「「NHK100分de名著(12月)シェイクスピア ハムレット(語り手)河合祥一郎(NHK出版)」

    「NHKテレビテキスト100分de名著(12月) シェイクスピア ハムレット (語り手)河合祥一郎(NHK出版)」を読みました。 シェイクスピアの有名な戯曲ハムレットの謎について、河合祥一郎先生が100分で解説された、25分ずつ4回で放送されるテレビ番組のテキストでした。 
河合祥一郎先生は、1960年7月福井県生まれの英国文学研究者、表象文化研究者、翻訳家、脚本家。東京大学大学院教授。

画像


   本の目次は,以下のとおり。  

 (はじめに)        謎めいた最高峰

第1回( 12月 3日 )  「理性」と「熱情」のはざまで    

第2回( 12月10日 )  「生きるべきか、死ぬべきか」                

第3回( 12月17日 )  「弱き者、汝の名は女」

第4回( 12月24日 )  悩みをつきぬけて「悟り」へ    

 
    シェイクスピアの活躍した1600年頃の英国エリザベス朝演劇の舞台は、朗唱の舞台であり、能や狂言のような象徴的・哲学的な演劇表現が好まれたことは、理解できました。
また当時の人々にとって舞台・芝居演劇は、単なる娯楽でなく 真実を映し出す鏡、時代の風潮に具体的な姿・形を与えた象徴であり、「虚構こそ真実を映す」と言われていたことを知りました。


参考ホームページ :

シェイクスピア  
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%94%E3%82%A2

ハムレット     
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%A0%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88

   http://www.shiki.gr.jp/applause/hamlet/index.html

河合祥一郎  
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B3%E5%90%88%E7%A5%A5%E4%B8%80%E9%83%8E
  

東京大学文学部・大学院     http://www.l.u-tokyo.ac.jp/                

NHK出版               http://www.nhk-book.co.jp

NHKオンライン           http://www3.nhk.or.jp/

100分de名著  http://ja.wikipedia.org/wiki/100%E5%88%86_de_%E5%90%8D%E8%91%97

(番組)  http://www.nhk.or.jp/meicho/

  (注文)  https://www.nhk-book.co.jp/shop/main.jsp?trxID=C0010101



ハムレット (新潮文庫)
新潮社
ウィリアム シェイクスピア
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ハムレット (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント