テーマ:哲学

「NHKテキスト100分で名著(4月)マルクス・アウレリウス『自省録』」読みました!

   「NHKテレビテキスト100分で名著( 4月)マルクス・アウレリウス『自省録』」(話し手)岸見一郎(NHK出版)を読みました。 マルクス・アウレリウス(121-180)は、ローマ帝国、五賢帝時代の最後の皇帝。 岸見一郎先生は、1956年京都生まれの哲学者、アドラー心理学研究者。 マルクス・アウレリウスの書き残した自省録の哲学を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「NHKテキスト100分で名著(12月)スピノザ『エチカ』」(話し手)國分功一郎(NHK出版)読了!

   「NHKテレビテキスト100分で名著(12月)スピノザ『エチカ』」(話し手)國分功一郎(NHK出版)を読みました。 國分功一郎先生は、1974年千葉県生まれの哲学者、東京工業大学教授。 ベネディクトゥス・デ・スピノザ(1632~1677)は、17世紀オランダの哲学者。『汎神論』と呼ばれるスピノザの哲学を、國分功一郎先生が、丁寧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「NHKテキスト100分で名著(11月)ラッセル「幸福論」(話し手)小川仁志(NHK出版)」読了!

   「NHKテレビテキスト100分で名著(11月)バートランド・ラッセル「幸福論」(話し手)小川仁志(NHK出版)」を読みました。 ラッセルの「幸福論」は、イギリスの哲学者バートランド・ラッセル(1872~1970)が 自分の人生とこれまでの行動の基本にある思想を振り返り、58歳の時に書いた哲学的エッセイです。 その実証済みの幸福にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「NHKテキスト100分で名著(9月)ハンナ・アーレント「全体主義の起源」(話し手)仲正昌樹」読了!

   「NHKテレビテキスト100分で名著(9月)ハンナ・アーレント「全体主義の起源」(話し手)仲正昌樹(NHK出版)」を読みました。 「全体主義の起源」は、全体主義の本質と起源を歴史的に考察した アーレントの政治哲学研究の集大成として、1951年にアメリカとイギリスで同時発売された本です。 その出版までの経緯と政治哲学の構造・魅力につ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「NHKテキスト100分de名著(8月) カント 『永遠平和のために』 (語り手)萱野稔人」読了!

 「NHKテレビテキスト100分de名著(8月) カント 『永遠平和のために』 (語り手)菅野稔人(NHK出版)」を読みました。 イマヌエル・カント(1724-1804)が、戦争が絶えないヨーロッパの情勢を憂い、国家間に永遠の平和をもたらす新たな仕組み作りを提示した書物 『永遠平和のために』について、萱野稔人先生が、100分で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「100分de名著( 2月)アドラー人生の意味の心理学(語り手)岸見一郎」読みました!

   「NHKテレビテキスト100分de名著( 2月) アドラー人生の意味の心理学(語り手)岸見一郎《NHK出版》」を読みました。  アルフレッド・アドラー(1870~1937)は、 オーストリア生まれの心理学者・精神科医。  ジグムント・フロイトやカールユングと並ぶ 「心理学の三大巨頭」の一人。   アドラーの心理学の魅力…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7/11《金》の午後、新川文化ホールの会員研修会で『そもそも、『法』とは何か』考えました!

    2014年7月11日(金)13:15~17:15新川文化ホール104号室で、北陸税理士会魚津支部と富山県税理士協同組合共催の会員研修会が開催されたので、聴いてきました。  テーマは、『そもそも、『法』とは何か』 講師は、魚津支部の富田唯嗣 会員。     研修のプログラムは、以下のとおり。 1    はじめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日本の針路 世界の行方」(株)綜合社イミダス編集部編集(集英社)を読みました

    「日本の針路 世界の行方」(株)綜合社イミダス編集部編集(集英社)を読みました。 2010年から2011年の日本の針路と世界の行方を左右するテーマを、5つの図解と50の論点から解説した本だ。 それぞれのテーマにふさわしい56人の執筆者が、論点ごとに関連したデータをうまくまとめている。      本の目次は。以下の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「偶然を生きる思想」野内良三 (日本放送出版協会)」読みました!

     「偶然を生きる思想  「日本の情」と「西洋の理」」野内良三 著(日本放送出版協会)を読みました。 野内良三(のうち・りょうぞう)さんは、1944年 東京生まれのフランス文学者。  関西外国語大学国際関係学部教授。      本の目次は。以下のとおり。   序 章    運命的な出会い  偶然への三つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「欲望としての他者救済」金 泰明(日本放送出版協会)」読みました!

     「欲望としての他者救済」金 泰明 著(日本放送出版協会)を読みました。 金 泰明(きむ・てみょん)さんは、1952年 大阪市生まれの人権学者。 大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター教授。      本の目次は。以下のとおり。   序 章    なぜ君は手を差しのべるのか 第1章    わたしと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「シニアのための哲学  時代の忘れもの」鷲田清一(日本放送出版協会)」読みました!

      「シニアのための哲学  時代の忘れもの」鷲田清一 著・日本放送協会 編(日本放送出版協会)を読みました。  鷲田清一(わしだきよかず)先生は、1949年京都市生まれの哲学者。大阪大学総長。 NHKラジオ第2放送こころをよむの7-9月テキストとして、7月1日に発行された本だ。       本の目次は、以下のとお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「アリストテレス  何が人間の行為を説明するのか?」高橋久一郎(NHK出版)」読みました!

      「アリストテレス  何が人間の行為を説明するのか?」高橋久一郎 著(NHK出版)を読みました。 高橋久一郎先生は、1953年福島県生まれの哲学者。千葉大学教授。        本の目次は、以下のとおり。 はじめに 第一章   意志の弱さとは何か 1     「意志の弱さ」という「現象」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「かたり-----物語の文法」坂部恵(ちくま学芸文庫)」読みました!

   「かたり-----物語の文法」坂部恵 著(ちくま学芸文庫)を読みました。 坂部恵(さかべめぐみ)先生は、1936年神奈川県生まれの哲学者。東京大学名誉教授。 詩と歴史について、物語の世界について、アリストテレスの詩学について、「大きな物語」と「小さな物語」について、大和言葉を手がかりとして世界観的眺望を切り開いた坂部先生の分析…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「アスピレーション経営の時代」江幡哲也(講談社)」読みました!

      「アスピレーション経営の時代」江幡哲也著(講談社)を読みました。 江幡哲也さんは、1965年1月1日、神奈川県川崎市生まれ。 武蔵工業大学電気電子工学科を卒業後 1987年4月 リクルート入社。 通信事業部に配属され企業内電話サービス「WATTS」の開発・設置に従事し、2年間の半分以上をビル地下1階の社員専用カプセルホ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「クリティカル・ワーカーの仕事力」赤堀広幸(ダイヤモンド社)」読みました!

  「クリティカル・ワーカーの仕事力    ワークスアプリケーションズ 問題解決型人材の挑戦」赤堀広幸著(ダイヤモンド社)を読みました。    著者の赤堀広幸氏は、1969年生まれの経営コンサルタントだ。慶應義塾大学卒業後マッキンゼー&カンパニーに入り事業戦略立案、組織改革、アライアンス支援業務に従事。 2003年 株…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「プロ経営者の条件」折口雅博(徳間書店)」読みました!

   「プロ経営者の条件」折口雅博著(徳間書店)を読みました。 折口雅博さんは、1961年東京生まれ。1984年防衛大学校理工学専攻卒業。 日商岩井の社員として、1991年東京・芝浦で「ジュリアナ東京」を企画、総合プロデュースしてから1992年に日商岩井を退社し独立。 1994年東京・六本木で「ヴェルファーレ」をオープン。 19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more