「「模倣される日本-----映画、アニメから料理、ファッションまで」浜野保樹(祥伝社)」読みました!

    「模倣される日本-----映画、アニメから料理、ファッションまで」浜野保樹 著(祥伝社)を読みました。
浜野保樹(はまのやすき)さんは、1951年兵庫県生まれのメディア環境学者。(財)黒澤明文化振興財団理事。
東京大学大学院新領域創成科学研究科教授

20世紀の日本文化の世界への波及を改めて総括して、Cool Japan の今後を分析した本だ。
2005年3月に第1刷が出て、同年8月には第6刷がでている。

画像


    本の目次は、以下のとおり。

第一章   模倣される映像

第二章   模倣される生活様式

第三章   模倣される理由

第四章   模倣する日本

第五章   共感される日本

あとがき



    特に印象的に思えたのは、第三章 模倣される理由の「ブランドのプライド」のエピソードだ。
「貴重なものは、誰にでも見せるものではありません。
何もかもさらけ出して見せびらかすほど、下品なことはありません。」(ハナ・ベルツのことば)
「ブランド品を身につけるより、自分がブランドになれ。」(井口海仙のことば)

    あとがきによれば、この本は神楽坂「牧」の渡辺和子さんと高橋幸男さん、金沢市長の山出保さんとの出会いから生まれ、神楽坂という街から教わり、「eAT KANAZAWA」という会合で10年間学ばせていただいたことへのお礼状だそうだ。
    「日本は文化資源の豊かな国であった。 文化が作り出す気風は長く維持される。 加賀藩の時代から300年経ても 文化を大事にする気風は消えることなく、いまでも金沢は稽古事が盛んである。 文化はその文化圏に属する者みんなが持っていて、誰も占有できず、誰も奪うことができない。 それこそがわれわれの最大の資源なのだ。」

    人口減少期に入った日本が、世界に誇れるものは、人口が大きい発展途上の国々に追い抜かれてしまったGNPではない。 日本が世界に誇れるものは、その文化遺産であり、その生活様式であるということが、わかってきました。

(中国のGNPは1995年から10年間で3.3倍に、インドのGNPは2.4倍に、ロシアのGNPは2.1倍になった。日本は0.9倍でまだ元に戻らない。)



参考ホームページ:

祥伝社ホームページ    http://www.shodensha.co.jp/

浜野保樹とは

      はてな http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C9%CD%CC%EE%CA%DD%BC%F9

      紹介 http://www.nii.ac.jp/karuizawa/H16/karuizawa2004_8.pdf
 
料亭「牧」の口コミ情報
          http://travel.biglobe.ne.jp/gourmet/kuchikomi/53c760132a.html

神楽坂 牧 のスケッチ
          http://www.geocities.jp/youhori0901/200605kmaki.html


高瀬事務所  http://www.e-adviser.jp/tmitakase/




模倣される日本―映画、アニメから料理、ファッションまで (祥伝社新書 (002))

"「「模倣される日本-----映画、アニメから料理、ファッションまで」浜野保樹(祥伝社)」読みました!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント