12月23日(金)富山県水墨美術館で展覧会「あつまれ墨画アーティスト」を鑑賞してきました!

    2016年12月23日(金)午後3時から母と一緒に富山県水墨美術館で 展覧会 「あつまれ墨画アーティスト」を鑑賞してきました。 8月22日(月)から小学生と幼児を集めて開催されたワークショップ「のぞいてみよう水の中」 で 子供たちが制作した作品と講師の鈴木敬三先生の作品や、水を描いた県内外の美術館や水墨美術館が所蔵す作品を紹介する展覧会でした。

画像


    祭日でしたが 雨が降ったりやんだりの空模様のせいか、入場者も少なく、ゆっくり鑑賞できました。
子供たちの作品は、小学生は小学生なりに、幼児は幼児なりに、水の中の動きをイメージさせる仕上がりで、感心させられました。 鈴木敬三先生の作品は、隙間からこぼれる光をテーマにした作品でしたが、角度を変えた光と陰影が楽しめる作品でした。

     水を描く・水で描く作品の展示は、 テーマを

流れ落ちる、滝

水とともに、生きる

水のかたちを、描く

姿を変える、水

に 四分類して、27作品が展示されていました。


画像


     水と墨を使って表現する 水墨画の世界は、同じ水をテーマに選んでも 時代により 作家により、多様な作品があり 雰囲気も 違ってくるということがよく分かりました。  千住博さんのウオーターフォールは、20年前に 近代美術館で拝見したときは 大きく迫ってくる迫力を感じましたが、今日は 静かに流れていました。
作品が時代を過ぎたせいか?自分が高齢者になったせいか?不思議な感じがしました。

  

参考ホームページ:  

富山県水墨美術館         http://www.pref.toyama.jp/branches/3044/3044.htm

富山県民会館            http://www.bunka-toyama.jp/kenminkaikan/
 
高志の国文学館          http://www.koshibun.jp/
 
文化庁                http://www.bunka.go.jp/   

富山県立近代美術館       http://www.pref.toyama.jp/branches/3042/3042.htm 

高岡市美術館            http://www.e-tam.info/           
 
豊橋市美術博物館         http://www.toyohashi-bihaku.jp/    

富山県芸術文化協会       http://www.tiatf.or.jp/

富山県文化振興財団       http://www.kenminkaikan.com/zaidan/top/

富山県                http://www.pref.toyama.jp/   

富山市                http://www.city.toyama.toyama.jp/other/fukusu/kinkyunobaaiha.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント