2月20日(土)公認会計士協同組合の学校法人セミナーで「学校法人の会計・監査をめぐる最近の動向について」研修受講!

   令和3年2月20日(土)13:30~16:30AP市ヶ谷LearningSpaceで、公認会計士協同組合の学校法人セミナーが開催されたので 参加してきました。  主催者は公認会計士協同組合、講師は、学校法人委員会の小野寺勝 委員長。テーマは、学校法人の会計・監査をめぐる最近の動向について。 img20210221_0918…
コメント:0

続きを読むread more

2月20日(土)の朝、江戸東京博物館で企画展「和宮 江戸へ ー ふれた品物 みた世界ー」鑑賞してきました!

   2021年2月20日[土]の10:40~11:40 江戸東京博物館で企画展「和宮 江戸へー ふれた品物 みた世界ー」を鑑賞してきました。 主催は 東京都(公財)東京都歴史文化財団 東京都江戸東京博物館、公益財団法人徳川記念財団。  会期は 2021年1月2日(土)から2月23日(火)まで。  img20210221_091…
コメント:0

続きを読むread more

2月20日(土)の朝、北陸新幹線の車中でトランヴェール2月号の特集「東北の蔵元、新世代の10年~若い力で醸すこれか…

  令和3年2月20日(土)の朝、北陸新幹線の車中でトランヴェール2月号の特集「東北の蔵元、新世代の10年~若い力で醸すこれからの日本酒」を読みました。 img20210221_09023722.pdf   トランヴェール2月号の特集「東北の蔵元、新世代の10年~若い力で醸すこれからの日本酒」の目次は、以下のとおり。 …
コメント:0

続きを読むread more

2月6日(土)の午後、高志の国文学館で企画展「久泉迪雄の書斎から ー "悠かなり富山の文化"」を鑑賞してきました!

  令和3年2月6日(土)の午後 高志の国文学館で 企画展「久泉迪雄の書斎から ー "悠かなり富山の文化"」を鑑賞してきました。    主催は 高志の国文学館、共催は 北日本新聞社、富山テレビ放送、特別協力:久泉迪雄先生。協力は、富山県芸術文化協会、富山国際職藝学院、高岡市美術館、富山県歌人連盟、富山県美術館。会期は令和3年2月6…
コメント:0

続きを読むread more

12月12日(土)公認会計士協同組合の「令和3年3月期決算法人対応 決算・税務申告対策研修会」で 太田達也先生の講…

  《令和3年3月期決算法人対応》決算・税務申告対策研修会が2020年12月12日(土)13:30~16:30 市ヶ谷駅前のAP市ヶ谷LearningSpace会議室で開催されたので、参加してきました。 主催者は公認会計士協同組合、講師は昨年と同じく、EY新日本有限責任監査法人の太田達也先生。   今回も、12月10日に印刷され税務研…
コメント:0

続きを読むread more

12月12日(土)の朝、江戸東京博物館で 特別展 「古代エジプト展 天地創造の神話」を鑑賞してきました!

   2020年12月12日[土]の10:00~11:00 江戸東京博物館で特別展「古代エジプト展 天地創造の神話」を鑑賞してきました。 主催は東京都(公財)東京都歴史文化財団 東京都江戸東京博物館、ベルリン国立博物館群エジプト博物館、朝日新聞社、日本テレビ放送網、東映。 後援は ドイツ連邦共和国大使館。 協力はルフトハンザ カーゴA…
コメント:0

続きを読むread more

12月12日(土)北陸新幹線の車内でトランヴェール12月号の特集「歴史を秘めた北陸刀剣譚の旅」読みました!

  令和2年12月12日(土)の朝、北陸新幹線の車中でトランヴェール12月号の特集「歴史を秘めた北陸刀剣譚の旅」を読みました。  トランヴェール12月号の特集 「嘘か真か。歴史を秘めた北陸刀剣譚の旅」の目次は、以下のとおり。 北陸のご当地刀剣 「北國物」に会いに行く   北國刀剣三奇譚      富山 伝…
コメント:0

続きを読むread more

12月11日(金)富山国際会議場で富山県税理士協同組合セミナーに参加し、岩下忠吾先生の相続税相談事例を聞いてきまし…

  2020年12月11日[金]10:~16:富山国際会議場で、富山県税理士協同組合セミナーに参加しました。 研修のテーマは、「相続税を中心とした重要事項~税理士会の会員相談を踏まえて~」 講師は、岩下忠吾税理士でした。   講義の流れは、以下のとおり。 業務相談編 税務相談編 一 遺言書と相続税 …
コメント:0

続きを読むread more

11月17日(火)の朝、江戸東京博物館で企画展「大東京の華 都市を彩るモダン文化」鑑賞してきました!

   2020年11月17日[火]の10:30~11:40 江戸東京博物館で企画展「大東京の華 都市を彩るモダン文化」を鑑賞してきました。主催は東京都(公財)東京都歴史文化財団 東京都江戸東京博物館。会期は、8月25日(火)から11月23日(月・祝日)まで。     展示の流れは、以下のとおり。 プロローグ  近代、…
コメント:0

続きを読むread more

11月17日(火)トランヴェール11月号の特集「『更級日記』でめぐる、千葉・茨城」読みました!

  令和2年11月17日(火)の朝、北陸新幹線の車中でトランヴェール11月号の特集「『更級日記』でめぐる千葉・茨城」を読みました。 平安時代の女流日記文学を代表する『更級日記』の舞台、上総の国から 上総国司の任期を終えた父親とともに、菅原孝標の女が京都へと旅立った寛仁4年(1020年)から1000年目の2020年を記念して、菅原孝標一家…
コメント:0

続きを読むread more

10月10日(土)東京国際フォーラムCホールで、FPフェア2020in東京に参加してきました!

   2020年10月10日(土)東京国際フォーラムCホールで FPフェア2020が開催されたので、参加してきました。 ウイズコロナ、アフターコロナ時代におけるFPの役割を展望するテーマを絞った講演で、示唆に富んだお話が聞けました。 *    10月10日のプログラムは、以下のとおり。 10:30~11:00  オ…
コメント:0

続きを読むread more

10月10日【土】の朝、北陸新幹線の車中でトランヴェール10月号を読みました!

  令和2年10月10日(土)トランヴェール10月号の特集「戦国の雄 上杉謙信・景勝を支えた揚北衆」を読みました。 戦国時代 越後の北部 阿賀野川の北に城を構えた誇り高き揚北衆の武将達と上杉謙信・景勝が どのように関わり合い、戦国時代を生き抜いたのか? 上杉軍団の歴史と史跡を 振り返る特集でした。   トランヴェール10月…
コメント:0

続きを読むread more

10月3日(土)の夕方、富山県水墨美術館で企画展「生誕100年記念 日本画家 横山操展」を鑑賞してきました!

   令和2年10月3日(土)の夕方 富山県水墨美術館で企画展「生誕100年記念 日本画家 横山操展 その画業と知られざる顔」を鑑賞してきました。 横山操さん(1920.1.25~1973.4.1)の、生誕100年を記念して、その画業を振り返る展示でした。  主催は、富山県水墨美術館、北日本新聞社、北日本放送。協力は、アートインプレッ…
コメント:0

続きを読むread more

10月3日(土)高志の国文学館で企画展「米国アカデミー賞監督 滝田洋二郎展」を鑑賞してきました!

  令和2年10月3日(土)の午後 高志の国文学館で 企画展「米国アカデミー賞監督 滝田洋二郎展」を鑑賞してきました。 主催は 高志の国文学館、共催は 北日本新聞社、チューリップテレビ、特別協力:滝田洋二郎、協力 エー・チーム、富山県ロケーションオフィス。会期は、令和2年9月20日(日)から11月30日(月)まで。 小中高校生と障…
コメント:0

続きを読むread more

「「ドッグファイト」楡修平(角川文庫)」読みました!

 「「ドッグファイト」楡修平 著(角川文庫)」を読みました。 長距離ドライバーの高齢化と人手不足に苦しみ、宅急便の運賃単価低下と物量増加に苦しむ日本の陸上運送業・宅配事業の世界を舞台に、世界最大の通販サイト・荷主企業と、日本最大の宅急便・物流業者との、事業の存続をかけたドッグファイト・取引戦略交渉を描く企業小説でした。 単行本が出版さ…
コメント:0

続きを読むread more

「「第三者委員会」の欺瞞 報告書が示す不祥事の呆れた後始末」八田進二【中公新書ラクレ】読みました!

 「「第三者委員会」の欺瞞 報告書が示す不祥事の呆れた後始末」八田進二著【中公新書ラクレ】を読みました。 最近は、企業を巡る不祥事が公になるたびに設立され、半年ぐらいたってから公表される第三社委員会報告書の内容・調査の水準・委員会設置のプロセス、委員の独立性・中立性・専門性、調査期間の妥当性、事実認定の正確性、日弁連ガイドライン…
コメント:0

続きを読むread more

「FACTFULNESS 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣」【日経BP社】読了!

 「FACTFULNESS 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣」ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、アンナ・ロスリング・ロンランド共著、上杉周作、関美和 共訳【日経BP社】を読みました。 世界は事実にあふれている。 しかし世界の事実が見えていない人に、真実の世界は見えてこない。 ところが多くの人は、大人も…
コメント:0

続きを読むread more

「還暦からの底力 歴史・人・旅に学ぶ生き方」出口治明【講談社現代新書】読みました!

 「還暦からの底力 歴史・人・旅に学ぶ生き方」出口治明著【講談社現代新書】を読みました。 先進国で世界一の長寿大国の元気な還暦老人を代表して、 出口治明先生が これからの生き方、考え方、世界の見方を説いた本でした。 その底力のポイントは、エピソードでなくエビデンスで世界を見ること、ものごとをできるだけフラットに「数字・ファクト・ロジ…
コメント:0

続きを読むread more

「NHKテレビテキスト100分で名著( 9月)デフォー『ペストの記憶』(話し手)武田将明(NHK出版)」読みました!

  「NHKテレビテキスト100分で名著( 9月)デフォー『ペストの記憶』(話し手)武田将明(NHK出版)」を読みました。 1665年にロンドンで発生したペスト禍に関する公文書の記録や見聞をまとめ、そこにデフォー独特の自分の意見や批評を加えて1722年に刊行された本でした。 今年1月から始まった新型コロナ禍の推移と比較する意識で読むと…
コメント:0

続きを読むread more

「コロナクライシス」滝田洋一(日経プレミアシリーズ)読みました!

 「コロナクライシス」滝田洋一著【日経プレミアシリーズ】を読みました。 新型コロナウイルスの患者が国内で初確認された1月16日頃から4月7日の7都道府県緊急事態宣言、4月16日の全国緊急事態宣言、5月4日の緊急事態宣言再延長までの国内外の動向を整理し、新型コロナが変えた世界の今と明日を考える本でした。   本の目次は、以下…
コメント:0

続きを読むread more

「空気を読む脳」中野信子【講談社+α新書】を読みました!

 「空気を読む脳」中野信子著【講談社+α新書】を読みました。 なぜ多くの日本人は、目に見えない集団の空気に無抵抗で、空気に酔うと思考停止に陥るのか? 日本人の心性について、脳科学などの科学的エビデンスを元に論じた本でした。   本の目次は、以下のとおり。 はじめに 第1章  犯人は脳の中にいる    ~空気が人…
コメント:0

続きを読むread more

8月7日(金)高志の国文学館で国際アンデルセン賞受賞記念展「角野栄子の魔女」鑑賞してきました!

   令和2年8月7日(金)の午後 高志の国文学館で 国際アンデルセン賞受賞記念展「角野栄子の魔女 「小さなおばけ」から「魔女の宅急便」まで」鑑賞してきました。 記念展の主催は 高志の国文学館、共催は 北日本放送、後援は 富山新聞社、特別編集は 角野栄子オフィス。 会期は、令和2年7月26日(日)から9月13日(日)まで。 小中…
コメント:0

続きを読むread more

3月8日(日)16:50~17:50富山県水墨美術館で企画展「篠田桃紅 とどめ得ぬもの 墨のいろ 心のかたち」鑑賞…

   令和2年3月8日(日)の16:50~17:50富山県水墨美術館で企画展「篠田桃紅 とどめ得ぬもの 墨のいろ 心のかたち」を鑑賞してきました。主催は、富山県水墨美術館、富山新聞社、北國新聞社、北日本放送。会期は、令和2年2月7日(金)から3月22日(日)まで。      展示の流れは、以下のとおり。 とどめ得ぬも…
コメント:0

続きを読むread more

2月15日の午後、組合セミナーで 学校法人の会計・監査をめぐる最近の諸問題について研修を受講しました!

  令和2年2月15日(土)13:30~16:30お茶の水の連合会館で、公認会計士協同組合の学校法人セミナーが開催されたので 参加してきました。 主催者は公認会計士協同組合、講師は、学校法人委員会の原秀敬 前委員長。テーマは、学校法人の会計・監査をめぐる最近の諸問題。   研修のプログラムは、以下のとおり。    …
コメント:0

続きを読むread more

2月15日(土)北陸新幹線の車中で、トランヴェール2月号の特集「横丁を歩けば仙台が見えてくる」読みました!

  令和2年2月15日(土)トランヴェール2月号の特集「横丁を歩けば仙台が見えてくる」を読みました。横町を曲がれば、路地の向こうに都市の未来が見える、都市の未来は路地にある!という隈研吾先生の理論を元に、仙台の都市としての魅力を検証した特集でした。   トランヴェール2月号の特集「横丁を歩けば仙台が見えてくる」の目次は、以…
コメント:0

続きを読むread more

2月15日(土)の朝、東京都美術館で企画展「ハマスホイとデンマーク絵画」を鑑賞してきました!

  令和2年2月15日(土)の朝、東京都美術館で企画展「 ハマスホイとデンマーク絵画 」を鑑賞してきました。19世紀末のデンマーク絵画の黄金時代を代表する巨匠ハマスホイ(1864-1916)と同時代の画家たちの室内画・人物画・風景画を通して、美しく調和した色彩と繊細な光の描写、デンマーク人が大切にしてきた価値観"ヒュゲ(くつろいだ心地よ…
コメント:0

続きを読むread more

2月8日《土》14:00~富山県民会館ホールで 大阪フィルスペシャルライブを鑑賞!

   令和2年2月8日(土)14:00から16:10富山県民会館ホールで 大阪フィルのスペシャルライブ、吹奏楽meetS オーケストラin富山を鑑賞してきました。 指揮は、円光寺雅彦さん、サクソフォンは、雲井正人さん、管弦楽は、大阪フィルハーモニー交響楽団。 富山県民会館の開館55周年記念事業でした。    当日のプロ…
コメント:0

続きを読むread more

1月22日(水)16時40分から17時40分、高志の国文学館で企画展「生誕110年 中島敦展  魅せられた旅人の短…

   令和2年1月22日(水)高志の国文学館で企画展「生誕110年 中島敦展  魅せられた旅人の短い生涯」を鑑賞してきました。 中島敦の生誕110年を機に、その短くも起伏に富んだ人生を『旅』ととらえて、県立神奈川近代文学館で開催された池澤夏樹先生編集による特別展を 若者が作品そのものと対話できるように再構成した展示でした。   …
コメント:0

続きを読むread more

1月4日(土)15:~富山県水墨美術館で開館20周年記念企画展『墨画×革命 戦後日本画の新たな地平』鑑賞してきまし…

   令和2年1月4日(土)の15:~16:富山県水墨美術館で開館20周年記念企画展『墨画×革命 戦後日本画の新たな地平』を鑑賞してきました。 主催は、富山県水墨美術館、北日本新聞社、富山テレビ放送。 会期は、令和元年11月15日(金)から令和2年1月13日(月)       展示の流れは、画家別に以下のとおり。 …
コメント:0

続きを読むread more

12月14日(土)13:30~16:30《令和2年3月期決算法人対応》決算・税務申告対策研修会で、太田達也先生の研…

   《令和2年3月期決算法人対応》決算・税務申告対策研修会が2019年12月14日(土)13:30~16:30竹橋の日本教育会館8階会議室で開催されたので、参加してきました。 主催者は公認会計士協同組合、講師は昨年と同じく、EY新日本有限責任監査法人の太田達也先生。   今回も、11月29日に印刷され税務研究会から12月20日…
コメント:0

続きを読むread more