「「日本人の気品」大星光史(健学社)」読みました!

    「日本人の気品」大星光史 著(健学社)を読みました。
大星光史(おおほしみつふみ)さんは、新潟県生まれ、元富山医科薬科大学附属病院の精神科の先生で、退職後、先人の言葉に学ぶ美しい心と生き方を知ってほしいという思いでまとめられた本だ。

画像


    本の目次は、以下にとおり。

はじめに

一隅を照らす

生涯、一書生

敬天愛人

鈍根の人に妙味あり

我が道を行く

貧を学ぶべし

茶室を必要とする

長所をとりて短所に目を付けず

尺取虫だってのびるためにはちぢまるじゃないか

和を以って貴しとなす

飲酒の十徳

秘すれば花

あとがき



      日本の伝統、風習、歴史のうちには、埋もれた財宝がたくさんある。
それは偉人の言葉として残っている。至宝の言葉を味わって、自己の進歩、学び、発展と自己形成の希望としてほしい、という大星先生の気持ちが伝わってくる本でした。
      百人の言葉が、十二分類されて掲載され、大星先生のコメントがついており、達人の考え方がなんとなく分かってきました。



参考オームページ :


健学社   http://www.kengaku.com/

大星光史 http://homepage3.nifty.com/mitsuaki-koba/newpage73.htm

作品一覧 http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/%91%E5%90%AF%8C%F5%8Ej/list.html


高瀬事務所  http://www.e-adviser.jp/tmitakase/






日本人の気品―先人に学ぶ美しい心と生き方

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント