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/07 10:33
「「日本辺境論」内田樹(新潮新書)」読みました!
      「日本辺境論」内田樹(うちだ たつる)著(新潮新書)を読みました。 内田樹(うちだたつる)さんは、1950年東京都生まれのフランス現代思想・映画論・武道論研究者。 神戸女学院大学文学部総合文化学科教授。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/31 16:24
「「使う力  知識とスキルを結果につなげる」御立尚資(PHPビジネス新書)」を読みました!
    「使う力  知識とスキルを結果につなげる」御立尚資 著(PHPビジネス新書)を読みました。 御立尚資(みたちたかし)さんは、ボストンコンサルティンググループ日本代表。 いくら勉強しても、知識は増えても、毎日の仕事の現場では使えないという人のために、「知識とスキルを使って結果を出す」「使う力」について分析・解明した本だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/10 07:27
「「おとなの一般教養 戦国の群像200問」戸川点監修・日本放送出版協会編(NHK出版)」読了!
    「おとなの一般教養 戦国の群像200問」戸川 点 監修・日本放送出版協会編 (NHK出版)を読みました。 戸川 点 (とがわともる)さんは、1958年東京都生まれの都立高校教諭。日本史研究者。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/25 07:43
「「おとなの一般教養 百人一首200問」神作光一監修 日本放送出版協会編(日本放送出版協会)」読了!
    「おとなの一般教養 百人一首200問」神作光一監修 日本放送出版協会編集(日本放送出版協会)を読みました。 神作光一(かんさくこういち)さんは、1931年千葉県生まれの歌人。 日本古典文学の研究者、東洋大学名誉教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/21 04:41
「「英詩訳・百人一首 香り立つやまとごころ」マックミラン・ピーター著・佐々田雅子訳(集英社)」読了!
    「英詩訳・百人一首 香り立つやまとごころ」マックミラン・ピーター 著 佐々田雅子 訳(集英社新書)を読みました。 マックミラン・ピーターさんは、1959年アイルランド生まれの詩人・現代美術日本文学研究者。 杏林大学外国語学部教授。 2008年にコロンビア大学出版から翻訳出版された、英詩訳・百人一首  A Translation of the Ogura Hyakunin Isshu  One Hundred Poets,One Poem Each  を 再び日本語に訳した本だ。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/21 03:38
「「團十郎の歌舞伎案内」十二代目 市川團十郎 著(PHP新書)}読みました!
    「團十郎の歌舞伎案内」十二代目 市川團十郎 著(PHP新書)を読みました。 十二代目 市川團十郎さんは、1946年東京都生まれの歌舞伎役者。 60歳を過ぎて、歌舞伎役者の家に生まれ歌舞伎役者として生きてきた55年間を振り返って、自分なりに理解した歌舞伎400年の歴史と伝統を、時代時代の日本人の心の有り様を、整理してまとめられた本だ。 2007年(平成19年)9月から青山学院大学文学部日本文学科で講義された『歌舞伎の伝統と美学』で 学生向けに話しされたことを補充し体系立てた やさしい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/14 14:24
「「本は10冊同時に読め!本を読まない人はサルである!」成毛 眞(三笠書房)」読了!
   「本は10冊同時に読め!本を読まない人はサルである!」成毛 眞 著(三笠書房・知的生き方文庫)を読みました。 成毛眞(なるけまこと)さんは、1955年北海道生まれの投資コンサルタント。 元マイクロソフト(株)社長、(株)インスパイア 代表。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/28 18:15
「「江戸の歴史は大正時代にねじ曲げられた  サムライと庶民365日の真実」古川愛哲(講談社)」読了!
   「江戸の歴史は大正時代にねじ曲げられた  サムライと庶民365日の真実」古川愛哲 著(講談社+アルファ新書)を読みました。 古川愛哲(ふるかわあいてつ)先生は、1949年神奈川県生まれの放送作家、雑学研究家。 テレビでも映画でも時代小説でも、江戸時代の江戸の生活の描写が嘘800であることに、このままでは嘘が真実になってしまう!という危機感を持った著者が、本当のことを書き留めておこうと書き出した面白い本だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/28 02:10
「壊れる日本人 再生編」柳田邦男 著(新潮文庫)」読みました!
    「壊れる日本人 再生編」柳田邦男 著(新潮文庫)を読みました。     柳田邦男さんは、1936年栃木県生まれのノンフィクション作家。評論家。     現実と仮想現実の境界で生活するIT漬けの中で 心といのちの現実感が希薄化していく時代も中で、言葉と心について、言葉といのちについて、警鐘を鳴らし続け、人の痛みを感じる国家の回復を目指す著者が、2005年に月刊誌『新潮45』などに寄稿した時代評論をまとめた本だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/17 08:10
「「韓流幻想  「夫は神様」の国・韓国」呉善花(文春新書)」読みました!
 「韓流幻想  「夫は神様」の国・韓国」呉善花 著(文春新書)を読みました。 2006年2月に出版された単行本「日韓、愛の幻想」を改題して、2008年8月に文庫化された本だ。  呉善花(お・そんふぁ)さんは、1956年韓国・済州島生まれの評論家、エッセイスト。拓殖大学国際学部教授。 1983年に留学生として来日以来、日韓比較文化論の研究発表として、「スカートの風」シリーズ、「攘夷の韓国、開国の日本」などのベストセラー本の執筆で評価され、卓越した日本語表現力で講演会講師としても好評の方だ。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/13 23:19
「「団塊の世代「黄金の十年」が始まる」堺屋太一 (文春文庫)」読みました!
    「団塊の世代「黄金の十年」が始まる」堺屋太一 著(文春文庫)を読みました。 堺屋太一(さかいやたいち)さんは、1935年大阪生まれの作家、エッセイスト、評論家。 元経済企画庁長官。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/19 03:15
「「ラーメン屋VS.マクドナルド  エコノミストが読み解く日米の深層」竹中正治(新潮新書)」読了!
    「ラーメン屋VS.マクドナルド  エコノミストが読み解く日米の深層」竹中正治 著(新潮新書)を読みました。 竹中正治(たけなかまさはる)さんは、1956年東京都生まれの金融エコノミスト。 (財)国際通貨研究所経済調査部長。 アメリカ人は世界中どこに行ってもマックに頼り、日本人はラーメンを極めて有名店に列を作る。 アメリカの大統領は国民に希望を語り、日本の総理大臣は国民に危機を語る。 アメリカ人は対面でディベートするが、日本人は匿名でブログする。 日本にはビル・ゲイツもウォーレ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/03 00:46
「「だれが「本」を殺すのか (上)(下)」佐野眞一(新潮文庫)」読みました!
    「だれが「本」を殺すのか (上)(下)」佐野眞一 著(新潮文庫)を読みました。 佐野眞一さんは、1947年 東京生まれのノンフィクション作家。 最近は近くの本屋にない本が多くて、ほとんど夜間ネット注文翌々日到着状態になってしまって、出版不況で経営が続けられないから仕方がないとはいえども、改めて これでいいのか?疑問に思い読んでみました。     2001年2月にプレジデント社から刊行された単行本に、文庫化にあたり大幅に加筆されて、2004年6月1日に新潮文庫になった本だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/21 23:38
「「サクラと星条旗」ロバート・ホワイティング著、安部耕三訳(早川書房)」読みました!
    「サクラと星条旗」ロバート・ホワイティング著、安部耕三訳(早川書房)を読みました。 《夕刊フジ》に2007年3月18日から2008年2月5日の間 コラムとして連載された記事に 大幅な加筆訂正を加えて、さらに書き加えた本だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/08 20:30
永青文庫『細川家七〇〇年 越中守伝来の名宝展』を見に富山県水墨美術館に行ってきました!
     2008年10月7日午前11時30分から N社の株主総会が早く終わったので、富山県水墨美術館によって、『細川家七〇〇年 越中守伝来の名宝展』 (10月3日から11月9日まで)を鑑賞してきました。 細川家の永青文庫といえば、宮本武蔵と「伝雪舟の渡唐富士」というイメージがあるもので、 宮本武蔵の「鵜図」「正面達磨図」 伝雪舟の「富士三保清見寺図」 を見られたらいいなと思っていったのですが残念ながら出品されていませんでした。 代わりに宮本武蔵の布袋図と、伝雪舟の「四季花鳥図屏風」を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/07 16:08
「「ことばを旅する」細川護煕 著(文藝春秋)」読みました!
    「ことばを旅する」細川護煕 著(文藝春秋)を読みました。 細川護煕(ほそかわもりひろ)さんは、1938年東京生まれの陶芸家。元熊本県知事。元内閣総理大臣。 財団法人永青文庫理事長。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/06 04:17
「「禅の心 茶の心」有馬頼底・真野響子 著(朝日新聞社)」読みました!
    「禅の心 茶の心」有馬頼底・真野響子 著(朝日新聞社)を読みました。 有馬頼底(ありまらいてい)さんは、1933年東京生まれの禅僧。 臨済宗相国寺派管長。 真野響子(まやきょうこ)さんは、1952年東京生まれの女優。 神戸市立森林植物園名誉園長。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/06 04:08
「「すらすら読める風姿花伝」林 望 著(講談社)」読みました!
   「すらすら読める風姿花伝」林 望 著(講談社)を読みました。 林 望 (はやしのぞむ)先生は、1949年東京生まれの作家。元東京芸術大学助教授。 テキストとして、新潮日本古典集成の『世阿弥芸術論集』(田中裕校注)の本文を底本に用いて、読みやすくふりがなをつけ、原典のやや専門的部分や内容の重複する部分を適宜省略した本だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/06 03:28
「「温泉教授の湯治力〜日本人が育んできた驚異の健康法」松田忠徳(祥伝社新書)」読みました!
     「温泉教授の湯治力〜日本人が育んできた驚異の健康法」松田忠徳 著(祥伝社新書)を読みました。 松田忠徳(まつだただのり)さんは、1949年北海道虻田郡洞爺湖温泉生まれの旅行作家。翻訳家。 札幌国際大学観光学部教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/01 16:31
「「とっておきの温泉 危ない温泉」野口悦男(光文社、知恵の森文庫)」読みました!
     「「温泉遺産を守る会」が選んだ  とっておきの温泉 危ない温泉」野口悦男 著(光文社、知恵の森文庫)を読みました。 野口悦男さんは、温泉ジャーナリスト。「温泉遺産を守る会」代表。日本温泉科学会会員。 日本全国三千箇所以上の温泉に実地に入湯・体験調査に基づいて「温泉遺産」として残すべき源泉百%の100温泉を厳選・紹介した、2003年(平成15年)5月の書き下ろし本だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/01 14:41
「「風呂と日本人」筒井 功(文春新書)」読みました!
    「風呂と日本人」筒井 功 著(文春新書)を読みました。 筒井功(つついいさお)さんは、1944年高知市生まれの元共同通信社記者。民俗学研究者。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/28 17:29
とやま日中文化交流会10周年記念公演・祝賀会9月14日午後 盛大に挙行!
     2008年9月14日13:00から14:50、富山県民会館大ホールにおいて、 『 とやま日中文化交流会 』設立10周年の記念公演が開催された。 会場には、招待の来賓を含め 約850人の市民が集まり、京劇や京胡演奏、雑技、中国の歌、太極拳演武などの中国文化、日本舞踊、鼓、長唄などの日本文化の交流を楽しんだ。 (富山県、富山市、富山県日中友好協会、富山市日中友好協会、北日本新聞社等からの後援をいただいた。) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/09/17 12:54
「「新華僑 老華僑  変容する日本の中国人社会」譚ろ美・劉傑 (文春新書)」読みました!
     「新華僑 老華僑  変容する日本の中国人社会」譚ろ美・劉傑 著(文春新書)を読みました。 譚王路美(たん ろみ)さんは、1950年東京生まれのノンフィクション作家。 劉傑(りゅう けつ)さんは、1962年中国・北京生まれの社会学者。早稲田大学総合学術院教授。 日中交流活発化の中で、在日・滞日の中国人総数が51万人を超えた状況で、華僑20万人と在日華人の関係はどうなったのか?日本における華僑社会の足跡・歴史を振り返り、これからの華僑社会の方向を考察した本だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/16 12:12
「「中学受験 合格の決め手は「家庭内文化力」だ!」篠上芳光(実業之日本社)」読みました!
    「中学受験 合格の決め手は「家庭内文化力」だ!」篠上芳光 著(実業之日本社)を読みました。 篠上芳光(しのがみよしみつ)さんは、1960年生まれの進学塾講師。 エリート養成塾『YSP』東京・神田の開設者。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/14 17:22
「「模倣される日本-----映画、アニメから料理、ファッションまで」浜野保樹(祥伝社)」読みました!
    「模倣される日本-----映画、アニメから料理、ファッションまで」浜野保樹 著(祥伝社)を読みました。 浜野保樹(はまのやすき)さんは、1951年兵庫県生まれのメディア環境学者。(財)黒澤明文化振興財団理事。 東京大学大学院新領域創成科学研究科教授 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/24 20:28
「「日本の古代語を探る-----詩学への道」西郷信綱(集英社新書)」読みました!
    「日本の古代語を探る-----詩学への道」西郷信綱 著(集英社新書)を読みました。 西郷信綱先生は、1916年生まれの古典学者。 古代文学研究を通して、日本語の言葉についての多くの論考を重ねてこられた西郷先生が、ごくありふれた言葉の歴史を考える中で、『詩学への道』をこころみた11編のエッセイだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/08 13:44
「「中学生でもわかるアラブ史教科書」イザヤ・ペンダサン、山本七平著(祥伝社)」読みました!
    「中学生でもわかるアラブ史教科書  日本人のための中東世界入門」イザヤ・ペンダサン、山本七平 著(祥伝社)を読みました。 山本七平さんは、1921年東京生まれの作家、日本文化研究者、山本書店店主。 日本の文化と社会を独自の視点から分析して多くの著書を書かれ、1991年69歳で没後も著書の再刊が続いている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/20 20:27
「「野村萬斎 What is 狂言?」野村萬斎著・網本尚子監修解説(檜書店)」読みました!
     「野村萬斎 What is 狂言?」野村萬斎 著・網本尚子監修解説(檜書店)を読みました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/15 19:41
「「日本の神話・伝説を読む-----声から文字へ」佐佐木隆(岩波新書)」読みました!
   「日本の神話・伝説を読む-----声から文字へ」佐佐木隆 著(岩波新書)を読みました。 佐佐木隆さんは、1950年青森県生まれの古代文献学者。学習院大学文学部教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/15 17:53
「「日本一愉快な国語授業」佐久 協(祥伝社新書)」読みました!
  「日本一愉快な国語授業」佐久 協 著 (祥伝社新書)を読みました。 佐久 協(さく やすし)さんは、1944年東京都生まれの元慶應義塾高校教員。 国語・漢文・中国語講師。   2004年高校退職後、中尾達郎氏の主宰する日本語研究会での7年間の研究成果を、中尾氏の死後に残された池田光氏・伊藤好英氏と3名で補充し、その中で時間に余裕のできた佐久協 先生が代表して、ポイントを抜粋・更新・補足して一冊の本にまとめられた本だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/21 16:53
「「失われたアイデンティティ」ケン・ジョセフ(光文社ペーパーバックス)」読みました!
     「失われたアイデンティティ  内と外から見た日本人」ケン・ジョセフ 著(光文社ペーパーバックス)を読みました。 ケン・ジョセフ さんは、1957年東京生まれのアッシリア系アメリカ人。 NGO 日本緊急援助隊(JET)創設者、日本古代史研究者。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/23 23:57
「「世界史が伝える日本人の評判記  その文化と品格」中西輝政 監修(中経文庫)」読みました!
  「世界史が伝える日本人の評判記  その文化と品格」中西輝政 監修 「書かれた日本」文献研究会 著(中経文庫)を読みました。 ここ数百年の間に日本を訪れた外国人の日本印象記を辿ることにより、日本と日本人の本質について、外部から見た具体的な解答をまとめようとした本だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/07 22:55
「「世界最高のホテル プラザでの10年間」奥谷啓介(小学館)」読みました!
    「世界最高のホテル プラザでの10年間」奥谷啓介 著(小学館)を読みました。 奥谷啓介さんは、1960年東京都生まれの元ホテルマネジャー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/10/01 02:46
「テレビはなぜ、つまらなくなったのか 」金田信一郎(日経BP社)」読みました!
   「テレビはなぜ、つまらなくなったのか  スターで綴るメディア興亡史」金田信一郎(日経BP社)を読みました。 金田信一郎さんは、1967年東京都生まれの日経ビジネス誌記者。 本書は、日経ビジネスの2006.1.9〜3.27号の連載記事「TV WARS」を加筆・修正したものだそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/27 23:13
富山県水墨美術館の『日本近代画家の絶筆』展で 青木繁の朝日を見てきました!
  9月5日の午後、富山県水墨美術館へ 8月24日から9月30日まで開催中の 『日本近代画家の絶筆』展を見に行きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/23 21:49
富山県立近代美術館で千住博さんのウォーターフォール(山種美術館所蔵名品展)を見ました!
  9月5日の朝、税理士会の県連広報誌FACEとやまの表紙写真撮影のため自宅近くの城南公園に行きました。 で 花の写真など撮った後、ついでに富山県立近代美術館で 9月1日から10月8日まで開催中の 『山種美術館所蔵名品展』に入りました。      25年くらい前に勤務していた監査法人が日本橋にあったので、昼休みの散歩の途中で 山種美術館によく行きましたが、この25年間で増えた作品も 昔からある作品も、やっぱり素晴らしかったです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/23 18:46
「「求めない」加島祥造(小学館)」読みました!
   「求めない」加島祥造 著(小学館)を読みました。 加島祥造(かじましょうぞう)さんは、1923年東京/神田生まれの英文学者、作家、翻訳家、詩人、画家。 伊那谷の老子と呼ばれ、信州・伊那谷に独居して 詩作、著作、墨彩画の制作に励む最近の心境を綴った詩集だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/30 19:15
高岡市美術館で、ミレーの「種をまく人」「落穂拾い」を見てきました!
    2007.8.17お盆休みあけの金曜日、高岡税務署に修正申告書を提出に行きました。途中の社内のラジオでDJが、高岡市美術館で、ミレーの「種をまく人」「落穂拾い」が見られるという話をしていました。「アダムとイブは一夫一妻ではなかった!」を読んだ時に 聖書の一場面としての ミレーの「種をまく人」「落穂拾い」の説明がありもう一度見てみたいと思っていた矢先のことで 絶好のチャンスでした。 11:50に税務署で受付印をもらってからすぐ、12:00に高岡市美術館に入りました。 午前中は、中学生に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/21 13:44
「「アダムとイブは一夫一妻ではなかった」ロバート・R・遠山(土屋書店)」読みました!
     「アダムとイブは一夫一妻ではなかった」ロバート・R・遠山 著(土屋書店)を読みました。 ロバート・R・遠山さんは、1956年ニューヨーク生まれの比較文化研究者だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/13 12:37
日本橋三越で《戸出喜信 油絵展》を見てから 7月8日(日)新幹線に乗りました!
   2007年7月3日(火)から9日(月)まで、日本橋三越本店6階画廊で 《戸出喜信 油絵展》が 開催された。    2年ぶり6回目の個展ということで、出身地 宇奈月町の女将さんから見てくるようにいわれたので、 新幹線に乗る前に東京駅から東洋経済新報社の前を歩いて、7月8日(日)午後2時に日本橋三越に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/11 01:52
「「古代日本 文字の来た道 」国立歴史民俗博物館/平川南 編(大修館書店)」読みました!
    「古代日本 文字の来た道 ---古代中国・朝鮮から列島へ」国立歴史民俗博物館/平川南 編 (大修館書店)を読みました。 国立歴史民俗博物館は、1981年に「大学共同利用機関」として創設された国立で唯一の歴史研究博物館であった。  創設20周年記念行事の1つとして研究成果を公開した「古代日本 文字のある風景」という展示が 平成14年(2002年)3月19日から6月9日まで実施され、4月14日(日)に東京銀座ヤマハホールで 「古代日本 文字のある風景 ---金印から正倉院文書まで---」... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/28 20:41
「「女はなぜ土俵にあがれないのか」内館牧子(幻冬舎新書)」読みました!
   「女はなぜ土俵にあがれないのか」内館牧子 著(幻冬舎新書)を読みました。 内館牧子さんは、1948年秋田県生まれの脚本家。 東北大学相撲部監督、横綱審議委員。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/18 13:10
「「日本語はなぜ美しいのか」黒川伊保子(集英社新書)」読みました!
   「日本語はなぜ美しいのか」黒川伊保子 著(集英社新書)を読みました。 黒川伊保子さんは、1959年栃木県生まれ。奈良女子大学理学部物理学科卒業の脳と言葉の研究者だ。(株)感性リサーチ代表取締役。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/11 20:31
「「日中2000年の不理解 異なる文化「基層」を探る」王敏(Wang Min)(朝日新書)」読了!
   「日中2000年の不理解 異なる文化「基層」を探る」王敏(Wang Min)著(朝日新書)を読みました。 王敏(Wang Min)さんは、1954年 中国河北省承徳市生まれ。 法政大学国際日本学研究所教授、上海・同済大学客員教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/11 19:29
「「京都魔界案内  出かけよう、「発見の旅」へ」小松和彦(知恵の森文庫)」読みました!
   「京都魔界案内  出かけよう、「発見の旅」へ」小松和彦 著(知恵の森文庫)を読みました。 小松和彦先生は、1947年東京生まれの日本文化史研究者。 国際日本文化研究センター教授。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/24 18:15
「「アメリカ人は、なぜ明るいか?」原隆之(宝島社新書)」読みました!
     「アメリカ人は、なぜ明るいか?」原隆之 著(宝島社新書)を読みました。 原 隆之 さんは、1959年茨城県生まれ。アメリカに留学してから 日商岩井米国に勤務して在米12年間で理解できた 大人の国アメリカとアメリカ人について、日本の人にきちんと理解して考えてほしいという思いで 1999年12月に出版された本だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/04 17:10
「「京おんなに学ぶ」丘眞奈美(光村推古書院)」読みました!
     「京おんなに学ぶ」丘眞奈美 著(光村推古書院)を読みました。 丘眞奈美さんは、京都市生まれ、元NHK京都の番組ディレクター出身の放送作家。 「京都チャンネル」衛星放送局企画プロデューサー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/03 02:15
9月2日(土)「第4回 浙江国際伝統武術比賽大会」報告会に参加しました!
     2006年9月2日(土)PM6:00−8:30オーバードホール2階 喫茶メモリーにおいて とやま日中文化交流会主催で、去る8月5日中国浙江省の杭州市で開催された「第4回 浙江国際伝統武術比賽大会」の報告会が 開催された。 2004年の第2回大会に 陳建強老師が 1人参加されて 4種目で金メダルを獲得されて以来、とやま日中文化交流会から 第3回大会には選手16人と応援団12人の計28人で、第4回大会には選手23人と応援団9人の計32人で参加した。  今年の第4回大会では、陳建強 老師... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/11 22:40
「「日本が嫌いな日本人へ」呉善花(PHP文庫)」読みました!
        「日本が嫌いな日本人へ」呉善花(o son fa)著(PHP文庫)を読みました。 本の目次は、以下のとおり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/18 22:04
「「日本的精神の可能性」呉善花(PHP文庫)」読みました!
    「日本的精神の可能性 この国は沈んだままでは終わらない!」呉善花 著(PHP文庫)を読みました。  1999年1月に 日本教文社から刊行された本『日本の瀬戸際』を改題して文庫版にした本で 2002年12月に初版が出ている。 1956年 韓国・済州島に生まれ、1983年に来日し 大東文化大学の留学生となってから、1990年に それまでの自分の日本体験を本にした「スカートの風」がベストセラーとなり、日本全国で研修会や勉強会の講師に招かれるようになって、ますます日本と韓国の文化の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/08 03:41

トップへ | みんなの「文化」ブログ

高瀬事務所なんとなくブログ 文化のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる